Academic Box Logo

深沢和明はBOØWYから何を失ったのか?深沢和明の脱退理由とは!?

深沢和明はBOØWYから何を失ったのか?深沢和明の脱退理由とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 深沢和明はBOØWYの初期メンバーであったこと

💡 深沢和明はBOØWY脱退後、俳優として活躍していること

💡 深沢和明はBOØWYの楽曲「NO. NEW YORK」の作詞を担当していたこと

それでは、最初の章に移りましょう。

深沢和明:BOØWYの影の立役者

深沢和明は、BOØWYの結成当初から活躍したベーシストであり、サックス奏者です。

🔖 関連記事の要約!深沢和明(元BOOWYサックス)現在は俳優?WIKIや脱退理由は?

公開日:2019/05/06

深沢和明(元BOOWYサックス)現在は俳優?WIKIや脱退理由は?

✅ 深沢和明はBOOWYの初期メンバーで、ベースとサックスを担当していました。イケメンで女性ファンから人気があり、作詞も担当していました。1982年にBOOWYを脱退しました。

✅ 深沢和明の脱退理由は、事務所からの命令によるもので、氷室と布袋のツートップを目立たせるため、人数が多いという理由でした。深沢和明は自身の将来を考え、苦渋の決断をしたようです。

✅ 深沢和明は現在俳優として成功しており、数多くの舞台に出演しています。また、バンドコンテストの審査員やチャリティーライブに出演するなど、音楽活動も続けています。

さらに読む ⇒ときめきとぴっくときめきとぴっく出典/画像元: https://newsnachricht.net/reminiscing/fukazawakazuaki

深沢和明の脱退理由は、事務所の意向によるもので、氷室京介と布袋寅泰のツートップを目立たせるためだったそうです。

深沢和明は、BOØWYの元メンバーで、1982年に脱退したベーシストであり、サックス奏者です。初期のBOØWYでは、ベースを担当していましたが、松井恒松の加入によりサックスに転向しました。深沢は、BOØWYの代表曲の一つである「NO.NEWYORK」の作詞も担当しており、この曲は、深沢の詩の世界とBOØWYの初期サウンドが融合した、魅力的な楽曲です。深沢は、BOØWYの他の代表曲である「WATCHYOURBOY」の作詞も担当しています。

えー、まじ!?イケメンやったんや!

へぇ、そうなんや。意外やね。

若い頃はイケメンやったんかなー。

BOØWY脱退:新たな章の始まり

深沢和明は、1982年10月9日、新宿LOFTでのライブを最後にBOØWYを脱退しました。

🔖 関連記事の要約!深沢和明』『諸星アツシ』脱退】1982年10月09日 『Do The R&R Vol.2』 新宿LOFT BOØWY
深沢和明』『諸星アツシ』脱退】1982年10月09日 『Do The R&R Vol.2』 新宿LOFT BOØWY

✅ 1982年10月9日新宿LOFTでのBOØWYライブのセットリストとMCの内容です。

✅ 深沢(サックス)と諸星(ギター)がBOØWYを脱退することを発表し、最後のライブとなりました。

✅ ライブではBOØWYの定番曲に加え、深沢がデヴィッド・ボウイの「SUFFRAGETTE CITY」をカバーしたり、深沢が作詞した「NO N.Y.」を歌ったりするなど、特別な演出がありました。

さらに読む ⇒ BOØWYの記録 BOØWYの記録出典/画像元: https://21st-century-boowy.com/entry/19821009

深沢和明の最後のライブは、バンドとしての転換期を告げる、重要なイベントだったと思います。

深沢和明は、1982年10月9日に行われた新宿LOFTでのライブを最後に、諸星元とともにBOØWYを脱退しました。このライブは、深沢と諸星の脱退を告げる、BOØWYにとって重要なライブとなりました。深沢は脱退の理由として、俳優業への志望を挙げていますが、実際にはBOØWYのメンバー編成変更や、布袋寅泰の音楽的な方向性の変化も脱退の要因として考えられています。脱退後、深沢は俳優として活動を開始し、現在では舞台を中心に活躍しています。

うわー、ほんまに最後のライブやったんか!

そうか、深沢さんは俳優志望だったんやね。

深沢くん、今はもう若いもんじゃないわね。

俳優としての活躍:深沢和明の新たな道

深沢和明は、俳優業に転身後、舞台を中心に活動しています。

🔖 関連記事の要約!初期のBOØWYに在籍していたサックス奏者「深沢和明」の魅力!現在は何をやってるの?
初期のBOØWYに在籍していたサックス奏者「深沢和明」の魅力!現在は何をやってるの?

✅ この記事は、BOØWYの結成当初のメンバーで1982年に脱退したサックス奏者、深沢和明にスポットを当てています。

✅ 深沢和明は、BOØWYのデビューアルバム「MORAL」に収録されている「NO.NEW YORK」の作詞を担当し、作詞家としての才能も発揮していました。

✅ 深沢和明はBOØWY脱退後、舞台役者に転向し、劇団「東京パワーゲート」に所属し、桑名正博主演の「IMAGINE9.11」や萩原聖人主演の「爆走ピエロ」など多数の舞台に出演しています。

さらに読む ⇒「記憶をくすぐる」大人のメディア Middle Edge(ミドルエッジ)「記憶をくすぐる」大人のメディア Middle Edge(ミドルエッジ)出典/画像元: https://middle-edge.jp/articles/9Y4iv

深沢和明は、BOØWYの経験を生かして、俳優として新たな道を切り開いていることがわかります。

深沢和明は、BOØWY脱退後、俳優として活動を続けています。彼は、「東京パワーゲート」という劇団に所属し、舞台「IMAGINE9.11」「爆走ピエロ」「桃太郎裁判」などに出演しています。また、バンドコンテストの審査員や、福島復興支援チャリティーLIVEなどにも出演するなど、幅広く活躍しています。深沢は、BOØWY時代の経験を生かし、俳優として新しい道を切り開いています。

えー、舞台役者やってたんや!知らんかったー。

深沢さん、舞台役者もやってたんや!かっこいい!

深沢くん、舞台役者ってことは、セリフ覚えなきゃいけないから頭いいのよ。

作詞家としての功績:深沢和明のもう一つの顔

深沢和明は、BOØWYの楽曲「NO.NEW YORK」の作詞を担当していました。

🔖 関連記事の要約!NO.NEW YORK/BOOWY】「花をちぎる」ってどういうこと…?歌詞の意味を徹底解釈!
NO.NEW YORK/BOOWY】「花をちぎる」ってどういうこと…?歌詞の意味を徹底解釈!

✅ BOOWYの初期の名曲「NO.NEW YORK」は、深沢和明が作詞を担当した、氷室京介が作詞をしていない珍しい曲です。

✅ 歌詞は、美しい女神のような女性が街に出かけて、その美しさで人々を魅了する様子を描いています。しかし、その美しさを手に入れるには、大切なものを失う必要があるという暗示も含まれています。

✅ 曲名は、ニューヨークという都市を象徴的に用いて、美しさの裏にある危険性や虚しさ、そして自由への憧れと失うことの切なさなどを表現していると考えられます。

さらに読む ⇒OTOKAKE(オトカケ) - 音楽メディアOTOKAKE(オトカケ) - 音楽メディア出典/画像元: https://otokake.com/matome/f1Ddqa

深沢和明は、作詞家としても才能を発揮していたんですね。

深沢和明は、BOØWYの作詞家としても活躍していました。「NO.NEWYORK」と「WATCH YOUR BOY」の作詞は深沢が担当しており、印税収入を得ていると考えられます。深沢は、BOØWY脱退後も作詞家としての活動は続けていないようです。

作詞もしてたの!?意外やわー。

へぇ、深沢さん作詞家もやってたんや!

深沢くん、歌も作詞もできるんか。すごいわね。

深沢和明は、BOØWYのメンバーとして活躍しただけでなく、俳優や作詞家としても才能を発揮していることがわかりました。

🚩 結論!

💡 深沢和明はBOØWYの初期メンバーで、ベースとサックスを担当していたこと

💡 深沢和明はBOØWY脱退後、俳優として活躍していること

💡 深沢和明はBOØWYの楽曲「NO. NEW YORK」の作詞を担当していたこと