Academic Box Logo

顔をしかめるチック: 原因から治療法まで徹底解説 – 大人にも起こる!!?

ライターのYUKOです。顔の筋肉が勝手に動くチックは、大人にも起こることをご存知ですか。今回は、顔をしかめるチックの原因や治療法について徹底解説します。

トゥレット症候群:運動チックと音声チックの慢性的な状態

運動チックと音声チックの両方が慢性的にみられるケースで、複数の運動チックと音声チックが続く場合、何と呼ばれる?

トゥレット症候群

トゥレット症候群は神経系疾患で、運動チックと音声チックが1年以上慢性的にみられる状態。

併発症として、ADHD、強迫症、ASD、学習障害、睡眠障害、うつ病、怒りコントロールの困難などがみられる。

症状を抑えることが難しく、日常生活や仕事に支障をきたす可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 【チック症】大人の症状や原因は?治療方法や日常でできる工夫に...

チック症の分類と症状

単純型と複雑型チック症の主な症状の違いは何ですか?

複雑型は他者の真似や汚言を伴う

チック症の症状は音声チックと特徴運動チックの2種類に大別され、持続時間によって単純型と複雑型に分類されます。

単純型は首を振るなどの動作や鼻をすするなどの音声で、複雑型は他者の動作を真似したり、汚言を吐いたりする特徴があります。

詳しくみる ⇒参照元: 【チック症】大人の症状や原因は?治療方法や日常でできる工夫に...

チックの概要

チックとはどのような状態ですか?

筋肉の無意識運動

チックとは、本人の意志とは無関係に身体の筋肉が動く状態のことです。

運動動作と発声動作によって分類され、原因は不明ですが、小児期に多くみられ、男子に多くみられます。

5~6歳頃から症状が出ることが多く、症状には変動があり、多くは数か月から1年で消失します。

一部は成人まで継続することがあります。

詳しくみる ⇒参照元: チック:原因は?症状は?大人でもあるの?発達障害との関係は?...

大人のチック症の症状と困難

大人になってから発症するチック症の原因にはどのようなものがありますか?

子どもの頃のチック症の継続または再発

大人になってからのチック症は、子どもの頃に発症していたものが継続していたり、一度治まったものが再発したりする場合があります。

職場や周囲の人から病気と理解してもらえず、日常生活に支障をきたすことがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 【チック症】大人の症状や原因は?治療方法や日常でできる工夫に...

無意識の行動の共通点

止めることができない行動の共通点は?

意志によるものではない

公共の場での咳払いや会議での不適切な発言、職場の同僚とのやり取りでの非礼な態度、突然の身体の動きや接触など、意志とは無関係で制御できない行動が挙げられます。

これらの行動は、会議や商談の場での失礼な発言や、上司や同僚に対する失礼な態度など、さまざまな状況で表れます。

重要なのは、これらの行動はすべて個人の意思によらず、止めることができないということです。

詳しくみる ⇒参照元: 【チック症】大人の症状や原因は?治療方法や日常でできる工夫に...

チック症の治療先

チック症の治療を受けられる医療機関は?

精神科や精神神経科

チック症の治療には、子どもの場合は小児科、小児神経科、児童精神科、大人の場合は心療内科、精神科、精神神経科、神経内科が選択肢となります。

また、NPO法人日本トゥレット協会のホームページでは、全国のトゥレット症候群が診察できる医療機関の一覧が公開されています。

受診前に各医療機関のホームページを確認したり、事前に問い合わせをしておくと、スムーズに診察が受けられます。

詳しくみる ⇒参照元: 【チック症】大人の症状や原因は?治療方法や日常でできる工夫に...

チック症の特徴と対処法

子供におけるチック症の症状は何か?

まばたき、首振り、咳払い

チック症は、脳と神経の機能障害による症状で、まばたきや首振りなどの癖のような行為が間欠的に持続して現れます。

子供に多く見られ、多くは成長とともに症状が減少します。

日常生活に支障がなければ、薬物治療は不要とされています。

ただし、大人になってもチックが続いたり、再発したりすることもあります。

詳しくみる ⇒参照元: 大人のチック症とは?症状とストレスとの関連性、受診先や治療法...

チック症の脳内メカニズム

チック症を引き起こす可能性のある脳内の神経は?

ドーパミン神経

チック症は、脳内のドーパミン神経の過活動が原因の可能性があります。

ドーパミンは、運動やホルモンの調節、精神面にも影響を与える神経伝達物質です。

チック症は、遺伝的な側面も関連しており、不安、緊張、疲労などのストレス要因は症状を悪化させます。

環境要因も発症に関わり、心身が落ち着いているときは症状が改善する傾向があります。

詳しくみる ⇒参照元: 【チック症】大人の症状や原因は?治療方法や日常でできる工夫に...

チックの特徴と対処法

チックが強くなる要因は何か?

ストレス

チックは短時間であれば抑えられるが、長時間抑えることは不可能。

周囲の人からのとがめや禁止、叱責は症状を悪化させる。

ストレスを避ける環境調整が基本的な対処法。

心理的対応(カウンセリングなど)と薬物治療も検討される。

詳しくみる ⇒参照元: チック:原因は?症状は?大人でもあるの?発達障害との関係は?...