Academic Box Logo

天官賜福考察:花城が郎蛍に化けた回数と理由 - その愛と絆の深淵を探る

YUKOと申します。以下の内容について、冒頭文章として紹介いたします。

包帯の少年の正体

かつて太子だった郎蛍が包帯で顔を覆っているのはなぜ?

人面疫の跡を隠すため

永安国では、太子であった郎蛍が人面疫に感染し、隔離されました。

感染拡大を防ぐため、存在が抹殺され、包帯で顔を覆うようになったのです。

人面疫は、身体に人の顔のようなしこりができ、症状が進行すると人格を持つようになる恐ろしい奇病です。

郎蛍の顔には、人面疫の跡が残っており、それを隠すために包帯を巻いているのです。

詳しくみる ⇒参照元: 【天官賜福】包帯の少年(郎蛍)の正体は何者?人面疫の跡がある...

天官賜福:魅惑の世界観と愛の物語

『天官賜福』で花城がどのように描かれているか教えてください

異様なスパダリ

『天官賜福』は、美しい世界観と愛の物語が魅力の作品です。

特に小説では、神々しい光を放つような美しい容姿が丁寧に描写されています。

設定は難解ですが、読み応え抜群で、花城が異様なスパダリ力を発揮するため、BL的描写は少なくても心満たされる作品です。

詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』原作小説を最新話まで全話ネタバレあらすじ&感想!...

花城の「失控之吻」の真意

謝憐が自分を傷つけようとしたのを見て、花城はどのような行動を取ったのでしょうか?

本来の姿に戻って口付け

花城は謝憐が自分を傷つけようとするのを見て、本来の姿に戻って水中で口付けしたと考えられます。

そこには、謝憐が自分を大事にしない怒り、自分がもっと早く対処していたらという自分自身への怒り、そしてもう二度と謝憐を傷つけさせないという決意も混ざっていると思われます。

詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福61 花城が郎蛍に化けたのは一度ではない?』

風師の選択

賀玄が風師に選択の機会を与えたのは、何回だったか?

3回

賀玄は風師に3度、選択の機会を与えた。

1度目は風水殿の破壊された像を見た時、2度目は白話真人にさらわれた時、3度目は裴茗将軍が風師をお兄さんのもとへ連れて行こうとした時である。

風師は3度とも兄思いゆえに兄を選んだため、賀玄は水師のみを始末したと思われる。

一方、兄もまた命を懸けて風師を守った。

この兄弟愛は感動的である。

詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福8 黒水沈舟・水師・風師の伏線編

花城の正体と特徴

花城の異名は?

血雨探花

花城は、鬼界の最高等級「絶」の鬼で、銅炉山で無数の鬼との殺し合いで勝ち抜いた鬼王。

彼は鬼市を縄張りとし、住人たちからは「城主」と呼ばれている。

鬼市は人界と鬼界の境に存在し、花城の住処の一つである極楽坊は鬼市に建てられている。

花城は、天界の神官たちも恐れる存在で、「血雨探花」という異名を持つ。

花城は、紅い衣に黒い髪をおろし、右眼を黒い眼帯で覆っている。

手首の篭手、黒皮の長靴の鎖、腰帯はそれぞれ銀色に光り、武器は銀色の蝶「死霊蝶」と湾刀「厄命」を使用している。

右手の小指には赤い糸が結ばれている。

詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』謎多き絶境鬼王・花城(血雨探花)の魅力をご紹介

花城と郎蛍の入れ替わり説

謝憐が胎霊を捕まえる際に花城にキスされたとき、花城ではなく郎蛍だった可能性はある?

あり得る

謝憐が胎霊を捕まえる際に水中で花城にキスされるシーンがありますが、この直前の郎蛍が花城ではなかった可能性があります。

根拠として、水中に落ちた謝憐を花城がすぐに助けたこと、郎蛍に逃げるように言った後すぐに水中に飛び込んだことが挙げられます。

これらは、花城が元々郎蛍の姿でそばにいたことを示唆しています。

詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福61 花城が郎蛍に化けたのは一度ではない?』

花城のキスに秘められた意図

謝憐は胎霊の対処法として、どう考えていた?

飲み込む

花城は、謝憐が胎霊を飲み込んで排除しようとしていることを看破し、それを阻止するためにキスした。

謝憐は、黒煙を飲み込んで吐き出した際、胎霊を同様に飲み込むつもりだった。

花城が到着が遅れていたら、謝憐は水面に現れた瞬間に胎霊を飲み込んでいただろう。

花城は、謝憐を危険にさらす計画を阻止し、謝憐を大切に思わない殿下自身にも、自分が遅れたことにも怒りを覚えていた可能性が高い。

詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福61 花城が郎蛍に化けたのは一度ではない?』

太子殿下の過去と闇落ちの危機

太子殿下が人面疫を食い止めようとしたのはどの国か?

仙楽国

太子殿下は仙楽国で発生した人面疫の流行を食い止めようと懸命な努力をした。

しかし、彼の努力は実らず、多くの人々が命を落とした。

この悲劇が殿下を闇落ち寸前の状況に追い込み、永安国に人面疫を広めようとするまでに追い詰めた。

詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福の包帯の少年・郎蛍の正体は?なぜ人面疫の跡がある?

絶境鬼王の誕生

鬼王となったきっかけは何ですか?

蠱城での鬼同士の殺し合いを制したこと

紅色の衣をまとい、白い肌と右目に黒い眼帯が特徴の絶境鬼王は、かつて蠱城で無数の鬼と戦い、生き残って鬼王となりました。

その後、神官たちと戦って全勝しましたが、神官たちが約束を破ったため、人界の神殿を焼き払いました。

この事件により、天界の多くの神官から恐れられる存在となっています。

詳しくみる ⇒参照元: キャラクター/花城