Academic Box Logo

くるりのメンバーチェンジ、一体なぜ?真相とは!?

くるりのメンバーチェンジ、一体なぜ?真相とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 くるりは、結成からこれまで数々のメンバーチェンジを経験している。

💡 各メンバーの脱退理由や、バンドの現状について詳しく解説していく。

💡 くるりの音楽性や、今後の活動についても触れていく。

それでは、最初の章から詳しく見ていきましょう。

くるりのメンバーチェンジ:初期メンバー脱退の真相

この章では、くるりの初期メンバーである森信行さんの脱退について解説していきます。

🔖 関連記事の要約!くるり】約20年ぶりに創設メンバー3人でアルバムを作った理由「昔できなかったものができた」
くるり】約20年ぶりに創設メンバー3人でアルバムを作った理由「昔できなかったものができた」

✅ 「くるりのえいが」は、ロックバンド「くるり」が約20年ぶりにオリジナルメンバー3人で再集結し、ニューアルバム「感覚は道標」を制作する過程を追ったドキュメンタリー映画である。

✅ 映画では、オリジナルメンバーである岸田繁、佐藤征史、森信行の3人が、結成当時の関係性に戻りながら、新しいサウンドを生み出す過程が描かれる。

✅ メンバーたちは、初期衝動を再確認することで、新しい音楽を創造し、過去の経験を踏まえつつも、新たな挑戦を続けるバンドの成長を見ることができる。

さらに読む ⇒GOETHEゲーテ | 仕事が楽しければ人生も愉しいGOETHEゲーテ | 仕事が楽しければ人生も愉しい出典/画像元: https://goetheweb.jp/person/article/20231013-quruli

当時のメンバー間の関係性や、音楽に対する熱意の温度差が、脱退の要因になったことがわかります。

くるりは、結成20周年を迎えたバンドだが、メンバーチェンジが多いことから「ブラック企業」と揶揄されることも。特に、初期メンバーであった森信行の脱退は、デビューからしばらく経ち、メンバーがプロ意識を持つようになり、音楽に対する熱意の温度差が生まれたことが原因とされている。岸田は、森のドラム演奏について「やる気がなかった」「技術的にこなすような感じになっていた」と振り返り、当時のバンドの状況を説明している。また、佐藤は、メンバーが増えたことで、森の責任感が薄れたことや、ツアー中の待ち時間に対する不満が脱退の要因になった可能性を指摘している。森自身も、当時の状況について「浮かれていた」「覚悟が足りなかった」と語っており、当時のバンド内での状況を窺わせる。

えー、まじ?!森さんって、あんなにドラム叩くのうまかったのに。なんでやめたん?

そやね、森さん、やっぱ音楽への熱意が薄れたんかな。

若い頃は、みんな燃えてたんでしょうね。でも、歳を重ねると、色々ありますわ。私も昔は、毎日踊り狂ってたのよ。

吉田省念の脱退

続いて、吉田省念さんの脱退についてです。

🔖 関連記事の要約!吉田省念(くるり)の現在!脱退理由・結婚や嫁と子供・最近の活動まとめ
吉田省念(くるり)の現在!脱退理由・結婚や嫁と子供・最近の活動まとめ

✅ 吉田省念さんは、2011年から2013年までロックバンド「くるり」に在籍していましたが、自身の創作活動を追求したいという理由で脱退しました。

✅ 吉田省念さんは結婚や妻に関する情報が一切公開されておらず、独身である可能性が高いです。

✅ 子供についても情報がなく、インタビューの内容から子供はいない可能性が高いと推測されます。

さらに読む ⇒Artyアーティ|音楽・アーティストまとめサイトArtyアーティ|音楽・アーティストまとめサイト出典/画像元: https://arty-matome.com/I0001158

自身の創作活動を追求したいという、彼の強い意志を感じます。

くるりは、ギタリストの吉田省念が2013年4月29日をもって脱退することを発表した。吉田は自身の創作活動を追求したいという強い思いから脱退を決意し、くるりメンバー、スタッフとの話し合いの結果、脱退に至った。彼は自身の音楽活動を続けていくことを表明しており、ファンへの感謝の言葉を述べている。

吉田さんて、結婚とかしてるん?

結婚とかは知らんけど、音楽活動は今も続けてるみたいよ。

若いって、素晴らしいわね。夢を追いかける気持ち、忘れちゃダメよ。

新体制と新曲リリース

ここからは、くるりの新体制と新曲リリースについてです。

🔖 関連記事の要約!くるり、レコード・ストア・デイにアナログ盤『ロックンロール・ハネムーン』を発売 (2014/03/20) 邦楽ニュース
くるり、レコード・ストア・デイにアナログ盤『ロックンロール・ハネムーン』を発売 (2014/03/20)  邦楽ニュース

✅ くるりが、レコード・ストア・デイに7インチアナログ盤「ロックンロール・ハネムーン」をリリースすることを発表。

✅ B面にはtofubeatsによるリミックスが収録され、3月26日からiTunes Store限定で配信がスタート。

✅ アナログ盤は4月19日発売、FLAKE RECORDSからリリースされる。

さらに読む ⇒rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイト出典/画像元: https://rockinon.com/news/detail/99222

新曲「ロックンロール・ハネムーン」は、くるりの新たな一面を感じられる楽曲ですね。

くるりは、吉田省念の脱退後、岸田繁、佐藤征史、ファンファンの3人体制となり、新曲「ロックンロール・ハネムーン」を6月26日に配信リリースした。同曲は、大鵬薬品「チオビタドリンク」の新CMソングとしてオンエアされた。

新曲って、どんな感じなん?

聞いとらんけど、きっとかっこいいやろ!

昔の歌謡曲みたいで、懐かしいわね。

活動継続と今後の予定

くるりは、新体制になっても精力的に活動しています。

🔖 関連記事の要約!くるり、バンドとしての充実を示したグルーヴ ライブハウスツアー・ホールツアーを締めくくる人見記念講堂公演レポ
くるり、バンドとしての充実を示したグルーヴ ライブハウスツアー・ホールツアーを締めくくる人見記念講堂公演レポ

✅ くるりの「愛の太陽EP」発売記念ホールツアー2023のファイナル公演が、昭和女子大学人見記念講堂で開催され、充実のツアーを締めくくった。

✅ 今回のツアーでは、「愛の太陽EP」からの新曲に加え、バンドとしてのグルーヴ感を感じられる楽曲が多数披露され、メンバーの安定感と演奏力の高さを示した。

✅ 特に、ブレイクビーツ、ヒップホップ、ファンクなど、異なるジャンルを融合させたアレンジで演奏された3曲は、バンドとしてのグルーヴ感が共通して感じられ、各メンバーの個性が光る演奏が印象的だった。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2023/08/post-1408572.html

バンドとしてのグルーヴ感が増し、メンバーそれぞれの個性がより際立っているように感じます。

くるりは、吉田省念の脱退後も活動を続け、ライブツアー「DISCOVERYSHIKO-Q」と「DISCOVERYQ-SYU」を開催予定である。

くるりって、ライブとかもするん?

ライブは最高やろ!盛り上がること間違いなし!

若い子たちは、音楽を楽しむのが一番よ。

メンバーの言葉

最後に、メンバーの言葉をご紹介しましょう。

🔖 関連記事の要約!くるり吉田省念脱退からの居酒屋TL
くるり吉田省念脱退からの居酒屋TL

✅ くるりのメンバーである吉田省念が脱退し、自身の音楽活動に集中することになった。

✅ 岸田繁は、吉田省念がくるりに入る直前に「プロとアマチュアの違い」について質問され、「やってみなきゃわからない」と答えたことを明かし、吉田省念がくるりに入った理由と脱退した理由について「入ってみたかったから入った、辞めたくなったから辞めた」と説明した。

✅ くるりの他のメンバーである岸田繁と佐藤征史は、吉田省念の脱退について「くるりはかたちを変えながらここまできたけど、いつだってくるりだったし、いつだって岸田さんと佐藤さんはくるりだった。辞めてったひともくるりだったし、サポートのひともくるりだった。だからなんも変わらないし、また違うかたちで昔の曲を見せてくれることにワクワクする。」とコメントしている。

さらに読む ⇒Togetter - 国内最大級のTwitterまとめメディアTogetter - 国内最大級のTwitterまとめメディア出典/画像元: https://togetter.com/li/507074

メンバーそれぞれが、くるりに対する強い思いを持っていることが伝わってきます。

岸田繁は、吉田省念の脱退を発表した際に、脱退理由は明かしていないが、ワンマン体制ではないと強調し、過去に脱退したメンバーも含め、全員を愛していると語った。佐藤征史もワンマン体制ではないとコメントし、バンドは現在も活動を続けている。

なんか、深い話やなー。

やっぱ、音楽っていいよね。

私も昔は、バンドやってたんですよ。

くるりのメンバーチェンジは、バンドの成長と変化を表すものと言えるでしょう。

🚩 結論!

💡 くるりは、メンバーチェンジを経験しながらも、活動を続けている。

💡 各メンバーは、くるりへの強い思いを持って活動している。

💡 くるりは、これからも新たな音楽を届けてくれる。