Academic Box Logo

【九条の大罪】ヤクザとの闘い!正義の弁護士・九条の戦いと葛藤

ライターのYUKOです。今回、【九条の大罪】という映画について書きたいと思います。

九条と京極の危険な関係

九条が京極の依頼を引き受け続ける理由は?

自己保身のため

九条は、烏丸からの「反社の依頼は受けるべきではない」という忠告にもかかわらず、京極の依頼を引き受け続けています。

烏丸は京極が「自己保身のためなら簡単に証言をひっくり返す人間」だと忠告しており、九条は京極がいつか自分に不利な証言をすることを恐れている可能性があります。

また、九条は京極が伏見組のトップに上りつめるために自分を利用しようとしていることを察知している可能性もあります。

しかし、九条はあえてその危険を冒して京極と関わり続けているのです。

詳しくみる ⇒参照元: 【九条の大罪】ヤクザ京極と半グレ壬生の関係は?九条と京極の今...

九条間人、大追跡

九条弁護士を追い回す嵐山弁護士の目的は何か?

九条の逮捕と弁護士バッジの剥奪

九条間人は、ヤクザや半グレの弁護も引き受ける弁護士。

彼の悪徳弁護士のようなスタイルを潰そうとするオモテに生きる者たちが、九条の逮捕と弁護士バッジの剥奪を狙っている。

一方、九条を執拗に追い回す嵐山弁護士は、息子を殺された伏見組組長の京極から犯人捜しを依頼されている。

また、半グレの壬生は、生き抜くために粛正の鉄槌を下ろそうとしている。

この3者が絡み合い、弁護士、ヤクザ、半グレを巻き込んだ大スペクタクル活劇が繰り広げられる。

詳しくみる ⇒参照元: 九条の大罪 9

九条と京極の関係

京極は九条をどのように手中に収めようとしたか?

飴と鞭の使い分け

京極は、九条の能力に惚れ込み、彼を手中に収めようとしました。

そのために、マンションの一室を提供したり、顧問を斡旋したりと、甘いアメを与えました。

しかし、九条にはそうした欲はなく、京極の要求を拒否しました。

そこで京極は、アメが効かないなら、鞭で叩くまでだ、と暴力に訴えることをほのめかしました。

詳しくみる ⇒参照元: 【九条の大罪】ヤクザ京極と半グレ壬生の関係は?九条と京極の今...

事件の闇が明らかになる

事件の真相に関わっている可能性が高い人物は誰ですか?

京極

事件の実行犯である犬飼が少年刑務所から出所し、壬生に恨みを持つ菅原と接触。

そこから事件の真相が明らかになり、嵐山が憎むヤクザや半グレだけでなく、事件の背後にいる京極にもたどり着く可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 【九条の大罪】ヤクザ京極と半グレ壬生の関係は?九条と京極の今...

策略の渦

京極に弁護士を紹介するタイミングを計っていた壬生にどんな意図があったか

策略

壬生は、伏見組と関係のある弁護士がいたため、九条を紹介することに遠慮していた。

しかし、このタイミングで九条を紹介したのは、何か策略的な意図があると思われる。

九条も、京極に近づく理由があった可能性がある。

過去に許せない出来事があり、京極が関係している場合は、司法に委ねるのか自分で裁くのかという葛藤を抱えているかもしれない。

壬生と九条の思惑が一致し、京極を破滅させようとしている可能性もある。

詳しくみる ⇒参照元: 【九条の大罪】ヤクザ京極と半グレ壬生の関係は?九条と京極の今...

壬生の忠誠の仮面

壬生が京極に誓った「忠誠心」の真意とは?

京極への恨みを果たすこと

壬生は京極に忠実な部下を装い、汚れ仕事を確実にこなすことで信頼を得ています。

しかし京極は壬生の残忍さと賢さを理解し、生かして利用しようと考えています。

壬生の「俺にはやらなきゃいけないことがある」という言葉は、京極への恨みを果たすことを示唆しています。

壬生は京極を利用し、自分の目的を達成しようとしています。

詳しくみる ⇒参照元: 【九条の大罪】ヤクザ京極と半グレ壬生の関係は?九条と京極の今...

裏社会の極悪人・京極の陰謀と九条との関係

京極は裏社会でどのような人物として描かれているのか?

極悪人

京極は「九条の大罪」において、私欲を貪る極悪なヤクザとして描かれています。

彼は配下の半グレ壬生に汚れ仕事を指示し、自らの手を汚さず残忍な強さを見せつけて忠誠心を誓わせています。

京極は優れた弁護士である九条に目をつけ、配下に引き込もうと企んでいます。

一方、京極を憎む壬生は京極にに取り込まれそうになっています。

京極と壬生の関係、そして九条との今後の関係が注目されます。

詳しくみる ⇒参照元: 【九条の大罪】ヤクザ京極と半グレ壬生の関係は?九条と京極の今...

九条弁護士の危機

九条弁護士が勾留されている原因は何ですか?

ヤクザや半グレとの関係

九条弁護士は、ヤクザや半グレとの関係が疑われており、現在勾留されています。

嵐山刑事が執拗に取り調べを行っていますが、九条弁護士は完全黙秘を貫いています。

もし起訴されれば、弁護士バッジが剥奪され、弁護士としてのキャリアが終わってしまいます。

九条弁護士の心は、勾留中の孤独によって蝕まれつつあります。

かつての同僚である烏丸弁護士は、九条弁護士に完全黙秘を指示し、20日で事態を解決すると約束しています。

詳しくみる ⇒参照元: 九条の大罪 10

非情な忠誠心試す京極の選択

京極が壬生に与えた残忍な選択は?

愛犬を殺すか、自分が死ぬか

京極は壬生に、愛犬のおもちを殺すか、自分が死ぬかという選択を迫った。

これは、壬生に自分の選択で愛犬を殺させ、より深い罪を負わせることで、忠誠心を試す京極の非情なやり方だった。

壬生は自分の死を選ぶことができず、愛犬のおもちを殺した。

詳しくみる ⇒参照元: 【九条の大罪】ヤクザ京極と半グレ壬生の関係は?九条と京極の今...

執念の刑事

嵐山の娘殺害事件の真犯人は誰?

京極

10年前、嵐山刑事の娘が殺害された事件で、実行犯は壬生の後輩である犬飼が逮捕されていた。

嵐山刑事は娘のスマホのロックを解除し、娘が小山と付き合っていたことを知る。

小山は未成年を含む売春目的の斡旋を行っており、その顧客リストには政治家や官僚も含まれていた。

嵐山の娘が小山を暴露しようとしたため、小山は京極を使い、京極は壬生に娘の処分を指示し、壬生の後輩である犬飼が実行した。

嵐山刑事は事件の黒幕である京極にたどり着くため、執念で事件を追っている。

詳しくみる ⇒参照元: 【九条の大罪】ヤクザ京極と半グレ壬生の関係は?九条と京極の今...