Academic Box Logo

BIGMAMAの金井政人、手越祐也に楽曲提供!? ロックとクラシックの融合、その魅力とは?「躰」: 音楽の価値への感謝を表現したアルバムとは!?

BIGMAMAの金井政人、手越祐也に楽曲提供!? ロックとクラシックの融合、その魅力とは?「躰」: 音楽の価値への感謝を表現したアルバムとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 BIGMAMAのボーカル&ギター、金井政人さんは、ロックとクラシックを融合させた音楽で人気を集めています。

💡 金井政人さんは、手越祐也さんの新曲に楽曲提供をしています。

💡 BIGMAMAの音楽は、音楽の価値に対する感謝の気持ちを表現しています。

それでは、BIGMAMAのボーカル&ギター、金井政人さんの魅力について詳しく見ていきましょう。

BIGMAMA: ロックとクラシックの融合

BIGMAMAは、ロックとクラシックという一見異なるジャンルの融合が魅力ですね。

🔖 関連記事の要約!BIGMAMA
BIGMAMA

✅ BIGMAMAは2002年に結成された日本のロックバンドです。

✅ バンドの現在のメンバーは、金井政人(ボーカル/ギター)、柿沼広也(ギター/ボーカル)、安井英人(ベース)、東出真緒(バイオリン/キーボード/コーラス)、Bucket Banquet Bis(ドラム)です。

✅ BIGMAMAは過去に、深澤祐介(ギター/コーラス)、横田康平(ストリングス/コーラス)、リアド偉武(ドラム/プログラミング)というメンバーが在籍していました。

さらに読む ⇒Jpop WikiJpop Wiki出典/画像元: https://jpop.fandom.com/wiki/BIGMAMA

金井政人さんの楽曲は、ロックの力強さとクラシックの繊細さが見事に調和していて、とても感動しました。

2001年に結成されたBIGMAMAは、2004年にバイオリン奏者が加入し、2007年に現在のメンバーになりました。ロックとクラシックの融合した彼らの音楽は、2010年のROCKINJAPANFESで注目を集め、最近ではHYとのコラボアルバム「Synchronicity」をリリースするなど、活躍の場を広げています。ボーカル&ギターの金井政人は、そのイケメンすぎるルックスからファンに「王子」と呼ばれ、中央大学出身で、楽曲提供も行うなど、才能豊かなミュージシャンとして知られています。彼の魅力は音楽性だけでなく、おしゃれな髪型やファッションセンスにもあり、多くのファンにとって憧れの存在です。

え、まじ!?イケメンすぎるやろ!?王子様みたい!

いや、あの、金井さんって、めっちゃイケメンですよね。

あら、若い頃は私もバイオリン弾いてたんよ。懐かしいわ。

「躰」: 音楽の価値と感謝を表現する

音楽を聴くことは、現代において当たり前になりましたが、その価値を再認識させてくれるようなアルバムですね。

🔖 関連記事の要約!インタビュー】BIGMAMA、身体のパーツをモチーフに制作されたメジャー1stアルバム『
インタビュー】BIGMAMA、身体のパーツをモチーフに制作されたメジャー1stアルバム『

✅ BIGMAMAは、メジャー1stアルバム『-11℃』で、音楽の流行に迎合するのではなく、自分たちの音楽性を追求した作品を目指した。

✅ アルバムは、各楽曲が体の部位をモチーフに制作されており、その背景には、音楽がプレイリスト化され、他のバンドと比較される時代の中で、自分たちの音楽を際立たせたいという思いがあった。

✅ アルバムの制作においては、メンバー間で楽曲のイメージや世界観を共有し、1990年代、2000年代のロックバンドの1stや2ndアルバムのような一体感のあるサウンドを目指した。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000161044

音楽を商品として捉えるのではなく、音楽への感謝の気持ちを表現したアルバムというのは、とても新鮮で感動しました。

『-11℃』のテーマである「躰」は、先行シングル「StrawberryFeels」を作った際に生まれたものです。金井政人は、音楽が切り売りされていく中で、楽曲を聴いてくれる人がCDを買ってくれることの素晴らしさを感じ、その喜びを表現したいと思ったことから、体のパーツをモチーフに楽曲制作をすることを思いついたそうです。

え、まじ!?今の時代、CD買う人おるん!?

音楽って、やっぱ聴くだけじゃなく、ちゃんと気持ち込めて聴かないとダメよね。

昔はレコード盤を大事に扱って、音楽を聴いたのよ。今は、もったいないわね。

手越祐也のミニアルバム「絆-KIZUNA-」に金井政人が楽曲提供

金井政人さんが手越祐也さんの楽曲提供をするのは、意外な組み合わせですね。

🔖 関連記事の要約!金井政人が 手越祐也「face to face」の作詞作曲編曲を担当しました – BIGMAMA
金井政人が 手越祐也「face to face」の作詞作曲編曲を担当しました – BIGMAMA

✅ 手越祐也のミニアルバム「絆 -KIZUNA-」が2024年1月24日にリリースされる。

✅ アルバムにはTYPE-AとTYPE-Bの2種類があり、それぞれボーナストラックが異なる。

✅ TYPE-Aには「プロポーズ」と「CLOSE CALL」、TYPE-Bには「Just Right」と「サイダー」が収録されている。

さらに読む ⇒BIGMAMA – BIGMAMA = Rock + ViolinBIGMAMA – BIGMAMA = Rock + Violin出典/画像元: https://bigmama-web.com/news/10291/

手越祐也さんのミニアルバムのリリースが楽しみです。金井政人さんの楽曲がどんな仕上がりになっているのか、聴くのが待ち遠しいです。

手越祐也のミニアルバム「絆-KIZUNA-」が2024年1月24日にリリースされます。TYPE-AとTYPE-Bの2種類があり、どちらも価格は2,500円(税込)です。収録曲は、TYPE-Aには「everlasting」「facetoface」「Lover」「Gluttony」「アダルトブルー」「MyOwnBeat」「プロポーズ」「CLOSECALL」、TYPE-Bには「everlasting」「facetoface」「Lover」「Gluttony」「アダルトブルー」「MyOwnBeat」「JustRight」「サイダー」が収録されます。特に注目すべきは、BIGMAMAの金井政人が作詞・作曲・編曲を担当した「facetoface」です。詳細はホームページでご確認ください。

手越祐也のアルバム!気になるわ~♡

手越祐也のアルバム、買おうかな。

手越くん、若いなぁ。私の頃はね、アイドルなんて…

BIGMAMAの金井政人さんの音楽は、ロックとクラシックの融合という新たな境地を開拓しています。今後の活躍にも期待しましょう。

🚩 結論!

💡 BIGMAMAは、ロックとクラシックの融合という、独自の音楽スタイルで人気を集めています。

💡 金井政人さんは、楽曲提供など、様々な分野で活躍しています。

💡 BIGMAMAの音楽は、音楽の価値に対する感謝の気持ちを表現しています。