Academic Box Logo

甲本ヒロトのオールナイトニッポン?!35年ぶりの復活とは!?

甲本ヒロトのオールナイトニッポン?!35年ぶりの復活とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 甲本ヒロトがオールナイトニッポンに出演

💡 最新アルバム『HEY! WONDER』について語る

💡 サンボマスターの山口隆と音楽談議

それでは、最初の章に入ります。

天才ミュージシャン、甲本ヒロト

甲本ヒロトさんの音楽は、世代を超えて愛される魅力がありますね。

🔖 関連記事の要約!甲本ヒロトが35年ぶりにオールナイトニッポンに登場! 特別番組『ザ・クロマニヨンズ甲本ヒロトの オールナイトニッポンPremium』 – ニッポン放送 NEWS ONLINE
甲本ヒロトが35年ぶりにオールナイトニッポンに登場! 特別番組『ザ・クロマニヨンズ甲本ヒロトの オールナイトニッポンPremium』 – ニッポン放送  NEWS ONLINE

✅ ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトが、約35年ぶりにオールナイトニッポンに出演する特別番組「ザ・クロマニヨンズ甲本ヒロトのオールナイトニッポンPremium」が1月29日(月)に放送される。

✅ 番組では、最新アルバム『HEY! WONDER』についてのトークや、サンボマスターの山口隆をパートナーに迎え、音楽談議が繰り広げられる。

✅ 放送はニッポン放送のAMラジオ・FMラジオ、radikoで聴くことができ、関東エリア以外でもradikoのエリアフリー機能で視聴可能。

さらに読む ⇒ニッポン放送 NEWS ONLINEニッポン放送 NEWS ONLINE出典/画像元: https://news.1242.com/article/491456

35年ぶりのオールナイトニッポン出演、楽しみですね!

ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトは、数々のバンドを率いてきた日本のロックミュージシャンであり、その卓越した音楽センスとカリスマ性から「天才」と称されることが多いです。彼は、シンプルながらも深みのあるメロディーと、ストレートな言葉で表現された歌詞が特徴です。特に「月の爆撃機」や「14才」などの曲は、その歌詞の深さとメロディーの素晴らしさで多くのファンを魅了しています。ライブパフォーマンスにおいても、ヒロトは圧倒的な存在感を放ちます。彼の熱い魂が炸裂するライブは、多くの音楽ファンを熱狂させてきました。また、ヒロトは多くの芸能人や音楽家に愛されるカリスマ性を持ち合わせています。彼の音楽と生き方は、多くの人に影響を与え、尊敬されています。ヒロトがこれまで生み出してきたヒット曲や名曲は数え切れません。彼の音楽は、世代を超えて愛され続ける不朽の名作と言えるでしょう。彼の才能とカリスマ性によって、これからも多くのファンを魅了していくことは間違いありません。

え、マジ!?ヒロトさん、オールナイトニッポン出るん?!めっちゃ楽しみやん!

お、ヒロトさんか!やっぱ音楽は最高よね!

35年前のヒロトは、まだ若かったのよ。懐かしいわ。

ザ・クロマニヨンズの楽曲の世界

ザ・クロマニヨンズの楽曲は、独特の世界観がありますよね。

🔖 関連記事の要約!JAPAN最新号】ザ・クロマニヨンズ、理屈抜きの最高ロックアルバム完成! 16thアルバム『MOUNTAIN BANANA』インタビュー!! (2023/01/08) 邦楽ニュース
JAPAN最新号】ザ・クロマニヨンズ、理屈抜きの最高ロックアルバム完成! 16thアルバム『MOUNTAIN BANANA』インタビュー!!  (2023/01/08) 邦楽ニュース

✅ 「ROCKIN’ON JAPAN」2月号の表紙はback numberで、4年ぶりの最新アルバム『ユーモア』についてロングインタビューが掲載されます。

✅ 付録には、back number、ELLEGARDEN、BUMP OF CHICKEN、Alexandros、King Gnu、My Hair is Bad、BE:FIRSTの7組のアーティストのカレンダーが付いてきます。

✅ その他、別冊JAPAN、アーティスト特集など、盛りだくさんの内容となっています。

さらに読む ⇒rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイト出典/画像元: https://rockinon.com/news/detail/205127

食べ物の美味しさ、バナナの叩き売り…、ユニークなテーマですね!

ザ・クロマニヨンズの楽曲は、食べ物の美味しさ、バナナの叩き売り、むしむし軍歌、メガトンブルース、悲しみのロージー、マナティ、リンダリンダなど、多岐にわたるテーマで構成されています。食べ物の美味しさについて、甲本ヒロトは自分の足のほうがエビやウニよりも美味しいと主張しています。バナナの叩き売りでは、バナナの大きさを強調し、むしむし軍歌では戦時中の軍隊をむしむし軍団に例え、戦争の残酷さを歌っています。メガトンブルースでは、心はどこか星から星へと彷徨い、悲しみのロージーでは失われた愛を歌っています。マナティでは、まだビールを飲んだことのない子供たちに向けて、豊かな自然を歌っています。最後は、リンダリンダで、ドブネズミのように美しくなりたいという願いを歌っています。

え、バナナの叩き売りって、何のこと?笑

うん、ヒロトさんの歌詞は、独特で面白いよね!

バナナの叩き売り…、私も昔はよくやってたわよ。

音楽への情熱と哲学

甲本ヒロトさんの音楽に対する情熱が伝わってきますね。

🔖 関連記事の要約!ザ・クロマニヨンズ甲本ヒロト×サンボマスター山口隆
ザ・クロマニヨンズ甲本ヒロト×サンボマスター山口隆

✅ 甲本ヒロトと山口隆は、ロックンロールの妄想の素晴らしさを語り合う。

✅ 甲本ヒロトは、高校時代にVan Halenのライブでデイヴ・リー・ロスとエディ・ヴァン・ヘイレンから直接プレゼントをもらったという貴重な経験を語る。

✅ 山口隆は、ジェームス・ブラウンのライブでギタリストのロナルド・ラスターからピックをもらった経験や、The Rolling Stonesの音楽に救われた経験などを語り、ロックンロールが自分の人生に与える影響の大きさを語る。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/pp/thecromagnons10/page/2

ロックンロールが人生に与える影響、本当に大きいんですね。

ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトは、バンドについて「ロックンロールをやっているバンドはみんなカッコいい」と語り、自身に最も影響を与えたのはパブロックだと明かします。音楽の感動について、ヒロトは「どうして感動するのか」を考えるのではなく、「感動した」という事実を受け入れることこそ重要だと主張。答えは目の前にあり、それを探すのではなく、驚きや喜びを受け入れることで新しい発見があると語ります。ロックンロールについても、歌詞の内容ではなく、楽曲が与える「ガン!」とくる衝撃こそ大切だと強調。例として、パンクの歌詞「Nofutureforyou~♪」を挙げ、その歌詞が未来がないことを歌っているにも関わらず、聴く人がそこから勇気づけられることを説明しています。

え、ヒロトさんって、Van Halenと会ったことあるん?!

ロックンロールって、最高やなぁ!

ロックンロールって、若者のものよ。私の時代にはなかったわ。

最新アルバム「HEY!WONDER」

最新アルバム「HEY!WONDER」、どんな内容なのでしょうか。

🔖 関連記事の要約!インタビュー>ザ・クロマニヨンズ 甲本ヒロトが語る、最新アルバム『HEY! WONDER』とロックンロールを゛楽しみ続けられる゛理由
インタビュー>ザ・クロマニヨンズ 甲本ヒロトが語る、最新アルバム『HEY! WONDER』とロックンロールを゛楽しみ続けられる゛理由

✅ ザ・クロマニヨンズは、最新アルバム「HEY! WONDER」をリリースし、エネルギッシュなロックンロールを展開する。

✅ 最新アルバムは、ツアー「MOUNTAIN BANANA 2023」と「月へひととび」の間に制作され、甲本ヒロトと真島昌利の自然な曲作りによって生まれた。

✅ バンドは、ロックンロールへの純粋な愛情と、常に新鮮な音楽を楽しもうとする姿勢を貫き、その喜びが聴衆にも伝わる。

さらに読む ⇒Billboard JAPANBillboard JAPAN出典/画像元: https://www.billboard-japan.com/special/detail/4230

コロナ禍からの脱却、そして新たなスタートですね。

ザ・クロマニヨンズの17枚目のアルバム「HEY!WONDER」が2月7日にリリースされました。コロナ禍からの脱却を感じ、ライヴも徐々に以前の活気を取り戻しつつある中、甲本ヒロトは、バンドがフルでお客さんを入れてライヴを行った際に、お客さんからも自分たちからも゛待ってました゛という気持ちが感じられたと語った。新作「HEY!WONDER」について、甲本はバンドがいつも通りの楽しくロックをやっているだけだと強調。楽曲制作は、コンセプトやテーマを決めるのではなく、日々浮かんでくる曲を書き溜めて、12曲をまとめるという自然な流れで行われているとのこと。

新曲聴きたい!早くライブ行きたい!

コロナ禍でも、音楽は止まらなかったんやね!

コロナ禍?何それ?私は戦争を経験したのよ。

新たなインスピレーションと未来

甲本ヒロトさんは、常に新しいインスピレーションを求めているんですね。

🔖 関連記事の要約!ザ・クロマニヨンズ甲本ヒロトインタビュー①「僕が今の世の中に生きる人、そこから出た音楽、それでいい」(田中久勝)
ザ・クロマニヨンズ甲本ヒロトインタビュー①「僕が今の世の中に生きる人、そこから出た音楽、それでいい」(田中久勝)

✅ ザ・クロマニヨンズの17枚目アルバム「HEY! WONDER」は、コロナ禍を経て「通常」に近づいたライブへの喜びや、バンド活動40年を経てもなお新鮮なロックンロールを奏で続ける彼らの熱い想いが詰まっている。

✅ 甲本ヒロトは、音楽やレコード、昆虫採集など、あらゆる経験をインプットとして捉え、ブラックボックスのように処理して作品を生み出している。

✅ 今回のアルバムは、特別なテーマやコンセプトを持たず、日々の創作活動から生まれた12曲を収録しており、常に「楽しくロックをやる」という彼らの姿勢が貫かれている。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/03ee9f9d6972cc841f39c789011acab693a9df2a

音楽を通して、これからも多くの人に感動を与えてくれるでしょう。

レコード以外にハマっているものとして、昆虫採集を挙げた甲本は、音楽を含め、あらゆる経験がインプットになっていると述べた。また、コロナ禍でのツアー中は、ホテルで過ごす時間が増え、部屋で楽しめる方法を充実させたというエピソードも明かした。コロナ禍からの脱却、そして新たなインスピレーションを得ながら、甲本ヒロトとザ・クロマニヨンズはこれからも音楽活動を続けていくことでしょう。

え、ヒロトさんって、昆虫採集も好きなん?!意外!笑

これからも、いい音楽をいっぱい作ってほしいね!

昆虫採集?懐かしいわね。私も昔はよく虫を捕まえてたわよ。

甲本ヒロトさんの音楽への情熱が伝わってくる、素晴らしい記事でしたね。

🚩 結論!

💡 甲本ヒロトが35年ぶりにオールナイトニッポンに出演

💡 最新アルバム『HEY! WONDER』の制作秘話が明かされる

💡 音楽への情熱と哲学が語られる