Academic Box Logo

井上苑子、シンガーソングライターの軌跡!その魅力とは!?

井上苑子、シンガーソングライターの軌跡!その魅力とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 井上苑子は女子高校生シンガーソングライターとしてデビューした

💡 代表曲に「ナツコイ」や「だいすき。」などがある

💡 精力的な活動を続け、神戸市とのタイアップソング「078」をリリースした

それでは、井上苑子の魅力について詳しく見ていきましょう。

音楽の道へ進む

井上苑子の音楽の道への歩みは、まさに青春そのものですね。

🔖 関連記事の要約!井上苑子、デビューミニアルバムより「ふたり」MV公開 地元・心斎橋で凱旋路上ライブも
井上苑子、デビューミニアルバムより「ふたり」MV公開 地元・心斎橋で凱旋路上ライブも

✅ 女子高校生シンガーソングライターの井上苑子が、新作MV「ふたり」を公開し、7月18日より心斎橋BIGSTEP凱旋路上ライブを開始することを発表した。

✅ MVは、井上苑子のミニアルバム『17』に収録されている楽曲「ふたり」を題材にしており、カップルの幸せ感あふれる日常を描いている。

✅ 井上苑子は、高校最後の夏にメジャーデビュー記念凱旋路上ライブを開催するほか、ROCK IN JAPAN 2015への出演や東名阪でのワンマンライブなど、多数のイベント出演を予定している。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2015/07/post-3899.html

高校最後の夏に凱旋路上ライブを開催するなんて、素敵ですね。

兵庫県出身の現役女子高生シンガーソングライター、井上苑子は、小学生時代から音楽活動をスタートさせ、路上ライブや地元メディアに取り上げられるなど、早くから注目を集めていました。11歳の時に学芸会で歌の楽しさに目覚め、作詞作曲を始め、路上ライブでその才能を開花させました。中学生時代には、心斎橋クラブクアトロでワンマンライブを行い、最年少記録を達成するなど、着実に実力を積み重ねてきました。

ホンマにすごいわ!高校生のうちにメジャーデビューとか、うらやましすぎる!

おー、若い頃から才能開花しとったんやね!将来が楽しみじゃね!

あら、この子、将来有望じゃな!ワシも若い頃、歌歌っとったのよ!

メジャーデビューと代表曲

井上苑子のメジャーデビューは、音楽業界に大きな衝撃を与えましたね。

🔖 関連記事の要約!Pick up Artist vol.18
Pick up Artist vol.18

✅ 「mu-mo」で配信されているNew V系オーディション「mu-mo V系 NEXT」のファイナリスト4組へのインタビュー記事です。

✅ 記事では、ファイナリスト4組がオーディションへの参加動機や抱負、今後の活動について語っています。

✅ また、記事ではオーディションの審査基準や今後の展開について、オーディションプロデューサーからのコメントが掲載されています。

さらに読む ⇒ 井上苑子 井上苑子出典/画像元: https://shop.mu-mo.net/st/special/pickup18/?jsiteid=mumo

「ナツコイ」は、夏の恋心を鮮やかに表現した名曲ですよね。

2015年、ミニアルバム「17」でメジャーデビューを果たした井上苑子は、10代の女子ならではの心情を描いた歌詞が共感を呼び、特に女子中高生から支持を集めました。代表曲には、もどかしい恋心を歌った「だいすき。」や、ドラマ「こえ恋」主題歌の「ナツコイ」、CMソングにもなった「はなたば」などがあります。2016年6月29日にリリースされた「ナツコイ」は、夏の爽やかで甘酸っぱい恋をテーマにした楽曲です。ギターだけでなくストリングスやベルなど、様々な楽器が使われており、シンプルながらも音数が多く、耳に残るメロディーが特徴です。

「ナツコイ」めっちゃ好きやねん!夏に聴きたくなる曲やわ!

歌詞もメロディーもキャッチーで、聴き心地がいいよね!

若い子の歌は、パワーがあっていいね!ワシの頃にはなかったわよ!

精力的な活動

井上苑子の精力的な活動は、本当に素晴らしいです。

🔖 関連記事の要約!ミニアルバム「PANっと音がした」
楽曲タイトル解禁
&
1月27日「ほんと」先行配信決定!
ミニアルバム「PANっと音がした」<br />楽曲タイトル解禁<br /> &<br /> 1月27日「ほんと」先行配信決定!

✅ 井上苑子のミニアルバム「PANっと音がした」の全6曲のタイトルが発表され、収録曲は「おとぎ話って言わないで」「ダーリンって呼べない」「恋におめかし」「ロマンス」「epilogue」「ほんと」です。

✅ アルバムは1人の女の子の恋物語を描いており、各タイトルに込められた意味にも注目です。また、アルバムのエンディングを飾る「ほんと」が1月27日に先行配信されることが決定しました。

✅ 井上苑子本人は、アルバムの楽曲がキュートでポップな6曲になっており、日々に楽しみと優しさを感じてもらえる曲になっているとコメントしています。さらに、ツアー「Inoue Sonoko Tour 2021〜PANっと音がした〜」のロゴも解禁され、1月15日10:00よりプレリク先行が開始されます。

さらに読む ⇒井上苑子オフィシャルサイト井上苑子オフィシャルサイト出典/画像元: http://www.inoue-sonoko.com/wp/archives/special/honto_0127

ミニアルバム「PANっと音がした」は、井上苑子の新たな魅力が詰まっているアルバムですね。

2020年は、メジャーデビュー5周年を迎え、記念ブックや配信、ライブツアーを開催しました。新曲「ハレゾラ」をリリースし、SHOWROOMで生配信を行いました。映画「キスカム!~COMEON,KISSMEAGAIN!~」の公開延期やリリースイベントの中止、そして資生堂SEABREEZEのCMソング「近づく恋」の歌唱など、精力的に活動しました。2021年は、ミニアルバム「PANっと音がした」を発売し、ライブツアー「InoueSonokoTour2021〜PANっと音がした〜」を開催しました。ライブDVDの発売、ミニイベントの開催、そして楽曲「ほんと」と「線香花火」のアコースティックライブバージョン配信など、多岐にわたる活動を行いました。2022年は、楽曲「おとぎ話って言わないで」の配信やミニアルバム「PANっと音がした」に合わせた応援店舗での特典プレゼント企画などが行われました。

ツアーのロゴ、めっちゃ可愛い!絶対行くわ!

最近は、デジタル配信も増えてるね!時代を感じるわ~

若い子は、いろんな活動をしてるんやね!ワシの頃は、ラジオとレコードしかなかったのよ!

新たな挑戦と未来への展望

井上苑子は、新たな挑戦を続けながら、音楽の道を歩んでいます。

🔖 関連記事の要約!井上苑子、新たな神戸愛を歌う新曲『078』をリリース!神戸街並みPRプロジェクトタイアップソングにも決定!
井上苑子、新たな神戸愛を歌う新曲『078』をリリース!神戸街並みPRプロジェクトタイアップソングにも決定!

✅ シンガーソングライターの井上苑子が、神戸市とのタイアップソング「078」を4月10日にリリースする。

✅ 楽曲は神戸の美しい風景や文化を井上苑子の感性で表現しており、4月10日には神戸のクルーズ船bohbohKOBEでリリース船上合同記者会見とミニライブが開催される。

✅ 7月からは東名阪ツアーを開催予定で、今後の活動に注目が集まる。

さらに読む ⇒Fanpla|ファンクラブメディアFanpla|ファンクラブメディア出典/画像元: https://fanpla.jp/fanplus_news/detail/1781

神戸市とのタイアップソング「078」は、井上苑子の音楽と神戸の街並みが融合した素敵な楽曲ですね。

2023年は、新曲「かさぶた」とデジタルEP「23.3.31」をリリースし、2024年には、新曲「Honey」と「一縷feat.長谷川怜央」、そして「078」をリリースしました。さらに、東名阪ツアー「InoueSonoko東名阪9→10なサマーツアー2024」の開催も決定しました。また、神戸街並みPRプロジェクトのタイアップソングにもなっています。4月10日(水)、神戸シーバスbohbohKOBEにて井上苑子さんの新曲発表記者会見と船上ミニライブ・クルーズが開催されます。新曲「078」は神戸街並みPRプロジェクトタイアップ楽曲で、神戸の市外局番「078」をタイトルに採用し、歌詞には神戸の風景や文化が散りばめられています。

神戸の街並みがテーマの曲なんて、めっちゃロマンチックやん!

イベントとか、ぜひ参加したいね!

あら、神戸って、昔はもっと静かだったのよ!

井上苑子のこれまでの活躍と今後の展望を紹介しました。これからも彼女の活躍を見守っていきましょう。

🚩 結論!

💡 井上苑子は、女子高校生シンガーソングライターとしてデビューし、数々のヒット曲を生み出した

💡 精力的な活動と新たな挑戦を続け、音楽の道を歩み続けている

💡 今後の活躍が期待されるシンガーソングライターである