Academic Box Logo

ノスタルジックな笑顔:さくらももこの子供時代を写真と共に振り返る

こんにちは、ライターのYUKOです。

さくらももこの人生と作品

「ちびまる子ちゃん」の原作者であるさくらももこの乳がん発覚はいつ?

40代半ば

さくらももこは、国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」の原作者で、エッセイストとしても活躍した。

代表作に「コジコジ」もある。

乳がんが発覚したのは40代半ばで、闘病生活を送りながら漫画家として活動を続けた。

デビュー30周年記念の展覧会や、「グランドジャンプ」での連載、ご当地キャラ「GJ8マン」の考案など、精力的に創作活動を行った。

2018年8月15日に乳がんのため死去した。

詳しくみる ⇒参照元: さくらももこの写真、名言、年表、子孫を徹底紹介

さくらももこの家庭と創作

さくらにとって、家庭とはどのような存在だったと考えられるか?

日常であり、不思議な世界への扉が隠された場所

『5章ももことコジコジ』展で明らかになったさくらももこの仕事歴の根底には、家庭や家族に向けられた洞察に満ちたまなざしがありました。

さくらにとって、家庭は日常でありながら、ナンセンスな笑いの中にメルヘンな要素を織り交ぜた『コジコジ』のような不思議な世界への扉がいくつも隠された場所でもあったのです。

この展覧会を通して、私たちはさくらが作品に込めた、日常に開かれた扉をいつでもくぐり抜けることができることを思い起こさせられます。

詳しくみる ⇒参照元: 家庭とワンダーランドのあいだにある扉 そごう美術館「さくらも...

さくらももこの多面的な表現世界

さくらももこは、社会的な成功にも関わらず、どのような作品イメージを固めずに挑戦し続けていたか?

多様な表現

さくらももこの作品は、「ちびまる子ちゃん」の成功でソフィスケートされたイメージが広まったが、彼女は『神のちから』でナンセンスな笑いの世界を描き、多忙な中でも作風のイメージを固めることなく多様な表現に挑戦し続けた。

1991年にはラジオパーソナリティも務め、そのバイタリティは底知れなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 家庭とワンダーランドのあいだにある扉 そごう美術館「さくらも...

創り手の理解が作品を左右する

創り手にとって、作品を創る上で最も重要なことは何ですか?

すべてを理解すること

作品を創る上で、創り手は作品の全てを理解していなければならない。

作者が作品のすべてを掌握し、作品が作者の掌の上に乗っている状態が理想的である。

創り手が理解していない作品は野暮であり、真に優れた作品とは創り手がすべてを理解したものである。

漫画家であるさくらももこのこの考え方は、脚本や作詞など他の分野の仕事にも反映されている。

詳しくみる ⇒参照元: 家庭とワンダーランドのあいだにある扉 そごう美術館「さくらも...

さくらももこの知名度を上げた作品

さくらももこはどのような作品で広く知られるようになったのか?

ちびまる子ちゃん

さくらももこは、1990年にアニメ化された国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」で広く知られるようになった。

このアニメの主題歌「おどるポンポコリン」は第32回日本レコード大賞を受賞する大ヒットとなった。

また、自身もアニメの脚本を手掛けた。

詳しくみる ⇒参照元: さくらももこ

さくらももこ アニメ脚本降板の理由

さくらももこがアニメ脚本の仕事を降板した理由は?

窮屈さへの不満

さくらももこは、1999年4月に『ちびまる子ちゃん』『コジコジ』のアニメ脚本の仕事を降板しました。

降板理由は、毎週2本の脚本を書き続ける状況が窮屈になり、自分の人生に余裕がなくなると感じたためでした。

降板後も不定期で脚本を手掛けています。

詳しくみる ⇒参照元: さくらももこ

さくらももこ展: 創作の原点と日常のまなざし

さくらももこが絵本や絵日記を制作するようになったきっかけは?

子供の誕生

さくらももこの展覧会が横浜そごう美術館で開催中。

300点の原画や直筆原稿が展示され、さくらももこのマンガ家以外の顔も紹介している。

特に、子供の誕生をきっかけに制作を始めた絵本や絵日記からは、さくらが日常を大切にする姿勢がうかがえる。

また、バッジや手製の箱など、私的な制作物も展示され、表現者としてのさくらの一面が垣間見える。

詳しくみる ⇒参照元: 家庭とワンダーランドのあいだにある扉 そごう美術館「さくらも...

ちびまる子ちゃんの原作エッセイコミック

ちびまる子ちゃんの原作はどのような形態で描かれたもの?

エッセイコミック

さくらももこの自伝的小説を基に、小学生時代のエピソードをエッセイコミック形式で描いた作品が「ちびまる子ちゃん」の原作。

1986年から「りぼん」で連載が開始された。

詳しくみる ⇒参照元: 家庭とワンダーランドのあいだにある扉 そごう美術館「さくらも...

さくらももこの執筆スタイル

さくらももこのエッセイは、どのように書かれた?

構想を固めてから一気呵成に書いた

さくらももこのエッセイは、初エッセイ集「もものかんづめ」の発行以降、彼女の主要な活動の一つとなっていった。

展示では、彼女の原稿に加筆修正の跡がほとんど見られないことが注目に値する。

これは、彼女が構想を頭で固めてから一気呵成に書く執筆スタイルだったことを示している。

さらに、エッセイの書籍化に際してのプランからは、キャラクターのイラストだけでなく、自身のやわらかな手書き文字をタイポグラフィとして、タイトルやページ番号の数字に使用しようとした企図もうかがえる。

詳しくみる ⇒参照元: 家庭とワンダーランドのあいだにある扉 そごう美術館「さくらも...

さくらももこの生涯における出来事

さくらももこ原作の『ちびまる子ちゃん』のアニメ放送が一旦終了したのはいつ?

1992年9月

さくらももこ原作の『さくら家の人びと』は1992年1月に放送開始されましたが、脚本やキャスティングがさくら側の意向を無視して変更されていました。

同じ1992年に『ちびまる子ちゃん』のアニメが一旦放送終了し、1995年に放送再開されています。

さくらももこは1994年に長男を出産し、1996年に両親を東京に呼んで同居するようになりました。

詳しくみる ⇒参照元: さくらももこ