Academic Box Logo

AIは子供たちの学習をどう変える?教育の未来とは!?

AIは子供たちの学習をどう変える?教育の未来とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 AIが学習効率を向上させる仕組み

💡 EdTechの導入による教育現場の変革

💡 AI時代に求められる思考力と能力

それでは、AIがどのように子供たちの学習を変えているのか、詳しく見ていきましょう。

AIの進化と可能性

AIの歴史は、まさに波乱万丈ですね。

🔖 関連記事の要約!人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いとは

公開日:2017/07/06

人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いとは

✅ この記事は、AI、機械学習、ディープラーニングの関係性を同心円を用いて説明し、ディープラーニングがAIと機械学習に含まれており、今日のAIの急速な成長を促していることを説明しています。

✅ また、AIの歴史を振り返り、1956年のダートマス会議から、2012年までの栄枯盛衰を経て、近年急速な発展を遂げていることを説明しています。その理由として、GPUの普及、ビッグデータの増加などが挙げられます。

✅ さらに、AIが人間の知能を模倣するテクノロジであること、そして、特化型AIと汎用AIの違いを説明しています。特化型AIは特定のタスクにおいて人間と同等もしくはそれ以上の能力を持つ一方、汎用AIは人間と同じようにあらゆる感覚と判断力を持つマシンであり、まだ実現されていません。

さらに読む ⇒NVIDIANVIDIA出典/画像元: https://blogs.nvidia.co.jp/2016/08/09/whats-difference-artificial-intelligence-machine-learning-deep-learning-ai/

AIの歴史を振り返ると、その進化のスピードに驚かされます。

AI(人工知能)は、人間の脳が行う学習、記憶、推測、判断といった活動をコンピューターで実現する技術です。近年、AI(人工知能)が注目されるようになった背景には、「ディープラーニング」と呼ばれる技術の進歩があります。ディープラーニングは、人間の脳の仕組みをコンピューターで模倣することで、AI(人工知能)が自ら学習し、複雑な問題を解決できるようになった技術です。AI(人工知能)は、人間のように感情を持つことはできません。AI(人工知能)は、人間が与えたデータに基づいて、人間が求める結果を導き出すように設計されています。AI(人工知能)が人間の感情を理解したり、表現したりすることは、現在の技術では難しい課題です。

へぇ~、AIって昔からあったんや!

そうやね、AIはすごい進化をしてきたんやな。

AIって、昔は夢物語だったけど、今は現実のものになったんやね。

AIが変える子供たちの学習

EdTechは、学習の新しい可能性を開きますね。

🔖 関連記事の要約!AIが教師に!? 学習アプリ「Qubena」が生み出す子どもたちの新たな学びの時間
AIが教師に!? 学習アプリ「Qubena」が生み出す子どもたちの新たな学びの時間

✅ EdTech市場は、教育格差の解消や教育現場の効率化を目指し、近年本格的に進展しています。特に、GIGAスクール構想による1人1台端末環境整備により、公立学校への導入が加速しています。

✅ EdTechは主に「協働学習・授業支援」「STEAM教育」「教科学習」の3つのジャンルに分けられます。QubenaのようなAI型学習教材は、パーソナライズ学習システムで個々の学習状況に合わせて最適な学習内容を提供する「アダプティブラーニング」として注目されています。

✅ EdTech導入は塾や私立学校から進み、公立学校への浸透には時間がかかるとされています。しかし、GIGAスクール構想によるインフラ整備が進むことで、公立学校におけるEdTech活用が本格化し、教育現場の抜本的な改革が期待されています。

さらに読む ⇒エネルギー視点で未来を考えるメディア/EMIRA | TOPページエネルギー視点で未来を考えるメディア/EMIRA | TOPページ出典/画像元: https://emira-t.jp/special/15960/

AIを使った教育は、子供たちの学習効率を飛躍的に向上させる可能性を秘めています。

近年、AI(人工知能)は子供学習の分野にも進出しており、学習効率を向上させる子供向け学習アプリが開発されています。AI学習アプリ「Qubena」は、子供の理解度をAIが分析し、一人ひとりに最適な問題を提供することで、学習効率を17倍に高めたという実績があります。これは、AIが子供の学習プロセスを詳細に分析し、適切な問題を提示することで、より効果的な学習を可能にすることを示しています。

うちもAIの塾行かなあかんかな?

AIが勉強を教えてくれる時代が来たんやね。

AIは、子供たちの未来を明るくしてくれるね!

AI時代に対応する教育の重要性

思考力は、これからの時代を生き抜くための必須スキルですね。

🔖 関連記事の要約!教育フォーカス│新課程における新しい学びとは│第3回自ら考える思考力を育むために大切なこと1/4│ベネッセ教育総合研究所
教育フォーカス│新課程における新しい学びとは│第3回自ら考える思考力を育むために大切なこと1/4│ベネッセ教育総合研究所

✅ 思考力は、論理的に考え、自らを振り返る批判的思考力と、創造的思考力の二つが重要です。

✅ 批判的思考力は、問題を明確化し、情報の信頼性を検討し、理由や根拠に基づいて結論を導き出し、最終的な意思決定や問題解決を行うプロセスで、各段階における思考の正しさを振り返る「メタ認知」が重要となります。

✅ 創造的思考力は、新しいアイデアを生み出すだけでなく、有用性や実現可能性を検証する段階で批判的思考力を活用し、目標やリソースを明確化し、様々な角度から推論することで、実現可能な価値のあるアイデアを生み出します。

さらに読む ⇒ベネッセ教育総合研究所ベネッセ教育総合研究所出典/画像元: https://berd.benesse.jp/feature/focus/16-shinkatei/activity3/

批判的思考力と創造的思考力は、AI時代を生き抜くために欠かせない能力です。

AI技術の発展は、一部の職業の自動化をもたらす可能性があり、将来の仕事環境の変化に適応できる能力が求められます。そのため、日本の教育現場では、受動的な学習から、能動的な学習へとシフトし、思考力や問題解決能力を育む「アクティブ・ラーニング」が重要視されています。アクティブ・ラーニングでは、子供たちは自ら課題に取り組み、解決策を探し出す過程を通じて、知識や情報だけでなく、批判的思考力、コミュニケーション能力、協調性など、社会で必要とされる汎用的能力を育みます。正解のない問いに対して、自分自身の知識や情報に基づいて答えを導き出す力は、社会生活を送る上で不可欠です。

難しいことばやけど、ようするに考える力が大事ってことやんな。

確かに、考える力は重要やね。

考える力は、若い時から鍛えておかないとね。

AI技術がもたらす未来

AI技術は、私たちの生活を大きく変える可能性を秘めていますが、同時に倫理的な課題も浮上しています。

🔖 関連記事の要約!考慮すべき人工知能(AI)の倫理問題

公開日:2024/03/13

考慮すべき人工知能(AI)の倫理問題

✅ 自律型致死兵器システム(LAWS)と呼ばれる「殺人ロボット」の規制をめぐり、国連で議論が活発化している。

✅ 各国はLAWSの規制の必要性について意見が分かれており、決着点が見えない状況となっている。

✅ 活動家の中には、国連がLAWSに関する議論の場として適切なのか疑問視する声も上がっている。

さらに読む ⇒Switzerland - News and perspectives - SWI swissinfo.chSwitzerland - News and perspectives - SWI swissinfo.ch出典/画像元: https://www.swissinfo.ch/jpn/%E7%A7%91%E5%AD%A6/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD-%E5%80%AB%E7%90%86-%E5%95%8F%E9%A1%8C-%E5%9B%BD%E9%9A%9B-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9-ai-%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC-%E6%8A%80%E8%A1%93-%E9%9D%A9%E6%96%B0-%E8%AA%B2%E9%A1%8C/46338572

殺人ロボットの話は、少し怖いです。

AI(人工知能)は、私たちの生活をより便利で豊かにするために、様々な分野で活用されています。例えば、スマートフォンの音声アシスタント、自動運転車、医療診断などです。AI(人工知能)は、私たちの生活を大きく変える可能性を秘めています。一方で、AI(人工知能)が倫理的に問題となるような行動を取ってしまう可能性も懸念されています。AI(人工知能)の開発と利用には、倫理的な問題点も踏まえて慎重に進める必要があります。

AIは便利やけど、怖い面もあるんやね。

AIの進化は怖い面もあるけど、未来は明るいと思うばい。

AIに操られる未来は、ちょっと怖いけど、楽しみでもあるわ。

AIとの共存

AIとの共存は、人類にとって大きな課題であり、同時に大きなチャンスでもあります。

🔖 関連記事の要約!AIと共存する」これからの時代
AIと共存する」これからの時代

✅ AIの進化により、従来の「調べる」という行為は「AIに質問する」に、また「人と働く」という概念は「AIと働く」へと変化しつつあり、さまざまな業界に大きな影響を与えています。

✅ 教育現場では、AIの活用により学習方法が大きく変化する可能性があり、AIが得意とする分野ではなく、人間の創造性や思考力、価値観といったAIが苦手とする分野が重視されるようになる可能性があります。

✅ AIの急速な進化は、社会全体に大きな変革をもたらしており、AIとの関わり方や活用方法について、社会全体で議論を進める必要性が高まっています。

さらに読む ⇒BOEL Inc. | ブランディング&デザインファームBOEL Inc. | ブランディング&デザインファーム出典/画像元: https://www.boel.co.jp/tips/vol146/

AIとの共存は、これからの時代において重要な課題です。

AI(人工知能)は、人間にとって強力なツールとなりえます。AI(人工知能)の進化を理解し、その可能性と課題を正しく認識することが重要です。

AIと仲良くやっていかんとあかんね。

AIと一緒に、未来を創造していきたいね。

AIは、私たち人間にとって、良いパートナーになってくれるでしょう。

AIは、子供たちの学習を大きく変え、未来の教育を担う可能性を秘めています。

🚩 結論!

💡 AIは、学習効率を向上させるツールとして活用できる

💡 EdTechの導入は、教育現場の変革を加速させる

💡 AI時代に対応するためには、思考力や問題解決能力を育む教育が必要