Academic Box Logo

neveryoungbeachの最新アルバム『ありがとう』はどんな内容?彼らの音楽の魅力とは!?

neveryoungbeachの最新アルバム『ありがとう』はどんな内容?彼らの音楽の魅力とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 neveryoungbeachの最新アルバム『ありがとう』は、2023年6月7日にリリースされた。

💡 アルバムは全11曲収録されており、バンドのこれまでの活動の集大成とも言える内容となっている。

💡 新曲に加え、過去の楽曲のリメイクバージョンも収録されている。

それでは、neveryoungbeachの最新アルバム『ありがとう』について詳しく見ていきましょう。

neveryoungbeachの歩み: 結成から最新アルバムリリースまで

neveryoungbeachは、2014年に結成された日本のロックバンドです。

🔖 関連記事の要約!never young beachの初期アルバム「YASHINOKI HOUSE」「fam fam」アナログ盤が再発
never young beachの初期アルバム「YASHINOKI HOUSE」「fam fam」アナログ盤が再発

✅ never young beachのデビューアルバム「YASHINOKI HOUSE」とセカンドアルバム「fam fam」のアナログ盤が、バンド結成10周年を記念してリマスタリングを施したアニバーサリーエディションとして7月17日に同時リリースされる。

✅ 両アルバムのアナログ盤は、CDリリース時に初回プレス限定で発売されたものの瞬時に予約完売し、店頭に並ぶことはほとんどなかったため、ファンにとっては待望の再発となる。

✅ 本製品は受注生産限定で、BAYON STANDでは4月30日23:59まで先行予約販売を受付中。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/news/569372

結成10周年を記念したアナログ盤のリリースは、ファンにとって嬉しいニュースですね。

2014年春に結成されたneveryoungbeachは、日本の音楽シーンに独自のポップメロディーと飾らない歌詞で注目を集めるロックバンドです。アメリカのインディーミュージックの影響と日本のサウンドを融合した音楽性は、多くのファンを魅了しています。彼らは2015年に1stアルバム『YASHINOKIHOUSE』、2016年には2ndアルバム『famfam』をリリースし、どちらも『CDショップ大賞』にノミネートされました。精力的な活動は、FUJIROCKFESTIVAL、RISINGSUNROCKFES、ROCKINJAPAN、GREENROOMFESなど、大型フェスへの出演にも及びます。2017年にはメジャーデビューアルバム『AGOODTIME』をリリース、2019年には4thアルバム『STORY』発表とホールツアー開催、そして2023年6月には約4年ぶりの5thアルバム『ありがとう』をリリースするなど、精力的に活動を続けています。近年はアジア圏内でもライブ活動を展開し、上海、北京、成都、深圳、杭州、台北、ソウル、釜山、バンコクなど、多くの都市で公演を行っています。

え、まじ!?めっちゃ欲しいやん!予約しとかんとあかんやつやんな!

懐かしいなぁ、このアルバム。初めて聴いたとき衝撃やったけん。

あら、懐かしいわね。若い頃はよく聴いてたわよ。

neveryoungbeachの楽曲の魅力: ストーリーと共鳴する音楽

neveryoungbeachの楽曲は、独特の世界観を持っていると思います。

🔖 関連記事の要約!never young beach、ニューSG『やさしいままで』1⽉リリース 映画『ロマンスドール』主題歌含む3曲入り

公開日:2019/12/18

never young beach、ニューSG『やさしいままで』1⽉リリース 映画『ロマンスドール』主題歌含む3曲入り

✅ never young beachの新曲「やさしいままで」が、2020年1月17日にリリースされる。この曲は、1月24日に公開される映画「ロマンスドール」の主題歌として書き下ろされた。

✅ 「やさしいままで」は、映画監督のタナダユキからの依頼で制作された。楽曲は、映画から受けた「余白」や「素朴さ」といった印象を反映しており、愛する人とのすれ違いや、互いの違いを受け入れることの大切さを歌っている。

✅ 映画「ロマンスドール」の主演を務める高橋一生は、主題歌がnever young beachであることを知り、驚いた様子を見せた。また、主題歌を聴いた感想として「兄だけど。好きです。」とコメントしている。

さらに読む ⇒Spincoaster (スピンコースター)Spincoaster (スピンコースター)出典/画像元: https://spincoaster.com/news/never-young-beach-release-new-single-yasashiiimamade

映画の世界観と楽曲がマッチしていて、とても興味深いですね。

neveryoungbeachの楽曲は、その心地よいサウンドと心に響く歌詞から、多くのファンに愛されています。彼らの楽曲は、青春の甘酸っぱさ、切ない別れ、そして希望に満ちた未来など、様々な感情を呼び起こす力を持っています。例えば、アップテンポで軽快な「サイダーのように言葉が湧き上がる」は、アニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』主題歌として書き下ろされ、青春のさわやかな空気と、甘酸っぱい雰囲気が強く感じられます。一方、「やさしいままで」は、映画『ロマンスドール』の主題歌で、切ないながらも温かいミドルロックです。心にじんわりと染み渡るような、優しいメロディーが魅力です。彼らの楽曲は、それぞれのストーリーと共に、聴く人の心を深く揺さぶります。

映画の主題歌って、なんかええ感じするよね!

この曲、映画にピッタリじゃん!なんか切ない感じするけど、希望もある感じ。

あら、映画の主題歌か。今の若いもんは、映画の主題歌も色々あるのね。

neveryoungbeach人気曲ランキング: ファンに愛される楽曲たち

neveryoungbeachの人気曲は、どれも魅力的ですね。

🔖 関連記事の要約!劇場アニメ『サイダーのように言葉が湧き上がる』never young beachの主題歌に乗せたPVが公開
劇場アニメ『サイダーのように言葉が湧き上がる』never young beachの主題歌に乗せたPVが公開

✅ 劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」のnever young beach書き下ろしの主題歌に乗せたPVが公開され、コンプレックスを抱える少年と矯正中の少女の心の葛藤と、花火が打ち上がるシーンを通して「音楽が持つ力」が描かれている。

✅ 本PVはイシグロ監督がディレクションし、本編映像を使用しており、少年と少女が少しずつ近づいていく様子にも注目。

✅ 7月22日(木・祝)の公開初日には、新宿ピカデリーで9:00の回の上映後に、イシグロ監督、市川染五郎、杉咲花による舞台挨拶が予定されている。

さらに読む ⇒SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/289663

PVも映画のシーンが使われていて、作品の世界観がより伝わってくる感じがします。

neveryoungbeachの人気曲ランキングでは、「サイダーのように言葉が湧き上がる」が1位に輝いています。この曲は、スキップしたくなるようなリズミカルなシティポップチューンで、力感のない歌声や曲調が胸にじんわり染み込んできます。歌詞も、心の内から出てくる言葉をサイダーの泡に例え、青春っぽくて良いと評判です。ランキングでは、他に「SURELY」「STORY」「明るい未来」「夏のドキドキ」など、彼らの代表曲が上位を占めています。これらの楽曲は、neveryoungbeachの爽やかなサウンドと、どこか懐かしい雰囲気、そして心に響く歌詞が、多くのファンに愛されていることを証明しています。

え、まじ!?この曲人気なん!?知らんかったわ!

この曲、めっちゃいいよね!歌詞もストレートで共感できるわ。

あら、アニメの主題歌か。最近はアニメも色々あるのね。

ライブパフォーマンスで魅せるneveryoungbeach: 最新アルバムツアー開催

neveryoungbeachのライブパフォーマンスは、彼らの音楽の魅力をさらに引き立てます。

🔖 関連記事の要約!ネバヤンが約5年振りのワンマンツアー『 ゛ありがとう゛ Release Tour 2023』開催
ネバヤンが約5年振りのワンマンツアー『 ゛ありがとう゛ Release Tour 2023』開催

✅ never young beachがニューアルバム「ありがとう」のリリースを記念して、約5年ぶりの全国ワンマンツアー「゛ありがとう゛ Release Tour 2023」を開催することを発表しました。

✅ ツアーは9月28日東京・恵比寿LIQUIDROOMから12月17日沖縄・桜坂セントラルまで、10都市11公演を予定しており、前半4公演のチケットは6月28日までチケットぴあにて先行受付中です。

✅ チケット料金は全公演前売りで5,500円(ドリンク代別途)です。

さらに読む ⇒NiEW(ニュー) - 音楽・映画・アート・演劇・ファッションなどのカルチャーメディア | NiEW(ニュー)NiEW(ニュー) - 音楽・映画・アート・演劇・ファッションなどのカルチャーメディア | NiEW(ニュー)出典/画像元: https://niewmedia.com/news/013103/

全国ツアー、楽しみですね。

2023年6月21日に開催されたneveryoungbeachのワンマンライブ「neveryoungbeach5thAlbum゛ありがとう゛ReleaseShow」は、新旧織り交ぜた全19曲で観客を魅了しました。ライブは「帰ろう」でゆったりとスタートし、「らりらりらん」「哀しいことばかり」「OhYeah」といった新作からのナンバーをテンポよく届けました。定番曲「ちょっと待ってよ」では観客と大合唱し、岡田のペダルスティールギターが印象的な「蓮は咲く」、カントリーロック「毎日幸せさ」、センチメンタルな「やさしいままで」など、バラエティ豊かな楽曲を披露しました。ライブ初披露となったスローバラード「こんにちは」や「こころのままに」では、楽曲の世界観を際立たせる照明演出も印象的でした。後半は「どうでもいいけど」から怒涛の勢いで、「あまり行かない喫茶店で」「HeyHeyMyMy」「PinkJungleHouse」と人気曲を立て続けに演奏し、会場の熱気を最高潮に高めました。本編最後は「famfam」で締めくくり、アンコールでは「夏がそうさせた」「夏のドキドキ」を演奏し、夏のムードを作り出してライブは終了しました。9月からは全国ワンマンツアー「neveryoungbeach-゛ありがとう゛ReleaseTour2023-」を開催予定です。

ライブ行きたい!めっちゃ盛り上がりそうやん!

ライブでこの曲聴いたら絶対泣くやろな。

あら、ライブか。昔はよくライブに行ったわよ。

neveryoungbeachの最新アルバム『ありがとう』は、彼らの音楽の魅力が詰まった作品です。

🚩 結論!

💡 neveryoungbeachの最新アルバム『ありがとう』は、2023年6月7日にリリースされた。

💡 アルバムは全11曲収録されており、バンドのこれまでの活動の集大成とも言える内容となっている。

💡 新曲に加え、過去の楽曲のリメイクバージョンも収録されている。