Academic Box Logo

ドラマーに潜む脅威:ジストニア?繰り返しの動きが招く病とは!?

ドラマーに潜む脅威:ジストニア?繰り返しの動きが招く病とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ドラマーに多い神経系の病気、ジストニアについて解説します。

💡 ジストニアの原因や症状、治療方法などについて詳しく説明します。

💡 ジストニアと診断された日本のドラマーの活動状況を紹介します。

では、最初の章から詳しく見ていきましょう。

ドラマーに潜む脅威:ジストニア

ジストニアは、演奏活動に大きな支障をきたす病気ですね。

🔖 関連記事の要約!音楽家・ミュージシャンを襲う人生に関わる病気『フォーカルジストニア』『局所性ジストニア』とは?
音楽家・ミュージシャンを襲う人生に関わる病気『フォーカルジストニア』『局所性ジストニア』とは?

✅ フォーカルジストニア(局所性ジストニア)は、特定の筋肉の緊張異常によって、不随意運動や肢位、姿勢の異常が発生する病気です。音楽家によく見られる動作特異性ジストニアは、演奏時にのみ症状が現れ、演奏を妨げる場合があります。

✅ フォーカルジストニアの病態生理は、大脳基底核の変性や視床求心路の機能不全などが誘因と言われています。しかし、長時間演奏による求心路の異常な感覚入力や、慢性的な異常感覚が要因となり、筋緊張の抑制系への興奮を抑制することで罹患部の筋緊張が亢進すると考えられています。

✅ フォーカルジストニアの発生要因には、完璧主義や不安などの心理的傾向、過度な練習、罹患した指の酷使による軟部組織の短縮、疼痛に対する適切なメンテナンス不足などが関連しているという研究結果があります。

さらに読む ⇒熊谷市の整体サロンHarmonia|肩こり・腰痛・産後のケア・音楽家の身体の不調はHarmoniaへ!熊谷市の整体サロンHarmonia|肩こり・腰痛・産後のケア・音楽家の身体の不調はHarmoniaへ!出典/画像元: https://harmonia-corpus.com/2021/02/07/649/

ジストニアは、演奏家にとって深刻な問題となる可能性がありますね。

ドラム演奏者の間で発生する可能性のある神経系の病気、ジストニアについて解説します。ジストニアは、自分の意志とは関係なく筋肉が収縮する運動障害で、姿勢異常や硬直、痙攣などの症状を引き起こします。原因は遺伝的なものや脳卒中などもありますが、ドラマーのように正確な動きを繰り返す職業では、過度な動きの繰り返しや精神的なストレスが原因となる場合が多いと考えられています。ジストニアは、現在のところ効果的な治療法が確立されておらず、音楽活動を続けることが困難になるケースも少なくありません。この病気の症状や原因、治療方法について詳しく解説し、ジストニアと診断された日本のドラマーの活動状況を紹介します。この記事は、ドラマーがジストニアについて理解を深め、早期発見や予防に役立つ情報を提供することを目的としています。

え、まじ!?ドラム叩くのも病気になるん?

そうやねー、音楽家とかって、神経質になりやすいから、そういう病気になりやすいのかもね。

あら、そうね。昔は、ジストニアなんて言葉、聞いたことなかったわよ。

繰り返しの動きが招く病:局所性ジストニア

局所性ジストニアは、様々な職業で起こる可能性があるんですね。

🔖 関連記事の要約!女子陸上長距離の世界記録保持者が遺体で発見、刺殺か ケニア(1/2)
女子陸上長距離の世界記録保持者が遺体で発見、刺殺か ケニア(1/2)

✅ ケニアの女子陸上長距離走者、アグネス・ティロップ選手(25歳)が自宅で遺体で発見されました。

✅ 地元報道によると、腹部には刺し傷があったとのことです。

✅ アスレチック・ケニア(AK)は、事件の詳細解明に動いており、現時点ではこれ以上のコメントは控えています。

さらに読む ⇒ CNN.co.jp CNN.co.jp出典/画像元: https://www.cnn.co.jp/showbiz/35178040.html

局所性ジストニアは、繰り返しの動作をする人にとっては、深刻な問題ですね。

局所性ジストニアは、繰り返しの動作を行う人々に起こりうる症状です。東京女子医科大学脳神経外科の視点と、局所性ジストニア専門理学療法士である西山の見解を比較しながら、症状の原因や治療方法について詳しく解説します。局所性ジストニアは必ずしも難病ではなく、改善の可能性があることを強調し、西山自身の経験に基づいた具体的な治療方法を紹介します。長距離陸上選手、ピアニスト、書痙、ギタリスト、ドラマー、ゲーマーなど、様々な分野の症状の特徴や改善方法についても触れ、局所性ジストニアが繰り返しの動きによる体の使い過ぎから生じる可能性があり、適切なトレーニングや体の使い方を改善することで症状が改善できるという考え方を示します。

え、まじ!?私、毎日スマホ触りまくってるけど、大丈夫かな?

大丈夫やろ、スマホとドラムは違うやろ。

あら、そうねぇ。昔は、スマホなんてなかったのにね。

克服への道:局所性ジストニアのリトレーニングプログラム

リトレーニングプログラムは、症状の改善に有効な方法ですね。

🔖 関連記事の要約!局所性ジストニアガイドライン2021(抜粋) – Re
局所性ジストニアガイドライン2021(抜粋) – Re

✅ この記事は、局所性ジストニアの改善のための8ヶ月ガイドラインについて述べています。

✅ まず、専門医による診察を受け、脳に異常がないか確認すること、そして手術や投薬などのリスクを理解することが重要です。

✅ その後、このガイドラインに従って、リトレーニングを行い、筋力強化と神経筋再教育を進めていくことで、8ヶ月で大きな改善が見込めるというデータが示されています。

さらに読む ⇒Re-Train 〜Specialized training center in Focal dystonia〜Re-Train 〜Specialized training center in Focal dystonia〜出典/画像元: https://re-train.jp/en/blogs/guideline/2021

リトレーニングプログラムは、根気と努力が必要ですが、改善の可能性があることは希望ですね。

局所性ジストニアのガイドライン2021から抜粋した、専門的な医療機関を受診した後、リスクのない方法で改善したい方向けのリトレーニングプログラムを紹介します。このガイドラインは、専門の理学療法士の指導のもと、こまめにリトレーニングフォームの修正や回数・負荷量の調整を行うことで、平均8か月で症状の変化が見られるというデータに基づいています。ガイドラインは、まず専門の医療機関を受診し、脳の異常がないかを確認することを推奨しています。脳に異常がないことが確認された後、手術や投薬、注射などのリスクを避け、リトレーニングで改善を目指したいという方のみ、このガイドラインを活用することを推奨しています。

リトレーニングとか、なんか難しそうやなぁ。

リトレーニングって、なんか、ダイエットみたいやね。

あら、リトレーニングって、新しい言葉ね。

ジストニアと闘うドラマーたち

ジストニアと闘いながらも音楽活動を続けるドラマーは、本当にすごいですね。

🔖 関連記事の要約!病を患ったミュージシャンにも勇気や希望を与えられる1枚を。ジストニアと闘うドラマーTatsuya Ishikawaが初のオリジナルアルバムCDを制作。1/9にクラウドファンディングを開始。
病を患ったミュージシャンにも勇気や希望を与えられる1枚を。ジストニアと闘うドラマーTatsuya  Ishikawaが初のオリジナルアルバムCDを制作。1/9にクラウドファンディングを開始。

✅ Tatsuya Ishikawaは、局所性ジストニアとの闘いの中で、これまでの音楽人生の集大成となるアルバムCD制作プロジェクトを開始。

✅ このプロジェクトには、彼と長年共に活動してきた多くのトップアーティストが参加し、彼らとの絆が音楽に込められた作品となる予定。

✅ クラウドファンディングを通じて資金を集め、アルバム制作費を調達し、同じ病気を患う音楽家や多くの人々に勇気と希望を与えることを目指している。

さらに読む ⇒ PressWalker|KADOKAWAが提供するプレスリリース配信サービス PressWalker|KADOKAWAが提供するプレスリリース配信サービス 出典/画像元: https://presswalker.jp/press/32514

ジストニアと闘うドラマーたちの姿は、感動的ですね。

この記事は、ジストニアと診断された日本のドラマーの例を紹介し、彼らの活動状況を通して、ジストニアが音楽活動を続ける上で大きな障害となる可能性を示しています。ジストニアは、効果的な治療法が確立されていないため、音楽活動を諦めざるを得ないケースも少なくありません。しかし、この記事は、ジストニアと闘いながら音楽活動を続けるドラマーたちの姿を通して、希望と勇気を与えています。

え、まじ!?音楽家って、病気とか関係なく、頑張ってんなぁ。

そうやねー、音楽って、やっぱりすごい力があるんやね。

あら、そうね。音楽は、人を元気にする力があるわね。

本日は、ドラマーとジストニアについて解説しました。ジストニアは、早期発見と適切な治療が大切です。

🚩 結論!

💡 ドラマーに多い神経系の病気、ジストニアについて解説しました。

💡 ジストニアの原因や症状、治療方法、そしてジストニアと闘うドラマーたちの活動状況を紹介しました。

💡 ジストニアは、音楽活動を続ける上で大きな障害となる可能性がありますが、早期発見と適切な治療、そしてリトレーニングプログラムによって改善できる可能性があることを示しました。