Academic Box Logo

THE BLUE HEARTSのレコード、どれが高く売れる?コレクター必見のレアアイテムとは!?

THE BLUE HEARTSのレコード、どれが高く売れる?コレクター必見のレアアイテムとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 THE BLUE HEARTSのレコードの価値について解説します。

💡 特に高価買取されているレコードを紹介していきます。

💡 レアアイテムの価値や入手方法について詳しく解説します。

それでは、第一章から見ていきましょう。

THE BLUE HEARTS:時代を超えて愛される音楽

THE BLUE HEARTSは、世代を超えて愛される音楽ですね。

🔖 関連記事の要約!高価買取されているブルーハーツのレコードをご紹介

公開日:2023/08/25

高価買取されているブルーハーツのレコードをご紹介

✅ ブルーハーツは、1985年から1995年まで活動した日本のパンク・ロックバンドで、「リンダリンダ」や「TRAIN-TRAIN」などのヒット曲を世に送り出した。彼らの楽曲は現在でもドラマやCMなどで使われており、世代を超えて親しまれている。

✅ ブルーハーツのレコードの中でも特に高価買取されているのは、ダンボールジャケットのデビューアルバムである。セルフプロデュースされたこのアルバムは、希少価値が高く、特に初版は高額で取引されている。また、2017年に初LPレコード化された4枚目以降のアルバムも、初回限定発売だったため人気が高い。

✅ ブルーハーツのレコードだけでなく、EPレコードの17枚組ボックスセットも人気が高い。このボックスセットには、メジャーデビュー前のライブで限定配布されたソノシートも含まれており、コアなファンにとっては貴重なアイテムとなっている。

さらに読む ⇒レコード買取ならエコストアレコード【公式】レコード買取ならエコストアレコード【公式】出典/画像元: https://ecostorecom.jp/column/%E9%AB%98%E4%BE%A1%E8%B2%B7%E5%8F%96%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%84%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%92%E3%81%94/

彼らの音楽は、時代を超えて愛される理由がわかります。

1985年に結成され、1995年に解散した日本のパンク・ロックバンド「THE BLUE HEARTS」は、今もなお多くの人々に愛され、その音楽は世代を超えて語り継がれています。2021年10月1日から8日までの間、ねとらぼ調査隊が実施した「あなたが一番好きなTHE BLUE HEARTSのシングル曲は?」というアンケートでは、5787票もの回答が集まり、彼らの楽曲の人気の高さがうかがえます。ランキングでは、1位に「リンダリンダ」、2位に「TRAIN-TRAIN」、3位に「人にやさしく」がランクインし、これらの楽曲がBLUE HEARTSを代表する曲であることがわかります。その他にも「1000のバイオリン」「ラブレター」「TOOMUCHPAIN」「キスしてほしい」など、彼らの代表曲と言われる楽曲が上位にランクインしており、それぞれの楽曲が持つ魅力や時代背景、人気の理由などを考察していくことで、BLUE HEARTSの音楽の魅力にさらに迫ることができると言えるでしょう。

え、まじ!?知らんかったわー。

そうたいね!ブルーハーツは、永遠の定番やけん!

あの頃の若い子は、みんなブルーハーツ聞いてたわよねぇ。

「リンダリンダ」:パンクロックの魂が燃える!

ザ・ブルーハーツの歌詞には、深いメッセージが込められていますね。

🔖 関連記事の要約!陣野俊史「ザ・ブルーハーツ ドブネズミの伝説」甲本ヒロトと真島昌利の詩に学ぶ、声を奪われた者たちの言葉
陣野俊史「ザ・ブルーハーツ ドブネズミの伝説」甲本ヒロトと真島昌利の詩に学ぶ、声を奪われた者たちの言葉

✅ ザ・ブルーハーツの歌詞を深く分析し、社会や時代背景との関連性を探ることで、バンドのメッセージと詩の世界観を解き明かす。

✅ 詩人・甲本ヒロトと真島昌利の歌詞に込められた思想や文学的な影響を、カミュやレヴィナスといった哲学者の思想や詩歌との対比を通して考察する。

✅ ザ・ブルーハーツの歌詞は、社会へのメッセージ、個人の内面、自由への憧れなど、多岐にわたるテーマを扱い、時代を超えて共感を呼ぶ普遍的な力を持っていることを示す。

さらに読む ⇒Mikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディアMikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディア出典/画像元: https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/27573

歌詞を通して、彼らの思想や世界観を感じ取ることができます。

「リンダリンダ」は、THE BLUE HEARTSの代表曲の一つであり、1987年にリリースされたメジャーデビューシングルです。この曲は、ヒロトが作詞作曲を手掛け、ドブネズミに例えられた美しくなりたいという願望、そして愛の意味について歌われています。「ドブネズミ」はパンクロックのメタファーとして解釈され、パンクロックという曲の歌詞にある「吐き気がするだろう みんな嫌いだろう」というフレーズとも関連付けられています。歌詞の全体を通して、世間の価値観に対する反発と、自身の信念を貫く強い意志が感じられ、ヒロトの天性の作詞センスが光る一曲と言えるでしょう。

歌詞とか、まじで深いんかな?

歌詞もええけど、ヒロトのハスキーボイスが最高やけんね!

歌詞なんて、わからなくても、ええ音楽やったら、それでええのよ!

「TRAIN-TRAIN」:夢を追いかける列車の旅

「TRAIN-TRAIN」は、ブルーハーツの代表曲の一つです。

🔖 関連記事の要約!THE BLUE HEARTS/TRAIN
THE BLUE HEARTS/TRAIN

✅ 「TRAIN-TRAIN」は、ブルーハーツの3rdアルバムであり、パンク色の強い前作からブルース、フォーク、カントリーなど多彩な音楽を取り入れたバラエティ豊かな作品となっている。

✅ アルバム全体を通して汽車の疾走イメージが流れており、コンセプトアルバムとして完成された作品となっている。また、ゲストミュージシャンも参加し、アレンジや音のバラエティも豊かになっている。

✅ 聴き込むほどに新しい輝きを放つ魅力があり、名盤と呼ばれるにふさわしい作品である。反骨精神と心を揺さぶるメロディーが聴き手の心を捉え、世代を超えて愛される名盤となっている。

さらに読む ⇒M☆MUSIC – ★ロックンロールが鳴り響く!! ★ つまらない世界を照らす 馬鹿げた光M☆MUSIC – ★ロックンロールが鳴り響く!! ★ つまらない世界を照らす 馬鹿げた光出典/画像元: https://hinemosu-notari.net/train-train/

この曲は、夢を追いかける列車の旅を描いた名曲です。

「TRAIN-TRAIN」は、THE BLUE HEARTSのギタリスト・マーシーが作詞作曲した楽曲です。歌詞は、音楽業界という限られた世界に例えられており、「夢を追い求める列車」に乗車することは、一握りの才能だけが花開く厳しい現実を表しています。歌詞の中で「ブルース」は、売れないミュージシャンの苦しみや哀愁を象徴しており、彼らがその苦しみを創作の力に変えて前へと進んでいく様子が描写されています。「見えない自由」や「見えない銃」といった比喩表現は、自由を求めて走りながらも、その実態がわからないまま言葉を吐き出す、青春時代の葛藤を表現しています。楽曲全体を通して、世の中は天国でも地獄でもない、良い奴ばかりでも悪い奴ばかりでもない複雑なものであるという認識が示されています。

「TRAIN-TRAIN」って、めっちゃ懐かしいわー!

青春時代を思い出しますね。

列車の旅って、ロマンチックよねぇ。

「TRAIN-TRAIN」:社会構造と自由への渇望

「TRAIN-TRAIN」の歌詞には、社会構造や自由への渇望が表現されています。

🔖 関連記事の要約!ブルーハーツのMVをYouTubeで一挙公開、「リンダ リンダ」「TRAIN
ブルーハーツのMVをYouTubeで一挙公開、「リンダ リンダ」「TRAIN

✅ THE BLUE HEARTSの公式YouTubeチャンネルが開設され、代表曲を含むミュージックビデオ14本が公開された。

✅ 公開されたMVは、2015年8月にリリースされた映像作品「ブルーハーツのブルーレイ(1)」「ブルーハーツのブルーレイ(2)」に収録されたものに加え、「首つり台から」「1000のバイオリン」の映像も含まれている。

✅ これにより、YouTubeでTHE BLUE HEARTSの代表曲のミュージックビデオを視聴することができるようになった。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/news/451704

この曲を通して、現代社会について改めて考えることができます。

「TRAIN-TRAIN」は、ブルーハーツの代表曲の一つであり、歌詞は真島昌利(マーシー)によって書かれています。歌詞は、アメリカ・ゴールドラッシュ時代の汽車に乗る貧しい若者をイメージさせることから始まります。その後、弱い者がさらに弱い者をたたく、という厳しい現実が描写されます。この歌詞は、世の中の負の連鎖を表現しており、弱い者同士が争うのではなく、団結して強い者に立ち向かうべきというメッセージが込められていると考えられます。さらに歌詞は、自由を求めて、手段を選ばずに行動する人々を描きます。「TRAIN-TRAIN」は、厳しい現実、自由への渇望、そして音楽を通して悲しみを昇華しようとする人間の姿を歌っています。歌詞を通して、現代社会においても普遍的なテーマである、社会構造、弱者、自由について改めて考えさせられます。

歌詞のメッセージって、深いなぁ。

マーシーの歌詞は、いつも心に響くよね!

自由って、難しいもんよねぇ。

THE BLUE HEARTSの音楽の魅力は、時代を超えて多くの人々に愛される普遍性にあると言えるでしょう。

🚩 結論!

💡 THE BLUE HEARTSのレコードは、希少価値が高く、特に初版は高額で取引されています。

💡 ブルーハーツの楽曲は、ドラマやCMなどで使われており、世代を超えて親しまれています。

💡 THE BLUE HEARTSの音楽は、歌詞や楽曲を通して、社会へのメッセージや個人の内面、自由への憧れなど、様々なテーマを扱っています。