Academic Box Logo

西友返金事件となんJ民の反応: 2002年の偽装肉騒動を振り返る

ライターのYUKOです。西友の偽装肉騒動と、当時掲示板サイトのなんJで交わされていた反応を振り返ります。

西友の産地偽装事件

西友で産地偽装されたのはどんな食品?

牛肉、豚肉

2002年、西友の2店舗(狭山市駅前店と元町店)で、アメリカ産やカナダ産の牛肉、豚肉が日本産と偽って販売されていたことが発覚した。

この産地偽装は、赴任した畜産マネジャーと内部調査によって発見された。

詳しくみる ⇒参照元: 西友偽装肉返金事件

西友ネットスーパーの生鮮食品満足保証プログラム

カスタマーセンターへの連絡先はどこですか?

西友ネットスーパーお問い合わせフォーム

西友ネットスーパーで販売されている生鮮食品に不備があった場合、「生鮮食品満足保証プログラム」を利用して楽天ポイントで返金を受けることができます。

返金額は購入金額と同額となり、購入履歴の確認後に7営業日以内に付与されます。

ただし、返金時に利用できるのは通常ポイントのみとなります。

詳しくみる ⇒参照元: 【実体験】西友ネットスーパーで食品は返品・返金できる?野菜、...

返金騒動と暴力団の関与

騒動のきっかけとなった出来事は?

返金額が販売額を上回る

特売期間中に返金額が年間販売額の3倍以上に達したため、店舗は返金を打ち切って還元に切り替えた。

しかし、返金を要求する若者らが集まり大混乱となり、2人の男が暴行容疑で逮捕された。

さらに、暴力団の関与が疑われ、道警が捜査した結果、道内の暴力団関係者が恐喝未遂で逮捕された。

詳しくみる ⇒参照元: 西友偽装肉返金事件

狭山市駅前店返金騒動

狭山市駅前店での返金騒動の原因は?

暴力団関係者が若者を使って返金請求をした

元町店での返金騒動の余波で狭山市駅前店でも返金希望者が急増した。

地元メディアによると、騒動は暴力団関係者がすすきのでたむろする若者を雇い、返金請求に派遣したことが原因だという。

元町店は営業再開後に返金条件を厳格化したが、その後は少数の主婦からの返金請求があったのみで、若者からの請求はなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 西友偽装肉返金事件

偽装牛肉返金に便乗

偽装牛肉返金で混乱に便乗したのは何者?

暴力団関係者

西友の偽装牛肉問題で、証拠書類なしで返金を受けられることが発表されると、当初は主婦らが返金を求めて来店していた。

しかし、その後暴力団関係者や不良少年が来店し、返金を求めるようになった。

偽装していた期間が長く、証拠書類の提示が困難だったことが混乱の原因と考えられている。

詳しくみる ⇒参照元: 西友偽装肉返金事件

西友ネットスーパーの返品・返金対応

生鮮食品に問題があった場合、対応はどうなるの?

返品・返金対応

西友ネットスーパーでは「生鮮食品満足保証プログラム」があり、購入商品に満足できない場合、カスタマーセンターに連絡することで、楽天ポイントで返金を受けられる。

詳しくみる ⇒参照元: 【実体験】西友ネットスーパーで食品は返品・返金できる?野菜、...

西友の事件と事故

エスカレーターの事故があった西友店舗はどこ?

平塚店

西友では輸入豚肉を国産と産地偽装して販売していたことが判明し、返金に応じた際に「西友偽装肉返金事件」が発生した。

また、平塚店のエスカレーターで男児が保護板に首を挟まれ重体となる事故が発生し、緊急点検の結果、他の店舗でも安全基準と合致しない保護板が見つかり、エスカレーターの運行が休止された。

詳しくみる ⇒参照元: 西友

リスクヘッジと企業倫理

不正行為を隠蔽することはリスクヘッジになる可能性があるのか?

あり得る

リスクヘッジと企業倫理は必ずしも一致するとは限らず、不正行為を隠蔽することもリスクヘッジになる可能性がある。

不正行為がバレない限り隠蔽することでリスクを軽減できるため、極端な場合には社員の排除もリスクヘッジの一環となり得る。

この事実は、企業倫理の重要性を浮き彫りにする。

詳しくみる ⇒参照元: 西友「偽装肉」返金騒動 こうすれば防げた!

消費者の悪質性が露呈した事件

西友が消費者を裏切った事件の本質は何か?

消費者が一番タチが悪かった

大企業が消費者を裏切ったと報じられた事件では、実際には一部の消費者が悪質だった。

専門家は、西友が損害賠償を広告費として計上し、「正直な企業」のイメージを構築するべきだったと提言した。

詳しくみる ⇒参照元: 西友「偽装肉」返金騒動 こうすれば防げた!

登録販売者試験不正事件の規模

大手スーパーマーケットである西友が、登録販売者試験の不正に関与した事件の規模はどれくらいでしたか?

過去最大

2012年に西友が、登録販売者試験を受験する従業員に対し、実務経験時間を水増しした虚偽の証明書を大量に発行していた不正が発覚。

この不正は19都道府県で282人分に行われ、合格者は200人に上った。

また、販売業務に従事していたのは70店舗・101人。

この不正の規模は、厚生労働省がそれまでに認可を取り消した168人を大きく上回る過去最大のものだった。

詳しくみる ⇒参照元: 西友