Academic Box Logo

梶原徹也、THE BLUE HEARTS、ドラム、音楽活動?伝説のドラマーの今とは!?

梶原徹也、THE BLUE HEARTS、ドラム、音楽活動?伝説のドラマーの今とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 THE BLUE HEARTSのドラマー、梶原徹也さんの音楽活動について解説します。

💡 梶原徹也さんのTHE BLUE HEARTS時代から現在までの活動について、貴重なインタビューやエピソードを交え紹介します。

💡 梶原徹也さんの音楽活動を通して、80年代の日本のロックシーンや、ドラムの魅力について迫ります。

それでは、THE BLUE HEARTSのドラマーとして活躍された梶原徹也さんの音楽活動について詳しく見ていきましょう。

THE BLUE HEARTS時代

梶原徹也さん、THE BLUE HEARTSのドラマーとして活躍されたんですね。

🔖 関連記事の要約!ザ・ブルーハーツはいかにして時代を変えたか? 元ドラマー梶原徹也が語るバンドブーム前夜
ザ・ブルーハーツはいかにして時代を変えたか? 元ドラマー梶原徹也が語るバンドブーム前夜

✅ 80年代の日本のロックシーンを、当時のキーマンやミュージシャンのインタビューと音楽ライターによるレビューで振り返るムック本「私たちが熱狂した 80年代ジャパニーズロック」が12月14日に発売される。

✅ 本書では、RCサクセションの仲井戸麗市、ザ・ブルーハーツの梶原徹也、SHOW-YAの寺田恵子など、80年代を代表するミュージシャンのインタビューが掲載されている。

✅ ザ・ブルーハーツの元ドラマーである梶原徹也は、インタビューの中で、バンドがデビューした時の自信に満ちた雰囲気や、パンクというジャンルを超えた音楽性について語っている。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2015/12/post-5582.html

当時の音楽シーンを生きた梶原徹也さんの言葉は、とても説得力がありますね。

梶原徹也さんは、高校2年生でドラムを始め、THE BLUE HEARTSのオーディションに合格し、ドラマーとして活躍しました。バンドは、梶原徹也さんの加入をきっかけに「人にやさしく」「リンダリンダ」などのヒット曲を世に送り出し、歴史的なブレイクを果たしました。ブルーハーツのメンバーとの初対面では、彼らの規格外の音楽性に衝撃を受けながらも、歌詞に共感、パンク世代として同じものを感じたそうです。バンドとして世に出ていくにあたっては、マーシー(真島昌利)の「デビューして1年したら俺たちはローリング・ストーンズの前座をやって、ワールドツアーをやってるはず」という言葉に象徴されるように、強い自信と気概を持って活動していたことを明かしています。

え、まじ!?ブルーハーツって、こんなとこから始まったんや!?

いやー、やっぱ、ブルーハーツって、最高やね!

あんた、ブルーハーツを知っとるんか?ワシの若い頃はね、ブルーハーツのライブに毎日のように行っとったのよ!

解散後の活動

THE BLUE HEARTS解散後も、様々な音楽活動を続けていらっしゃるんですね。

🔖 関連記事の要約!梶原徹也の現在!身長や結婚・宗教・大塚愛のPVなど総まとめ【THE BLUE HEARTSのドラム】
梶原徹也の現在!身長や結婚・宗教・大塚愛のPVなど総まとめ【THE BLUE HEARTSのドラム】

✅ 梶原徹也さんは、THE BLUE HEARTSのドラマーとして活躍後、様々なバンドを結成し、プロデュース業など音楽活動を続けています。

✅ THE BLUE HEARTS解散後、大塚愛さんのバックバンドやPVにも参加するなど、幅広い音楽ジャンルで活躍しています。

✅ 宗教は阿含宗を信仰しており、音楽活動と宗教との関係について自身の考えをインタビューで語っています。

さらに読む ⇒Artyアーティ|音楽・アーティストまとめサイトArtyアーティ|音楽・アーティストまとめサイト出典/画像元: https://arty-matome.com/I0001076

音楽活動だけでなく、宗教や哲学的な考え方も興味深いですね。

梶原徹也さんは、THE BLUE HEARTS解散後は、The3peace、THE BIGHIP、ソロユニット「THUNDERBEAT」などを結成し、プロデュース業も行うなど、幅広い音楽活動を続けています。大塚愛さんのバックバンドやPVに参加した経験もあり、映画「鬼ガール!!」の音楽も担当しています。12月14日に辰巳出版より発刊されるムック本『私たちが熱狂した80年代ジャパニーズロック』では、梶原徹也さんを含む多くのミュージシャンや文化人、音楽業界関係者へのインタビューが掲載されています。同書では、80年代の邦楽ロックカルチャーを、当時のメディアを手がけたキーマンや、その時期に青春をすごしたミュージシャンたちのインタビュー証言を中心に、各シーンに詳しい音楽ライターから寄稿されたレビューも収録しています。

えー、ブルーハーツって解散したん!?知らんかったー!

へー、いろんなことやってはるんやね。尊敬するわー。

ブルーハーツは、ワシの青春よ!あの頃はね、毎日ブルーハーツの歌を聞いてたわ!

音楽への影響とドラム指導

ドラムセミナーを開催されたんですね。

🔖 関連記事の要約!梶原徹也(THE BLUE HEARTS)ドラムセミナーレポート
梶原徹也(THE BLUE HEARTS)ドラムセミナーレポート

✅ 3月6日(日)に横須賀プライム店で、THE BLUE HEARTSのドラマー、梶原徹也氏によるドラムセミナーが開催された。

✅ セミナーでは、梶原氏によるドラムソロ演奏や、ドラムを叩くコツ、基礎練習方法などの解説が行われた。参加者には、実際にドラムセットを叩きながら指導を受ける機会や、梶原氏サイン入りのスネアヘッドがプレゼントされた。

✅ セミナーは、参加者だけでなく、店舗スタッフも大満足で、島村楽器では今後も様々なイベントを企画していく予定である。

さらに読む ⇒島村楽器公式ブログ島村楽器公式ブログ出典/画像元: https://blog.shimamura.co.jp/entry/20110310/1299727775

梶原徹也さんのドラム指導は、とても熱心で、参加者にとって貴重な経験になったでしょうね。

梶原徹也さんは、自身がドラムを始めたきっかけとして中学時代にビートルズのリバイバルブームでドラムに触れたこと、そして77年にパンクが登場したことで、クラッシュの「ロンドン・コーリング」に強く影響を受けたことを明かしています。大学時代に東京でバンド活動を行い、ブルーハーツのドラマーが辞めたことをきっかけに、ブルーハーツに加入しました。梶原徹也さんは、自身の初ドラム教則DVD「THE BLUE HEARTSの曲で学ぶ情熱ベーシック・ドラム」をリリースしました。このDVDでは、THE BLUE HEARTSの代表曲「TRAIN-TRAIN」「リンダリンダ」などを題材に、ドラムの基本技術、高速8ビートのコツ、曲作り、フレーズの作り方などを解説しています。さらに、THE BLUE HEARTSのエピソードも交え、ドラマーだけでなく、THE BLUE HEARTSファンにも楽しめる内容となっています。

ドラム、めっちゃかっこいいやん!私もやってみたいわー!

ドラムって、難しいイメージがあるけど、梶原徹也さんのセミナーなら、楽しそうやね!

ドラムって、若者の楽器じゃなかったのかしら?ワシの頃は、太鼓しか無かったわよ!

ドラム・クリニック開催

教則DVD発売記念ドラム・クリニック、盛り上がったみたいですね。

🔖 関連記事の要約!情熱のドラム゛のヒミツを探る「梶原徹也 教則DVD発売記念ドラムクリニック」レポート
情熱のドラム゛のヒミツを探る「梶原徹也 教則DVD発売記念ドラムクリニック」レポート

✅ 元THE BLUE HEARTSのドラマー梶原徹也の教則DVD発売記念ドラム・クリニックが開催され、100人以上の参加者を集めました。

✅ クリニックでは、パワフルなドラムプレイのコツやリズムキープの重要性について解説され、参加者への個別レッスンも行われました。

✅ イベントを通して、梶原徹也の情熱的なドラムプレイは、ただ力いっぱい叩くのではなく、ドラムの音色を最大限に引き出すことを重視していることが感じられました。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000055815

梶原徹也さんのドラムプレイは、パワフルで、とても感動しました。

11月21日、新星堂ROCKINN新宿店にて、元THE BLUE HEARTSのドラマー梶原徹也の教則DVD発売記念ドラム・クリニックが開催され、100人を超える参加者が集まりました。クリニックでは、梶原徹也によるドラムのセッティング、パワフルに叩き続けるコツ、8ビートの叩き方、リズムキープの重要性、そしてドラムソロが披露されました。参加者からの質問も多く、梶原徹也は自身の経験に基づいたアドバイスを惜しみなく提供しました。イベントを通して、梶原徹也の情熱的なドラムプレイと、その奥深さを垣間見ることができました。

え、まじ!?ドラムクリニックって、なんか楽しそう!

ドラム、やってみたいけど、なかなか勇気が出ないんだよねー。

ドラムって、昔は、お祭りでしか見なかったわよ!

鼓童とのコラボレーション

鼓童とのコラボレーション、異色の組み合わせですね。

🔖 関連記事の要約!鼓童 ワン・アース・ツアー 混沌 (演出 : 坂東玉三郎) 2015年12月19日 文京シビックホール : 川沿いのラプソディ
鼓童 ワン・アース・ツアー 混沌 (演出 : 坂東玉三郎) 2015年12月19日 文京シビックホール : 川沿いのラプソディ

✅ 鼓童の創立35周年記念ツアー「混沌」は、坂東玉三郎の演出によるもので、混沌とした世界の中で秩序が生まれる様子を、和太鼓の演奏と奏者の演技によって表現している。

✅ 玉三郎は、このツアーのタイトル「混沌」について、世の中がどんなに整然としていても、結局は混沌とした世界であることを音楽で表現しようと試みていると語っている。

✅ 公演では、舞台上に稽古場そのままの雑然とした状況が再現され、メンバーたちがラフな格好で舞台を動き回り、自然と演奏が始まるという演出がなされており、演劇的な要素も感じられる。

さらに読む ⇒川沿いのラプソディ川沿いのラプソディ出典/画像元: https://culturemk.exblog.jp/23978776/

ロックンロールと伝統芸能の融合、とても興味深いですね。

元ブルーハーツの梶原徹也が、鼓童の「鼓童ワン・アース・ツアー〜混沌」公演でドラムの監修を務めました。この公演は、太鼓、西洋楽器のドラム、タイヤ製の打楽器などが共演する異色の内容で、ロックンロールをジャパニーズ・アートの世界に融合させたことが話題となりました。芸術監督は歌舞伎俳優の坂東玉三郎氏で、梶原徹也は彼の期待に応え、ロックンロールの無限の可能性を見せつけました。公演は今後再演が予定されており、ロックファンにもおすすめです。梶原徹也は、鼓童とのコラボレーションに至るまでの経緯や、洋楽と邦楽の関係性について語っています。鼓童は、伝統的な音楽芸能に現代的な解釈を加え、世界中で活躍する太鼓芸能集団です。世界各地で公演を行い、様々なジャンルのアーティストとの共演や、国際芸術祭への参加など、多岐に渡る活動を展開しています。太鼓芸能集団「鼓童」が、元THE BLUE HEARTSのドラマー梶原徹也をドラム監修に迎え、新楽器を取り入れた全国ツアー「鼓童ワン・アース・ツアー2015~混沌」を開催。11月23日から12月23日にかけて、新潟、福井、富山、大阪、福岡、広島、岡山、愛知、神奈川、東京の11会場を巡ります。ツアーでは、タイヤにテープを巻いたタイヤドラムなど、新たな打楽器が披露されます。チケット情報は鼓童の公式ウェブサイトで確認できます。

え、まじ!?鼓童とブルーハーツって、合うの!?意外やわー!

鼓童って、なんか渋いイメージがあるけど、ロックンロールと合わせたら、めっちゃかっこよさそう!

鼓童って、ワシの頃は、お寺でしか見なかったわよ!

梶原徹也さんの音楽活動は、THE BLUE HEARTS時代から現在まで、多岐に渡り、多くのファンを魅了しています。

🚩 結論!

💡 THE BLUE HEARTSのドラマーとして活躍した梶原徹也さんは、解散後も幅広い音楽活動を続けています。

💡 梶原徹也さんは、ドラムセミナーやドラム・クリニックを開催し、後進の育成にも力を入れています。

💡 梶原徹也さんのドラムプレイは、パワフルで、熱心に音楽と向き合う姿勢は、多くの人の心を掴んでいます。