Academic Box Logo

佐世保小6女児同級生殺害事件:17年目の真実 - 事件の深層とその後を追う

ライターのYUKOです。佐世保小6女児同級生殺害事件について、17年目の真実を追う記事をお届けします。

佐世保小6女児殺害事件

当時の加害者少女が保護処分を受けた期間は?

2年間

2004年6月1日、長崎県佐世保市立大久保小学校で、小学6年生の女児が同級生の女児にカッターナイフで切り付けられ死亡した。

加害者は逮捕され、長崎家庭裁判所佐世保支部で少年審判が行われた。

9月15日、加害者は児童自立支援施設送致となり、向こう2年間の強制的措置を取れる保護処分が決定された。

詳しくみる ⇒参照元: 佐世保小6女児同級生殺害事件

佐世保小6同級生殺害事件

少女が同級生を殺害した事件の発生日は?

2004年6月1日

2004年6月1日に佐世保市立大久保小学校で、6年生の少女が同級生をカッターナイフで殺害する事件が発生した。

被害者は御手洗怜美で、父親は毎日新聞佐世保支局長の御手洗恭二だった。

御手洗一家は怜美の母親を癌で亡くしており、怜美は父親と中学3年の次男との3人暮らしだった。

この事件は「佐世保小6同級生殺害事件」として世間を驚愕させ、原因解明が求められた。

詳しくみる ⇒参照元: 『謝るなら、いつでもおいで』佐世保小6同級生殺害事件から10...

同級生殺害事件の衝撃~自己主張が苦手な加害女児の二面性

小学生の女児が同級生を殺害した事件の衝撃的な一面とは?

被害女児の「自己主張が苦手」という一面

2004年に小学生の女児が同級生をカッターナイフで殺害するという事件が発生した。

事件の衝撃に加え、加害女児が被害者に「会って謝りたい」と発言したことや、親が「自己主張が苦手」と認識していたことが波紋を呼んだ。

また、日本女子大学の調査では、小学生と中学生のわずか3割しか「死んだら生き返らない」と答えられないことが判明。

長崎市内の小学校では、これを受け「死」に関する授業が開始されたが、子供たちの反応には戸惑いが見られた。

詳しくみる ⇒参照元: 子供が見えない ~佐世保同級生殺害事件の波紋~

怜美殺害事件の真相

加害者の小説のモチーフとなった作品は何か?

バトル・ロワイヤル

加害少女はパソコンが得意で、ホラー小説を好んでいた。

流行していた『バトル・ロワイヤル』をモチーフに小説を書いていた。

怜美を殺害した手口も、まさにその小説を再現したものだった。

加害少女は最後まで被害者に謝罪せず、発達障害と診断され施設に収容された。

その後、専門の精神科医によって更生への道が始まる。

著者は10年かけて関係者に取材し、父親や加害者の父親、特に怜美の兄の証言を基に事件の真相に迫る。

詳しくみる ⇒参照元: 『謝るなら、いつでもおいで』佐世保小6同級生殺害事件から10...

佐世保支局の日常

佐世保支局長の子どもたちにとって、支局はどのような存在だったのか?

仕事場と自宅

佐世保支局は小さな3階建ての社屋で、支局員の駐車場、事務デスク6つでいっぱいのワンルーム、支局長の住まいから構成されていた。

支局長の子どもたちは、仕事場でも自宅でもあり、帰宅すれば支局員と交流したり、一緒に食事をとったりしていた。

そのため、支局員にとっても身近な存在だった。

詳しくみる ⇒参照元: 『謝るなら、いつでもおいで』佐世保小6同級生殺害事件から10...

命を輝かせる:追悼式での校長のメッセージ

大切な命を忘れないために学校が行っていることとは?

命を輝かせる活動

学校の追悼式では、亡くなった児童2人の命を悼み、命の大切さを訴えました。

校長は自身の兄が病死した経験を語り、命は限られており、一度失うと取り戻せないことを強調しました。

また、学校は命を輝かせる活動を通じて、児童たちに命の大切さを伝えようとしています。

詳しくみる ⇒参照元: 命の尊さ伝えるには 佐世保小6殺害17年「祈りの日」 『長崎...

大久保小事件の教訓継承

学校側が児童に事件の経緯を伝えるべきかどうかについて、どう考えているか

専門家に相談して検討中

大久保小の蒲川校長は、新任教員とともに事件の最終報告書を読み、事件を風化させてはならないと語りました。

しかし、事件の経緯をそのまま児童に伝えることが、命の重さを伝えることにつながるかどうかについては、専門家の意見を聞いて検討しているとのことです。

詳しくみる ⇒参照元: 命の尊さ伝えるには 佐世保小6殺害17年「祈りの日」 『長崎...

少女の死と記者の葛藤

記事の著者が、家族のように付き合っていた少女の死についてどのように報道したか?

機械的に書いた

著者の川名壮志は、事件直後から現場を離れて身を隠し、事件の謎を追い求めた。

しかし、報道については機械的に書いていた。

事件は児童の犯罪で少年法が適用されず、インターネットの普及によるイジメや仲間割れが背景にあると考えられた。

詳しくみる ⇒参照元: 『謝るなら、いつでもおいで』佐世保小6同級生殺害事件から10...

兄妹の絆と事件の悲劇

事件当時の兄はどんな状態だった?

壊れていた

仲良しだった兄妹。

母を亡くした後も兄は妹の相談に乗っていた。

妹が殺害された後、兄も心を壊したが、周りの大人は腫れ物に触るように彼に接した。

加害少女は現在、ひっそりと暮らしている。

詳しくみる ⇒参照元: 『謝るなら、いつでもおいで』佐世保小6同級生殺害事件から10...

学校内殺人事件の発生状況

犯人は被害者の死を確認するためにどのような行動を取ったか?

死を確認した。

長崎県佐世保市立大久保小学校で発生した事件では、犯人は被害者を学習ルームに呼び出し、カーテンを閉めて椅子に座らせた上で首と左手を切りつけました。

被害者が倒れた後、犯人は約15分間現場を離れずに、被害者の顔をのぞき込んだり、体を触ったりして、死亡を確認しました。

また、犯人は血で濡れたハンカチで手に付いた返り血を拭いたり、被害者の眼鏡を机の上に置いたりしました。

詳しくみる ⇒参照元: 佐世保小6女児同級生殺害事件