Academic Box Logo

「鈍感になる能力を身につけていたはずだった」 - 頂き女子りりちゃんの獄中日記が明かす、歌舞伎町での生活と罪の意識

ライターのYUKOです。今回は、「鈍感になる能力を身につけていたはずだった」と語るりりちゃんの獄中日記をもとに、歌舞伎町での生活と罪の意識について考察します。

渡辺被告、逮捕時の「感謝」と独占手記の決意

渡辺被告は、逮捕時に捜査員に何を語ったのか

「捕まえてくれてありがとう」

2023年8月に逮捕された渡辺被告は、捜査員に「捕まえてくれてありがとう」と語った。

頂上女子と呼ばれた被害者の独占手記には、「本当の救いを教えられる存在になりたい」という渡辺被告の決意が込められている。

検察側の求刑は懲役13年で、判決は4月22日に言い渡される予定だ。

渡辺被告の今後が注目されている。

詳しくみる ⇒参照元: '頂き女子りりちゃん'独占手記 「ごめんなさい、私は狂ってる...

獄中日記の独特な言葉遣い

りりちゃん独自の言葉の表現で感情を伝える言葉は?

りりちゃんの獄中日記に登場する言葉は、独特な表現で感情や状況を伝えることで有名です。

特に「犬」を用いた言葉は、感情の強さを表す特徴的な表現です。

これらの言葉は、読者に強烈な印象を与え、りりちゃんの創造力と個性を際立たせています。

詳しくみる ⇒参照元: 頂き女子りりちゃんの獄中日記まとめとパワーワード集!逮捕のそ...

母親の言葉に傷ついた娘

母親が娘に言った言葉で、娘の絶望を決定づけた一言は?

気のせいでしょ

アトピーに悩んでいた娘は、同級生から心無い言葉を浴びせられていた。

娘は母親に相談したが、「気のせいでしょ」と言われ、失望と絶望に打ちひしがれた。

母親のこの一言は、娘にとって自分が「バイ菌のような扱いを受けている」ことを自覚させ、絶望的な気持ちに追い込んだ。

詳しくみる ⇒参照元: '頂き女子'はこうして生まれた…詐欺の被告「りりちゃん」独占...

りりちゃんの獄中日記のユニークな表現

りりちゃんの獄中日記の特徴は何ですか?

ユニークな表現と独特な言い回し

りりちゃんの獄中日記は、獄中生活を表す「ごくちゅう」という新造語や、心情を表現する「涙、出る。

私、こわい」といった短く力強いフレーズが特徴的です。

また、「ハッピーハッピー脳みそ(鈍感能力)」などの造語を使い、自らの心理状態や環境を独自の視点で描写しています。

このような表現が、読者にとって新鮮でインパクトがあり、クセになると評されています。

これらの言葉は、りりちゃんの創造力と内面の葛藤を色濃く反映しており、彼女の「文才」が注目される理由となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 頂き女子りりちゃんの獄中日記まとめとパワーワード集!逮捕のそ...

判決の恐怖による体調不良

渡辺被告が体調不良の原因を自覚したのは、何がきっかけだったのか?

判決への恐怖

渡辺被告は、判決への恐怖から体調不良を起こしていることに気づき、自分を傷つけないために身につけた「鈍感能力」が働いていないことを実感しました。

そのため、苦しみを軽減するために「よくわかりましぇーん」というハッピーハッピー脳みそを持ち、苦しみを侵食されないように生きていたつもりが、判決への恐怖によってその能力が通用しなくなっていることに気づいたのです。

詳しくみる ⇒参照元: 詐欺容疑で懲役9年・頂き女子りりちゃん、本音綴った獄中日記公...

渡辺被告の獄中日記が公開、判決への恐怖で体調不良に

渡辺被告が獄中で体調不良になった原因は何か?

判決への恐怖

渡辺被告は獄中で体調不良に陥り、当初は原因がわからなかったが、後に判決への恐怖が原因だと気づいた。

獄中で吐き気と頭痛に襲われ、食事も取れなかったが、担当看守の励ましで体調が回復したという。

日記には、判決に対する恐怖や無力感、助けられないという思いが綴られている。

詳しくみる ⇒参照元: 詐欺容疑で懲役9年・頂き女子りりちゃん、本音綴った獄中日記公...

元ホストの金銭詐取術

渡辺被告の詐欺手法とは?

マニュアル販売

元ホストの渡辺被告は、ホストに大金を貢ぐために男性から金をだまし取る手法をマニュアル化し販売していた。

このマニュアルにより、渡辺被告は月に400万円もの収入を得ていた。

しかし、渡辺被告は自身の行為が詐欺であることに気づき、手記で後悔の念を綴っている。

手記には、「お客さんからうそをついてお金をだまし取った」、「女の子にも詐欺を勧めてしまった」という記述がある。

詳しくみる ⇒参照元: '頂き女子りりちゃん'独占手記 「ごめんなさい、私は狂ってる...

判決への恐怖が招いた体調不良

渡辺被告が体調不良になった原因は?

判決への恐怖

渡辺被告は、判決への恐怖から体調不良になった。

被告は、歌舞伎町で「鈍感になる能力」を身につけて、判決の苦しみから逃れていたが、判決への恐怖が「鈍感能力」を上回ってしまったようだ。

被告は、判決への恐怖を「私、判決こわいんだ。

私は、判決もあの場所に行くこともイヤでこわくて、メンタルやられて体調崩してることに気づいた」と表現している。

詳しくみる ⇒参照元: 詐欺容疑で懲役9年・頂き女子りりちゃん、本音綴った獄中日記公...

鈍感能力の喪失

歌舞伎町で身につけていた能力は何?

鈍感能力

歌舞伎町で培った「鈍感能力」とは、苦しみや悲しみに対して「よくわかりましぇーん」と無関心を装うことで、心を守る能力のことでした。

この能力は、歌舞伎町の苦しみや悲しみを生き抜くために身につけてきたもので、判決への恐怖に直面したことで、その能力が機能していないことに気づいたのです。

詳しくみる ⇒参照元: 詐欺容疑で懲役9年・頂き女子りりちゃん、本音綴った獄中日記公...

渡辺被告の獄中日記から明らかになった心境

渡辺被告の獄中日記には、どのような心境が記されていた?

恐怖

渡辺被告の獄中日記には、激しい吐き気や頭痛に苦しみ、恐怖心と孤立感を抱えていたことが明らかになった。

担当看守からの声かけにより一時的に体調が回復したものの、「私は怖い」「助けられてたまるか」と当時の心境を率直に綴っている。

日記の内容からは、渡辺被告が判決を前に強い不安を抱いていたことがうかがえる。

詳しくみる ⇒参照元: 詐欺容疑で懲役9年・頂き女子りりちゃん、本音綴った獄中日記公...