Academic Box Logo

フジファブリック山内総一郎、ソロアルバム『歌者-utamono-』リリース!その背景とは?フジファブリック山内総一郎のソロアルバム制作秘話!!?

フジファブリック山内総一郎、ソロアルバム『歌者-utamono-』リリース!その背景とは?フジファブリック山内総一郎のソロアルバム制作秘話!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 山内総一郎さんがソロアルバム「歌者-utamono-」をリリース

💡 ソロアルバム制作の背景には、バンドの未来を見据えた山内さんの強い意志が

💡 アルバムのコンセプトは、2022年の東京で暮らす人々の物語

それでは、山内総一郎さんのソロアルバムについて詳しく見ていきましょう。

フジファブリックの歩み

それでは、まずフジファブリックの歩みから見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!フジファブリックのボーカル&ギター・志村正彦さんが死去 29歳

公開日:2009/12/25

フジファブリックのボーカル&ギター・志村正彦さんが死去 29歳

✅ フジファブリックのギター&ボーカル担当、志村正彦さんが29歳で急逝しました。死因は病名不詳で詳細は不明です。

✅ フジファブリックは2000年に志村さんをリーダーに結成されたロックバンドで、独特なサウンドと志村さんのボーカルが人気を集めていました。

✅ 志村さんの死によって、今後のフジファブリックの活動は未定となっていますが、他のメンバー3人は音楽活動を続けていくとのことです。

さらに読む ⇒The Natsu Style - iTunesトップソング、ストリーミング等音楽ランキングに関するニュースサイトThe Natsu Style - iTunesトップソング、ストリーミング等音楽ランキングに関するニュースサイト出典/画像元: http://www.tnsori.com/archives/51633000.html

志村さんの急逝は、音楽界に大きな衝撃を与えました。フジファブリックの今後の活動が注目されます。

2000年に結成されたフジファブリックは、元ボーカル・ギターの志村正彦を中心としたロックバンドで、独特なメロディと印象的な歌詞が特徴です。2004年にメジャーデビューし、「銀河」「茜色の夕日」「若者のすべて」など、数々の代表曲を世に送り出しました。2009年に志村正彦が急逝した後も、新体制で活動を続け、現在も多くのファンから支持されています。

え、まじ!?ショックやわ〜。

そうやね、志村さんの曲はホンマにええ曲ばっかりやったけん、残念やね。

あら、若いのに。もったいないわね。

ソロアルバム制作の背景

続いて、山内総一郎さんのソロアルバム制作の背景について掘り下げていきましょう。

🔖 関連記事の要約!フジファブリック山内総一郎、初のソロアルバムリリース
フジファブリック山内総一郎、初のソロアルバムリリース

✅ 山内総一郎(フジファブリック)が3月16日に1stソロアルバム「歌者 -utamono-」をリリースする。

✅ アルバムは、山内総一郎が親交の深いミュージシャンたちと制作し、゛歌゛に焦点を当てている。

✅ 2月10日のフジファブリックのワンマンライブ「フジファブリック HALL LIVE 2022」でアルバムを予約すると、「オンラインミート&グリート」への参加権またはフォトセットが特典としてもらえる。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/news/460793

ソロアルバム制作には、山内さんのバンドに対する深い愛情と、ボーカリストとしての成長への意欲が感じられます。

2024年にバンドとしての20周年を迎えるにあたり、山内総一郎は、バンドの未来のために゛ひとりでアルバムを作ってみたら゛というアイデアを思いつき、ソロ名義での1stアルバム『歌者-utamono-』をリリースしました。ボーカリストとして、これからどのように成長し、バンドを支えていけるのかという課題意識から、ソロアルバム制作がスタートしました。

え、まじ!?ソロアルバム出すん!?聴くの楽しみすぎる!

ソロアルバムかー、どんな感じの曲になるんやろ?

あら、山内くんもソロでやるようになったのね?時代は変わるわね。

ソロアルバム「歌者-utamono-」のコンセプト

それでは、山内総一郎さんのソロアルバム「歌者-utamono-」のコンセプトについて解説していきます。

🔖 関連記事の要約!フジファブリックの山内総一郎が ゛歌゛と向き合う。彼が『歌者
フジファブリックの山内総一郎が ゛歌゛と向き合う。彼が『歌者

✅ フジファブリックの山内総一郎が、バンド活動20周年へ向けて、ソロアルバム「歌者 -utamono-」をリリースした。

✅ ソロアルバム制作の背景には、バンドの未来を見据え、ボーカリストとして更なる成長を遂げ、フジファブリックを支えたいという強い意志がある。

✅ アルバムは「2022年の東京で暮らす人々の物語」をテーマに、それぞれの登場人物の人生や生活を描いた8曲が収録されている。

さらに読む ⇒THE FIRST TIMESTHE FIRST TIMES出典/画像元: https://www.thefirsttimes.jp/interview/0000090408/

山内さんの楽曲には、それぞれの登場人物の個性と感情が鮮やかに表現されています。

山内総一郎は、ソロアルバム制作にあたり゛2022年の東京で暮らす人々の物語゛というプロットを事細かに書き起こし、それぞれの登場人物の人生や生活を歌詞に落とし込みました。作詞・作曲は、物語を書くことから始まり、登場人物の年齢や職業、住んでいる場所、抱えている悩みなどを具体的に設定することで、楽曲にリアリティを持たせています。

人々の物語って、なんかロマンチックやーん!

なるほど、ストーリーがある感じか。ちょっと聴いてみたいかも。

あら、時代劇みたいね。わくわくするわ。

山内総一郎のソロ活動に対する思い

続いて、山内総一郎さんのソロ活動に対する思いについて見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!Interview
Interview

✅ フジファブリックの山内総一郎が、ソロ・アルバム「歌者 -utamono-」をリリース。今作はギターではなく歌に焦点を当て、バンド活動が難しい状況下でファンに素晴らしい景色を見せたいという思いから制作された。

✅ 作曲はすべてピアノと歌で行われ、ビートルズやレディオヘッドの影響が色濃く反映されている。シンプルながらも強い和音を使用することで、山内自身の歌声を際立たせる楽曲となっている。

✅ ソロ・アルバム制作を通して、ギターとピアノの違い、そしてシンプルなコード進行の重要性など、新たな発見があったという。今後の活動では、ギターで作曲した楽曲も作品として発表したいと考えている。

さらに読む ⇒ギター・マガジンWEB|Guitar magazineギター・マガジンWEB|Guitar magazine出典/画像元: https://guitarmagazine.jp/interview/2022-0408-yamauchi/

山内さんの言葉からは、ソロ活動を通してフジファブリックをより良いバンドにしたいという強い意志が伝わってきます。

山内総一郎は、ソロアルバムについて「フジファブリックで歌い始めた、ボーカルとしてやっていこうと覚悟を決めたのは2011年の『STAR』からで、もう11年も経っている。この先のことを考えると、ボーカリスト/表現者としてひと皮もふた皮もむけないといけないし、そうすることでバンドを支えたいなと思って。それは僕だけじゃなくて、ダイちゃん(金澤ダイスケ/Key)、加藤(慎一/Ba)もそれぞれ思っていることなんですが。」と語っています。ソロアルバムを通して、自身のボーカリストとしての成長を図り、バンドをより高いレベルへ導きたいという強い意志を感じられます。

え、まじ!?山内さん、ギターもピアノも弾けるん!?すげー!

山内さん、ソロ活動頑張ってるなー!やっぱ才能あるわ。

あら、山内くんは若いのに、しっかりしてるわね。

フジファブリックの20周年記念アルバム「PORTRAIT」

最後に、フジファブリックの20周年記念アルバム「PORTRAIT」についてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!フジファブリック、2月28日Newアルバム『PORTRAIT』から表題曲「Portrait」を2/21(水)から先行配信決定!フジファブリック
フジファブリック、2月28日Newアルバム『PORTRAIT』から表題曲「Portrait」を2/21(水)から先行配信決定!フジファブリック

✅ フジファブリックが2月28日にリリースするニューアルバム「PORTRAIT」の表題曲「Portrait」が2月21日から先行配信される。

✅ 「PORTRAIT」はフジファブリックにとって約3年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバムで、デビュー20周年を記念して゛原点回帰゛をテーマに制作された。

✅ 「Portrait」は加藤慎一が作詞、山内総一郎が作曲を手掛け、フジファブリックにとっての゛青春゛をテーマにした楽曲となっている。

さらに読む ⇒Sony Music ArtistsSony Music Artists出典/画像元: https://www.sma.co.jp/s/sma/news/detail/105599?ima=0000&link=ROBO004

20周年という節目を迎えて、フジファブリックは新たな章をスタートさせました。

フジファブリックは2024年4月14日にデビュー20周年を迎えました。記念すべき年にリリースされたアルバム「PORTRAIT」は、原点回帰をテーマに、今のフジファブリックのありのままの姿を表しています。20周年という節目を意識して制作された「PORTRAIT」は、これまでのコンセプチュアルな作品とは一線を画し、バンドメンバーそれぞれの個性が光る楽曲で構成されています。山内総一郎は「歩いてきた道はけっして平坦なものではなかった」と語り、20年という歳月の中で積み重ねてきた経験や想いを、楽曲を通して表現しています。アルバムには、中毒性のあるリズムと歌詞が魅力の「瞳のランデヴー」、TVアニメ「新しい上司はど天然」のオープニングテーマ「プラネタリア」など、すでに話題となっている楽曲も収録されています。「PORTRAIT」は、フジファブリックの過去と現在、そして未来を感じることができる、まさに゛ありのままの姿゛を映し出した作品と言えるでしょう。

20周年!?え、まじ!?すげー!これからも応援するわ!

20周年かー、早いなー。これからも頑張ってほしいね!

あら、フジファブリックも20周年になったのね。時の流れは早いわね。

以上、フジファブリック山内総一郎さんのソロアルバム「歌者-utamono-」についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 山内総一郎さんがソロアルバム「歌者-utamono-」をリリース

💡 ソロアルバム制作の背景には、バンドの未来を見据えた山内さんの強い意志が

💡 アルバムのコンセプトは、2022年の東京で暮らす人々の物語