Academic Box Logo

「それが大事」は、今も私たちに響くのか?25年経っても色褪せない名曲とは!?

「それが大事」は、今も私たちに響くのか?25年経っても色褪せない名曲とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 「それが大事」は、1991年にリリースされた大事MANブラザーズバンドの楽曲

💡 バラエティ番組『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』のテーマソングに起用され、ミリオンセラーを記録

💡 歌詞は、困難に立ち向かうための4つの大切なことを歌っており、多くの人々に共感を得ています。

それでは、第一章「それが大事」の誕生と人気爆発についてお話ししましょう。

「それが大事」の誕生と人気爆発

「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」は、バラエティ番組でありながらも、音楽と密接に関わっていた番組だったんですね。

🔖 関連記事の要約!山田邦子、大事MAN「それが大事」は「今の時代に合っている歌」゛やまかつ゛を振り返る

公開日:2021/04/20

山田邦子、大事MAN「それが大事」は「今の時代に合っている歌」゛やまかつ゛を振り返る

✅ 山田邦子さんは、自身の冠番組「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」のテーマ曲である大事MANブラザーズバンドの「それが大事」について、番組で使われたことでヒットしたものの、ボーカルの立川俊之さんは自身のプロフィールに番組のことは一切触れていないと語りました。

✅ 山田邦子さんは、「それが大事」の歌詞にある「負けない事」「投げ出さない事」「逃げ出さない事」「信じ抜く事」は、今の時代にも重要なメッセージであると感じています。

✅ 山田邦子さんは、「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」はバラエティ番組でありながらも音楽番組でもあり、数々の名曲を世に送り出した番組だと振り返りました。

さらに読む ⇒GREE ニュースGREE ニュース出典/画像元: https://jp.news.gree.net/news/entry/3990097

歌詞に込められたメッセージは、時代を超えて響くものがあると感じます。

1991年、大事MANブラザーズバンドは3枚目のシングル「それが大事」をリリースしました。この曲は、バラエティ番組「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」のテーマソングに採用され、ミリオンセラーを記録しました。歌詞は、困難に立ち向かうための4つの大切なことを歌い、「負けない事」「投げ出さない事」「逃げ出さない事」「信じ抜く事」というシンプルなメッセージは、多くの人々に共感を得ました。

まじ!?なんか、めっちゃ深い話やん。

そうやね、昔はよく聴いたもんで。懐かしすぎるわ。

あんたたち、若いもんには分からんやろ?あの頃はね、世の中が今みたいに複雑じゃなかったのよ。

立川俊之の「それが大事」に対する思い

立川俊之さんは、長年「それが大事」を歌い続けてきたんですね。

🔖 関連記事の要約!大事MAN立川俊之が「それが大事」にアンサー「負けてもいい投げ出してもいい」
大事MAN立川俊之が「それが大事」にアンサー「負けてもいい投げ出してもいい」

✅ 元大事MANブラザーズバンドの立川俊之が、デビュー25周年を記念して「大事MANブラザーズ 立川俊之」名義でアルバム「喜楽人生」をリリースしました。

✅ アルバムには、テレビ番組で生まれた「それが大事」のアンサーソング「神様は手を抜かない」や、新バージョンの「それが大事」などが収録されています。

✅ 立川俊之は、4月17日に誕生日ライブ、7月2日にデビュー25周年記念ライブを開催します。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/news/183443

25周年を記念して、新たなアルバムをリリースされたのは素晴らしいですね。

立川俊之は、バンド解散後も「それが大事」を歌い続け、人生における「何が大事なのか」という問いと向き合い続けました。彼は、自身の経験を通して、表面的な成功よりも自分自身との誠実な向き合い方を重視したメッセージを伝えるようになりました。困難な時期に自分を見失わず、困難に立ち向かう勇気を持つことの大切さを説き、失敗や逆境を成長の機会として捉えるべきだと訴えました。彼のメッセージは、常に現在と将来に焦点を当て、持続可能な幸福と満足を追求することの重要性を強調しています。

ええっ!?立川俊之さんって、まだ「それが大事」歌ってはるん?

まじ!?知らんかったわ。でも、やっぱ名曲はいつまでも色褪せないよね。

あら、若い子たちも知っているのね。「それが大事」は、いつまでも心に残る曲よ。

「神様は手を抜かない」誕生秘話

「神様は手を抜かない」は、「それが大事」に対するアンサーソングなんですね。

🔖 関連記事の要約!それが大事」正反対のアンサーソング 立川俊之が歌詞に込めた思い― スポニチ Sponichi Annex 芸能
それが大事」正反対のアンサーソング 立川俊之が歌詞に込めた思い― スポニチ Sponichi Annex 芸能

✅ 真矢ミキさんが右手首の骨折を発表しました。骨折の原因は芝居の稽古中の怪我で、ギプス姿で番組に出演しています。

✅ 国分太一さんは真矢ミキさんの骨折に、心配そうに「大丈夫ですか?」と気遣ったそうです。

✅ テリー伊藤さんは真矢ミキさんの手を握り、力強く「大丈夫だよ」と励ましたそうです。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/12/kiji/K20160412012386100.html

立川俊之さんの楽曲には、深いメッセージが込められているんですね。

2016年、立川俊之は「それが大事」に対するアンサーソングとして『神様は手を抜かない』を発表しました。この曲は、これまでの価値観を否定し、むしろ負けることや逃げ出すことを肯定する内容で、立川が「しくじり先生」に出演した際に語った「どれも大事じゃない」という結論を反映しています。立川は、24年間「それが大事」を歌い続けた結果、何が大事なのか分からなくなったと語り、そこから「自分にとって何が一番大事か考えていくこと自体が大事」という考えに至ったようです。

えー、なんか難しい話やな。

うーん、よく分からんけど、なんか深い話っぽいね。

それが大事?神様?あんたたち、若いもんには理解できんやろ?

「神様は手を抜かない」と「それが大事」の対比

「神様は手を抜かない」は、25年後の立川俊之さんの変化を表す楽曲なんですね。

🔖 関連記事の要約!大事MAN「それが大事」アンサー曲「負けてもいい…」の歌詞がネットで話題 「本当に大事なことがわかった」
大事MAN「それが大事」アンサー曲「負けてもいい…」の歌詞がネットで話題 「本当に大事なことがわかった」

✅ 「それが大事」のアンサーソング「神様は手を抜かない」は、25年後の立川俊之の経験と変化を反映した楽曲で、負けてもいい、投げ出してもいい、という新たなメッセージを込めている。

✅ 立川俊之は、「それが大事」の歌詞は常に変化する人間にとって、過去の反省と未来への宣誓であり、人生は最終回がなく、何度でもやり直せるという考えを表明している。

✅ 「神様は手を抜かない」は、「それが大事」の大人バージョンとも捉えられ、ネット上で大きな反響を呼んでおり、25年前の名曲が時代を超えて新たな希望の曲として受け継がれている。

さらに読む ⇒モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュースモデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース出典/画像元: https://mdpr.jp/music/detail/1578037

時代を超えて愛される名曲は、世代を超えて新たな解釈を生み出すんですね。

『神様は手を抜かない』は、「それが大事」の呪縛から解放され、新たな価値観を受け入れることを歌った曲であり、立川の心の変化を表す象徴的な作品と言えるでしょう。立川は、デビュー25周年記念アルバム「喜楽人生」をリリースし、このアルバムには「神様は手を抜かない」と「それが大事2016」の2曲が収録されています。

まじ!?なんか、めっちゃ深い話やん!

なるほどね。やっぱ名曲って、時代が変わっても響くものがあるんだね。

あら、時代は変わっても、人間の本質は変わらないのよ。

立川俊之の音楽に対する決意

立川俊之さんは、音楽を通して大切なメッセージを伝えていきたいと考えているんですね。

🔖 関連記事の要約!大事MAN立川俊之「帰結するところは『それが大事』と一緒」
大事MAN立川俊之「帰結するところは『それが大事』と一緒」

✅ 大事MANブラザーズの立川俊之が、デビュー25周年を記念してミニアルバム「喜楽人生」をリリース。

✅ 新曲「神様は手を抜かない」は、人生における逆境や葛藤を乗り越える大切さを説き、デビュー曲「それが大事」のアンサーソングとも捉えられます。

✅ 立川は、現代社会における曖昧な表現や価値観への警鐘を鳴らし、音楽を通して大切な価値観を伝えていくことを目指しています。

さらに読む ⇒ 週刊女性PRIME 週刊女性PRIME出典/画像元: https://www.jprime.jp/articles/-/7084?display=b

立川俊之さんの音楽は、時代を超えて多くの人々に響くものがあると感じます。

立川俊之は、50歳を迎え、今の時代における曖昧な表現や価値観の移り変わりについて懸念を示し、音楽を通して「大切」なものを伝承していく必要性を訴えています。彼は、「神様は手を抜かない」と「それが大事2016」を交互に聴くことで、多面的な視点から「それが大事」というメッセージを受け取れると語っています。

ええっ!?なんか、めっちゃ熱い話やな!

うんうん、音楽って、やっぱすごいよね!

あら、音楽はね、時代を超えて心を繋ぐ力があるのよ。

立川俊之さんの音楽は、人生における大切なメッセージを伝えてくれると感じます。

🚩 結論!

💡 「それが大事」は、25年経っても色褪せない名曲である

💡 立川俊之さんは、デビュー25周年を記念してアルバム「喜楽人生」をリリース

💡 「それが大事」のアンサーソング「神様は手を抜かない」は、現代社会における重要なメッセージを投げかける楽曲である