Academic Box Logo

関東連合の喧嘩術:最強集団の武勇伝と裏社会との繋がり

ライターのYUKOです。関東連合の喧嘩術に関する記事をご紹介します。

海老蔵暴行事件

当時、海老蔵と一緒にいたのは誰?

関東連合元リーダーの石元太一

2010年11月25日、海老蔵は石元太一と一緒にいた飲食店で、石元の用心棒から暴行を受け、顔面を負傷した。

海老蔵は自宅に戻り妻が110番通報。

その後、虎ノ門病院に搬送され、顔面整復手術を受けた。

警視庁は被疑者の逮捕状を取り、その後被疑者は逮捕された。

海老蔵は事件後に記者会見を行い、無期限の歌舞伎出演自粛を発表。

その後、示談が成立し、被告人には懲役1年4月の実刑判決が下った。

詳しくみる ⇒参照元: 11代目市川海老蔵暴行事件

関東連合最強の男:金村剛弘

関東連合の“タイマン最強”の異名を持つ人物は?

金村剛弘

金村剛弘は在日韓国人で、東京朝鮮高級学校を中退後、関東連合や暴力団と繋がり悪事を働いた。

異様な体つきと喧嘩の強さから“タイマン最強”と恐れられ、関東連合の“面倒見”から“後見人”まで上り詰めた。

金村剛弘率いる「新宿ジャックス」は、東京近郊で一大勢力に拡大し、関東連合の目にとまりスカウトされた。

詳しくみる ⇒参照元: 関東連合の現在!芸能人30人との相関図や最強の男も総まとめ

半グレ集団の台頭

六本木や新宿で勢力を拡大していたのはどのようなグループ?

半グレ集団

2004年当時、ノンフィクションライターの小野登志郎氏は、関東連合OBグループを中心とした半グレ集団が六本木や新宿で勢力を拡大していることを確認していました。

この集団は後にその通りに勢力を拡大し、「海老蔵事件」以外にも柴田大輔による傷害致死事件、石元太一による傷害致死事件、現役メンバーによる殺人事件、OBグループ関係者の殺害事件、朝青龍による傷害事件、OBによる傷害事件、OBによる指定暴力団幹部への襲撃傷害事件、OBグループと目される集団による殺人事件などの事件に関与しています。

詳しくみる ⇒参照元: 関東連合

海老蔵暴行事件の経緯

海老蔵は当初、どのような経緯で暴行を受けたとしていたか

知人に介抱中

海老蔵は当初、飲食店で知り合った仲間と飲んだ後、酔いつぶれた人を介抱していたところ、いきなり殴られたと主張していた。

しかし、その後、テキーラを灰皿に注いで飲ませたり、髪を引っ張るなどの行為をしたとする証言が浮上。

また、海老蔵が「俺は人間国宝(または「平成の助六」)だ」と暴言を吐いていたとの報道もあったが、海老蔵本人は否定している。

加害者側は海老蔵の頭突きに対応したと過剰防衛を主張したが、裁判所は海老蔵の落ち度を認めつつも、頭突きを認めることは困難として過剰防衛を否定。

さらに、海老蔵の暴行行為は被害者に相当量の出血があり、危険な犯行だったと認定した。

詳しくみる ⇒参照元: 11代目市川海老蔵暴行事件

海老蔵の顔面外傷と全身多発外傷

顔面外傷以外に、どのような症状が見られたか?

全身多発外傷

歌舞伎役者である海老蔵氏は、顔面の外傷に加えて、内臓打撲による血尿などの全身多発外傷を負った。

退院後の記者会見では、症状について詳細に説明し、医師は脳の損傷はなかったと分析している。

また、難易度の高い口内からの手術が行われた可能性も指摘されている。

詳しくみる ⇒参照元: 11代目市川海老蔵暴行事件

関東連合の勢力拡大要因

関東連合が勢力を拡大した背景要因は何か?

大企業とのビジネス

関東連合は、チーマーやイベントサークルを暴力で制圧し、それらのグループを後ろ盾にして大企業とのビジネスを展開することで勢力を拡大した。

さらに、夜の街での実業家らとの交友関係を築き、人脈でも他のグループを凌駕していった。

詳しくみる ⇒参照元: 関東連合

用賀喧嘩会の結成者

初代「用賀喧嘩会」を結成したのは誰?

高村有柾

世田谷区立用賀中学校の出身者が集まった「用賀喧嘩会」を結成したのは、「ブットバース」の初代メンバー・高村有柾。

この「ブットバース」は、1990年代初頭に世田谷区や新宿区の不良少年たちが結成した武闘派集団で、チーマー狩りや暴走族狩りを行っていた。

詳しくみる ⇒参照元: 用賀喧嘩会の現在!初代や歴代メンバー・関東連合との関係・凶悪...

用賀喧嘩会の過去と現在

元用賀喧嘩会の創設者が起こした問題とは?

詐欺容疑での逮捕

かつて日本で最も凶悪だった不良少年集団「用賀喧嘩会」の創設者である高村有柾氏は、現在も様々な問題を起こしている。

高村氏は新型コロナウイルスに感染したほか、詐欺容疑で逮捕された。

詳しくみる ⇒参照元: 用賀喧嘩会の現在!初代や歴代メンバー・関東連合との関係・凶悪...

関東連合の定義

関東連合とは何ですか?

暴走族チームの連合体

関東連合は、1973年に東京都世田谷区と杉並区の複数の暴走族チームが連合して結成されました。

2003年に解散しましたが、OB同士の結束は固く、その後も六本木周辺で事件を起こしています。

関東連合の定義については、元メンバーの間でも複数の意見があります。

元リーダーの石元太一氏は「世田谷区と杉並区を拠点とした暴走族の“連合組織”」と定義し、元幹部メンバーの柴田大輔氏は「関東連合のメンバーとその地元の後輩ないしは周辺者」と定義しています。

元暴力団員で作家の瓜田純士氏は「昭和53年生まれ世代の杉並区育ちの者達が結成した暴走族“永福町22代目ブラックエンペラー”のメンバーを中心に組織化されたアウトロー集団」と定義しています。

詳しくみる ⇒参照元: 関東連合の現在!芸能人30人との相関図や最強の男も総まとめ