Academic Box Logo

藤井フミヤ、50sカルチャーへの熱い想いは?チェッカーズ楽曲封印の真相とは!?

藤井フミヤ、50sカルチャーへの熱い想いは?チェッカーズ楽曲封印の真相とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 藤井フミヤは、1980年代に一世を風靡したアイドルグループ「チェッカーズ」のボーカルとして活躍

💡 チェッカーズ解散後もソロアーティストとして活動を続け、数々のヒット曲を世に送り出してきた

💡 近年は、50sカルチャーへの強い憧れを表明し、オリジナルアルバムやライブでその影響を見ることができる

それでは、藤井フミヤさんの音楽活動について、詳しく見ていきましょう。

藤井フミヤと50sカルチャー

藤井フミヤさんの音楽活動の原点を探る、興味深いエピソードですね。

🔖 関連記事の要約!MY CAROL
MY CAROL

✅ 藤井フミヤは、中学生時代に伝説のバンド「キャロル」に出会い、音楽を始めるきっかけを得ました。

✅ デビュー20周年を記念して、藤井フミヤは「キャロル」への憧れと追いかけた気持ちを込めてトリビュートアルバムを制作しました。

✅ アルバムには「彼女は彼のもの」「ルイジアンナ」「憎いあの娘」など、キャロルの代表曲が収録されています。

さらに読む ⇒ 藤井フミヤ オフィシャルサイト 藤井フミヤ オフィシャルサイト出典/画像元: https://www.fumiyafujii.net/disco/aicl-1411

50sカルチャーへの熱い想いが伝わってくる内容ですね。

藤井フミヤは、幼少期から50sカルチャーに魅了され、特にキャロルや映画『アメリカン・グラフィティ』の影響を受けたことをSpotifyの「聴く」ドキュメンタリー『ArtistCHRONICLE』で語っています。当時のティーンエイジャーは、キャロルや50s音楽を共通の文化として共有し、フミヤ自身も周りの友人たちと『グリース』や『グローイング・アップ』といった映画を観てロックンロールやドゥーワップに夢中になっていたそうです。地元・久留米では50s音楽が流行しており、フミヤは不良っぽいファッションにも魅力を感じていたと振り返っています。しかし、当時の日本のロックシーンはサンハウスやシナロケなど、ビート系のロックが主流であったため、フミヤは50sカルチャーを独自のスタイルとして表現していったと述べています。

キャロルとか、めっちゃ懐かしいやん!

フミヤさん、若い頃からロック好きやったんやね!

あら、懐かしいわね。フミヤくんは、若い頃から音楽好きだったのね。

藤井フミヤの全国ツアー「ACTION」

藤井フミヤさんの全国ツアー、どんな内容だったのでしょうか?

🔖 関連記事の要約!藤井フミヤが28年ぶりにチェッカーズ「涙のリクエスト」を解禁! 全国ツアー『ACTION』が大阪で開幕
藤井フミヤが28年ぶりにチェッカーズ「涙のリクエスト」を解禁! 全国ツアー『ACTION』が大阪で開幕

✅ 藤井フミヤの全国ツアー「CONCERT TOUR 2020-2021 ACTION」が大阪・フェスティバルホールからスタートし、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、客席は市松模様の仕様で、通常の半分の人数での開催となった。

✅ コンサートでは、最新アルバム『フジイロック』や『大人ロック』収録曲に加え、80s チェッカーズ・ナンバーが披露され、観客はマスク着用の上、声を出さずに拍手やサイリウム・スティックで盛り上がりを見せた。

✅ アンコールでは、1992年12月28日のチェッカーズ・ファイナル公演以来となる「涙のリクエスト」がサプライズで演奏され、観客は大きな感動に包まれた。

さらに読む ⇒SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/277994

コロナ禍でのコンサート開催、大変だったでしょうね。

藤井フミヤの全国ツアー「CONCERTTOUR2020-2021ACTION」が10月31日に大阪・フェスティバルホールからスタート。新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、客席は市松模様で通常の半分の人数、観客はマスク着用で声を出さないことを促すなど、新しいスタイルでの開催となりました。コンサートでは最新アルバム「フジイロック」や「大人ロック」収録曲に加え、チェッカーズの時代の楽曲も披露され、観客はマスク越しながらも手拍子やクラッピングで熱狂。特にアンコールでは、1992年以来となる「涙のリクエスト」がサプライズで演奏され、会場は感動と興奮に包まれました。フミヤは、観客に「ACTION」を呼びかけ、新しいコンサートスタイルを楽しんでほしいというメッセージを伝えています。コンサートは12月24日の東京公演まで続き、2021年のツアー日程は近日発表予定です。

え、半分の人数って、めっちゃ寂しいやん!

フミヤさんのライブ、行きたかったなぁ。

あら、フミヤくんは、元気そうで何よりだわ。

藤井フミヤと芹澤廣明の確執

藤井フミヤさんと芹澤廣明さんの確執、一体何が原因だったのでしょうか?

🔖 関連記事の要約!藤井フミヤ、チェッカーズ時代から現在までの代表曲を歌う特別番組がNHK BSプレミアムで明日3月27日放送。゛ギザギザハートの子守唄゛29年ぶりにテレビで歌唱
藤井フミヤ、チェッカーズ時代から現在までの代表曲を歌う特別番組がNHK BSプレミアムで明日3月27日放送。゛ギザギザハートの子守唄゛29年ぶりにテレビで歌唱

✅ 藤井フミヤの特別番組「激レア! 藤井フミヤ ギザギザハートからTRUE LOVE!」がNHK BSプレミアムで3月27日に放送される。

✅ 番組では、チェッカーズ時代のデビュー曲゛ギザギザハートの子守唄゛を29年ぶりにテレビで歌唱するほか、NHKで放送禁止となった゛NANA゛も解禁される。

✅ 藤井フミヤの40年にわたる音楽活動の中から、本人とスタッフが選んだ楽曲が披露され、チェッカーズ時代の名曲やアーティスト 藤井フミヤの音楽人生を振り返る。

さらに読む ⇒ TOWER RECORDS ONLINE TOWER RECORDS ONLINE出典/画像元: https://cdfront.tower.jp/article/news/2021/03/26/tg006

確執があったんですね。

藤井フミヤさんと芹澤廣明さんの確執の原因は、金銭問題であるとされています。藤井フミヤさんがチェッカーズのオリジナル曲を全面に出すようになったことで、芹澤廣明さんは作詞作曲の印税をもらえなくなり、確執が生じたと言われています。特に、藤井フミヤさんが「ギザギザハートの子守唄」を29年ぶりに披露したことが話題となり、再び注目を集めています。この曲は芹澤廣明さんが作詞・作曲したもので、藤井フミヤさんはそれを歌わなかった理由として、芹澤廣明さんとの確執を明かしました。金銭問題以外にも、藤井フミヤさんがオリジナル曲を発売し始めたことへの不満や、二人の音楽的意見の相違なども確執の原因として考えられます。しかし、最近では二人の関係が改善され、テレビ番組で共演を果たすなど、和解に向かっているようです。

え、まじで?ホンマに金銭問題なん?

フミヤさんと芹澤さん、仲直りできてよかったね。

あら、フミヤくんと芹澤くんは、仲直りしたのね。

チェッカーズ楽曲封印解除の真相

チェッカーズの楽曲封印の真相、いよいよ明らかになります。

🔖 関連記事の要約!藤井フミヤ、チェッカーズ曲゛解禁゛に透ける打算と「フミヤは許せない」高杢禎彦の今
藤井フミヤ、チェッカーズ曲゛解禁゛に透ける打算と「フミヤは許せない」高杢禎彦の今

✅ 藤井フミヤが、チェッカーズの曲を29年ぶりに公の場で披露したこと、そして、かつて絶縁状態にあった作曲家・芹澤廣明氏との和解が報じられた。

✅ フミヤは、芹澤氏との確執が原因でチェッカーズの曲を封印していたことを認め、芹澤氏との和解は、フミヤ側から連絡があり、食事をして雪解けしたという。

✅ しかし、フミヤと不仲だった高杢禎彦は、芹澤氏との和解報道を受けても、フミヤとの関係は冷え切ったままである。

さらに読む ⇒ 週刊女性PRIME 週刊女性PRIME出典/画像元: https://www.jprime.jp/articles/-/20670?display=b

フミヤさん、芹澤さんとの確執を乗り越えて、再びチェッカーズの曲を披露するんですね。

藤井フミヤが29年ぶりにチェッカーズの楽曲『ギザギザハートの子守唄』や『涙のリクエスト』を披露した背景には、作曲者の芹澤廣明氏との確執があったとされています。メンバーの高杢禎彦氏は著書の中で、金銭問題があったと明かしていました。フミヤは、チェッカーズの曲を一人で歌ってビジネスにすることに抵抗を感じていたと語っています。しかし、昨年9月に芹澤氏に連絡し、コロナ禍で疲弊している人たちに元気を届けたいとの思いから、楽曲の封印を解いたそうです。記事では、藤井フミヤさんと芹澤廣明さんの関係について「確執」ではなく、レコード会社による礼儀に反する行動が原因だったと説明しています。芹澤さんはフミヤさんを責めておらず、「どんどん歌って」と励ましていることを明かしています。

えー、ホンマに?めっちゃ気になるやん!

フミヤさん、優しいね。

あら、フミヤくんは、優しいのね。

チェッカーズ復活と母の別れ

チェッカーズ再結成の可能性について、詳しくお伺いしましょう。

🔖 関連記事の要約!解散から13年 チェッカーズ復活を阻むフミヤと高杢の確執
解散から13年 チェッカーズ復活を阻むフミヤと高杢の確執

✅ 藤井フミヤと藤井尚之のユニット「F―BLOOD」は解散の予定はなく、今後も活動を続けていく。

✅ チェッカーズの再結成については、フミヤは「難しい」と否定的な見解を示し、メンバー間には依然として溝がある。

✅ チェッカーズの解散の要因となったのは、高杢禎彦が出版した自伝エッセーが原因で、メンバー間には確執が残り、再結成の可能性は低い。

さらに読む ⇒日刊ゲンダイDIGITAL日刊ゲンダイDIGITAL出典/画像元: https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/208625

チェッカーズは、再結成しないんですね。

記事では、チェッカーズ復活とフミヤさんの母との別れについても触れられています。

えー、まじで?めっちゃショックやわ!

チェッカーズ、再結成したら、絶対行くのに!

あら、チェッカーズは、もう再結成しないのね。

藤井フミヤさんの音楽活動について、さまざまな角度から見てきました。

🚩 結論!

💡 藤井フミヤは、50sカルチャーへの深い愛情を持ち、音楽活動に反映させている

💡 チェッカーズの楽曲封印の真相は、芹澤廣明氏との確執と、コロナ禍での変化

💡 チェッカーズは再結成せず、藤井フミヤはソロ活動を続け、新たな音楽を追求していく