Academic Box Logo

大村達身、くるり脱退の真相は?くるりのギタリスト、大村達身の軌跡とは!?

大村達身、くるり脱退の真相は?くるりのギタリスト、大村達身の軌跡とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 くるりのギタリスト、大村達身は、2001年から2007年まで在籍

💡 大村達身は、くるりの音楽に大きな影響を与えた

💡 大村達身の脱退理由は、音楽的相違による目的意識の違い

それでは、大村達身さんの生い立ちから詳しく見ていきましょう。

大村達身の生い立ちと音楽活動の始まり

くるりは、本当に個性的なバンドですね。

🔖 関連記事の要約!日本の至宝】くるり 驚異的な音楽的冒険を続けるバンドの経歴やオススメ曲は…? カルチャCal

公開日:2021/06/07

日本の至宝】くるり 驚異的な音楽的冒険を続けるバンドの経歴やオススメ曲は…? カルチャCal

✅ くるりは、1996年の結成以来、音楽性、歌詞、ライブパフォーマンス、コラボレーションなど、多岐に渡る活動で邦ロックシーンに影響を与えてきたバンドです。

✅ 近年では、映画のテーマソングに起用されたり、新曲をリリースしたり、25周年を迎えながらも精力的に活動を続けており、その存在感はますます高まっています。

✅ くるりの魅力は、頻繁なメンバーチェンジや多様な音楽性、そして、フロントマン岸田繁の個性的な音楽へのこだわりと、地元京都への愛着にあります。

さらに読む ⇒【初めてのチケット購入で10%ポイント付与】 チケット売買ならチケジャム | コンサート・ライブ・試合チケットをリセール|チケジャム【初めてのチケット購入で10%ポイント付与】 チケット売買ならチケジャム | コンサート・ライブ・試合チケットをリセール|チケジャム出典/画像元: https://ticketjam.jp/magazine/music/japan-rock/21634

大村達身さんは、くるりに加入するまで、様々な活動をしてきたんですね。

大村達身は、1975年12月17日生まれの日本のセッションミュージシャンです。兵庫県神戸市須磨区出身で、立命館大学文学部日本文学科を中退しています。立命館大学で岸田繁さんと出会い、音楽活動を始めました。くるりへの誘いを断り、ラーメン店勤務を経て2001年にくるりに加入し、リードギタリストとして活動していました。フライングVやストラトキャスターなどのギターを愛用していました。くるり加入前は、岸田繁とユニットを組んだり、キセルやYOGURT-poohなどのバンドに参加したりしていました。

へぇー、ラーメン屋さんも経験してたんだ!意外やー!

ラーメン屋さんの経験が、音楽にも生きてるんかな?

ラーメン屋で修行したおかげで、音楽も旨くなったんやろか?

くるり加入と大村達身の個性

くるりの20周年記念ライブ、見てみたいです!

🔖 関連記事の要約!くるり結成20周年記念日、岸田・佐藤・森の初期メンバー「公開練習」を観た! (2016/09/02) RO69+(プラス)
くるり結成20周年記念日、岸田・佐藤・森の初期メンバー「公開練習」を観た! (2016/09/02) RO69+(プラス)

✅ くるりの結成20周年を記念して、初期メンバー3人によるスペシャルライブ「公開練習」が配信された。

✅ ライブでは、初期の楽曲から最近の楽曲まで幅広い曲を演奏し、初期メンバーならではの演奏と、当時の学生時代を彷彿とさせる空気感で、ファンを魅了した。

✅ 9月14日には、バンド結成から最新曲まで20年の歴史を網羅したオールタイムベスト「くるりの20回転」がリリースされる。また、今回の「公開練習」の模様を含む特別番組「V.I.P. -くるり-」が9月18日にスペースシャワーTVで放送される。

さらに読む ⇒rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイト出典/画像元: https://rockinon.com/blog/ro69plus/148019

大村達身さんは、くるりの音楽に個性的な色を添えていたんですね。

2001年夏にくるりのサポートメンバーとして参加し、9月に正式加入しました。くるりのメンバーの中では一番の短髪で、ピアスもつけていました。愛称は「たっさん」で、クリストファー・マグワイアからは「サムライ」と呼ばれていました。岸田繁からは「危ない人」と思われていたそうです。フライングVなどを使用し、個性的な演奏でくるりの音楽に大きな影響を与えました。

たっさんって、なんか可愛い呼び方やな!

サムライって呼ばれてたとは、かっこいい!

危ない人って、どういう意味なんやろ?

大村達身のくるり脱退

脱退の理由は、双方にとって最良の選択だったんですね。

🔖 関連記事の要約!くるり、ギターの大村脱退
くるり、ギターの大村脱退

✅ くるりのギタリスト、大村達身が脱退した。

✅ 大村はサポートメンバーを経て2001年に正式加入し、寡黙ながらも実力派プレイヤーとして知られていた。

✅ 脱退理由は「お互いさらなる前進をしていく上での最良の選択」と発表され、くるりは今後、岸田繁と佐藤征史の2人にサポートメンバーを加えて活動していく。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000030231

大村達身さんの脱退は、くるりの音楽に大きな影響を与えたと思います。

2007年2月26日に、くるりのギタリスト大村達身が脱退したことが発表されました。オフィシャルサイトでは、スタッフからのコメントで、大村がくるりの成長に必要不可欠な存在だったこと、脱退は双方にとって更なる前進のための最良の選択であると説明されています。脱退理由は、音楽的相違による目的意識の違いとのことです。

えーっ、なんでやめたん?悲しい!

音楽的相違って、よくある話やよね。

次のステージへ向かうために、脱退したんやな。

くるりの現在

くるりは、これからも活躍を期待しています!

🔖 関連記事の要約!第22回 ─ くるり、海外レコーディング中! マ・佐藤氏の近況報告
第22回 ─ くるり、海外レコーディング中! マ・佐藤氏の近況報告

✅ くるり主宰のレーベル「NOISE McCARTNEY RECORDS」の業務日誌連載では、レーベル社長であるマ・佐藤氏が海外レコーディング中の近況を報告。くるりの新譜に向けたレコーディングが順調に進んでいること、そしてレーベル初のオフィシャルグッズとしてマグカップとTシャツを発売したことを伝えています。

✅ 今月のデモテープとして、埋火の「と、おもった」とgolfの「サンセット」を紹介。佐藤社長はそれぞれの曲について個性的なコメントをしています。

✅ くるりの近況としては、新譜のレコーディングが海外で行われていること、映画「天然コケッコー」の主題歌を担当すること、レコーディングの様子を公開する特設サイトがオープンすることなどを報告しています。

さらに読む ⇒ TOWER RECORDS ONLINE TOWER RECORDS ONLINE出典/画像元: https://tower.jp/article/series/2007/03/08/100046377

海外レコーディング、どんな曲が生まれるのか楽しみですね!

くるりは現在、海外で新作をレコーディング中です。

海外レコーディング! かっこいいなー!

海外レコーディング、うらやましいなぁ。

海外でレコーディングするって、どんだけ金持ちなんや?

大村達身さんの脱退は、くるりの歴史における大きな転換点だったと言えるでしょう。

🚩 結論!

💡 くるりは、大村達身の脱退後も精力的に活動を続けている

💡 くるりは、現在海外で新作をレコーディング中

💡 くるりの今後の活動に期待しましょう