Academic Box Logo

感動のヒューマンドラマ!「Woman」の魅力を徹底解剖

ライターのAnnaです。本日は、感動のヒューマンドラマ「Woman」の魅力について徹底解剖します。

家族の絆が紡ぐ再生の物語

小春と紗千の仲はどのようにして改善されたのでしょうか?

生活保護申請がきっかけ

小春は夫を亡くしてパートを掛け持ちしながら子育てに奮闘していた。

その中で再生不良性貧血を発症するも、周囲には病気のことを隠していた。

小春は紗千と20年間絶縁状態だったが、生活保護申請をきっかけに再会。

紗千に思いを吐露する中、ようやく紗千を「お母さん」と呼ぶようになった。

詳しくみる ⇒参照元: Woman (テレビドラマ)

DramaWomanあらすじ

小春のドナー適性の検査結果は?

適合

DramaWomanの最終回である第11話では、小春が受けたドナー適性検査の結果が判明する。

紗千や健太郎らは思い思いの感情を胸に結果を待っていた。

その後、紗千の元に担当医から連絡があり、小春と栞に結果が伝えられる。

一方、第3話では、小春は義理の父・健太郎の提案を受け、自分が世話ができないときは望海と陸を紗千と健太郎の家に預けることにする。

だが、小春は子供たちを預かることに不快感を示していた紗千と衝突し、二人の溝が深まってしまう。

詳しくみる ⇒参照元: Woman(ドラマ)のあらすじ一覧

母と娘の絆を描く感動作

栞のドナー適性検査の結果は?

判明

シングルマザーの小春が夫を亡くし、2人の幼子を抱えながら懸命に生きる物語。

小春は、生活保護の手続きのため、20年ぶりに母・紗千を訪ねる。

物語の最後では、小春のドナー適性検査の結果が判明する。

紗千や健太郎らは、それぞれ複雑な感情を抱きながら結果を待っていた。

詳しくみる ⇒参照元: Woman(ドラマ)

母との再会

小春の生活が困窮した原因は?

夫の事故死

小春は、夫の事故死により生活が困窮。

生活保護申請を断られた彼女は、20年前に自分を捨てた母・紗千に援助を求めざるを得なくなる。

紗千は援助の意思を示しており、小春は母と再会することになる。

詳しくみる ⇒参照元: Woman (テレビドラマ)

どん底からの復活

経済的に困難なシングルマザーがどん底から這い上がる方法は?

人生を奮闘する

シングルマザーとして2人の子どもを育てる女性は、親からも絶縁され、頼る人がいない状態に陥ります。

家賃も払えず、重い病気にもかかってしまいます。

しかし、彼女は人生を諦めず、奮闘します。

そして、最終的には最高の人生へと向かっていくのです。

詳しくみる ⇒参照元: Woman

喪失の重みと心のぬくもり

最愛の姉を失った経験から、この作品に特に共感した理由は?

姉の死による喪失感の理解

この作品は、重いテーマを扱っており、喪失感や悲しみを誘う。

作者は数年前に姉を自殺で亡くしており、その経験から、人の死の悲しみを深く理解している。

作品中のキャラクターの喪失感や悲しみは、作者自身の経験に基づいて描かれているため、よりリアルで共感を呼ぶ。

作者にとって、この作品は、姉を失った悲しみを乗り越え、喪失感と向き合うための糧となっている。

詳しくみる ⇒参照元: Woman

シングルマザー親子の物語

シングルマザー親子の置かれていた状況は悲惨だった?

はい

記事では、シングルマザー親子の置かれていた状況が「悲惨」であったと述べられています。

そのため、視聴者は最初は見るのを中断したとのことです。

しかし、その後視聴を再開し、最終的には作品を高く評価しています。

詳しくみる ⇒参照元: Woman

主人公の名前とドラマの特徴

満島ひかりが演じた主人公の名前は?

青柳小春

満島ひかりが主演を務める「とある社会派ドラマ」では、さまざまな人と関わりを持ちながら生活を築く「青柳小春」という主人公が描かれています。

このドラマは、坂元裕二が脚本を書き下ろし、2010年のドラマ「Mother」のスタッフが携わったオリジナル作品です。

また、地上波ドラマとして初めて、第1話が放送前にインターネットで1万人限定で試写会が開催されました。

詳しくみる ⇒参照元: Woman (テレビドラマ)

親を許せない葛藤:第三者の影響

親を許せない感情を抱く理由とは?

第三者への影響

人は、自分だけの問題なら「忘れていい」と思うかもしれない。

しかし、他人に影響が及んでいる場合は、相手の許しが得られない限り、受け入れられない。

親を許せない感情の理由は、自分の過ちや後悔ではなく、それが他人に与える影響に対する葛藤である。

詳しくみる ⇒参照元: Woman