Academic Box Logo

ザ・クロマニヨンズの音楽は今も進化を続ける?HEY! WONDERとは!!!

ザ・クロマニヨンズの音楽は今も進化を続ける?HEY! WONDERとは!!!
📘 この記事で分かる事!

💡 ザ・クロマニヨンズは、2006年結成の日本のロックバンドです。

💡 メンバーは、甲本ヒロト(ボーカル)、真島昌利(ギター)、 小林勝(ベース)、 松永俊弥(ドラムス)の4人です。

💡 彼らが奏でる音楽は、シンプルながらも力強いロックンロールで、世代を超えて愛されています。

それでは、ザ・クロマニヨンズの音楽の魅力について詳しく見ていきましょう。

ザ・クロマニヨンズの結成と活動初期

ザ・クロマニヨンズは、結成から10年以上経っても、昔と変わらずに音楽を楽しんでいるんですね。

🔖 関連記事の要約!ザ・クロマニヨンズ「BIMBOROLL」インタビュー
ザ・クロマニヨンズ「BIMBOROLL」インタビュー

✅ ザ・クロマニヨンズは、活動開始から10年経った今でも、過去を振り返ったり未来を展望したりすることなく、目の前のことをただ楽しもうと日々活動している。

✅ 彼らは、音楽やライブを通してジェネレーションギャップを感じることなく、自分たちの音楽に集中し、観客の反応よりも自分たちが盛り上がることが重要と考えている。

✅ メンバーは、バンドの活動について明確な目標やビジョンを持っていないため、将来については「成り行き」で決まると語っており、現状では活動に限界を感じていない。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/pp/thecromagnons02

メンバー全員が音楽に真剣に取り組んでいる姿が伝わってきます。

ザ・クロマニヨンズは、2006年7月23日に結成され、同年9月20日にデビュー・シングル「タリホー」をリリースしました。その後、精力的にライブ活動を展開し、数々のアルバムやシングルをリリースしてきました。2006年から2016年にかけて、数々の夏フェスに出演し、映画主題歌やCMソングも担当しました。2011年には初の両A面シングルをリリースし、2013年には初のライブ・アルバムをリリースしました。2014年には初のシングル・コレクション、カップリング・コレクション、ミュージック・ビデオコレクションをリリースしました。2016年11月には10枚目のアルバム「BIMBOROLL」をリリースし、11月17日から全国ツアーを開催しました。

え、まじ!?めっちゃかっこいいやん!

そうやね、ホンマに活動期間長いよね。

昔っから、ロックンロールって言うのは、若いうちにやるもんだと思ってたけど、あんな年寄りでもまだやってるとは、びっくりしたわ。

コロナ禍を経て生まれた新しい音楽

コロナ禍で生まれた新しい音楽とは、どんなものなのでしょうか?

🔖 関連記事の要約!インタビュー>ザ・クロマニヨンズ 甲本ヒロトが語る、最新アルバム『HEY! WONDER』とロックンロールを゛楽しみ続けられる゛理由
インタビュー>ザ・クロマニヨンズ 甲本ヒロトが語る、最新アルバム『HEY! WONDER』とロックンロールを゛楽しみ続けられる゛理由

✅ ザ・クロマニヨンズが17枚目のフルアルバム「HEY! WONDER」をリリース。今回のアルバムには、エネルギッシュなパンクナンバーから、コーラスワークが効果的なロックンロール、歌詞が胸に染み入る軽快なカントリーテイストの楽曲、ロマンチックなラブソングまで、ポジティブなムードが湧き立つ楽曲が多く収録されている。

✅ インタビューでは、フロントマンの甲本ヒロトが、最新作や曲作りの話題はもちろん、ライブやレコーディング、ツアーに対する心情や向き合い方などを語った。その言葉には、ザ・クロマニヨンズが、そして甲本が今もバンドを存分に楽しみ、瑞々しいロックンロールを鳴らし続けられる理由が詰まっている。

✅ 甲本は、久しぶりのライブハウスツアーで、以前は「関係ない」と思っていた観客との距離が、物理的に近くなったことで、観客の熱気や喜びを感じることができ、ツアーを通して「いいお客さんだな」と感じたことを明かした。また、曲作りは、ブルース、レゲエ、ジャズ、漫才など、様々なものを自分というフィルターを通して吸収したものが自然と生まれてくるものであり、意識して作るものではないと語った。

さらに読む ⇒Billboard JAPANBillboard JAPAN出典/画像元: https://www.billboard-japan.com/special/detail/4230

コロナ禍で生まれた音楽は、新しい挑戦を感じますね。

ザ・クロマニヨンズの17枚目のアルバム『HEY!WONDER』は、コロナ禍を経て、バンドメンバーが自分たちのペースで音楽を楽しみ、制作された作品だ。インタビューで甲本ヒロトは、アルバム制作について、明確なテーマやコンセプトは無く、日々浮かんでくる曲を書き溜めて、12曲を集めてアルバムにしたと語っている。また、コロナ禍でのツアー中、外食する機会が減り、ホテルの部屋で過ごす時間が増えたことで、部屋での過ごし方を充実させるため、新しい楽しみ方を発見したとも話している。ザ・クロマニヨンズは、何にも縛られず、自分たちが楽しいと思うことを追求し続けるバンドであり、その楽しさを追求した先に生まれたのが「HEY!WONDER」というアルバムだ。

なんか、新しい音楽って、コロナ禍で生まれたんかな?

コロナ禍で生まれた音楽って、なんか、新しい感じがするよね。

コロナなんて、全く関係ないわよ!音楽は、時代を超えて、永遠に生き続けるものよ!

シングル「光の魔人」と「ここにある」の魅力

ザ・クロマニヨンズの最新シングル「光の魔人」と「ここにある」は、どんな曲なのでしょうか?

🔖 関連記事の要約!ザ・ストゥージズ(The Stooges)のドキュメンタリー「ギミー・デンジャー(Gimme Danger)」を観た
ザ・ストゥージズ(The Stooges)のドキュメンタリー「ギミー・デンジャー(Gimme Danger)」を観た

✅ 「ギミー・デンジャー」は、ストゥージズのドキュメンタリー映画で、イギー・ポップのインタビューを軸に、当時の映像や写真、メンバーの生い立ちなどが盛り込まれた作品です。

✅ 映画では、ストゥージズの栄光と挫折、そしてパンク・ロックへの影響、再結成に至るまでが描かれます。特に、再結成に大きく貢献したJ・マスキスの存在が明らかになり、彼とストゥージズの深い関係が示されます。

✅ このドキュメンタリーは、ストゥージズの音楽と精神を受け継ぐ後世のミュージシャンたちの存在、そして彼らが再びステージに立つまでの道のりを感動的に描き出す作品です。

さらに読む ⇒Flowers Of RomanceFlowers Of Romance出典/画像元: https://www.dzppr.com/20171002post-11071.html

The StoogesとThe Whoを掛け合わせたようなリフ、いいですね!

「光の魔人」は、The StoogesとThe Whoを掛け合わせたようなリフ主体の演奏が強力で、「ランランラン」というコーラスがポップな楽曲。「ここにある」は、Raspberriesの「GoAllTheWay」を思わせる豪快なギターリフでぐいぐい押しまくる力技のロックンロール。歌詞はシンプルながら、3分半という長尺でバンドの充実ぶりを感じさせる。

え、まじ!?めっちゃ気になる!

The StoogesとかThe Whoとか、知らんけど。

The Stoogesなんて、もう何年も聞いてないわよ!

ザ・クロマニヨンズの音楽とメッセージ

ザ・クロマニヨンズの音楽とメッセージについて、改めて考えてみましょう。

🔖 関連記事の要約!ザ・クロマニヨンズ甲本ヒロトインタビュー①「僕が今の世の中に生きる人、そこから出た音楽、それでいい」(田中久勝)
ザ・クロマニヨンズ甲本ヒロトインタビュー①「僕が今の世の中に生きる人、そこから出た音楽、それでいい」(田中久勝)

✅ ザ・クロマニヨンズの17枚目アルバム「HEY! WONDER」は、コロナ禍を経て「通常」に近づいたライヴへの喜びと、変わらずに楽しいロックンロールを追求するバンドの姿勢が詰まった作品である。

✅ 甲本ヒロトは、バンド活動約40年を経て、常に「楽しくロックをやっているだけ」というスタンスを貫き、明確な目標やコンセプトを持たずに、日々浮かんでくる曲を積み重ねてアルバムを制作している。

✅ 音楽以外では、昆虫採集や日常会話など、あらゆる経験がインプットとなり、ブラックボックスのように処理されて作品に繋がるという、自然体な創作活動を続けている。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/03ee9f9d6972cc841f39c789011acab693a9df2a

ザ・クロマニヨンズは、年齢を重ねても、音楽への情熱を失っていないんですね。

ザ・クロマニヨンズは、2,272人のリスナーを持つ日本のロックバンドです。彼らの最も人気のあるアルバムは、「CAVEPARTY」、「FIREAGE」、そして「ザ・クロマニヨンズ」です。最近のリスニングトレンドでは、1月12日から1月19日にかけてリスナー数が急増していることがわかります。ザ・クロマニヨンズが17枚目のアルバム『HEY!WONDER』をリリース。18年間、ロックンロールを奏で続けるバンドが、毎年新鮮なロックンロールを届けることに驚きと感謝。甲本ヒロトは「楽しくロックをやっているだけ。それで出来たもの」と語り、曲作りは徒然なるままに言葉とメロディを紡いでいく自然体なプロセスだと説明。聴き手へのメッセージについて「何かが伝わったと思えば、それはすべて正解」というスタンスを貫き、楽曲の解釈は自由だと語る。マーシー(真島昌利)が作った「くだらねえ」は、言葉だけで構成された曲。歌詞に込められたメッセージについて、甲本は「最初からあなたの中にあったもので、僕がそれを伝えるつもりで作ったわけではない」と説明。ロックンロールを若気の至りと捉えつつ、その出会いに感謝している。

え、まじ!?めっちゃいい話やん!

そうやね、音楽って、年齢関係ないよね。

音楽は、人生の喜びよ!

ザ・クロマニヨンズは、これからも新しい音楽を届けてくれることでしょう。

🚩 結論!

💡 ザ・クロマニヨンズは、18年間、ロックンロールを奏で続ける日本のロックバンドです。

💡 彼らの音楽は、シンプルながらも力強いロックンロールで、世代を超えて愛されています。

💡 ザ・クロマニヨンズの音楽は、これからも多くの人々に感動を与え続けることでしょう。