Academic Box Logo

大根の外側が黒い…!? 原因と対処法、食べても大丈夫か徹底解説!

ライターのYUKOです。大根の外側が黒くなっている原因と対処法、そして食べても問題ないかどうかを徹底的に解説します。

大根の鮮度を保つための保管方法

大根の鮮度を保つにはどのような方法がある?

高温や冷蔵と常温の保存を繰り返さない

大根の鮮度を保つためには、高温での保存や、冷蔵と常温の保存を繰り返すことを避けることが重要です。

高温で保存すると「青あざ症」という現象が起こり、見た目が悪くなります。

また、冷蔵と常温の保存を繰り返すと「水晶現象」が起こり、透明や青っぽくなります。

どちらの現象も大根自体は病気ではありませんが、味が落ちるため、できるだけ避けるようにしましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 大根の中身・皮が黒い原因は?筋・斑点があっても食べれる?正し...

大根の黒い筋・反丹の原因と対策

大根の黒い筋や反丹の正体は?

空洞症

大根の黒い筋や反丹は「空洞症」という病気によるものです。

大根が成長する際に水分が不足したり、肥料が過剰だったりすると、組織内に空洞ができ、黒い色素が沈着して筋や反丹として現れます。

空洞症になった大根は、食べても健康上の問題はありませんが、見た目が悪いので廃棄されることが多いです。

家庭菜園で大根を栽培する場合は、適度に水やりをし、肥料を過剰に与えないことが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 大根の黒い斑点や筋の原因は?皮や中身は食べられるのか調査!

黒カビ大根は捨てて!

黒カビの生えた大根を食べるとどうなるのか?

菌が根を張っているので危険

大根の黒カビは表面だけでなく、内部まで菌が侵入している可能性があります。

そのため、黒い皮をむいても食べるのは危険で、捨ててしまう必要があります。

これは、保存状態が悪いとカビが生えやすい大根の特徴によるものです。

詳しくみる ⇒参照元: 大根を切ったら黒い!その原因と対処法を考えてみる!

大根の黒カビに注意!人体への影響と見分け方

大根にある、人体に影響を及ぼすカビは何か?

黒カビ

大根の黒い筋や反丹には、人体に影響のないものと影響のあるものがあります。

影響のあるものは「黒カビ」と呼ばれ、固まって現れます。

黒カビが発見された大根は、口にせずに廃棄してください。

また、皮の変色や異臭、ブヨブヨ感、ぬめりがある大根も黒カビによる腐敗の可能性があり、食べるのを避けてください。

詳しくみる ⇒参照元: 大根の黒い斑点や筋の原因は?皮や中身は食べられるのか調査!

大根の黒い筋や反丹の原因

大根の黒い筋や反丹の正体は?

保存方法のミス

大根の黒い筋や反丹は、旬の時期である寒い冬に保存方法を間違えた場合にできる。

大根の旬は11月から2月で、保存方法を誤ると表面や皮に黒い筋や反丹が現れる。

詳しくみる ⇒参照元: 大根の黒い斑点や筋の原因は?皮や中身は食べられるのか調査!

大根の断面が黒ずむ「青あざ症」の原因と回避法

夏場に大根の断面が黒ずむ現象の原因は?

ホウ素欠乏と高温加湿

夏場に大根の断面が黒ずむ「青あざ症」は、栽培時のホウ素欠乏と土壌の高温加湿によって引き起こされます。

外観からは判断できず、半分に切らないと発見できません。

夏場に大根を購入する際は、半分に切ったものを選ぶことで「青あざ症」を回避できます。

詳しくみる ⇒参照元: 大根の黒い斑点と透明の原因はコレ!食べても大丈夫か簡単に判断...

大根の黒いスジや斑点について

大根に黒いスジがあっても食べても問題ない?

問題ない

大根に黒いスジや斑点は、水晶現象、青あざ症、ダイコンバーティシリウム黒点病、土壌中のカビなどが原因で発生することがある。

これらのスジや斑点があっても、大根自体がカビていなければ食べても体に害はない。

ただし、苦味や硬さが出る場合があり、硬い・苦い場合はその部分だけ取り除くとよい。

ただし、大根に黒カビが生えている場合は内部まで浸透している可能性があり、食べるべきではない。

詳しくみる ⇒参照元: 大根を切ると中身が黒い?この原因と理由を解説!食べることはで...

大根の変色に関する情報

大根の皮に黒い点々がある場合は何が原因ですか?

黒カビ

大根の皮に黒い点々が見られたら、それは黒カビの可能性が高く、食べるのは避けるべきです。

ただし、大根の中身が黒ずんでいる場合は、ストレスや栽培環境の影響による「青あざ症」の可能性があり、カビではありません。

詳しくみる ⇒参照元: 『大根の皮に黒い点が!』これはカビ?画像で食べれるか見分け方...

黒い大根の活用法

黒い大根を美味しく食べるにはどうすればよいですか?

火をじっくり通す味付けの濃い料理に使う

黒くなった大根は、生では食べずに、煮物や味付けの濃い料理に使用すると良い。

煮込むことで硬さがほぐれ、変色の悪さも目立たなくなる。

カレーの具材にするのもおすすめで、濃い味付けと色で苦みと変色をカバーできる。

詳しくみる ⇒参照元: 大根の断面の黒い点や筋は食べても大丈夫?原因や見分け方も確認...

大根の黒い筋の正体

大根の黒い筋の原因は?

保存ミスやカビ

大根の黒い筋の原因には、「水晶現象」と「青あざ症」の2種類がある。

「水晶現象」は保存状態が悪いために起きるもので、切った時にリンゴのように蜜入りした透明から紫に変色した状態になる。

一方、「青あざ症」は土壌中のカビが原因で、輪切りにした時に黒い筋が放射状に入ったり、皮のすぐ下を輪状に入ったりする。

どちらの原因でも食べても問題はないが、気になる場合は黒い部分を除いて食べることをおすすめする。

詳しくみる ⇒参照元: 大根の黒い斑点や筋の原因は?皮や中身は食べられるのか調査!