Academic Box Logo

アウシュヴィッツを生き抜いた女性たち:過酷な収容所生活と解放への希望

ライターのYUKOです。アウシュヴィッツを生き抜いた女性たちと、過酷な収容所生活と解放への希望についてお話します。

アウシュヴィッツの抵抗

収容者にとって、この出来事の重要性は何だったのでしょうか?

心の支え

アウシュヴィッツの生存者であるヴィエスロフ・キーラーの著書によると、ある女性が抵抗した出来事が収容者に勇気を与えた。

この出来事は伝説化され、収容者たちに、ナチ兵も人間であり、殺すことが可能であるという認識をもたらした。

これにより、収容者たちは、抵抗の可能性を意識し始めたのである。

詳しくみる ⇒参照元: ガス室へ向かう途中 ナチスを撃ったバレリーナ

フランセスカの挑発

フランセスカはガス室に行く前にどのような行動を取ったのか?

監視員を挑発した

ある報告によると、ユダヤ人たちはスイスとの国境を越える前にブルガウで消毒が必要だと告げられ、ガス室の隣の脱衣室に通されました。

ホロコーストの歴史学者シンシア・サザンによると、フランセスカは脱衣室で監視員であるヨセフ・シリンガーとウィルヘルム・エメリッヒを挑発したとされています。

彼女はスカートを捲り上げ、誘惑するようにブラウスを脱ぎ、監視員を挑発したというのです。

詳しくみる ⇒参照元: ガス室へ向かう途中 ナチスを撃ったバレリーナ

ナチスの強制売春の実態

ナチスによって強制売春させられていたのはどのような人々か?

主にドイツ人・ポーランド人の女性

ナチスによる強制売春では、約210人の女性が被害者となり、そのほとんどがドイツ人(114人)とポーランド人(46人)だった。

彼女たちは平均10ヶ月、最長34ヶ月もの間売春宿に収容され、毎晩規則的に男性囚人を受け入れさせられていた。

食料は親衛隊員と同等に豊富に与えられていたものの、強制消毒や強制中絶などの非人道的行為により死亡する者もいた。

詳しくみる ⇒参照元: ドイツ収容所売春宿

アウシュヴィッツのダンサー

当時、アウシュヴィッツ収容所でダンサーだった可能性のある女性は?

フランセスカ・マン

アウシュヴィッツ収容所でダンサーだった可能性のある女性として、フランセスカ・マンという説がある。

この説は、歴史学者のオイゲン・コーゴンが1946年に最初に指摘したもので、収容所内の女性がダンサーだった可能性があるという証言の信憑性を高めるものだ。

この女性が実際にダンサーだったかどうかは定かではないが、ホロコーストにおける最も「大胆な」女性の一人として注目されている。

詳しくみる ⇒参照元: ガス室へ向かう途中 ナチスを撃ったバレリーナ

絶望の中での抵抗

絶望的な状況下で、フランセスカがとった行動は?

反乱

アウシュヴィッツ収容所のガス室に向かうポーランド系ユダヤ人ダンサー、フランセスカ・マンは絶望的な状況に置かれた。

彼女は運命を受け入れるのではなく、最期の瞬間まで闘い抜くことを選んだ。

フランセスカはシリンガーの額を殴りつけ、銃を奪って腹を2発撃ち、さらにエメリッヒの片足にも1発撃ち込み、反乱を起こした。

他の女性たちも暴動に加わり、全員が殺害された。

詳しくみる ⇒参照元: ガス室へ向かう途中 ナチスを撃ったバレリーナ

アウシュヴィッツ観光の注意点

アウシュヴィッツ観光において、禁止されている行動は?

敬意を欠いた行動

アウシュヴィッツ観光では、敬意を欠いた行動が禁じられています。

集団でいると悪ノリしてしまう場合があるため、事前に学習して敬意を払った観光を心掛けましょう。

実際、ナチス式の敬礼をしたオランダ人女性が拘束された事例もあります。

また、人の髪で作られた織物が置かれている場所や地下監獄室など、写真撮影が禁止されている場所もあります。

言語に自信がない場合は、ガイドが撮影禁止箇所を案内してくれる案内書を購入することを検討しましょう。

詳しくみる ⇒参照元: アウシュヴィッツ訪問記:歴史や見学前の注意点などを解説

ナチス強制収容所の性的強制労働

ナチス強制収容所において性的強制労働はいつ頃から研究され始めたか?

90年代中ごろ

ナチス強制収容所での性的強制労働は、1990年代中頃に女性研究者によって沈黙が破られてから研究され始めました。

それまではタブー視されており、女性研究者が名乗り出るまで戦後の英雄や元囚人の存在が研究を妨げていました。

クリスタ・パウルは1994年に『ナチズムと強制売春』を発表し、ロベルト・ゾンマーは2009年に『強制収容所の売春施設』を発表しました。

また、性的強制労働の被害者は1990年代に入ってから正式に国家社会主義体制の被害者として認められるようになりました。

詳しくみる ⇒参照元: ドイツ収容所売春宿

アウシュビッツの悪名高き看守、イルマ・グレーゼ

アウシュビッツ強制収容所で最も残虐な看守とされた人物は?

イルマ・グレーゼ

アウシュビッツ強制収容所の囚人女医ジゼラ・ペルルは、イルマ・グレーゼが「風貌は美しい天使の如き無垢な顔の少女」でありながら、女性囚人の乳房に鞭を振るい性的快感を得るサディスティックな一面を持っていたと回想しています。

元収容者のオルガ・レンゲルも、イルマの性的サディズムについて記述しています。

また、ヨーゼフ・メンゲレらとの醜聞の噂も絶えず、堕胎手術を頼んだこともあったとされています。

さらに、ガス室行きが決定された囚人に犬をけしかけて噛み付かせたりする行為など、収容所を説明する数々の文献に悪名高き者として取り上げられています。

ベルゲン・ベルゼン強制収容所の元収容者、バリー・スパンヤードは解放後にイルマの悪事の数々を自著に綴り、講演等において「石の心を持つ女」と痛烈に批判しています。

詳しくみる ⇒参照元: イルマ・グレーゼ

収容所の暴動

収容者たちが暴動を起こしたのはいつですか?

1943年10月

1943年10月、収容者たちが暴動を起こし、ナチス親衛隊員であるグリムとラックナーが鎮圧に貢献した。

ただし、暴動の内容に関する詳細は不明である。

詳しくみる ⇒参照元: ガス室へ向かう途中 ナチスを撃ったバレリーナ

アウシュヴィッツの女性たちの抵抗

アウシュヴィッツで女性たちが抵抗した際、亡くなった親衛隊員の名前は?

シラー

アウシュヴィッツ収容所で女性たちが抵抗し、身を守った。

親衛隊員シラーが殺害された。

抵抗した女性たちの身元は特定されていない。

この出来事は、アウシュヴィッツから脱走したイェジ・ウェソロスキーの報告書に記録され、後に「アウシュヴィッツ議定書」の一部として公開された。

詳しくみる ⇒参照元: ガス室へ向かう途中 ナチスを撃ったバレリーナ