Academic Box Logo

クリープハイプの長谷川カオナシは、ベース以外にも多才?彼の意外な趣味とは!?

クリープハイプの長谷川カオナシは、ベース以外にも多才?彼の意外な趣味とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 クリープハイプの長谷川カオナシは、ベース以外にもギター、バイオリン、ピアノも弾きこなす多才なミュージシャンです。

💡 彼は、バンドの楽曲の作曲や作詞も担当しており、オリジナル曲ではリードボーカルも務めます。

💡 ライブでは、彼自身の個性的なパフォーマンスも大きな魅力となっています。

それでは、クリープハイプの長谷川カオナシについて詳しく見ていきましょう。

クリープハイプの異才ベーシスト、長谷川カオナシ

長谷川さんのベースプレイは、楽曲に深みと彩りを加える重要な役割を担っていますね。

🔖 関連記事の要約!BASSIST FILE-長谷川カオナシ

公開日:2020/11/30

BASSIST FILE-長谷川カオナシ

✅ クリープハイプの長谷川は、高校1年で父親のエレキベースをきっかけにベースを始めました。

✅ 長谷川は自身の代表作として、クリープハイプの「吹き零れる程のI、哀、愛」、「世界観」、「泣きたくなるほど嬉しい日々に」の3曲を挙げました。

✅ 長谷川は、ベースの座右の銘として「気体が如く暗躍する」を挙げ、音楽以外の趣味として「T.M.N.T(Teenage Mutant Ninja Turtles)のグッズ収集」を挙げ、映画「それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌」を人生に大きく影響を与えた作品として挙げました。

さらに読む ⇒ ベース・マガジン ベース・マガジン出典/画像元: https://bassmagazine.jp/player/bf-kaonashi/

長谷川さんは、音楽に対する情熱と探求心を感じますね。

クリープハイプは、尾崎世界観を筆頭とした個性的なメンバーが集まったバンドです。中でも、ベーシストの長谷川カオナシは、バンド内最年少メンバーであり、芸術的センスに溢れた゛異才ベーシスト゛として知られています。彼はベースだけでなく、ギター、バイオリン、ピアノも弾きこなし、グッズのデザインも手がけるなど、多才な才能を発揮しています。長谷川カオナシという名前は、ソロ活動時に「カオナシ」から取ったもので、本名は公表されていません。口元のピアスが特徴的で、端正な顔立ちと華奢な容姿から、ファンの間ではバンド一のイケメンと言われています。彼は、ニンジャ・タートルズの熱心なファンであり、実生活では亀をペットとして飼っています。また、最近ではアンパンマンにハマっているようです。長谷川カオナシは、クリープハイプの楽曲の作曲や作詞も担当しており、オリジナル曲ではリードボーカルも務めます。ライブでは定番曲となっている楽曲もあり、彼の存在はクリープハイプにとって欠かせないものです。長谷川カオナシの芸術的な才能と独特な魅力は、クリープハイプの音楽に深みと彩りを加え、バンド全体の魅力を高めています。

え、まじ!? カッコよすぎやん!

いや、まじでイケメンやけん。

若いっていいわね〜。私も若い頃、亀飼ってたわよ。

クリープハイプの楽曲に隠された「愛す」の深層

クリープハイプの楽曲は、歌詞に深みがあり、聴く人の心を惹きつけますね。

🔖 関連記事の要約!歌詞における゛クリープハイプみ゛を構成する要素は? 「愛す」や過去楽曲を徹底分析
歌詞における゛クリープハイプみ゛を構成する要素は? 「愛す」や過去楽曲を徹底分析

✅ クリープハイプの楽曲「愛す」における歌詞表現の゛クリープハイプみ゛を3つの要素から考察しています。

✅ 「愛す」の歌詞は、主人公が自分の気持ちを素直に表現できない不器用さを表現しており、打ち消し語や曖昧な言葉使いで、恋愛における葛藤や複雑な感情を表しています。

✅ 具体的な描写と抽象的な描写を組み合わせることで、聴き手の想像力を掻き立て、共感しやすい歌詞となっています。また、同音異義語や似た発音の単語を繰り返すことで、言葉遊びのような面白さと、歌詞に深みを与えています。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2020/02/post-495959.html

歌詞の言葉遊びは、尾崎さんのセンスを感じます。

クリープハイプの10周年記念企画「クリープハイプみが深い」において、新曲「愛す」の歌詞から゛クリープハイプみ゛を構成する要素を考察した記事を要約します。「愛す」の歌詞には、クリープハイプらしい特徴的な要素が数多く見られます。まず、主人公は自分の気持ちを素直に表現することができず、言葉に詰まってしまう姿が描かれています。それは「ブス」という言葉でしか愛情表現ができないほどの不器用さであり、ストレートに「愛している」と伝えることの難しさを表現しています。さらに、歌詞には具体的で日常的な描写と抽象的な表現が組み合わされています。例えば、「肩にかけたカバンのねじれた部分」という具体的な描写は、聴き手の記憶や経験に繋がりやすく、共感を生み出します。一方で、抽象的な表現は解釈の幅を広げ、聴き手の想像力を刺激します。また、「愛す」では、「ブス」と「バス」、「君」と「黄身」のように、同音異義語や押韻を巧みに使用することで、言葉遊びのような面白さと同時に、歌詞に深みを与えています。これらの要素が組み合わさることで、クリープハイプの楽曲に特徴的な゛クリープハイプみ゛が生まれていると言えるでしょう。

歌詞、めっちゃ深い!共感しかないわ。

歌詞に込められた感情が、ストレートに伝わってくるよね。

若いもんは、恋愛のことばっかり考えてるんやろ?

クリープハイプの魅力:音楽、歌詞、そしてライブ

クリープハイプのライブは、一体感があって最高ですね。

🔖 関連記事の要約!尾崎世界観は、私たちが大声で言えないことを言ってくれる」クリープハイプ最新ツアーライブリポート

公開日:2019/04/24

尾崎世界観は、私たちが大声で言えないことを言ってくれる」クリープハイプ最新ツアーライブリポート

✅ クリープハイプの5thアルバム「泣きたくなるほど嬉しい日々に」ツアー追加公演「こんな日が来るなら、もう幸せといい切れるよ」が完走。神奈川県民ホールでのライブでは、アコースティックな「exダーリン」から始まり、観客は静かに涙を流すなど、深い共感を示した。

✅ 尾崎世界観は「共感性バンド」「ノンフィクションさ」という新しい音楽ジャンルを確立しており、クリープハイプの曲は失恋や後悔を描いたものが多く、女性ファンが多い。

✅ ライブには1stアルバム発売当時からのファンも多く、学生らしき姿も見受けられ、クリープハイプの音楽が世代を超えて愛されていることが伺えた。

さらに読む ⇒TOKYO HEADLINE|東京発のニュースペーパーなら東京ヘッドラインTOKYO HEADLINE|東京発のニュースペーパーなら東京ヘッドライン出典/画像元: https://www.tokyoheadline.com/443607/

クリープハイプの音楽は、世代を超えて愛されているんですね。

クリープハイプは、高い声質、素晴らしいメロディ、独特の世界観、高い作詞作曲能力、魅力的なライブパフォーマンスなど、多くの魅力を持つバンドです。ボーカル尾崎世界観の高い声は中毒性が高く、メロディとの組み合わせは聴く人の心を掴みます。彼らの楽曲は、日常的な題材を独特な視点で表現し、深みのある世界観を作り上げています。作詞作曲能力も高く、言葉選びやメロディの構成は芸術性を感じさせます。ライブでは、楽曲の世界観をさらに深く味わうことができ、忘れられない体験になるでしょう。クリープハイプは、邦楽ロック界を代表する存在として、多くの音楽ファンを魅了し続けています。

クリープハイプのライブは、ホンマに最高やで!

ライブ行きたすぎ!

最近は、若いもんの音楽は、うるさいだけじゃのう。

音楽と小説の境界線:アーティストが小説を書く理由

アーティストが小説を書くことは、新しい表現に挑戦する一つの方法ですね。

🔖 関連記事の要約!尾崎世界観、Saori、ミリヤらから見る、アーティストが小説で自己を解放する理由
尾崎世界観、Saori、ミリヤらから見る、アーティストが小説で自己を解放する理由

✅ アーティストが小説を執筆する動機として、編集者からの勧めや、自身の表現欲求を満たすという共通点が見られる。

✅ Saori(SEKAI NO OWARI)、尾崎世界観(クリープハイプ)、加藤ミリヤは、それぞれ編集者からの勧めで小説執筆を始め、執筆を通して新たな表現に挑戦した。

✅ Saoriは産休期間、尾崎世界観は体調不良、加藤ミリヤは音楽活動で満たされない表現欲求というそれぞれ異なる状況下で、編集者からの勧めを受け、小説執筆に挑戦した。

さらに読む ⇒サイゾーpremiumサイゾーpremium出典/画像元: https://www.premiumcyzo.com/modules/member/2022/04/post_10507/

編集者の方々の慧眼に感服しました。

J-WAVEの番組「SONARMUSIC」では、2月10日(水)に敏腕編集者「水鈴社」代表取締役の篠原一朗さんをゲストに迎え、「なぜ、アーティストは小説を書くのか」をテーマにトークが繰り広げられました。篠原さんは、RADWIMPSの野田洋次郎、クリープハイプの尾崎世界観、SEKAINOOWARIの藤崎彩織など、多くのミュージシャンの書籍編集を担当されています。番組では、篠原さんがミュージシャンと仕事をするようになった経緯や、ミュージシャンに小説を執筆するよう勧める際にどのような基準で選んでいるのか、また、尾崎世界観と藤崎彩織の小説執筆に至るまでのエピソードが語られました。篠原さんは、ミュージシャンと仕事をする際は「才能があると信じた人としか仕事をしない」と語り、尾崎世界観には自ら執筆をオファーした一方で、藤崎彩織の場合は、彼女が書いた原稿を見て「これはいける」と感じたことから編集を担当することになったそうです。番組では、SEKAINOOWARIの「マーメイドラプソディー」とクリープハイプの「モノマネ」がBGMとして流れ、それぞれの楽曲に合わせたトークが展開されました。篠原さんは、藤崎彩織の小説の魅力について「彼女の文章は人柄そのもの」と表現し、彼女の瑞々しい感性や芯の強さが文章に現れていると語りました。また、尾崎世界観については、彼の小説を「センスの塊」と評し、彼の才能を高く評価していました。番組を通して、アーティストが小説を書く理由や、その魅力について深く理解できる内容となりました。

ええー! 小説も書くとか、めっちゃ多才やん!

小説も書くんか! 才能ありすぎやろ!

若いもんは、いろいろ挑戦するもんじゃのう。

ベーシストが語る カポタストの可能性

ベースにカポタストを使うとは、斬新な発想ですね。

🔖 関連記事の要約!Capos
Capos

✅ Ernie Ball Axis Capoは、片手で素早く正確にキーチェンジできる人間工学に基づいたデザインのギター用カポタストです。

✅ ほとんどのエレキギターとアコースティックギターに対応し、フラットフレットボードとカーブドフレットボードの両方に対応するデュアルラジアス設計を採用しています。

✅ 8色の仕上げからお選びいただけます。精密成型されたゴムパッドがギターの仕上げを保護します。

さらに読む ⇒Electric Guitar Strings, Acoustic Guitar Strings, Bass Strings, and Guitar AccessoriesElectric Guitar Strings, Acoustic Guitar Strings, Bass Strings, and Guitar Accessories出典/画像元: https://www.ernie-ball.jp/guitar-accessories/capos

カポタストの使い方に、新たな可能性を感じますね。

クリープハイプのベーシストが、ベースにカポタストを着けてセガの名作ゲーム『ファンタジーゾーン』のボス戦BGM「Boss」を喫音。この曲はドラムとベースのみで構成され、ベースラインは全て16分音符でG、C、Fのルート音を軸にしている。ベースのレギュラーチューニングでは開放弦を多用するため、3フレットにカポを着けることで開放弦をG、C、F、B♭に変え、楽曲を奏でる。フィンガリングは4小節分だけ覚えればよく、シンプルながらもノリノリな楽曲になっている。ベーシストはカポタストを使用する機会が少ないが、完全4度の関係の開放弦を多用する場合には重宝する。今回の経験を通して、カポタストの柔軟性を再認識したという内容である。

え、ベースにカポタストって使えるんや!知らんかった!

カポタスト、意外な使い方やね!

カポタストって、何じゃ?

クリープハイプの長谷川カオナシは、音楽だけでなく、多岐にわたる才能を持つ魅力的な人物であることがわかりました。

🚩 結論!

💡 クリープハイプの長谷川カオナシは、ベース以外にもギター、バイオリン、ピアノも弾きこなす多才なミュージシャンです。

💡 彼は、バンドの楽曲の作曲や作詞も担当しており、オリジナル曲ではリードボーカルも務めます。

💡 彼の個性的なパフォーマンスは、ライブで大きな魅力となっています。