Academic Box Logo

Uruってどんな歌手?素顔は?気になる情報をチェック!実力派シンガーとは!?

Uruってどんな歌手?素顔は?気になる情報をチェック!実力派シンガーとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 Uruは、YouTubeで活動を始め、透明感のある歌声で注目を集めたシンガーソングライターです。

💡 ドラマ主題歌など、数々の楽曲を提供しており、その活動は多岐にわたります。

💡 しかし、Uruはプライベートを公表しておらず、謎に包まれた存在でもあります。

それでは、Uruさんの音楽活動について詳しく見ていきましょう。

Uruの音楽への道

Uruさんの音楽への道のりは、まさに努力と葛藤の歴史ですね。

🔖 関連記事の要約!歌手の夢を諦め葛藤した過去 夢見た場所でのライブを開催した、Uruの意識改革(Yahoo!ニュース オリジナル 特集)
歌手の夢を諦め葛藤した過去 夢見た場所でのライブを開催した、Uruの意識改革(Yahoo!ニュース オリジナル 特集)

✅ Uruは幼い頃から歌を歌うことが好きで、中学生の頃にはピアノを弾きながら曲を作っていたが、引っ込み思案な性格のため、歌手になる夢を諦めていた。

✅ しかし、スキマスイッチのライブを見て、自分もあそこに立ちたいと思い、音楽の道を志すことを決意。

✅ その後、路上ライブに挑戦するも、怖くて何もできずに帰ってしまうなど、克服すべき課題に直面する。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/articles/58e9863b117d14975464310d523697edc23258ee

Uruさんの努力と葛藤が伝わってきますね。スキマスイッチのライブがきっかけで音楽の道を志したというのは、とても感動的です。

Uruは幼い頃から歌うことが大好きで、中学生の頃にはピアノを弾きながら作曲していました。しかし、引っ込み思案な性格のため、歌手になる夢を諦め、葛藤を抱えていました。転機は、憧れのアーティストであるスキマスイッチのライブを見たことでした。東京国際フォーラム・ホールAという大きなステージで、スキマスイッチのパフォーマンスを見たUruは、自分もあそこで歌いたいという強い気持ちを抱き、音楽の道を諦める決意をしました。それでも、臆病な性格はなかなか変わらなかったため、路上ライブをしようと駅前に出かけたものの、怖くなって何もできずに帰ったこともありました。

え、まじ!?めっちゃ苦労したんやな。

そうやね、音楽への情熱が伝わってくるばい。

あら、若い頃はみんなそうよ。私も若い頃は、歌手になる夢を見ていたのよ。

YouTubeでの活動

YouTubeでの活動が、Uruさんの音楽の原点だったんですね。

🔖 関連記事の要約!YouTuberからドラマの歌姫へ転身!謎だらけの歌手「Uru」が30日にテレビ初出演へ
YouTuberからドラマの歌姫へ転身!謎だらけの歌手「Uru」が30日にテレビ初出演へ

✅ Uruは、2013年からYouTubeで顔出しせずピアノ演奏のみのカバー曲をアップロードし、その歌声で注目を集めた歌手です。

✅ 2016年にメジャーデビューを果たし、ドラマ主題歌など多数の楽曲を提供してきましたが、本名や生年月日など詳しいプロフィールは公開されていません。

✅ 現在放送中のドラマ「テセウスの船」の主題歌を担当し、3月30日にテレビ番組「カウントダウンTVライブ!ライブ!」に初出演予定です。

さらに読む ⇒NewsNews出典/画像元: https://www.data-max.co.jp/article/34762

YouTubeで顔出しせずに音楽を届けるという、Uruさんの戦略は素晴らしいですね。

Uruは2013年からYouTubeでカバー曲を歌い始め、100本以上の動画を公開し、4400万回以上の再生回数を記録しました。彼女は、透き通るような美しさを持つ声と独自の歌い回しで、多くの人を魅了してきました。Uruは、音楽以外のことをずっと続けてきたことがなく、YouTubeでの動画公開を始めたのは、音楽を本格的にやっていきたいと思ったタイミングでした。彼女は、自分の歌を聴いてもらいたいという気持ちよりも、多くの人からのレスポンスに喜びを感じ、活動を続けてきました。動画の内容は、静止画から始まり、徐々に歌っている自分を撮影するようになり、現在ではモノクロで顔半分が見えるスタイルに落ち着いています。Uruは、聴いている人の世界観を妨げないように、大げさな身振り手振りは避けています。Uruは、2013年から始めたYouTubeでの動画公開を、デビューが決まったことを機に一旦終了することを宣言しました。彼女は、音楽以外のことをずっと続けてきたことがなく、応援してくれる人の存在が支えになっていたと語っています。

YouTubeで顔出しせんの?え、なんで?

YouTubeで活動しとったんやね。知らんかったわ。

YouTubeか、懐かしいわね。私の時代にはそんなものなかったのよ。

デビューシングル「星の中の君」

Uruさんのデビューシングルが映画主題歌に選ばれたのは、彼女の歌声の魅力と映画の世界観がマッチしたからでしょうね。

🔖 関連記事の要約!Uru、デビューシングル曲「星の中の君」有村架純主演映画『夏美のホタル』主題歌に決定
Uru、デビューシングル曲「星の中の君」有村架純主演映画『夏美のホタル』主題歌に決定

✅ Uruのデビューシングル「星の中の君」が、有村架純主演映画「夏美のホタル」の主題歌に決定しました。

✅ UruはYouTubeで楽曲カバー動画を公開しており、その中で発表した「星の中の君」が映画関係者の目に止まり、主題歌に抜擢されました。

✅ 映画「夏美のホタル」は、親心、子心、身近な人の優しさといったテーマを扱っており、Uruの歌声を通して作品の世界観がより深く伝わることを期待されています。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2016/04/post-7111.html

Uruさんの歌声が、映画の世界観をさらに深めてくれると思います。

Uruのメジャーデビューシングル「星の中の君」は、映画「夏美のホタル」の主題歌として、透明感のある歌声で聴く人の心を癒す一曲。歌詞はシンプルながら深みがあり、恋人同士の微妙な心の機微を描いています。星空の下、互いに全てを明かすわけではない、しかし相手への愛しさを感じている様子が、繊細な言葉で表現されています。MVは、星空をイメージした美しい映像で、Uruの歌声と相まって、幻想的な世界観を創り出しています。

映画の主題歌か!めっちゃカッコいいやん!

映画の主題歌って、すごいね。

映画の主題歌か。懐かしいわね。私も若い頃は映画によく行ってたのよ。

ニューシングル「アンビバレント」

Uruさんの新曲は、これまでのイメージとはまた違った魅力がありますね。

🔖 関連記事の要約!Uru「アンビバレント」インタビュー
Uru「アンビバレント」インタビュー

✅ Uruの新曲「アンビバレント」は、テレビアニメ「薬屋のひとりごと」第2クールオープニングテーマで、爽快なアップチューンに仕上がっている。

✅ 楽曲は、壬氏の目線で猫猫への複雑な感情を描いており、恋愛感情なのか、尊敬の念なのか、曖昧な気持ちが表現されている。

✅ 猫猫の生き方に刺激を受け、彼女の強さと芯の強さに共感したUruは、その想いを歌詞に込めて、現代のリスナーにも響く普遍的なメッセージを込めた。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/pp/uru09

アップテンポな曲もいいですね。Uruさんの歌声は、どんな曲調にも合いますね。

Uruのニューシングル「アンビバレント」は、TVアニメ『薬屋のひとりごと』第2クールOPテーマとして、これまでのバラードイメージを覆す爽快なアップナンバー。歌詞は、何かに躓いた時に「君ならどうするかな」と考えるような、人情味あふれる内容で、Uru自身の死生観や「人の温かみ」に対する強い思いが込められている。インタビューでは、歌詞創作の軌跡や自身の軸となるテーマについて語っており、特に「アンビバレント」は、Uruにとって殻を破る挑戦であったと明かしている。また、Uru自身の活動歴10年以上におけるマインド変化は、初期の激しい上下動から、自分らしさを積み重ねていくことで、徐々に緩やかになっていると表現している。今回のシングルには、「アンビバレント」の他にポエトリーリーディングを組み込んだ『「君の幸せを」』、シャイトープ「ランデヴー」カバー、「紙一重」セルフカバーも収録されている。

ええー、アップテンポな曲も歌うんや!意外やわ。

アップテンポな曲も歌えるんやね。意外やね。

アップテンポかぁ、私の時代にはそんな音楽なかったわよ。

ニューシングル「ファーストラヴ」

映画「ファーストラヴ」の主題歌と挿入歌をUruさんが担当するというのは、とても贅沢ですね。

🔖 関連記事の要約!Uru書き下ろし挿入歌「無機質」にのせて北川景子&中村倫也の‟閉じ込めた愛の記憶゛が紡がれる本編映像解禁。映画『ファーストラヴ』 – NB Press Online
Uru書き下ろし挿入歌「無機質」にのせて北川景子&中村倫也の‟閉じ込めた愛の記憶゛が紡がれる本編映像解禁。映画『ファーストラヴ』 – NB Press  Online

✅ 映画「ファーストラヴ」の本編映像が公開され、北川景子演じる由紀と中村倫也演じる迦葉の過去が、Uruの新曲「無機質」と共に描かれている。

✅ 映像では、迦葉が由紀の髪を切るシーンや、二人が海辺を歩くシーンが映し出され、二人の関係性が深まっていく様子がわかる。

✅ Uruは、挿入歌「無機質」について、映画の世界観に寄り添うように孤独感と温かさを表現したとコメントしており、主題歌「ファーストラヴ」と対になる楽曲になっているという。

さらに読む ⇒NB Press OnlineNB Press Online出典/画像元: https://nbpress.online/archives/38094

映画の世界観にぴったりの曲ですね。

Uruのニューシングル「ファーストラヴ」は、北川景子主演の映画『ファーストラヴ』の主題歌「ファーストラヴ」と挿入歌「無機質」を収録した作品。インタビューでは、ステイホーム期間中の過ごし方や楽曲制作への影響、コロナ禍における心の動き、デビュー5周年を迎えたUruさんにとってのベスト3、楽曲制作におけるこだわり、歌声の特徴などが語られています。Uruさんは、自身の楽曲を通じて、心の奥底にある痛みや感情に寄り添うような、繊細で力強い歌声を届けています。インタビューを通して、Uruさんの音楽への情熱と、作品への深い愛情を感じることができます。

映画の主題歌か!めっちゃ気になるわ!

映画の主題歌か。どんな曲なんやろ?

映画か。私の時代には、映画なんて娯楽はなかったのよ。

Uruは、透明感のある歌声と、楽曲の世界観で多くのファンを魅了しているシンガーソングライターです。今後の活躍にも期待しましょう。

🚩 結論!

💡 Uruは、YouTubeでの活動から注目を集め、メジャーデビューを果たしました。

💡 ドラマ主題歌や映画主題歌など、数々の楽曲を提供しています。

💡 Uruは、プライベートを公表しておらず、その神秘的な魅力も人気の理由の一つです。