Academic Box Logo

ラッツ&スターって知ってる?彼らの歴史とメンバーの今!黒塗りメイクの真相とは!?

ラッツ&スターって知ってる?彼らの歴史とメンバーの今!黒塗りメイクの真相とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ラッツ&スターは、かつて「シャネルズ」として活動していた音楽グループです。

💡 シャネルズは、黒塗りのメイクでステージに立つことを発案し、お茶の間で人気を獲得しました。

💡 現在では、黒塗りは人種差別的な行為と捉えられるようになり、受け入れられなくなりました。

それでは、ラッツ&スターの歴史、そして現在のメンバーについて詳しくご紹介いたします。

ラッツ&スターの誕生と特徴

ラッツ&スターの黒塗りメイクは、時代背景を考えると非常に興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!ラッツ&スターのメンバーや黒塗りが禁止の衝撃の理由とは?

公開日:2018/09/27

ラッツ&スターのメンバーや黒塗りが禁止の衝撃の理由とは?

✅ ラッツ&スターは、かつて「シャネルズ」として活動していた音楽グループで、メンバーは鈴木雅之、田代まさし、佐藤義雄、久保木博之、桑野信義、出雲亮一、新保清孝などです。

✅ シャネルズは、黒塗りのメイクでステージに立つことを発案し、お茶の間で人気を獲得しました。黒塗りは東宝映画「三匹の狸」のキャラクターからヒントを得たもので、当初は黒人へのリスペクトを込めて行っていました。

✅ しかし、時代が進むにつれて、黒塗りは人種差別的な行為と捉えられるようになり、現在では受け入れられなくなりました。ももクロやダウンタウンの浜田雅功が黒塗りメイクをしたことで、大きなバッシングを受けたことがその例です。

さらに読む ⇒久米田康治の娘とはどんな人?妻との結婚や馴れ初めの驚愕の事実とは?久米田康治の娘とはどんな人?妻との結婚や馴れ初めの驚愕の事実とは?出典/画像元: https://entamesports.com/geinou/ratusuta/

時代によって価値観が変わるというのは、改めて考えさせられますね。

1980年に「シャネルズ」としてデビューしたラッツ&スターは、1983年にグループ名を変更し、数々のヒット曲を世に送り出しました。メンバーは鈴木雅之、田代まさし、佐藤善雄、久保木博之、桑野信義、出雲亮一、新保清孝、須川泰男、高橋進、山崎廣明の10人でしたが、1984年に高橋進と山崎廣明が脱退し、1988年には須川泰男が脱退しました。ラッツ&スターの黒塗りのメイクは、東宝映画『3匹の狸』の黒塗りパンチパーマの詐欺師から着想を得ています。しかし、現在では黒塗りは人種差別と捉えられる可能性があり、今後の使用については不透明です。

えー、まじ!?昔のことは知らんかったわ!

そうなんや。時代が違うけん、仕方ないよね。

昔は、黒塗りって流行ってたのよ!

ラッツ&スターの代表曲と活動休止

ラッツ&スターは、数々のヒット曲を世に送り出しました。

🔖 関連記事の要約!1980年2月25日リリース「シャネルズ
1980年2月25日リリース「シャネルズ

✅ シャネルズは1975年に結成され、1983年にラッツ&スターに改名した。

✅ シャネルズは、1977年にヤマハ主催のアマチュアバンドコンテスト「EastWest゛77」で決勝進出し、1980年にレコードデビューを果たした。

✅ 1982年に活動を休止した後、再スタートを切る際に「CHANELS」から「SHANELS」に改名し、1980年2月25日にデビューシングル「ランナウェイ」をリリースした。

さらに読む ⇒保坂耕司と学の日常配信保坂耕司と学の日常配信出典/画像元: http://kojihosaka.edoblog.net/music/1980%E5%B9%B42%E6%9C%8825%E6%97%A5%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%80%8C%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%BA%20-%20%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8A

ラッツ&スターの楽曲は、今でも多くの人に愛されていますね。

ラッツ&スターは、1980年にデビューシングル「ランナウェイ」をリリースし、CMソングとして制作された楽曲が100万枚を超える大ヒットとなりました。続く1983年には、化粧品CMソングとして制作された「め組のひと」が80万枚の売上を記録し、グループの知名度をさらに高めました。ラッツ&スターは、1986年以降に活動を休止しましたが、解散は宣言しておらず、状況が整えば再開の可能性もあります。

懐かしい曲、いっぱいあるわー!

懐かしいなぁ。よく聞いてたわ。

ラッツ&スターって、若いもんには分からんやろな。

メンバーそれぞれの活躍

ラッツ&スターのメンバーは、それぞれソロ活動や別の分野で活躍しています。

🔖 関連記事の要約!第72回NHK紅白歌合戦>熱唱する鈴木雅之(中央)と桑野信義(右)、佐藤善雄(撮影・河野 光希)― スポニチ Sponichi Annex 芸能
第72回NHK紅白歌合戦>熱唱する鈴木雅之(中央)と桑野信義(右)、佐藤善雄(撮影・河野 光希)― スポニチ Sponichi Annex 芸能

✅ 今月の少女(LOONA)のイヴが1st EP「LOOP」発売記念ショーケースを開催した。

✅ 森香澄がWデートの経験について語り、学生時代にWデートをしたことがあると明かした。

✅ パパイヤ鈴木が芸名の由来を語り、インパクトがほしくて、なんとなく顔を見て写真を見て決めたと明かした。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/12/31/gazo/20211231s00041000573000p.html

メンバーそれぞれが、違う道を進んで活躍しているのは素晴らしいですね。

ラッツ&スターのメンバーは、それぞれソロ活動や別の分野で活躍しています。ボーカルの鈴木雅之はソロ歌手として成功し、ライブチケットは入手困難なほどの人気アーティストです。テナーボーカルの田代まさしはタレントに転身しましたが、薬物問題で逮捕歴があり、現在は更正施設で活動しています。バスボーカルの佐藤善雄はファイルレコードの代表取締役であり、ジャパンエンターテインメントアカデミーの校長を務めています。トップテナーボーカルの久保木博之は車関係の仕事に就いているようです。トランペット・ボーカルの桑野信義はタレントに転身し、ラッツが活動を再開する際は参加しています。ギターの出雲亮一はソロギターリストとして活動し、音楽スクールの講師を務めています。ドラムの新保清孝は現在の活動状況が不明です。

え、みんなバラバラで活動してたんや!知らんかったわ!

みんな、それぞれ頑張ってんな!

ラッツ&スターは解散したんかと思っとったわ!

佐藤善雄の活躍

佐藤善雄さんは、ラッツ&スターのメンバーとして活躍しただけでなく、音楽プロデューサーとしても活躍しています。

🔖 関連記事の要約!ゴスペラーズ「G25
ゴスペラーズ「G25

✅ ゴスペラーズは、1994年のデビューから25周年を迎え、初のシングルコレクション「G25 -Beautiful Harmony-」をリリース。5枚組で全58曲を網羅し、デビューシングル「Promise」から最新シングル「VOXers」まで年代順に収録。

✅ デビュー曲「Promise」は、メンバーが早稲田大学アカペラサークルの先輩から教わった曲で、日本語詞はサークルの同期が書き下ろした。オリジナル曲でアカペラグループだったことが、レコード会社との出会い、そしてメジャーデビューに繋がった。

✅ 「Promise」は当時流行していたカラオケで歌われる曲がヒットする流れに乗り、シングル盤にはカラオケバージョンも収録された。また、赤ちゃんが授乳されている様子が流れる番組のタイアップに起用されたことも、優しい曲調と生声アカペラのイメージに合致し、ヒットに貢献した。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/pp/gospellers05

佐藤善雄さんの音楽に対する情熱を感じますね。

佐藤善雄は、1956年生まれの音楽プロデューサーで、ラッツ&スターのメンバーとしても活躍しました。1980年に『シャネルズ』のベース・ヴォーカルとしてデビューし、リーダーの鈴木雅之とは小学校からの同級生です。ラッツ&スター活動休止後は、株式会社ファイルレコードに入社し、新人アーティストの発掘やプロデューサーとして活躍しました。1993年にはゴスペラーズと出会い、彼らのデビュー作品をプロデュースし、リップスライム、ライムスター、冨永裕輔など多くのアーティストを輩出しています。現在もファイルレコード代表取締役社長を務める傍ら、『ラッツ&スター』、『ゴスペラッツ』としても活動しており、2015年には芸能スクール「ジャパン・エンターテインメント・アカデミー(JEA)」の校長に就任するなど、幅広い活動を続けています。

ええ!?佐藤さんて、そんなすごい人やったんや!

知らんかったー!佐藤さんってすごい人だったんやね!

佐藤さん、若い頃、イケメンやったんやろな。

佐藤善雄の音楽活動

佐藤善雄さんの音楽人生は、まさに伝説ですね。

🔖 関連記事の要約!第97回「Barry /佐藤善雄」特集その2~若いベースヴォーカルついて来い!編~
ゲスト:佐藤善雄
第97回「Barry /佐藤善雄」特集その2~若いベースヴォーカルついて来い!編~<br />ゲスト:佐藤善雄

✅ 今回の放送では、ラッツ&スターの佐藤善雄さんをゲストに迎え、デビュー35周年を迎えた佐藤さんの初ソロアルバム「Barry」や、大滝詠一さんとの深い関係について語られました。

✅ 番組では、佐藤さんのアルバム「Barry」に収録された落語で聴くライナーノーツや、落語好きの伊藤銀次さんとの落語談義が紹介されました。

✅ 次回の放送では、大滝詠一さんの完全生産限定12枚組「NIAGARA CD BOOK2」の特集が組まれ、銀次さんの盟友・上原゛ユカリ゛裕さんがゲストとして出演します。

さらに読む ⇒otonano ウェブで読める大人の音楽誌otonano ウェブで読める大人の音楽誌出典/画像元: https://otonanoweb.jp/s/magazine/diary/detail/6389?ima=0000&link=ROBO004&cd=radio

佐藤善雄さんの音楽に対する情熱は、本当に素晴らしいですね。

佐藤善雄は音楽プロデューサーとして、2018年に30周年記念アルバム「30th」をリリースし、BloodestSaxophoneとのコラボレーションで和製Doo-Wopサウンドを披露しました。2016年には、シャネルズのセカンドアルバム「Heart&Soul」に収録された「夢見る16歳」のアンサーソング「SixtyCandles」をリリースしました。この曲は桑野信義をフィーチャーしており、佐藤善雄自身の音楽史を振り返る内容となっています。さらに、シャネルズでのデビューから35周年を記念して、2015年にはソロアルバム「Barry」をリリースしました。このアルバムでは、佐藤善雄の音楽人生を振り返る楽曲や、25FUTUREFILE25ALLSTARSとのコラボレーション楽曲などが収録されています。

佐藤さん、めっちゃ音楽好きなんやなー!

佐藤さんの音楽、聞いてみたいなぁ。

佐藤さん、これからもお元気で!

ラッツ&スターは、時代を超えて多くの人を魅了する音楽グループですね。

🚩 結論!

💡 ラッツ&スターは、かつて「シャネルズ」として活動していました。

💡 ラッツ&スターは、1986年以降に活動を休止しましたが、解散は宣言しておらず、状況が整えば再開の可能性もあります。

💡 メンバーそれぞれが、ソロ活動や別の分野で活躍しています。