Academic Box Logo

石神井公園駅南口西地区:第一種市街地再開発事業の進捗と未来予想図

こんにちは、ライターのYUKOです。石神井公園駅南口西地区の第一種市街地再開発事業について、最新の進捗状況と将来展望についてご紹介します。

石神井公園駅南口西地区再開発

石神井公園駅南口西地区第一種市街地再開発事業の最寄駅は何線か

西武池袋線

石神井公園駅南口西地区第一種市街地再開発事業は、東京都練馬区石神井町3丁目に位置し、最寄駅は西武池袋線の「石神井公園」駅です。

事業区域は約0.6haで、北街区と南街区の2つの街区に分かれています。

北街区には地上26階、地下2階の店舗、公益施設、共同住宅、駐車場、駐輪場が建設され、南街区には地上9階の店舗、事務所、共同住宅、駐車場、駐輪場が建設されます。

事業は2024年10月1日に着工し、2028年2月29日に竣工予定です。

詳しくみる ⇒参照元: 石神井公園駅南口西地区第一種市街地再開発事業

建物の高さ制限緩和をめぐる議論

練馬区による建物の高さ制限緩和の決定に対して、再開発反対派が指摘している違法性とは何ですか?

行政の裁量権逸脱

練馬区による建物の高さ制限緩和に対して、反対派は、区が公益性や理由を提示していないこと、地区計画の住民合意を無視していることを指摘し、行政の裁量権逸脱を訴えています。

さらに、練馬区景観計画の高さ制限に関する条項に反すると主張し、景観の保全を訴えています。

詳しくみる ⇒参照元: 東京 練馬区・石神井公園駅前の再開発 異例の執行停止のなぜ?

高さ制限緩和で100mマンション建設へ

最近、高さ制限が緩和されたのはどういう条件?

面積2000㎡以上で、再開発などでの高層化

以前は高さ制限が35mまでだったが、2020年に例外条件を満たせば制限なしに変更。

例外条件とは、2000㎡以上の敷地面積があり、再開発などで高層化する場合。

この条件を満たしたタワーマンションが建設されることになっている。

詳しくみる ⇒参照元: 東京 練馬区・石神井公園駅前の再開発 異例の執行停止のなぜ?

再開発事業の計画とスケジュール

事業計画の目標は何ですか?

安全で快適な歩行者空間の形成

この再開発事業は、安全で快適な歩行者空間、駅にふさわしい地域拠点の形成、防災性の向上を目的としています。

準備組合の設立から権利変換計画の認可、解体工事、新築工事、竣工まで、事業スケジュールは綿密に計画されています。

詳しくみる ⇒参照元: 「石神井公園駅南口西地区第一種市街地再開発事業」市街地再開発...

駅前再開発裁判で異例の決定

建物の高さ制限の緩和をめぐる裁判で裁判所が下した決定で珍しい点は何ですか?

5か月間の明け渡し停止

練馬区の駅前再開発をめぐる裁判では、裁判所が約5か月間の土地の明け渡しを停止する決定を下しました。

この決定は、再開発に反対する地権者の訴えを考慮し、裁判所が最終的な判断を下すまでの間、一部の建物の取り壊しを阻止したもので、代理人の弁護士によると「記録を調べる限り、初めてのケース」だということです。

裁判の最大の争点は、再開発への道を開き、超高層ビルを建てられるようにした「建物の高さ制限の緩和」の適法性です。

詳しくみる ⇒参照元: 東京 練馬区・石神井公園駅前の再開発 異例の執行停止のなぜ?

駅前商業環境向上プロジェクト

駅前商業環境を向上させるために、どのような取り組みが行われる?

共同化による土地の高度利用と道路整備

駅前商業環境を向上させるために、建物共同化による土地の高度利用と道路整備が行われる。

これにより、駅前にふさわしい商業・業務環境の向上と交通の利便性が図られる。

また、都市計画道路補助232号線Ⅰ-2期の整備や残地再建も進められる予定。

詳しくみる ⇒参照元: 石神井公園駅南口西地区第一種市街地再開発事業

石神井公園商店街再開発計画

開発計画が進んでいる石神井公園商店街の一帯は、かつてどのような様子だったのか?

駅前商店街

石神井公園商店街はかつて、飲食店だけでなく化粧品店やパン屋が立ち並ぶ、駅前商店街の顔のような場所だった。

しかし、スーパーマーケットの閉店を皮切りに次々と店舗が閉店し、現在では廃墟のような様相を呈している。

2028年完成を目指した再開発計画では、一帯を更地にした上でタワーマンションと中層ビルが建設される予定で、総事業費は253億円に上る。

この再開発に伴い、2棟の建物の間には新たに幹線道路が通る予定である。

詳しくみる ⇒参照元: 東京 練馬区・石神井公園駅前の再開発 異例の執行停止のなぜ?

駅周辺整備の効果

駅の周辺整備によりどのような効果が期待できるのか

安全で快適な歩行者空間の形成、地域拠点の形成、防災性の向上

駅周辺の整備事業では、歩行者と車両を分離した歩行者空間の形成や公共施設の集約による地域拠点の形成が図られます。

また、土地の統合や建築物の共同化、道路整備により、防災性の向上も目指されています。

これらの整備により、駅周辺がより安全で利便性が高く、災害に強い地域へと生まれ変わることが期待されています。

詳しくみる ⇒参照元: 石神井公園駅南口西地区市街地再開発組合認可|東京都