Academic Box Logo

爪の横が腫れて痛い!!考えられる原因と対処法を解説

こんにちは、ライターのYUKOです。爪の横に腫れや痛みがある原因と対処法についてお伝えします。

爪囲炎の治療法と病院受診のタイミング

爪囲炎の症状が悪化した場合は何科を受診すればいいですか?

病院

爪囲炎は爪の周りの感染症で、通常は家庭で簡単に治癒する。

しかし、慢性化したり繰り返し発生したりする場合は、根治のために病院で治療を受ける必要がある。

爪囲炎の症状が悪化したら、病院を受診することが推奨される。

温水に浸すことで治癒が促進される場合があるが、水に浸すことが原因となる場合もある。

詳しくみる ⇒参照元: 爪囲炎を治す 3つの方法

慢性爪囲炎の治療法

慢性爪囲炎の治療に効果的な薬は何か?

抗真菌薬またはステロイド外用薬

慢性爪囲炎の治療には、抗真菌薬やステロイド外用薬が用いられます。

抗真菌薬は薬の使用方法に従って塗布し、ステロイド外用薬は病院で処方を受け、患部に塗布します。

効き目の強いステロイド外用薬は、妊娠中や授乳中の女性、幼児には処方されない場合があります。

詳しくみる ⇒参照元: 爪囲炎を治す 3つの方法

糖尿病患者の爪囲炎の適切な対処法

糖尿病患者が爪囲炎にかかった際の対処法は?

医師に相談する

糖尿病患者は爪囲炎の悪化リスクが高く、早期の治療が不可欠です。

爪の周りの膿は自分で出さず、病院で適切な排膿処置を受けることで、患部の損傷や感染症を予防できます。

糖尿病を患っている場合は、診察時に医師に必ず伝えましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 爪囲炎を治す 3つの方法

爪囲炎の治療

爪囲炎の治療に際し、医師がどのような処置を行うことがあるか

爪の一部除去

爪囲炎は通常5日間ほどで治癒しますが、7日間経っても改善が見られない場合は医療機関を受診する必要があります。

重症化の兆候である発熱や感染部の外側への赤線の出現が見られた場合は、早急に病院や救急外来で治療を受けることが不可欠です。

爪囲炎の治療には、簡単な手術が行われることもあります。

詳しくみる ⇒参照元: 爪囲炎を治す 3つの方法

爪の痛みと膿の穿刺

爪が痛い時に針で刺して膿を出す際、通常痛みは生じますか?

生じません

爪が痛い場合は、爪甲周囲に細菌感染が起こっている可能性があり、化膿性爪囲炎・爪周囲炎と呼ばれる状態です。

原因は小さな傷から細菌が入り込んで増殖し感染することです。

この状態では、爪の周りが赤くなったり、白い膿がたまる場合があります。

白い膿がたまっている場合は、針で刺して膿を出すことで痛みが速やかに改善します。

膿をため込んでいるため押さえると痛みを生じますが、穿刺して膿を出すことで圧がかからなくなるためです。

ただし、膿がたまっていない場合は穿刺は行いません。

膿を出せると比較的早く治りますが、治りにくい場合には細菌培養を行い、有効な抗生物質を同定します。

詳しくみる ⇒参照元: 爪のまわりが腫れて赤くて痛いとき(化膿性爪囲炎・爪周囲炎:ひ...

爪囲炎の治療法

爪囲炎の症状を和らげるために、薬を塗る際にはどのようなことに注意すべきですか?

使用方法に従う

爪囲炎の治療には、市販の抗生物質軟膏が効果的である。

1日1~3回、患部に軟膏を塗って細菌を死滅させ、炎症を抑える。

薬の添付文書に従って使用し、定期的に保湿ローションやワセリンを塗布して患部を潤す。

ただし、アルコールや水分を多く含むローションは避けること。

これらのローションは皮膚を乾燥させてしまう。

詳しくみる ⇒参照元: 爪囲炎を治す 3つの方法

爪のお手入れの注意点

爪のお手入れで注意すべきことは何か?

キューティクルを傷つけないこと

爪を噛んだり剥いたりすると皮膚を傷つけ、爪囲炎の原因になる可能性があります。

また、細菌をうつして感染症を引き起こす場合もあります。

キューティクルは爪の根元の皮膚で、切ったり取り除くと感染する恐れがあります。

また、足の爪囲炎を防ぐために、湿気のこもらないように毎日新しい靴下を履き、濡れた靴は避けてください。

詳しくみる ⇒参照元: 爪囲炎を治す 3つの方法

足の爪周囲炎・ひょう疽の治療機関と治療法

足の爪周囲炎・ひょう疽の治療を受けられる医療機関はどこですか?

皮膚科・形成外科・整形外科・フットケア外来

足の爪周囲炎やひょう疽は、膿が形成されると自然治癒が困難になります。

そのため、症状が悪化する前に医療機関を受診し、適切な治療を受けることが重要です。

軽度の場合は冷湿布と抗生物質で治療しますが、化膿している場合は切開して膿を取り除いたり、爪の一部を切除したりする場合があります。

詳しくみる ⇒参照元: 足の爪周りが腫れる原因とは?爪周囲炎・ひょう疽の治療方法や市...

ヘルペス性瘭疽の症状と治療法

ヘルペス性瘭疽の主な治療方法は?

抗ウイルス薬

ヘルペス性瘭疽は、指に水ぶくれや膿ができて痛みを伴う感染症です。

主な治療法は抗ウイルス薬の内服で、治癒までに2~4週間かかります。

治療後も再発を繰り返す傾向があります。

膿がたまっている場合は、針で膿を出すことで治癒を早められます。

詳しくみる ⇒参照元: 爪囲炎