Academic Box Logo

神聖かまってちゃん: 「僕の戦争」が生まれた背景とは?コロナ禍と表現者の葛藤が作り出した衝撃の楽曲!!

神聖かまってちゃん: 「僕の戦争」が生まれた背景とは?コロナ禍と表現者の葛藤が作り出した衝撃の楽曲!!
📘 この記事で分かる事!

💡 神聖かまってちゃんは、コロナ禍での精神的な苦悩や表現者としての葛藤をテーマにした楽曲「僕の戦争」で注目を集めた。

💡 ボーカルの子は、自身の生い立ちや現代社会への洞察を楽曲に投影し、若者たちの共感を呼んでいる。

💡 個性的なメンバーとライブパフォーマンスで独特の世界観を築き上げ、多くのファンを魅了している。

それでは、神聖かまってちゃんの歩み、楽曲に込められたメッセージ、そして個性豊かなメンバーについて詳しく見ていきましょう。

神聖かまってちゃんの歩み: インターネットからメジャーシーンへ

神聖かまってちゃんの音楽は、常に時代の空気を反映していると感じますね。

🔖 関連記事の要約!神聖かまってちゃん「僕の戦争」インタビュー
神聖かまってちゃん「僕の戦争」インタビュー

✅ 神聖かまってちゃんの「僕の戦争」は、「進撃の巨人」最終章のオープニングテーマとして、禍々しい狂気に満ちた楽曲と不吉な映像で話題を集め、オリコンのデジタルシングルデイリーランキングで1位を獲得した。

✅ 「僕の戦争」の制作背景には、コロナ禍での精神的な苦悩や、自身の表現に対する深い考察が影響しており、の子は、コロナ禍直前に自身の表現について深く考える機会があり、そのことが精神的につらかったと語る。

✅ 「僕の戦争」は、コロナ禍での苦悩や、表現者としての葛藤といった個人的な経験が反映された楽曲であり、アニメのテーマ曲という枠を超えて、の子自身の心の叫びを感じることができる。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/pp/kamattechan08

コロナ禍での精神的な苦悩や表現者としての葛藤が楽曲に投影されている点に、深く共感しました。

神聖かまってちゃんは、2008年に結成されたロックバンドで、ボーカルの、の子が作詞作曲を担当しています。彼らはインターネットでの動画配信で注目を集め、2009年には『SUMMER SONIC 09』に出演、2010年にはメジャーデビューを果たしました。その後、映画音楽やアニメ主題歌など幅広い活動を展開し、2011年には東日本大震災の影響で予定していたライブが中止となり、全国フリーライブツアーを実施しました。2014年には3枚組DVD『ライブヒストリー2009-2013』をリリース、2015年にはデビュー5周年を記念し、ベストアルバム『ベストかまってちゃん』を発表しました。2016年にはCM曲『僕ブレード』収録のミニアルバム『夏.インストール』をリリース、2017年にはTVアニメ『進撃の巨人』Season2のエンディングテーマ『夕暮れの鳥』を収録したダブルAサイドシングルをリリースしました。2018年には映画『恋は雨上がりのように』の主題歌に『フロントメモリー』のカバーが起用され、2020年には10thアルバム『児童カルテ』をリリースしました。同年、メンバーのちばぎんが脱退し、2021年にはTVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』のオープニングテーマ『僕の戦争』をリリースし、Crunchyroll ANIME AWARDSにて最優秀オープニング楽曲に選出されました。2023年には「魔女狩り feat.GOMESS」をリリースし、ACAね(ずっと真夜中でいいのに。)、ano、戸川純を迎えたベストアルバム『聖なる交差点』を発表しました。

え、まじ!?「進撃の巨人」のオープニングって、神聖かまってちゃんなの!?知らんかったわ。

お、神聖かまってちゃんか!懐かしいなぁ。昔よく聴いてたわ。

あら、若い子の音楽なのね。なかなか刺激的な曲だったわ。

ボーカル、の子の個性: 生い立ちと楽曲への影響

ボーカルの子の生い立ちや経験が、楽曲に深く影響しているんですね。

🔖 関連記事の要約!神聖かまってちゃん の子の才能の根源
神聖かまってちゃん の子の才能の根源

✅ 神聖かまってちゃんのボーカルの子は、青春時代の瑞々しさ、苦悩、そして現代の若者を取り巻く複雑な状況を楽曲に昇華し、多くの人に共感を呼んでいます。

✅ 彼の楽曲は、自身の学生時代の実体験や現代社会における若者像を反映しており、その視点の自由さと表現力により、若者たちの美しさと苦悩を深く描き出しています。

✅ 特に「僕の戦争」や「るるちゃんの自殺配信」、「毎日がニュース」など、現代社会の課題を反映した楽曲が注目されており、長年若者の心を惹きつけているのは、楽曲を通して10代時代からの魂が今も生き続けているからだと考えられます。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2022/02/post-967281_2.html

現代社会の課題を反映した楽曲が多いことに、改めて気づかされました。

神聖かまってちゃんのボーカル、の子は、ネット上で「病気なの?」と言われるほど個性的な性格で知られています。彼は、過去のいじめ経験や精神科に通院していた過去など、自身の生い立ちを公表しており、その経験が楽曲に反映されていると言われています。彼の楽曲は、青春時代の瑞々しさと若者の暗部の両面を捉え、独特の世界観で多くのファンを魅了しています。例えば、2021年2月の「僕の戦争」では、英語から日本語への歌詞の変化と共に、空想世界から現実の世界へと情景が移り変わり、学校を戦場と捉える少年少女の悲哀が表現されています。また、アルバム『児童カルテ』に収録された「るるちゃんの自殺配信」や「毎日がニュース」など、現代の若者を独自の視点で描いた楽曲は、自身の学生時代の実体験や現代社会への洞察に基づいています。

うわぁ、やばい!子って、めっちゃ深いこと考えてるんやなぁ。

なるほど。やっぱり、音楽って心の奥底から出てくるもんやね。

あら、若い子は悩みが多いのね。でも、それを音楽に込めて表現するって、すごいことだわ。

ライブパフォーマンスの力: 感情と魂の爆発

ライブパフォーマンスも、相当な熱量を感じますね。

🔖 関連記事の要約!神聖かまってちゃん @ 渋谷クラブクアトロ 2011.04.23 邦楽ライブレポート
神聖かまってちゃん @ 渋谷クラブクアトロ 2011.04.23 邦楽ライブレポート

✅ 神聖かまってちゃんは、東日本大震災の影響で中止となった4月1日の両国国技館公演の代替として、全8本のフリー・ライブ・ツアーを開催することを発表した。

✅ ツアーは、当初仙台でのファイナル開催が予定されていたが、最終的に6月29日(水)仙台CLUB JUNK BOXに決定した。

✅ ツアーは、全8本中東京(川崎クラブチッタ含む)が3本という変則的な日程で行われ、ライブは音楽中心で、従来のかまってちゃんライブに見られたようなグダグダとしたMCやトラブルは最小限に抑えられていた。

さらに読む ⇒rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイト出典/画像元: https://rockinon.com/live/detail/50397

ライブで自分を解放する姿は、見ている側も心を揺さぶられます。

神聖かまってちゃんのライブパフォーマンスは、子の激しい感情表現が際立ちます。ステージでは、リストカット痕だらけの腕でエレキギターを掻き鳴らし、自分をいじめた相手へ怒りをぶつける姿は、パフォーマンスを超えた気迫に満ちています。彼の音楽は、長年音楽活動を続ける中で進化を遂げていますが、創作における魂は今も10代に生き続けているように見えます。そのことが、長年若者の心を引き付ける作品を生み出し、神聖かまってちゃんの楽曲に美しさと悲哀が共存する理由なのかもしれません。

まじ!?神聖かまってちゃんのライブって、めっちゃエモそうやん!

ライブでしか味わえない熱気ってあるよね。神聖かまってちゃんもそうなんだろうな。

あら、昔はあんなに騒がしい音楽は苦手だったんだけど、最近は若い子の音楽も悪くないわね。

個性豊かなメンバーたち: 神聖かまってちゃんの魅力

個性豊かなメンバーが集まっているからこそ、神聖かまってちゃんの音楽は独特の魅力を持っているんですね。

🔖 関連記事の要約!神聖かまってちゃん、現メンバーでの最後のアルバム! の子「初心を忘れないように」
神聖かまってちゃん、現メンバーでの最後のアルバム! の子「初心を忘れないように」

✅ 「神聖かまってちゃん」は、10代の少年少女の内面を描いた楽曲が多く、メンバー自身も過去の経験や現在の心境を重ね合わせて制作している。

✅ 10年間で10枚のアルバムを発表し続けられたのは、音楽で生活できる喜びや、過去の自分を見返すことへの強いモチベーションがあるからだとメンバーは語る。

✅ 10周年アルバム「児童カルテ」は、実際にあった10代の少女の自殺配信や、周囲に馴染めない少年の心をテーマにした楽曲が収録されており、少年少女の抱える闇を描いている。

さらに読む ⇒ ananニュース – マガジンハウス ananニュース – マガジンハウス出典/画像元: https://ananweb.jp/news/268242/

メンバーそれぞれが、自身の経験や感情を楽曲に込めて表現していることが伝わってきます。

神聖かまってちゃんは、ボーカルの、の子を中心に、個性的なメンバーで構成されています。ドラムスの、みさこは、かまってちゃん以外の「バンドじゃないもん!」というアイドルグループにも所属しており、かまってちゃんの中では常識人のポジションで、明るく社交的な性格です。キーボードのmonoは、「アゴ」の愛称で親しまれるリーダーであり、インタビューでは、まるで、の子の保護者のような存在です。彼はバンド内で唯一の既婚者であり、ファンだった一般女性と結婚しました。ベースの、ちばぎんは、冷静で安定感のあるメンバーであり、バンドのメンバーの中では最も大人な存在と言えます。神聖かまってちゃんは、個性的なメンバーと、唯一無二の世界観で、多くのファンを魅了しています。

へぇ、メンバーみんな個性的なんや。バンドの雰囲気もめっちゃ面白そう!

メンバー同士の仲良さそうで、微笑ましいね。音楽を通して繋がってる感じがする。

あら、若い子のバンドって、こんなにも個性的な人が集まるのね。びっくりだわ。

神聖かまってちゃんは、楽曲を通して心の奥底にある感情や現代社会の課題を表現し続ける、唯一無二の存在ですね。

🚩 結論!

💡 神聖かまってちゃんは、コロナ禍での苦悩や表現者の葛藤をテーマにした楽曲「僕の戦争」で注目を集めた。

💡 ボーカルの子は、自身の生い立ちや現代社会への洞察を楽曲に投影し、若者たちの共感を呼んでいる。

💡 個性的なメンバーとライブパフォーマンスで独特の世界観を築き上げ、多くのファンを魅了している。