Academic Box Logo

たまの『さよなら人類』は、一体どんなメッセージが込められているの?たまの音楽の魅力とは!?

たまの『さよなら人類』は、一体どんなメッセージが込められているの?たまの音楽の魅力とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 「たま」の代表曲『さよなら人類』が社会現象を引き起こした

💡 『さよなら人類』の歌詞に込められたメッセージとは?

💡 「たま」の音楽が再び注目される理由とは?

それでは、最初の章に入ります。

たまの結成と『さよなら人類』の大ヒット

1990年代前半は、ZARDや馬飼野さんの楽曲がドラマ主題歌として多くの人に愛されていたんですね。

🔖 関連記事の要約!1990年5月】さよなら人類/゛イカ天゛の代名詞「たま」 ブームで社会現象にまで発展― スポニチ Sponichi Annex 芸能
1990年5月】さよなら人類/゛イカ天゛の代名詞「たま」 ブームで社会現象にまで発展― スポニチ Sponichi Annex 芸能

✅ 1993年5月の記事では、ZARDの「揺れる想い」が、1992年に大ヒットしたドラマ「愛という名のもとに」の主題歌として起用されたこと、そして一色紗英の起用によってZARDの人気を不動のものにしたことが書かれています。

✅ 1992年5月の記事では、作曲家・馬飼野康二が自ら歌った「いつまでも変らぬ愛を」が、一色紗英が主演したドラマの主題歌に採用されたことで、自身初の1位を獲得したことが書かれています。

✅ これらの記事は、1990年代前半に活躍したZARDと作曲家・馬飼野康二が、ドラマ主題歌を通じて人気を獲得したことを示しています。特に、一色紗英の起用が、両者にとって大きな転換点となったことが分かります。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/music/anokoro/05/kiji/K20110504000743640.html

「たま」の音楽は、独特な世界観と個性的なメンバーのハーモニーが魅力ですね。

1984年に結成された「たま」は、個性的な音楽性と独特な世界観を持つ日本のロックバンドです。3人のメンバー全員がシンガーで、作詞作曲、ボーカルを担当していました。彼らの音楽は、フォークの影響が強く、アメリカンフォーク的なコーラスワークと合いの手、電子音を取り入れた楽曲制作など、多様な要素を取り入れていました。1989年、彼らはテレビのオーディション番組『三宅裕司のいかすバンド天国』(イカ天)に出演し、イカ天王者に輝きました。翌年発売されたデビューシングル『さよなら人類』が大ヒットし、社会現象とも言うべき「たま現象」が巻き起こりました。しかし、彼らはメディアへの露出を控え、自分たちの音楽性を貫き通すことを選択しました。そのため、表舞台から姿を消すことになりましたが、彼らの音楽は今もなお多くのファンに愛され続けています。

へぇー、そんなん知らんかったわー!

なるほどね、たまってイカ天で人気出たんやったっけ?

たまって、あの世の音楽みたいで、好きよ。

『さよなら人類』のメッセージ

「さよなら人類」の歌詞は、人類の未来に対する警鐘のように感じますね。

🔖 関連記事の要約!たま『さよなら人類』で、人類が「ピテカントロプス」になる未来を妄想する
たま『さよなら人類』で、人類が「ピテカントロプス」になる未来を妄想する

✅ 「たま」の楽曲「さよなら人類」の歌詞に書かれている、「ピテカントロプスになる」という表現が、現在の学術的な知見ではありえないことを指摘。

✅ ジャワ原人(ピテカントロプス・エレクトス)は、かつてはヒトとは別の分類だったものの、現在はヒト属に分類され、直接的な祖先ではないことが判明している。

✅ とはいえ、将来、人類が「ピテカントロプスのような状態」に進化する可能性は否定できないとし、人類の未来に希望を見出す。

さらに読む ⇒たま『さよなら人類』で、人類が「ピテカントロプス」になる未来を妄想するたま『さよなら人類』で、人類が「ピテカントロプス」になる未来を妄想する出典/画像元: https://web.quizknock.com/izawa-playlist-31

「ピテカントロプスになる」という表現は、確かに現代の学術的な知見とは異なる部分があるかもしれません。

「さよなら人類」は、たまの代表曲の一つで、1990年にリリースされました。この曲は、当時の社会が抱えていた核戦争の脅威、環境破壊、人間と自然の関係の断絶などに対する警鐘を込めたメッセージが込められています。歌詞には、二酸化炭素排出による地球温暖化や、核戦争による「核の冬」を思わせるフレーズが登場し、人類の存続を危惧する内容が展開されます。また、「ピテカントロプス」や「サルになるよ」といった表現は、人類が進化の過程を逆行し、原始的な状態に戻ってしまう可能性を暗示しています。楽曲全体を通して、たまは現代社会のあり方を見直し、自然との共生を模索することの重要性を訴えています。

えー、まじ!?人類、サルになるん?

そうか、人類って、やっぱり滅びる運命なんかな?

あんたたち、ピテカントロプスって知ってるのかしら?

たまの音楽性とメンバーの個性

「たま」の音楽は、メンバーそれぞれの個性が光り輝いているように感じます。

🔖 関連記事の要約!専門店では たま写真集 知久寿焼 柳原陽一郎 石川浩司 滝本晃司 レア きゃべつ アート・デザイン・音楽
専門店では たま写真集 知久寿焼 柳原陽一郎 石川浩司 滝本晃司 レア きゃべつ アート・デザイン・音楽

✅ この商品は、たまの写真集で、知久寿焼、柳原陽一郎、石川浩司、滝本晃司のファンにとって貴重なアイテムです。

✅ 状態は傷や汚れがあり、帯なしで、経年並みの劣化が見られますが、コレクション価値は高いです。

✅ 出品者は丁寧に梱包し、送料込みで発送します。

さらに読む ⇒Best Cheer StoneBest Cheer Stone出典/画像元: https://bestcheerstone.com/goods/00719194335.html

知久寿焼さんのボーカル、石川浩司さんのパーカッション、滝本晃司さんのベース…それぞれの特徴が際立っていて、たまの音楽をより魅力的にしています。

「たま」は、知久寿焼、石川浩司、滝本晃司の3人組バンドです。個性的なビジュアルと音楽で一世を風靡し、音楽性の高さ、演奏技術の卓越さが際立つ。彼らは「独特な音楽性を持つ4人のシンガーソングライターが身を寄せ合うバンド」であり、メンバーそれぞれの音楽性と、共通する「売れ線ポップスではない音楽を作る」という目標が融合することで、独特なサウンドを生み出している。楽曲は、メンバー間の絶妙な距離感と尊敬を感じさせ、ジャンルを超越したバラエティに富んだ世界観を展開している。特に、メンバーの音楽的才能と演奏技術の高さは、一見奇妙な楽曲を完璧に、そして魅力的に仕上げる。例えば、知久寿焼のボーカルは独特で強烈だが、楽曲によってその表現を変化させ、他のメンバーの歌声や演奏を引き立てている。石川浩司のパーカッションは、サウンドに厚みとリズムを与えながらも、楽曲によってその存在感を変化させ、シンプルながらも重要な役割を果たす。また、滝本晃司のベースは、知久寿焼の楽曲では安定感を与える一方で、石川浩司の楽曲では楽曲の雰囲気をガラリと変える。たまの音楽は、各メンバーの才能と個性、そして互いを尊重する関係性によって生まれた、まさに奇跡の音楽と言えるだろう。

たまって、みんなイケメンやったんかな?

たまって、やっぱ音楽もビジュアルも独特だよね!

たまの音楽は、あんたたちの若い子には理解できないわよ。

たまの音楽が再び注目される理由

「たま」の音楽は、聴くたびに新しい発見があります。

🔖 関連記事の要約!コラム】「さよなら人類」から30年、ネット音楽世代が聴く゛たま゛
コラム】「さよなら人類」から30年、ネット音楽世代が聴く゛たま゛

✅ たまの音楽は、独特なビジュアルやパフォーマンスによってイロモノ扱いされがちだが、実際は豊かな音楽性とハイレベルな演奏技術を持つ。

✅ たまの音楽は、メンバー各々の個性的な音楽性が融合し、ジャンルを超えた多様な楽曲を生み出している。

✅ たまは、楽曲の構成や演奏において、音の減らし方やシンプルさを追求することで、深みのあるサウンドを作り上げている。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000213666

「個性」と「音楽性の高さ」は、時代を超えて愛される要素なのかもしれませんね。

現在の20代が子どもの頃、知久寿焼がNHK教育テレビで幾つもの楽曲を手掛けていたことから、彼らにとってたまの音楽は懐かしく、新鮮な魅力を感じさせる存在となっている。近年、たまの音楽が再び注目されるようになった背景には、現在の音楽シーンにおける「個性」と「音楽性の高さ」に対する価値観の変化も考えられるだろう。たまは、音楽の多様性、そして演奏技術の重要性を改めて認識させてくれる貴重な存在である。彼らが創造した音楽は、時代を超えて愛され、聴き手の心を揺さぶる力を持っていると言えるだろう。

たまの音楽、懐かしいわー!

たまって、やっぱり時代を超えて人気なんだね!

たまね、たま。あの世でたまの音楽聴いて、踊りまくってんのよ。

『さよなら人類』の歌詞とたまの解散

「たま」の音楽は、解散後も多くのファンから愛され続けています。

🔖 関連記事の要約!たま」という奇跡のバンド

公開日:2023/01/03

たま」という奇跡のバンド

✅ 「たま」の結成から解散までの軌跡をたどり、バンドのメンバー紹介、初期メンバーによる結成、滝本晃司さんの加入による4人編成への転換、それぞれのメンバーがもたらした音楽的特徴などを詳細に解説しています。

✅ 特に、柳原さんの脱退を防ぐため、知久さんがメンバー募集を行い、滝本さんが加入した経緯や、それぞれのメンバーが「たま」サウンドに貢献した楽器や音楽性について具体的に説明しています。

✅ 「たま」が「いかすバンド天国」に出演した1989年11月11日を運命の日に位置づけ、バンドの重要な転換点として、その後の活動へと繋がる重要な出来事であることを示唆しています。

さらに読む ⇒コロブンといっしょコロブンといっしょ出典/画像元: https://korokoro-village.com/%E3%80%8C%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89/

「たま」の解散は、多くのファンにとって残念な出来事だったと思います。

『さよなら人類』は、たまのデビューシングルであり、1990年5月5日にリリースされました。オリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得するなど、大きなヒットを記録しました。この楽曲には、社会へのアンチテーゼや、時代への違和感を表現した歌詞が込められており、当時の若者たちの共感を呼びました。歌詞では、高度経済成長によって環境汚染が深刻化した日本、野良犬が骨をくわえて生き延びる様子、人類が木星へ移住するも原始的な状態に退化してしまう様子などが描かれています。「どん天もようの空」や「路地裏に月がおっこちて」といった表現は、環境破壊によって地球が大きく変化していることを示唆しています。また、「ピテカントロプス」という言葉は、人類が科学技術の進歩によって退化していく様を象徴しているとも考えられます。「さよなら人類」の歌詞は、現代においても環境問題や科学技術の進歩に対する警鐘として受け止められ、様々な解釈がされています。1990年にメジャーデビューしたフォークロックバンド「たま」は、「さよなら人類」などのヒット曲で人気を博しました。2003年に解散した理由は明らかになっていませんが、ラストライブでは「さよなら人類」が披露されました。メンバーの知久寿焼は、現在シンガーソングライターとして活躍しています。

たま、解散したんかな?知らんかったわー。

解散って本当?ショックやわー。

たまは、私の人生を変えたバンドよ。

「たま」の音楽は、時代を超えて愛され、多くの人の心を揺さぶる力を持つ、まさに奇跡の音楽ですね。

🚩 結論!

💡 「たま」の代表曲『さよなら人類』は、社会への警鐘を込めたメッセージが込められている

💡 『さよなら人類』の歌詞は、人類の未来に対する不安と希望を表現している

💡 「たま」の音楽は、個性的なメンバーの才能と演奏技術によって生み出された、唯一無二のサウンドである