Academic Box Logo

加藤慎一、フジファブリック、ベース、楽器、ヒバ材国産木材楽器プロジェクト「ATENOTE」とは!?

加藤慎一、フジファブリック、ベース、楽器、ヒバ材国産木材楽器プロジェクト「ATENOTE」とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 国産木材を使用した楽器製作プロジェクト「ATENOTE」について紹介します。

💡 フジファブリックの加藤慎一とストレイテナーのホリエアツシが、国産木材楽器を試奏した様子を紹介します。

💡 国産木材を使用した楽器製作の背景や、今後の展望について解説します。

それでは、最初のトピックに移りましょう。

国産木材楽器プロジェクト「ATENOTE」

それでは、国産木材楽器プロジェクト「ATENOTE」について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!ストレイテナーのホリエアツシとフジファブリックの加藤慎一、国産木材の弦楽器を弾く「新しいものが芽生えた」
ストレイテナーのホリエアツシとフジファブリックの加藤慎一、国産木材の弦楽器を弾く「新しいものが芽生えた」

✅ 国産木材を使用した楽器製作プロジェクト「ATENOTE」では、フジファブリックの加藤慎一とストレイテナーのホリエアツシが、金沢のメーカー「Singular」の楽器を試奏しました。

✅ 加藤慎一は、地元産のヒバ材を使用したベースの音色に「新しいものが芽生えた」と感じ、ホリエアツシは、同じくヒバ材を使用したエレキギターについて「すごく繊細な音」と評価しました。

✅ ATENOTEは、国内産木材需要の低下や後継者不足によって荒廃しつつある里山の活性化を目指しており、能登ヒバを使用した楽器の製作を通して、人と自然の繋がりを再構築することを目指しています。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000246029

国産材を使用した楽器は、環境問題への意識が高まる中、注目されていますね。

国産木材を使った楽器製作プロジェクト「ATENOTE」では、フジファブリックの加藤慎一とストレイテナーのホリエアツシが、金沢の楽器メーカーSingular製の楽器を試奏しました。加藤慎一は、Singular製のベースの新しい感覚に感銘を受け、地元産のヒバ材を使ったことに感謝の気持ちを表明しました。特に、ボディーの軽さに反する音の伸びと木が鳴っている感覚に驚いたそうです。一方、ホリエアツシはSingular製のエレキギターを試奏し、繊細な音色と爪弾くような演奏にも適していると感じたとのこと。ヒバ材の質感については、木目の美しさなど嗜好品の領域だと評価しています。このプロジェクトは、国産木材の需要拡大と里山の活性化を目的としており、今後様々な楽器メーカーからヒバ材を使った楽器が発表される予定とのこと。日本産木材を使った楽器が当たり前になる元年となる可能性を秘めているとされています。

え、めっちゃかっこええやん!ヒバ材の楽器とか、初めて見たわ!

そうやね、国産材で楽器作るとか、エコだしなんかええ感じするよね!

あら、木の香りがするわね。昔は、木の家具とか楽器、当たり前だったのよ。

加藤慎一ソロ・トーク・ライブ「Wonderingwithyou2」開催

続いて、加藤慎一さんのソロトークライブについてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!フジファブリック 加藤慎一、ソロトークライブ「Wondering with you」の詳細が決定
フジファブリック 加藤慎一、ソロトークライブ「Wondering with you」の詳細が決定

✅ フジファブリックの加藤慎一がソロトークライブ「Wondering with you 2」を開催。

✅ 東京公演は11月24日(木)渋谷EURO LIVE、地元石川公演は12月17日(土)金沢エイトホールで開催。

✅ 10月13日(木)よりフジファブリックオフィシャルモバイル会員サイト゛FAB CHANNEL゛にて最速チケット先行受付が開始。

さらに読む ⇒SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/309329

トークライブの内容が気になりますね。

フジファブリックのベーシスト加藤慎一によるソロ・トーク・ライブ「Wonderingwithyou2」が開催されます。11月24日には東京・渋谷EUROLIVE、12月17日には地元石川・金沢EIGHTHALLで開催されます。フジファブリックのオフィシャル・モバイル会員サイト「FABCHANNEL」では、10月13日から最速チケット先行受付がスタートしています。ライブでは、加藤慎一の「Wonder」な世界観を存分に堪能することができます。

ええ!加藤慎一さんのトークライブとか、めっちゃ行きたい!

トークライブかぁ、どんな話するんやろ?

あら、若い人がトークライブなんて、今の時代は珍しいわね。

加藤慎一さんのプロフィール

加藤慎一さんのプロフィールについてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!BASSIST FILE

公開日:2023/10/24

BASSIST FILE

✅ 加藤慎一さんは、13歳の時にMR.BIGのライブビデオを見てビリー・シーンに憧れてベースを始めた。

✅ 加藤慎一さんは、フジファブリックのベーシストとして、数々の楽曲で活躍している。代表作としては「若者のすべて」「楽園」「Particle Dreams」などが挙げられる。

✅ 加藤慎一さんは、フジファブリックの新体制で本格始動後、音楽活動に加え、トークライブ「Wondering with you」など幅広い活動を行っている。好きなベーシストには、ジョン・ディーコン(クイーン)、フェリックス・パパラルディ(マウンテン)、バーナード・エドワーズ(シック)、マーク・ケリー(ザ・ルーツ)、ディー・ディー・ラモーン(ラモーンズ)などを挙げている。

さらに読む ⇒ ベース・マガジン ベース・マガジン出典/画像元: https://bassmagazine.jp/player/bf-shinichi-kato/

加藤慎一さんは、音楽活動以外にも幅広く活躍されているんですね。

加藤慎一さんは、1980年8月2日生まれの石川県金沢市出身のベーシストで、2000年に結成されたバンド『フジファブリック』のメンバーです。13歳の頃にMR.BIGのライブビデオを観てビリー・シーンに憧れ、ベースを始めたそうです。自身の代表作には、フジファブリックの「若者のすべて」「楽園」「ParticleDreams」を挙げ、好きなベーシストにはジョン・ディーコン、フェリックス・パパラルディ、バーナード・エドワーズ、マーク・ケリー、ディー・ディー・ラモーンを挙げています。座右の銘は「好きこそものの上手なれ」で、趣味は飲酒とのことです。影響を受けた本や漫画、映画は、筒井康隆、藤原伊織、貴志祐介、日本橋ヨヲコ、道満晴明、福満しげゆき、バック・トゥ・ザ・フューチャー、レザボア・ドッグス、稲川淳二の恐怖への招待状などを挙げられています。夢の舞台は、石川県金沢市の本多の森ホール(旧石川厚生年金会館)で、小さい頃から馴染みのある場所ですが、いまだに演奏したことがないため、いつかそこで演奏したいと考えているそうです。

ええ!加藤慎一さん、めっちゃイケメンやん!

ベース弾く人って、なんかかっこいいよね!

あら、若い頃から音楽に興味があったのね。素晴らしいわ。

加藤慎一さんの音楽活動と機材

加藤慎一さんの音楽活動と機材についてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!フジファブリック 加藤慎一ソロトークライブ「Wondering with you3 in OSAKA」チケットオフィシャル先行開催中!フジファブリック
フジファブリック 加藤慎一ソロトークライブ「Wondering with you3 in OSAKA」チケットオフィシャル先行開催中!フジファブリック

✅ フジファブリック加藤慎一のソロトークライブ「Wondering with you 3 in OSAKA」のチケットのオフィシャル先行受付が開始されました。

✅ 受付期間は2023年11月19日(日)23:59まで、受付URLはhttps://eplus.jp/wonderingwithyou3/です。

✅ 公演は2024年2月2日(金)にMusic Club JANUS(大阪府)で開催され、チケット代は4,400円(税込み)です。

さらに読む ⇒Sony Music ArtistsSony Music Artists出典/画像元: https://www.sma.co.jp/s/sma/news/detail/104440?ima=0000&link=ROBO004

加藤慎一さんが使用している機材は、どれも高価なものばかりですね。

加藤慎一さんは、FenderのPrecisionBass、GuildのStarfireBass、SunnのConcertBass、215S、RupertNeveDesignsのRNDI、AmpegのB-15SPORTAFLEX、B-15N、AguilarのToneHammer、MXRのM181BlowTorch、electro-harmonixのBassMicroSynthesizer、BOSSのTU-3S、A.Y.ATOKYOJAPANのFrontgateBassDriveなどを使用しています。フジファブリックの加藤慎一が、2024年2月2日(金)に大阪・MusicClubJANUSにてソロトークライブ「Wonderingwithyou3inOSAKA」を開催します。このイベントは、8月に東京・渋谷EUROLIVEで開催された「Wonderingwithyou3」の大阪公演になります。大阪での開催は、2021年の「Wonderingwithyou」以来2年ぶりになります。チケットはフジファブリックオフィシャルモバイル会員サイト・FABCHANNELにて、11月9日(木)23時59分まで最速先行受付が行われています。FABCHANNELでは、イベントに関する゛不思議な体験゛も募集しています。

ええ!加藤慎一さんのトークライブ、行きたい!

トークライブのチケット、ゲットしとかないと!

あら、音楽は心の栄養だわね。

フジファブリックの最新情報と加藤慎一の愛用機材

フジファブリックの最新情報と加藤慎一さんの愛用機材についてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!Instruments 使用楽器
Instruments 使用楽器

✅ この記事は、著者の楽器遍歴を、ガットギターから始まり、エレキギター、ベース、ウッドベース、そしてアコースティックギターまで、多岐にわたる楽器と共に、それぞれの楽器との出会い、思い出、そして自身の音楽活動との関わりについて語っています。

✅ さらに、楽器に対するこだわりや、楽器選びの基準、そして自身の音楽活動における楽器の重要性を、具体的なエピソードを交えながら、詳細に記述しています。

✅ 自身の音楽活動と並行して、様々な楽器を所有し、演奏してきた著者の経験を通して、楽器に対する愛情と探求心、そして音楽に対する情熱が伝わってくる内容となっています。

さらに読む ⇒加藤真一 | Jazz Bassist Kato Shinichi web site.加藤真一 | Jazz Bassist Kato Shinichi web site.出典/画像元: https://katoshinichi.net/instruments/

加藤慎一さんは、様々な種類のベースを使用されているんですね。

フジファブリックは現在「プラネットコロコロTOUR2023」を開催中。11月1日(水)にはZeppDiverCityTokyoでの公演が予定されています。さらに、10月30日(月)にはBIGCATにて、けいちゃん、和ぬかと共演する3マンライブ「フレンドパークアトラクションズ」を開催します。加藤慎一は、ベース奏者として様々な種類のベースを使用しており、Fender Jazz BassやFender Precision Bassは最も頻繁に使用されています。PVやライブで頻繁に使用されているベースには、Fender Japan MB98-SD/CO、Gibson EB-0、Epiphone Embassy、Guild Starfire Bass IV、Rickenbacker 4001、ELKBS-400、Musicman Stingray、Ibanez SR、Danelectro 59DC、Burns 500-1 Model、YAMAHASLB-100などがあります。使用するアンプは、AcousticModel 220、Ampeg SVT-2Pro、HIWATT LB100、Hiwatt Bass 100キャビネット、Mesa/Boogie RoadReady 2x15、Fender Bassman Cabinetなど、複数のアンプを使用しています。

ええ!フジファブリック、ライブ行きたい!

加藤慎一さん、めっちゃベース上手いよね!

あら、音楽は時代を超えて愛されるものだわね。

本日は、加藤慎一さんと国産木材楽器プロジェクト「ATENOTE」についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 国産木材を使用した楽器製作プロジェクト「ATENOTE」が注目されています。

💡 フジファブリックの加藤慎一は、ソロトークライブ「Wondering with you 2」を開催します。

💡 加藤慎一さんは、様々な楽器を使用し、幅広く音楽活動をされています。