Academic Box Logo

太志、Little Parade、再出発?解散からの再出発とは!?

太志、Little Parade、再出発?解散からの再出発とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 元Aqua Timezのボーカル太志のソロプロジェクト『Little Parade』について

💡 太志の音楽活動再開と、新プロジェクト『Little Parade』の詳細

💡 『Little Parade』の音楽性や活動内容、歌詞に込められた思いを紹介します。

それでは、第一章から詳しく見ていきましょう。

解散からの再出発:太志の新たな章

第一章は、太志さんの解散からの再出発についてお話します。

🔖 関連記事の要約!元Aqua Timez・太志参加のプロジェクトLittle Parade、スタジオライブ映像を公開(動画あり / コメントあり)
元Aqua Timez・太志参加のプロジェクトLittle Parade、スタジオライブ映像を公開(動画あり / コメントあり)

✅ 元 Aqua Timez のボーカリスト・太志とデザイナーでアーティストのMakoto Tonoによるプロジェクト、Little Paradeのスタジオライブ映像がYouTubeで公開された。

✅ この動画は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により外出自粛の動きが広まっていることを受けて、太志の「外に出ずとも心が軽やかになるものの一つになれば」という思いから公開された。

✅ 映像では、昨年11月にファンコミュニティサイト「Little Parade Project」で生配信された楽曲「ユニコーンのツノ」「群雨」のパフォーマンスの模様を観ることができる。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/news/374485

この動画、太志さんの心の温かさが伝わってきますね。

AquaTimezのボーカル太志は、解散後、故郷の岐阜に戻り、坊主頭に。さらに、居酒屋でのバイトやUVERworldのライブ撤収作業員として働くなど、全く異なる経験をしました。これらの経験を通して、日常の大切さや仕事に対する真剣さを改めて実感し、音楽の世界から離れて、何もしていないことの苦しさやファンが離れていってしまうのではないかと焦る気持ちも抱えていたそうです。太志は、これらの経験を通して、音楽が自分にとって欠かせないものだと気づき、再び音楽活動を始める決意をしました。そして、音楽とアートを融合させた新プロジェクト「LittleParade」を始動させました。LittleParadeは、太志が「風詩の目から見えるもの【art】/口ずさむもの【words】/耳にするもの【music】を繋いでいく今はまだ小さなパレード」と紹介するプロジェクトで、SNSで見た様々な投稿に感化され、自分自身も参加したいと思ったことから誕生しました。特に、デザイナー/アーティストのMakotoTonoのイラストに魅力を感じ、連絡を取ったことがきっかけでした。LittleParadeという名前は、深い意味を持たせるのではなく響きで決めたそうです。

え、まじ!?太志くん、かっこよすぎ!

太志さん、色々経験されたんですね。尊敬します!

若いもんは、色々経験してこそよ!人生勉強よ!

LittleParadeの誕生とユニコーンのツノ

第二章では、Little Paradeの誕生と新曲『ユニコーンのツノ』について掘り下げていきます。

🔖 関連記事の要約!元Aqua Timez・太志のプロジェクト「Little Parade」の新曲「ユニコーンのツノ」配信&MV公開
元Aqua Timez・太志のプロジェクト「Little Parade」の新曲「ユニコーンのツノ」配信&MV公開

✅ 元Aqua Timezのボーカル・太志とMakoto tonoの共同プロジェクト「Little Parade」の新曲「ユニコーンのツノ」が配信開始された。

✅ Little Paradeは、詩や絵画を音楽と融合させ、作品やライブを通して世の中に発信することを目指すプロジェクトである。

✅ 新曲「ユニコーンのツノ」は、太志の等身大の気持ちがストレートに表現された歌詞と、決意と優しさに包まれたメロディ、そしてMakotoによるアートワークが一体となった楽曲である。

さらに読む ⇒ TV LIFE web TV LIFE web出典/画像元: https://www.tvlife.jp/entame/285708

歌詞の内容もそうですが、Makotoさんのアートワークも素敵ですね!

LittleParadeの活動では、ユニコーンというキーワードが度々登場します。これは、太志が解散後初めて作った楽曲「ユニコーンのツノ」に由来します。この曲は、自分の経験を歌っており、前に進むために人を傷つけてしまった反省を込めたものです。太志は、Tonoとのコラボレーションを通して、自分の得意分野ではないイラストの世界に触れることで、新しい世界を広げたいと考えています。Tonoのインスピレーションを尊重しながら、楽曲のイメージを伝え、イラストを制作していくそうです。楽曲制作においては、AquaTimez時代と変わらず、楽曲ありきで、絵やMVは楽曲に合わせて作られます。ただし、創作の過程や考え方は変化しているかもしれないと太志は述べています。

ユニコーンって、なんかロマンチックやんなー!

太志さん、やっぱり音楽が好きなんやね!

ユニコーンのツノって、一体何を意味するのかしらね?

止まらない風ぐるま:希望を奏でるアルバム

第三章では、Little Paradeの1stミニアルバム「止まらない風ぐるま」についてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!Little Parade太志の現在地<前編>「゛きちんと゛引きずりながら変化、前進を続けている」(田中久勝)
Little Parade太志の現在地<前編>「゛きちんと゛引きずりながら変化、前進を続けている」(田中久勝)

✅ Little Paradeの1stミニアルバム「止まらない風ぐるま」は、Aqua Timez解散から約3年、太志がファンと「希望」を共有するためのプロジェクト「Little Parade Project」の集大成であり、太志のバンド解散からの心模様を鮮やかに映し出した作品です。

✅ アルバム収録曲「ユニコーンのツノ」や「群雨」は、Aqua Timezへの想いをストレートに歌っており、太志自身の心の変化やバンドに対する現在の思いを表現しています。

✅ コロナ禍で感じた孤独や社会全体の鬱屈とした雰囲気の中、太志は歌の練習に励み、より繊細で深い表現を実現しようと試みました。その経験は、楽曲の表現力とメッセージに深みを与え、聴く人の心に響く作品となっています。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/dae99440b4a39febc19a678b0c239e474da075de

このアルバム、太志さんの心の変化がすごく伝わってくる作品ですね。

LittleParadeの1stミニアルバム「止まらない風ぐるま」は、ボーカル太志がAquaTimez解散後、ファンコミュニティfaniconで活動を開始した「LittleParadeProject」の集大成と言える作品です。アルバムには、すでに配信リリースされている「ユニコーンのツノ」、「色彩の行方」を含む全6曲が収録されています。太志はインタビューで、このアルバムには、バンド解散からの心模様や、ファンとの「希望」を共有したいという思いが込められていると語っています。特に「色彩の行方」は、ファンから寄せられた空の写真を使ってミュージックビデオを制作しており、歌詞にはAquaTimezの楽曲タイトルが散りばめられているなど、ファンとの強い絆を感じさせる楽曲となっています。太志は、「自分主体で生きてきた人間も、悩みごとはあっても、ちゃんと心臓が動いていて、酸素があって、夜は眠くなる。世界はちゃんとサポートしてくれているんだと気づいた」と語り、絶望ではなく希望を選び、自分の人生を歩んでいくことの大切さを伝えています。

え、まじ!?めっちゃいい曲やん!

このアルバム、聴き心地最高やね!

若いもんは、希望を持って生きなさいよ!

「寂恋」に込めた思い:過去と未来をつなぐメロディー

第四章では、アルバム収録曲『寂恋』に込められた思いについてお話します。

🔖 関連記事の要約!Little Parade 太志が語る、゛再スタートの決意゛と音楽に向き合う自由な心 「過去を無理やり切り落とさずちゃんと連れていく」

公開日:2021/01/28

Little Parade 太志が語る、゛再スタートの決意゛と音楽に向き合う自由な心 「過去を無理やり切り落とさずちゃんと連れていく」

✅ Aqua Timez解散後、音楽から離れていた太志が、再び音楽活動を始めるに至ったきっかけは、音楽に対する自然な思いが再燃したためであり、具体的なきっかけというよりも時間がそうさせたという。

✅ Little Paradeは、音楽とアートを融合させるというコンセプトで始まった。太志はSNSを通じてアーティストのMakoto Tonoのイラストに感銘を受け、コラボレーションを提案した。

✅ 太志は、Little Paradeでの活動を通して自分の得意分野ではないアートの世界に足を踏み入れ、その過程で新しい世界を広げたいと考えている。Tonoとのコラボレーションは、太志にとって自身の能力を補完し、創造性を拡張する役割を果たしている。

さらに読む ⇒ぴあエンタメ情報ぴあエンタメ情報出典/画像元: https://lp.p.pia.jp/article/news/157546/index.html

『寂恋』は、過去の経験を大切にしながらも未来を見据えている感じがしますね。

アルバムには、唯一のラブソング「寂恋」も収録されています。「寂恋」は、バンドへの思いともリンクしているように聴こえる楽曲で、太志は「きちんと、あの日を引きずりながら」という言葉で、AquaTimezの思い出を大切にしていることを表現しています。太志は、「寂恋」について、「今の自分に立ち返って、過去の経験をきちんと引きずりながら、それでも今を生きているということを、ファンにも伝えたいし、メンバーにも聴いて欲しい」と語っており、バンドに対する深い思いを感じさせます。「寂恋」は、シンプルな楽曲ながら、西陽が差し込む部屋でセンチメンタルになったことから生まれた、失恋や青春時代への切なさ、そして、過去を無理やり切り捨てずに大切に持ち続ける気持ちを描いた楽曲です。アルバム全体を通して、太志さんは「再スタート」という言葉を使い、新しいスタートを切った心境を表現しています。

『寂恋』って、切ない曲やんなー。

太志さん、やっぱり音楽は辞められなかったんやね!

恋って、切ないもんよねー。

未来への歩み:新たな音楽の旅路

第五章では、Little Paradeの東名阪ツアーについてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!Little Parade 太志が貫く音楽への真摯な姿勢 前進する決意を見せた『The Sun and Twilight tour 2021』ファイナル
Little Parade 太志が貫く音楽への真摯な姿勢 前進する決意を見せた『The Sun and Twilight tour  2021』ファイナル

✅ 元Aqua Timezのボーカル太志のソロプロジェクト「Little Parade」が東名阪ツアーを開催し、渋谷CLUB QUATTROでファイナルを迎えた。

✅ 太志はソロプロジェクトに対する真摯な思いと音楽のビジョンを表現し、Aqua Timezとの違いや自身のルーツを語りながら、オーディエンスとの強い絆を感じさせるライブを展開した。

✅ 特に、「置き去りの鉛筆」では、出口の見えない状況を自分自身で乗り越えてきた経験を歌い、観客の心に深く響かせた。また、カバー曲コーナーでは、REBECCAの「人魚」やBEGINの「恋しくて」を披露し、太志自身の音楽的な広がりと魅力を印象付けた。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2021/11/post-910205.html

太志さんの音楽に対する情熱が伝わってくるライブだったんでしょうね。

太志は、かつてのバンド活動やメンバーとの再会についても言及し、今後の活動においても、自由な心で、そして、必要があれば頼りになる人たちとの再会も視野に入れていることを明かしています。アルバム全体から、過去の経験を大切にしながらも、未来へ向かって進んでいく強い意志を感じることができます。「止まらない風ぐるま」は、太志のボーカルがさらに深化し、言葉の響きが聴き手の心を震わせる、濃密な作品となっています。太志は「歌詞を見ながら聴いてもらえるような、動的な音楽を目指している」と語り、今後も音楽を通して、聴き手の心に響く作品を届け続けることを誓っています。

ライブ行ってみたい!

太志さん、これからも頑張ってください!

若いもんは、夢を叶えるために努力しなさいよ!

太志さんの音楽は、これからも私たちの心を励ましてくれるでしょう。

🚩 結論!

💡 元Aqua Timezのボーカル太志が、ソロプロジェクト『Little Parade』で再出発

💡 新曲『ユニコーンのツノ』や1stミニアルバム『止まらない風ぐるま』で過去と未来をつなぐ音楽を表現

💡 太志は音楽を通して、ファンと希望を共有し、新しい未来に向かって進んでいく。