Academic Box Logo

森一族とその家系図: 森ビル社長・森稔から森章まで

ライターのYUKOです。森一族とその家系図について、森ビル社長・森稔から森章までの内容をまとめましたのでご紹介します。

森泰吉郎の歩み

創業者が建設したビルの特徴は?

番号付き

森泰吉郎は東京大学の教育学部社会教育学科を卒業後、森ビルに入社しました。

同社では、虎ノ門や西新橋を中心に「第5森ビル」と番号を付けた「ナンバービル」を数多く建設しました。

これらのビルは、地権者との長期にわたる交渉を経て建設されました。

詳しくみる ⇒参照元: 森稔

森稔の経歴

森ビルで社長を務めた期間は?

1993年~2011年

森稔は、森ビルで1993年から2011年まで社長を務めました。

1959年に東京大学を卒業し、1959年に森ビルに入社しました。

1964年に常務、1969年に専務、1987年に森ビル開発の社長に就任しました。

2011年に会長に就任し、2012年に亡くなりました。

詳しくみる ⇒参照元: 森家(森ビル社長・森稔・森浩生・森章の家系図)

森章の経歴と家族関係

不動産業界で活躍した森氏の父親の名前は?

森泰吉郎

森章氏は、1936年生まれで、慶應義塾大学経済学部を卒業後、安田信託銀行に入行しました。

1972年に森ビルに入社し、取締役、常務、観光社長を歴任した後、1993年に森ビル開発社長に就任しました。

1995年には森ビル観光会長となり、1999年には森トラスト社長と森観光トラスト会長を兼任しました。

妻は大野美可で、長男は森健二、次男は森聡、長女は根岸美和子(養女)です。

詳しくみる ⇒参照元: 森家(森ビル社長・森稔・森浩生・森章の家系図)

森美和子の家族構成

女性社長として成功した森美和子の家族構成は?

実父、実母、養父、養母、夫

森美和子は、父・森章と母・大野美可の間に生まれ、その後根岸隆と森愛子に養子縁組された。

夫は伊達仁人。

森美和子は、1971年に生まれ、聖心女子大学文学部を卒業後、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科を修了した。

1996年に長銀総合研究所に入社し、その後森トラストに入社。

2016年に森トラストの社長に就任した。

詳しくみる ⇒参照元: 森家(森ビル社長・森稔・森浩生・森章の家系図)

不動産業界の巨人:森泰吉郎

不動産業界で積極的な事業拡大を打ち出した人物は?

森泰吉郎

森泰吉郎は、不動産業界において積極的な事業拡大を打ち出した人物でした。

彼は、コスト重視の父親とは対照的に、100メートル以上のビルを建設すべきではないと主張する弟とは対極的な存在でした。

森泰吉郎は、都心に超高層ビルを増やして空いた土地を公園にすることで東京の過密化を解決できると提唱していました。

詳しくみる ⇒参照元: 森稔

森一族の織田家時代

織田信長の家臣・森一族の中で最も高い地位を得た人物は誰か?

森忠政

織田信長に仕えた森可成の次男・森長可は、信濃国海津城を領有し、その弟で信長の小姓となった森蘭丸は美濃国金山を領有した。

信長亡き後、長可は豊臣秀吉に仕え、美濃金山城を再領有したが、小牧・長久手の戦いで戦死した。

長可の弟・忠政が遺領を相続し、羽柴姓を許された。

秀吉の死後は徳川家康に接近し、川中島城主となり、一族で最も高い地位を得た。

詳しくみる ⇒参照元: 森氏

森佳子と高草浩生の養子縁組

森佳子と高草浩生の養子縁組の成立時期はいつですか?

2003年

森佳子は1940年に生まれ、森ビルの監査役、取締役、美術館理事長を歴任しました。

高草浩生は1961年に生まれ、東京大学卒業後、日本興業銀行を経て森ビルに入社しました。

森ビルで取締役、常務、専務、副社長を務めています。

森佳子は森稔の妻であり、山口正義の娘です。

高草浩生は森稔の養子で、実母は高草誠子です。

森佳子と高草浩生の養子縁組は2003年に成立しました。

詳しくみる ⇒参照元: 森家(森ビル社長・森稔・森浩生・森章の家系図)

森敬

森敬の出身大学を教えてください

慶應義塾大学

森敬は1932年に生まれ、1955年に慶應義塾大学経済学部を卒業し、1958年に同大学院経済学研究科修士課程を修了しました。

1973年に慶應義塾大学の教授に就任し、1990年に亡くなりました。

父親は森泰吉郎、母親は井戸川花子、妻は有沢洋子です。

長女は森万里子、二女は森飛鳥です。

詳しくみる ⇒参照元: 森家(森ビル社長・森稔・森浩生・森章の家系図)

森長重の生涯:織田信長仕官と本能寺の変

織田信長のもとで森長重が処分を受けた原因は?

梁田河内守に対する暴行

織田信長に仕えた森長重は、同僚の梁田河内守にちょっかいをかけたため、信長の前で梁田の頭を扇子で殴打し、処分された。

その後、美濃国の親許に返されたが、このことが結果的に本能寺の変に巻き込まれずに済む幸運となった。

本能寺の変後は、甲賀流忍者の伴惟安の手引きで安土から脱出し、惟安の所領に匿われた。

後に、兄・長可によって迎えられ、金山へと帰還している。

詳しくみる ⇒参照元: 森忠政

森長重の家督相続

森長重は家督相続に際して、秀吉からどのような配慮を受けたか?

金山7万石の跡継ぎとして指名された

兄の長可が戦死した際、遺言状では森長重の家督相続に否定的であったが、秀吉はそれを無視して長重を跡継ぎに指名した。

後見役として各務元正と林為忠を任命し、森家は金山にそのままとどめ置かれた。

長重は恩人の甲賀衆を召抱え、初陣では従五位下・右近丞に叙任された。

その後、忠重と改名し、秀吉の関白拝賀のため参内している。

詳しくみる ⇒参照元: 森忠政