Academic Box Logo

マルーン5の音楽遍歴!進化と変遷を紐解く?マルーン5の軌跡とは!?

マルーン5の音楽遍歴!進化と変遷を紐解く?マルーン5の軌跡とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 マルーン5は、初期のインディロックサウンドからポップミュージックへシフトしていった。

💡 彼らの音楽は、時代を反映しながらも、常に進化を続けている。

💡 マルーン5は、数々のヒット曲を世に送り出し、世界中で人気を博している。

それでは、マルーン5の歩みを振り返りながら、彼らの音楽の魅力に迫ってみましょう。

マルーン5の誕生とデビューアルバム

マルーン5の音楽は、初期のインディロック時代から、ポップミュージックへと進化を遂げています。

🔖 関連記事の要約!マルーン5のアルバム・ガイド決定版:ヒット曲やライヴ映像を完全網羅

公開日:2021/05/17

マルーン5のアルバム・ガイド決定版:ヒット曲やライヴ映像を完全網羅

✅ マルーン5のアルバム「Songs About Jane」は、2002年にリリースされた彼らのデビューアルバムで、ラジオでヒットした「Harder To Breathe」やバンドを世界的に有名にした「She Will Be Loved」など、名曲の数々を収録している。

✅ 2作目のアルバム「It Won’t Be Soon Before Long」は、2007年にリリースされ、デビューアルバムの成功に続き、ビルボードチャートで1位を獲得するなど、バンドの勢いをさらに加速させた。

✅ 「Songs About Jane」と「It Won’t Be Soon Before Long」はどちらもマルーン5の代表作であり、彼らの音楽的才能と人気を決定的に示したアルバムと言える。

さらに読む ⇒HomeHome出典/画像元: https://www.udiscovermusic.jp/udiscoverlist/essential-maroon-5-album-guide

デビューアルバム『Songs About Jane』は、マルーン5の音楽的才能と、アダム・レヴィーンのソングライティング能力を際立たせた作品と言えるでしょう。

2001年、マルーン5は「カーラズ・フラワーズ」というバンド名で活動を始めました。しかし、オクトーン・レコードとの契約時に、よりポップな「マルーン5」に改名しました。マルーン5は、過去のバンドでの失敗から学び、徹底的にインディ・ロックを追求した音楽を制作しました。デビューアルバム『Songs About Jane』は、アダム・レヴィーンと元恋人のジェーン・ハーマンとの関係から生まれた12曲の新曲で構成され、その関係からインスピレーションを得てアルバムタイトルも『Songs About Jane』と名付けられました。アルバムはニューヨークで制作され、2002年6月25日にリリースされました。

えー、マルーン5って、あの『She Will Be Loved』のバンド?なんか懐かしいなぁ。

おー、マルーン5か。知っとる知っとる。かっこいいよね!

あら、懐かしいわね。若い頃よく聞いてたわよ。

賞賛と影響

彼らの音楽は、世代を超えて愛され続けているようです。

🔖 関連記事の要約!2014年グラミー特集】マドンナとマックルモア&ライアン・ルイス、グラミー賞授賞式で共演?
2014年グラミー特集】マドンナとマックルモア&ライアン・ルイス、グラミー賞授賞式で共演?

✅ 第56回グラミー賞授賞式で、マドンナがマックルモア&ライアン・ルイスと共演することが発表されました。

✅ 2人は、マックルモア&ライアン・ルイスの大ヒット曲「Same Love」を披露する予定です。

✅ マックルモア&ライアン・ルイスは、今回のグラミー賞で年間最優秀アルバム賞、年間最優秀楽曲賞、最優秀新人賞など、計7部門にノミネートされています。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000099210

『This Love』は、マルーン5の代表曲の一つであり、彼らの音楽の深みと広がりを感じることができます。

『This Love』はMTVの規制の対象となり、一部歌詞が変更されました。アルバムはグラミー賞で最優秀新人賞と最優秀ポップ・パフォーマンス賞を受賞し、批評家からも高く評価されました。ローリング・ストーン誌はアルバムに5つ星のうち3つ星を付けました。アルバム制作には、マドンナやフェイス・ノー・モアのプロデューサーが参加し、バッキング・ヴォーカルには女優ラシダ・ジョーンズが参加しています。

マジ?!めっちゃ有名やん!

うむ、俺も好きよ。マルーン5の曲は、いつも聞いちゃうわ。

あら、そうね。時代を超えて愛される音楽って、すごいわね。

新たな章への幕開け

マルーン5は、常に新しい音楽に挑戦し続けているようです。

🔖 関連記事の要約!グラミー賞3度受賞のモンスター・バンド=マルーン5、ニュー・アルバム『レッド・ピル・ブルース』が世界に先駆け本日発売!

公開日:2017/11/01

グラミー賞3度受賞のモンスター・バンド=マルーン5、ニュー・アルバム『レッド・ピル・ブルース』が世界に先駆け本日発売!

✅ マルーン5の6枚目のオリジナルアルバム「レッド・ピル・ブルース」が日本で発売された。

✅ 映画「マトリックス」の赤いピルと青いピルにヒントを得たタイトルで、アダム・レヴィーンは現実世界の現状を表現したと語っている。

✅ ケンドリック・ラマーやエイサップ・ロッキーなど、アメリカのトップラッパーをフィーチャーし、Diploやチャーリー・プースがプロデュースを担当したアルバムは、POPS革命と言えるサウンドとなっている。

さらに読む ⇒ユニバーサル ミュージックジャパン公式サイト - UNIVERSAL MUSIC JAPANユニバーサル ミュージックジャパン公式サイト - UNIVERSAL MUSIC JAPAN出典/画像元: https://www.universal-music.co.jp/maroon5/news/2017-11-01/

『レッド・ピル・ブルース』は、アメリカのトップラッパーをフィーチャーしているところが、今までとは違うマルーン5を感じられます。

マルーン5は、このアルバムのリリース後、精力的なツアー活動を行いました。しかし、ドラマーのライアン・デュシックは肩と手首の古傷により、いくつかのライブを欠席せざるを得ませんでした。その後、彼はバンドを脱退し、マルーン5は新たな章へ進むことになります。マルーン5は、2021年6月30日時点で1億1000万枚のアルバムを売り上げ、3つのグラミー賞を受賞しています。

え、マジ!?マルーン5って、ラップとかもするん?

へぇー、そうなんや。マルーン5、進化しとんね!

あら、そうなの?若い子は、そんな音楽を聞くのね。

マルーン5は、インディロックからポップミュージックまで、幅広い音楽に挑戦し、世界中のファンを魅了してきました。彼らの音楽は、時代を超えて愛され続けるでしょう。

🚩 結論!

💡 マルーン5は、時代の変化と共に音楽を進化させてきた。

💡 彼らの音楽は、世代を超えて愛され、世界中で人気を博している。

💡 マルーン5は、これからも新たな音楽に挑戦し続けるだろう。