Academic Box Logo

【熊本3歳女児殺害事件】犯人からの手紙の内容と遺族の13年:清水心ちゃんの最期と父親の哀しみ

ライターのYUKOです。熊本3歳女児殺害事件について、犯人からの手紙の内容と、遺族の13年間にわたる葛藤や悲しみをご紹介します。

熊本3歳女児殺害事件

障害者用トイレで女児に近づいた男の行動は?

わいせつ行為、殺害

2011年、熊本市のスーパーで3歳の女児が障害者用トイレで男にわいせつ行為され殺害された事件。

女児は父親と兄と買い物に来ており、トイレに行くため父親から離れたところを男が付け狙った。

男は女児を口を塞いで首を絞めて殺害し、遺体をリュックサックに入れて近くの排水路に遺棄した。

詳しくみる ⇒参照元: 熊本3歳女児殺害事件

解剖の非情な宣告

両親を絶望の淵に立たせた警察の言葉は?

心ちゃんの解剖

ある日、テレビに「3歳女児、遺体で発見」というテロップが表示された。

母親は娘の心ちゃんではないかと警察に確認したが、「そのような事実はない」と否定された。

しかし、テロップの女児は心ちゃんであり、遺体が発見された。

警察は心ちゃんの解剖を両親に告げ、母親はショックのあまり奥歯を噛み砕いた。

現在も奥歯はなく、当時のままだという。

詳しくみる ⇒参照元: 【熊本3歳女児殺害事件】清水心ちゃんは一体何をされた?犯人か...

心ちゃん誘拐殺人事件

熊本学園大学に通っていた容疑者の犯行であることが判明した事件は何?

心ちゃん誘拐殺人事件

スーパーのトイレ前と近所の監視カメラから容疑者と見られる男性の姿が映し出された。

テレビで映像を見た男性が「自分の教え子かもしれない」と警察に通報。

浮上した20歳の男は容疑を認め逮捕され、供述通り心ちゃんの遺体が発見された。

2013年6月26日の裁判で無期懲役の判決が確定した。

詳しくみる ⇒参照元: 【熊本3歳女児殺害事件】清水心ちゃんは一体何をされた?犯人か...

心ちゃん殺害事件の犯行経緯

障害者用トイレに連れ込まれた心ちゃんに山口芳寛が最初に行った行為は何か?

体を触る

山口芳寛という20歳の熊本学園大学生が、障害者用トイレに連れ込んだ心ちゃんを殺害した事件。

山口は当初、心ちゃんの体を触ったが騒がれたためパニックになり、両手で口と首を塞いで殺害した。

山口は心ちゃんの遺体をリュックに詰めて逃走したが、父親とすれ違っていた。

心ちゃんの遺体は翌日川で発見された。

詳しくみる ⇒参照元: 【熊本3歳女児殺害事件】清水心ちゃんは一体何をされた?犯人か...

山口受刑者への憤り

清水さんが手紙から山口受刑者に関して理解したことは?

真実を語っていなかったこと

清水さんは手紙から、山口受刑者が裁判で真実を語っておらず、娘や家族が救われることはないことを理解した。

また、清水さんは、山口受刑者が罪の意識を感じておらず、自分たちよりも苦しんでいないことに憤りを感じている。

詳しくみる ⇒参照元: 「家内には見せられない。見たら死ぬと思う」犯人からの手紙で知...

心ちゃん誘拐事件の真相

心ちゃんが連れ去られたトイレは?

障害者用トイレ

買い物後の心ちゃんは、父親が呼びかけても返事がなく、犯人に連れ去られていた。

犯人は心ちゃんを障害者用トイレに連れ込み、「使用しています」と父親に応答した。

心ちゃんはその後、川に遺棄された。

詳しくみる ⇒参照元: 【熊本3歳女児殺害事件】清水心ちゃんは一体何をされた?犯人か...

心ちゃん事件の衝撃

割り箸を突っ込まれたのは体のどの部分ですか?

子宮

警察は当初、心ちゃんの誘拐を身代金目的とみて捜査。

そのため、両親は外出して捜索を希望したが、警察から待機を指示された。

不安に駆られた両親は心ちゃんの安否を案じた。

犯行の詳細として、口コミでは心ちゃんの子宮に割り箸が挿入されたと伝えられている。

この事件の影響で、ショッピングモールでは警戒感が高まり、トイレには子どもを一人で行かせない家庭も増えた。

詳しくみる ⇒参照元: 【熊本3歳女児殺害事件】清水心ちゃんは一体何をされた?犯人か...

事件後の家族の苦悩

長男が耳が聞こえなくなった原因は?

事件によるストレス

心ちゃんの殺害から2年後に長男の片耳が聞こえなくなった。

原因は事件によるストレスが大きいと予想された。

長男は「昔から耳がおかしかった」と主張したが、両親は自分たちのせいで息子の耳も聞こえなくなったと自分を責めた。

遺族の悲しみは10年以上経っても癒えず、心ちゃんが生きていれば高校生になっていたことを思うと胸が痛むという。

詳しくみる ⇒参照元: 【熊本3歳女児殺害事件】清水心ちゃんは一体何をされた?犯人か...

幼児殺害事件の判決文で強調された殺意と被害者の恐怖

幼児の首を数分間にわたり力を入れて絞め続けた被告の行為は、どのような結果をもたらす可能性があったでしょうか?

死亡

幼児の首を数分間にわたり強く絞め続けると、死亡する危険性が高いことが判決で認定された。

被告の行為は、殺意があったとされ、被告の行為によって被害者は絶望的な状況に陥り、筆舌に尽くしがたい恐怖を味わったとされた。

また、被害者の両親は法廷で深い悲しみを表明した。

詳しくみる ⇒参照元: 3歳児殺害の山口芳寛に無期懲役「死刑でなかったが、娘には重い...

熊本3歳女児失踪事件の悲劇

3歳女児の行方不明事件で、一体彼女に何が起こったのか

殺害

2011年に発生した「清水心ちゃん事件」では、3歳の心ちゃんがスーパーマーケットで失踪し、その後殺害されたことが判明しました。

この事件では、心ちゃんは父親にトイレに行くと言って姿を消し、その直後に殺害され遺棄されていたのです。

詳しくみる ⇒参照元: 【熊本3歳女児殺害事件】清水心ちゃんは一体何をされた?犯人か...