Academic Box Logo

フジファブリック:志村正彦の遺志を継ぐ、個性的な音楽は今も進化を続ける?故人へのオマージュと、バンドの現在地とは!!?

フジファブリック:志村正彦の遺志を継ぐ、個性的な音楽は今も進化を続ける?故人へのオマージュと、バンドの現在地とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 フジファブリックは、故志村正彦を中心に結成されたロックバンドです。

💡 彼らの音楽は、個性的なメロディーと歌詞で知られています。

💡 志村正彦の死後も、新体制で活動を続け、多くのファンを魅了しています。

それでは、フジファブリックの楽曲や活動について、詳しく見ていきましょう。

フジファブリック:志村正彦の遺志を継ぐ、個性的な音楽

フジファブリックの音楽は、志村正彦の独特な感性が光る作品ばかりですね。

🔖 関連記事の要約!フジファブリック 志村正彦没後10年 2009年映像作品集 特設サイト
フジファブリック 志村正彦没後10年 2009年映像作品集 特設サイト

✅ フジファブリックのオフィシャル・ブートレグ映像シリーズDVD BOX「FAB BOX III」が発売。

✅ 「CHRONICLE TOUR」と「デビュー5周年ツアーGoGoGoGoGoooood!!!!!」のライブ映像を収録した2枚組DVDが2セット、各ツアーのスペシャルフォトブック、オリジナルグッズが付属する完全生産限定盤と、各ツアーのライブ映像を収録した2枚組DVDの通常盤が発売。

✅ 完全生産限定盤には、2009年の「CHRONICLE TOUR」の東京Zepp Tokyo公演から、2009年の「デビュー5周年ツアーGoGoGoGoGoooood!!!!!」の札幌PENNY LANE24公演のライブ映像が収録されている他、各ツアーのMC集などの特典映像も収録されている。

さらに読む ⇒フジファブリックOfficial WebsiteフジファブリックOfficial Website出典/画像元: https://www.fujifabric.com/special/2009/

ライブ映像も、志村さんのエネルギーが伝わってくるようでした。

フジファブリックは、故志村正彦を中心に結成されたロックバンドです。2004年にメジャーデビューし、個性的なメロディーと歌詞で人気を集めました。代表曲には「銀河」「茜色の夕日」「若者のすべて」などがあります。2009年に志村が急死した後も、新体制で活動を続け、多くのファンを魅了しています。

え、まじ!?かっこいいやん!

志村さんって、ほんまに天才やったんやね。

志村さん、あの世で見てるかな?

人気楽曲ランキングTOP12:フジファブリックの代表曲

フジファブリックの楽曲は、どれも聴きごたえがありますね。

🔖 関連記事の要約!フジファブリック、『Mステ』初出演で゛若者のすべて゛披露。『FAB LIST』の収録内容も公開 (2019/08/02) 邦楽ニュース
フジファブリック、『Mステ』初出演で゛若者のすべて゛披露。『FAB LIST』の収録内容も公開 (2019/08/02)  邦楽ニュース

✅ フジファブリックが8月28日にファン投票で楽曲を決定したプレイリストアルバム「FAB LIST 1」「FAB LIST 2」を同時リリースする。

✅ 「FAB LIST 1」にはEMI Records / ユニバーサルミュージック時代、「FAB LIST 2」にはソニー・ミュージック時代リリースされた楽曲が収録され、それぞれファン投票TOP15位が収録される。

✅ 初回生産限定盤には、ライブ音源を収録した特典CDが付属し、「FAB LIST 1」には2005年7月21日の渋谷AX公演、「FAB LIST 2」にはソニー・ミュージック移籍以降のライブ音源が収録される。

さらに読む ⇒rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイト出典/画像元: https://rockinon.com/news/detail/188440

ファン投票で決まった楽曲が、こんなにも個性豊かなのは、さすがフジファブリックですね。

フジファブリックの楽曲ランキングTOP12では、1位は「若者のすべて」、2位は「陽炎」、3位は「クロニクル」、4位は「桜の季節」、5位は「ByeBye」、6位は「銀河」、7位は「星降る夜になったら」、8位は「バウムクーヘン」、9位は「茜色の夕日」、10位は「赤黄色の金木犀」、11位は「ロマネ」、12位は「眠れぬ夜」という結果になりました。

わー、めっちゃ懐かしい曲ばっかりやーん!

やっぱ、フジファブリックの曲は、最高やな!

あの頃は、まだ若かったなぁ…

楽曲に込められた志村正彦の想いと物語

志村さんの楽曲には、彼の生き様や想いが詰まっているように感じます。

🔖 関連記事の要約!志村正彦没後10年 2009年映像作品集本日リリース! フジファブリック
志村正彦没後10年 2009年映像作品集本日リリース! フジファブリック

✅ フジファブリックの志村正彦さんが没後10年を迎え、2009年の映像作品集がリリースされました。

✅ 「CHRONICLE TOUR」と「デビュー5周年ツアーGoGoGoGoGoooood!!!!!」のライブ映像やドキュメンタリーを収録したDVDが、通常盤と完全生産限定盤の2種類で発売されます。

✅ 完全生産限定盤には、2つのツアーのスペシャルフォトブックやオリジナルグッズが付属します。

さらに読む ⇒Sony Music ArtistsSony Music Artists出典/画像元: https://www.sma.co.jp/s/sma/news/detail/84650?ima=0000

志村さんの想いが、楽曲を通して伝わってくるのは感動的ですね。

志村の地元である山梨県河口湖の花火大会をイメージした「若者のすべて」は、彼の故郷への想いが感じられる楽曲です。一方、「陽炎」では、ピアノ演奏が楽曲の雰囲気を効果的に演出しています。また、「クロニクル」の歌詞からは、志村が自分のことを忘れられないことを願っていながらも、忘れられる運命を悟っている様子が読み取れます。

えー、めっちゃ切ない…

志村さんの歌詞、ほんまに心に響くよね。

志村さん、天国で幸せに過ごしてるといいなぁ。

未来へ繋がる音楽:フジファブリックの現在とこれから

フジファブリックは、志村さんの意志を受け継いで、これからも素晴らしい音楽を生み出し続けるでしょう。

🔖 関連記事の要約!今も故郷に流れるフジファブリック 志村君が残した音楽は生き続ける 山梨県:朝日新聞デジタル

公開日:2023/12/24

今も故郷に流れるフジファブリック 志村君が残した音楽は生き続ける 山梨県:朝日新聞デジタル

✅ フジファブリックのボーカル、志村正彦さんが2008年に地元・富士吉田で開催した凱旋ライブの様子が語られています。

✅ ライブでは、志村さんが故郷への思いを語り、地元での思い出や音楽への情熱を表現したことがわかります。

✅ 地元の中学校での合唱経験や、地元でのライブ開催を夢見ていたことなど、志村さんの故郷への強い愛情が伝わってくる内容となっています。

さらに読む ⇒朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト出典/画像元: https://www.asahi.com/articles/ASRDP65KXRDNOXIE03H.html

地元への愛を感じられるライブは、本当に感動的でした。志村さんの故郷への想いが伝わってきます。

フジファブリックは、志村正彦の音楽性を継承しながら、新たな道を歩み続けています。彼らの音楽は、これからも多くの人の心を動かし続けるでしょう。

うんうん、めっちゃええ話やーん!

志村さん、地元愛強かったんやね。

志村さん、天国でも音楽続けてるかな?

フジファブリックの音楽は、これからも多くの人を魅了し続けることでしょう。

🚩 結論!

💡 フジファブリックは、故志村正彦の遺志を継ぎ、個性的な音楽を奏で続けています。

💡 彼らの楽曲は、志村さんの想いと、メンバーそれぞれの個性によって、常に進化を遂げています。

💡 これからも、フジファブリックの音楽から目が離せません。