Academic Box Logo

ロザンナ・ザンボン、歌手人生の軌跡!家族の支えと健康への挑戦?家族の絆とは!?

ロザンナ・ザンボン、歌手人生の軌跡!家族の支えと健康への挑戦?家族の絆とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ロザンナ・ザンボンさんは、夫とのデュオ「ヒデとロザンナ」で人気を博した歌手です。

💡 夫の死後、シングルマザーとして3人の子供を育てながら芸能活動を続けました。

💡 近年は健康面での試練を乗り越え、歌手活動を継続しています。

それでは、ロザンナ・ザンボンさんの波乱万丈の人生について、詳しく見ていきましょう。

音楽と家族の始まり

ロザンナ・ザンボンさんの音楽の始まりは、夫との出会いから始まったんですね。

🔖 関連記事の要約!ロザンナ ヒデさん他界で泣いてばかりいた時「生まれ変わった」8歳長女のからの言葉とは「目からうろこ」(2024年5月27日)
ロザンナ ヒデさん他界で泣いてばかりいた時「生まれ変わった」8歳長女のからの言葉とは「目からうろこ」(2024年5月27日)

✅ ロザンナは、テレビ朝日「徹子の部屋」に出演し、夫の出門英さんとの思い出や孫について語った。

✅ 番組では、英さんが亡くなった際に8歳だった長女の万梨音さんが、ロザンナが悲しみに暮れる姿を見て、「悲しいのはママだけじゃないのよ」と諭されたエピソードが明かされた。

✅ ロザンナは、万梨音さんの言葉が自分を変えるきっかけになったと語り、その後「モーニングショー」に出演するなど、再び仕事に励むようになったと語った。

さらに読む ⇒BIGLOBEニュースBIGLOBEニュース出典/画像元: https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0527/spn_240527_9976340821.html

ご家族の絆が伝わってくる温かいエピソードですね。

ロザンナ・ザンボンは、1967年にイタリアから日本へ渡り、1968年に夫となる出門英さんと出会い、デュオ「ヒデとロザンナ」を結成しました。彼らは数々のヒット曲を世に送り出し、人気を博しました。1975年、ロザンナは英さんと結婚し、二人の息子と一人の娘を授かりました。しかし、英さんは1990年に亡くなり、ロザンナは悲しみに暮れました。当時8歳だった長女の万梨音は、ロザンナの悲しみに触れ、「いい加減にしてよね!悲しいのはママだけじゃないからね!」と叱咤し、ロザンナは再び仕事をする決意をしました。

えー、なんか泣けるわー。

ロザンナって、めっちゃええ人やん。

若いって素晴らしいわね!

シングルマザーとしての挑戦

夫を亡くした悲しみの中、シングルマザーとして3人の子供を育てるのは大変だったと思います。

🔖 関連記事の要約!ロザンナ ヒデさん他界後の仕事と子育ての両立回顧 朝の番組出演「お弁当だけ用意して…」子供も協力― スポニチ Sponichi Annex 芸能
ロザンナ ヒデさん他界後の仕事と子育ての両立回顧 朝の番組出演「お弁当だけ用意して…」子供も協力― スポニチ Sponichi Annex 芸能

✅ ロザンナは、夫の出門英さんの死後、悲しみに暮れていたが、当時8歳だった長女の万梨音から励まされ、情報番組「モーニングショー」のサブ司会を務めることを決意した。

✅ ロザンナは、夫から芸能界でタブーとされていた話題ばかり扱う「モーニングショー」の司会に当初は不安を感じていたが、子供たちの協力もあり、2年間番組に出演した。

✅ ロザンナは、当時小学生だった万梨音が、中学生の兄2人の朝のお見送りや起床の確認など、番組出演のために家族を支えていたことを明かし、家族の絆の深さを語った。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/05/27/kiji/20240527s00041000581000c.html

子供たちの協力があってこそ、ロザンナさんは仕事に集中できたんですね。すごい!

1991年から2年間、ロザンナは情報番組『モーニングショー』のサブ司会を務めました。当初は不安で逃げ出したかったロザンナでしたが、3人の子供たちの協力、特に長女の万梨音のサポートがあったおかげで、番組を続けることができました。万梨音は、小学生時代には、朝の番組開始前に兄2人の送り出し、お弁当作り、自分の起床確認まで、ほぼ全てを一人でこなしていました。ロザンナは、この経験が子供たちの自立を促したと振り返っています。

まじ、万梨音ちゃんえー子やーん。

ロザンナ、強いね〜。

若いもんは、元気やなぁ。

多才な才能と家族の絆

ロザンナさんは、歌手活動だけでなく、多方面で活躍されているんですね。

🔖 関連記事の要約!最新】ロザンナさんの現在!息子や娘さんとの関係は?経歴や自宅・孫の存在まで徹底解説

公開日:2024/05/26

最新】ロザンナさんの現在!息子や娘さんとの関係は?経歴や自宅・孫の存在まで徹底解説

✅ ロザンナさんは、1967年に来日し、1968年に夫の出門英さんと音楽ユニット「ヒデとロザンナ」を結成し、数々のヒット曲を出し、人気を博しました。

✅ 1990年に夫が亡くなった後、ソロ歌手やタレントとして活躍を続け、2017年に日本国籍を取得しました。

✅ 現在も歌手活動を続け、全国各地でコンサートに出演するなど、充実した日々を送っています。

さらに読む ⇒遊人の部屋 | 雑学・芸能・怖い話・おすすめ色々遊人の部屋 | 雑学・芸能・怖い話・おすすめ色々出典/画像元: https://zatsugaku111.com/?p=2165

多才で、家族思いの素敵な女性ですね。

ロザンナは、歌手、タレントとして活躍する傍ら、料理、人形作り、絵を描くこと、歌うこと、踊ることなど、多岐にわたる趣味を持っています。多くの著書や料理ビデオも出版しており、その才能は多方面にわたっています。また、2017年には日本国籍を取得し、現在は孫たちと過ごす時間を大切にしながら、充実した日々を送っています。家族とのふれあいを喜びとし、音楽活動を続けるロザンナの人生は、家族の絆の大切さや日常の小さな幸せを教えてくれる、温かい物語です。

ロザンナ、めっちゃ多才やんな!

ロザンナ、人生楽しそうでいいね!

ロザンナさん、若い頃から美しいわね!

健康への試練と克服

健康面での試練を乗り越えられたのは、本当に素晴らしいです。

🔖 関連記事の要約!ロザンナ 3年前に未破裂脳動脈瘤で1カ月に2度の開頭手術を受けたと初告白 「3つの予定が5つ」(スポニチアネックス)
ロザンナ 3年前に未破裂脳動脈瘤で1カ月に2度の開頭手術を受けたと初告白 「3つの予定が5つ」(スポニチアネックス)

✅ ロザンナは、「徹子の部屋」に出演し、3年前に受けた開頭手術について初告白した。

✅ 手術のきっかけは、友人の歌手のくも膜下出血による倒れ。自身の家族歴もあり、脳ドックを受けた結果、未破裂脳動脈瘤が3つ見つかった。

✅ 2度の開頭手術を受け、現在は回復している。手術の怖さや、娘である万梨音の支えについて語った。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/articles/0dfb115aa55c8d1f57941f786dae880be81368d6

開頭手術を受けたとは、驚きです。でも、今は元気そうで何よりです。

2023年1月には夢コンサート春チーム全国コンサートに出演するなど、ロザンナは現在も歌手として活躍しています。また、ロザンナは、テレビ朝日『徹子の部屋』に出演し、3年前に受けた開頭手術について初告白しました。きっかけは、友人の歌手のくも膜下出血でした。ロザンナ自身も家族歴があり、検査を受けたところ未破裂脳動脈瘤が3つ見つかりました。医師から開頭手術を勧められ、セカンドオピニオンを求めた結果、日本で最高の病院を紹介され、手術を決意しました。初の手術は成功しましたが、残りの2つの動脈瘤を2、3カ月後に手術するよう勧められたものの、ロザンナは不安を感じ、1カ月後に2度目の手術を受けました。9時間の手術は成功し、ロザンナは70代とは思えない回復を見せたとのことです。

マジ、怖い話やな。

ロザンナ、元気そうでよかった〜。

若いもんは、手術してもすぐ元気になるのね!

母娘の絆と成長

ロザンナさんと娘さんの絆は、本当に深いですね。

🔖 関連記事の要約!ロザンナ ヒデさん他界後の仕事と子育ての両立回顧 朝の番組出演「お弁当だけ用意して…」子供も協力(スポニチ)

公開日:2024/05/29

ロザンナ ヒデさん他界後の仕事と子育ての両立回顧 朝の番組出演「お弁当だけ用意して…」子供も協力(スポニチ)

✅ ロザンナは、夫の死去後、8歳の娘万梨音から「いい加減にしてよね!悲しいのはママだけじゃないからね!」と言われ、仕事に復帰することを決意した。

✅ ロザンナは、91年から2年間「モーニングショー」のサブ司会を務めたが、当初はワイドショーの内容に不安を感じ、夫から教えられた「芸能人は人の噂、宗教、野球の話をしてはいけない」というタブーに悩んでいた。

✅ ロザンナは、朝の番組出演のために、当時小学生だった万梨音に兄2人の朝の準備を任せ、万梨音は兄たちの朝の見送りの後、再び寝てしまい、ロザンナから電話で起こされることが多かった。

さらに読む ⇒ニュースサイトニュースサイト出典/画像元: https://mainichi.jp/articles/20240527/spp/sp0/006/313000c

悲しい出来事を乗り越え、家族の支えがあったからこそ、ロザンナさんはここまで来られたんですね。

ロザンナの長女である万梨音は、幼少期からテレビやCM、雑誌などに出演し、高校時代からはモデルとして活動を始めました。現在、高校生と中学生の二児の母です。万梨音は母親の手術に不安を感じながらも、ロザンナを励ましたと語っています。また、ロザンナと万梨音は『徹子の部屋』に出演し、故・出門英さんとの思い出を語りました。ロザンナは英さんの明るさや遊び心を懐かしむ一方、万梨音は、当時ロザンナが悲しみに暮れる姿を見て不安を感じていたことを明かしました。ロザンナは、おばあちゃんから「悲しいのはママだけじゃないのよ」と諭され、その言葉で目覚めたように仕事に励むようになったと語りました。万梨音は、ロザンナが一人で仕事をし、子供3人を育ててきたことに改めて感謝の気持ちを述べました。

万梨音ちゃん、えー子やなー。

ロザンナって、ほんまに素敵な人やな〜。

若いって素晴らしいわね!

ロザンナ・ザンボンさんの人生は、歌手としての活躍だけでなく、家族の絆、健康への挑戦など、多くの感動を与えてくれる物語でした。

🚩 結論!

💡 ロザンナ・ザンボンさんは、夫とのデュオ「ヒデとロザンナ」で人気を博した歌手です。

💡 夫の死後、シングルマザーとして3人の子供を育てながら芸能活動を続けました。

💡 近年は健康面での試練を乗り越え、歌手活動を継続しています。