Academic Box Logo

衝撃!大家族「石田さん家」に悲劇…突然の訃報と家族の絆

ライターのYUKOです。

石田家の再会

家族全員が集まることを目指すイベントは何ですか?

常総市きぬ川花火大会

石田家は7人の息子で構成され、末っ子の隼司には2人の娘がいます。

家族は8年間別居生活を送っていますが、長男の孝之は、家族全員が集まるイベントを計画しています。

候補として挙がっているのは、4年ぶりに開催される「常総市きぬ川花火大会」です。

花火大会には、アルツハイマー型認知症を患う祖母のみさ子も参加する予定です。

孝之は、このイベントで家族全員が顔を合わせ、特別なひとときを過ごしたいと考えています。

詳しくみる ⇒参照元: '大家族石田さんチ'新たな命の誕生…4年ぶりの花火大会で家族...

石田太郎さん、ドラマ収録中に死去

石田太郎さんの死去直前の様子を説明してください

水中で「書いてください」と懇願していた。

俳優で浄土真宗の僧侶でもあった石田太郎さんは、69歳で病死しました。

死去の直前、ドラマの収録中に水深92センチのプールで水泳パンツ姿で「書いてください」と懇願するシーンを演じていました。

監督の「カット!

」の声がかかった直後に意識を失い、そのまま帰らぬ人となりました。

詳しくみる ⇒参照元: 名脇役石田太郎さん急死、草なぎとのシーン「カット」の直後(1...

26年間の大家族取材

1997年から取材が開始された、茨城・水海道から通勤していたお父さんは何をしていたか?

サラリーマン

「大家族石田さんチ」という大家族の取材は、1997年から開始された。

父親の晃さんは当時、茨城の水海道から都内の外資系化粧品会社に通勤するサラリーマンだった。

母親の千惠子さんは、30kgの洗濯物と9人の子供の子育てをこなす肝っ玉お母ちゃん。

子供たちは1歳から18歳までの7男2女で、きょうだいげんかや親子げんかで毎日が戦場のようににぎやかだった。

取材開始から26年が経った現在も、この家族の取材は続いている。

詳しくみる ⇒参照元: '大家族石田さんチ'新たな命の誕生…4年ぶりの花火大会で家族...