Academic Box Logo

奇跡の生還!心臓が飛び出た少女、度重なる手術を乗り越え元気に成長

ライターのYUKOです。今回は、衝撃的なニュースをお伝えします。

難病患者の心手術に成功

ウェン・ウィーさんが患っている難病の名前は?

カントレル症候群

ウェン・ウィーさんは心臓の難病であるカントレル症候群を患い、肋骨の欠損や心臓の異常によって心臓が胸から飛び出していた。

同病院の医療チームが高度な手術と術後の管理、家族への支援により根治的な治療に成功。

手術後は心臓が肋骨で守られ、皮膚の色も青黒からピンク色に変化した。

詳しくみる ⇒参照元: 静岡県立こども病院で世界初の心臓病手術成功 マレーシアの14...

複雑な心臓疾患の少女の手術を成功させる

心臓が胸から飛び出し、左右の心室がねじれるなど複数の複雑な心臓疾患を持つ少女の手術を成功させたのはどこの病院か?

県立こども病院

県立こども病院は、東南アジア有数の小児心疾患治療病院であるマレーシアの病院から治療困難と判断されたマレーシア在住の少女、リー・ウェン・ウィーさん(14)の心臓手術を成功させました。

この症例は世界初の根治治療となります。

詳しくみる ⇒参照元: 静岡県立こども病院で世界初の心臓病手術成功 マレーシアの14...

逸脱心から生還した奇跡の赤ちゃん

体外に飛び出した状態で生まれた赤ちゃんの生存率は?

10%未満

バネロピ・ホープ・ウィルキンズちゃんは、逸脱心という心臓が体外に飛び出た状態で生まれました。

生還率は10%未満とされていましたが、3度の手術を経て、現在は両親と一緒に過ごすことができています。

逸脱心は非常にまれな状態で、原因は不明です。

治療法はなく、手術によって心臓を胸腔内に戻すしかありません。

バネロピちゃんは3度の手術を乗り越え、現在は元気に成長しています。

詳しくみる ⇒参照元: 世界の雑記帳:心臓が飛び出して生まれた英国の赤ちゃん、3度の...

体外心臓の女児の手術成功

心臓が体外にある状態で生まれた女児の手術について詳しく教えてください

手術は3段階で行われた。

バネロピ・ホープ・ウィルキンズちゃんは、心臓が体外にある逸脱心で生まれました。

帝王切開による早期出産後、3段階の手術を受けました。

最初の段階では心臓を体内に戻し、2段階目では胸部の空洞を皮膚で覆い、3段階目で空洞を完全に塞ぎました。

逸脱心は非常にまれな疾患で、新生児の死亡率は9割に上ります。

バネロピちゃんのケースは、早期発見と迅速な処置により、無事に手術が成功しました。

詳しくみる ⇒参照元: 心臓が飛び出た英国の女児、3度の手術に成功 英国では初めての...

綱渡りの心手術

ウェン・ウィーさんの心手術の予後は当初どのように予想されていたか?

治らない可能性があった

ウェン・ウィーさんは、胸部を開けて心停止させ、心臓の状態を確認するまで、治癒の可能性は五分五分だった。

しかし、坂本喜三郎副院長が実際に心臓の状態を確認した結果、治癒の可能性があると判断し、綱渡りの手術を行った。

詳しくみる ⇒参照元: 静岡県立こども病院で世界初の心臓病手術成功 マレーシアの14...

体外心臓の英国女児、手術成功

生まれつき心臓が体外にあった英国の女児の手術は成功したのか?

成功

バネロピ・ホープ・ウィルキンズちゃんは、生まれつき胸骨がなく心臓が体外に飛び出した「逸脱心」という症状で誕生。

英国では初めての手術成功例となり、心臓を体内に戻す手術、胸部にできた空洞を皮膚でカバーする手術を受けた。

帝王切開による早期出産も行われ、感染のリスクを低減した。

詳しくみる ⇒参照元: 心臓が飛び出たまま生まれた英国の赤ちゃん、3度の手術に成功

逸脱心から回復した女児

胸骨のない状態で生まれた女児の症状は何だったか?

逸脱心

英国で生まれた女児は、胸骨が欠如し、心臓が体外に飛び出すという珍しい症状の逸脱心で誕生しました。

この症状は英国では初めての成功例となった3度の手術を経て、回復に向かっています。

女児の心臓は、生まれた直後に無菌ビニール袋に収められました。

詳しくみる ⇒参照元: 心臓が飛び出た英国の女児、3度の手術に成功 英国では初めての...