Academic Box Logo

コルピクラーニ:フィンランド発のフォークメタルバンドは、一体どんな音楽?彼らの魅力とは!?

コルピクラーニ:フィンランド発のフォークメタルバンドは、一体どんな音楽?彼らの魅力とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 コルピクラーニは、フィンランドのフォークメタルバンドです。

💡 伝統的なフィンランドのフォーク音楽を、ヘヴィメタルと融合させた独特なサウンドが魅力です。

💡 彼らの音楽は、世界中で多くのファンを獲得しています。

それでは、最初の章として、コルピクラーニというバンドの紹介から始めたいと思います。

コルピクラーニ:フィンランド発のフォークメタルバンド

それでは、コルピクラーニについて詳しくご紹介しましょう。

🔖 関連記事の要約!コルピクラーニのニューアルバム日本盤『コルピの暗黒事件簿』発売決定!
コルピクラーニのニューアルバム日本盤『コルピの暗黒事件簿』発売決定!

✅ フィンランドのフォークメタルバンド、フィンタロールは、2023年11月3日に新しいアルバム「Jaktens tid」をリリースしました。

✅ このアルバムは、フィンタロールの新しいアルバムとしては2016年の「Solsystemets Sju Sinnen」以来となります。

✅ アルバムには18曲が収録され、その中には「Spirit of the Forest」「Voice of Wilderness」「Tales Along This Road」といった曲が含まれています。

さらに読む ⇒HMV&BOOKS online - �{�ECD�EDVD�E�u������C�E�Q����E�O�b�Y�̒ʔ̐��T�C�gHMV&BOOKS online - �{�ECD�EDVD�E�u������C�E�Q����E�O�b�Y�̒ʔ̐��T�C�g出典/画像元: https://www.hmv.co.jp/news/article/2102021032/

コルピクラーニの音楽は、フィンランドの伝統的なフォーク音楽を取り入れつつ、ヘヴィメタルの要素も強く、とてもエネルギッシュで楽しいですね。

フィンランド発のフォークメタル/ヴァイキングメタルバンド、Korpiklaani(コルピクラーニ)は、バイオリンやアコーディオンを取り入れた独特なメロディとフィンランド語の歌で、民族音楽とヘヴィメタルを融合させた新しいサウンドを生み出しています。1997年に前身バンド「シャーマン」を結成し、2003年から「コルピクラーニ」として活動を開始。彼らの楽曲は、土着性、ヴァイキング、民族音楽など、ペイガニズム的な要素が色濃く、楽しくノリやすいサウンドで知られています。フィンランドはヘヴィメタル大国として知られており、Korpiklaaniもその一翼を担うバンドとして、フィンランドの音楽文化を世界に発信しています。彼らは、公式Instagramでバンドメンバーがお酒を片手に楽しそうにしている写真などを公開しており、音楽性だけでなく、彼らの陽気な人柄も魅力の一つとなっています。また、彼らのアルバムは日本のレコード会社によってユニークな邦題でリリースされており、そのセンスも話題となっています。

え、まじ!?めっちゃかっこよすぎやん!

そうたい!コルピクラーニの音楽は、まさに北欧の魂を感じれるばい!

あら、懐かしいわね。昔、フィンランドに行ったことがあるのよ。森の中を歩いていると、コルピクラーニの音楽が聞こえてくるようだったわ。

コルピクラーニの進化:ヘヴィで複雑なサウンドへ

続いては、コルピクラーニの進化について深掘りしていきましょう。

🔖 関連記事の要約!Jylha / コルピの暗黒事件簿/KORPIKLAANI/コルピクラーニ
Jylha / コルピの暗黒事件簿/KORPIKLAANI/コルピクラーニ

✅ フィンランドのフォークメタルバンド、コルピクラーニの11枚目のアルバム「コルピの暗黑事件簿」がリリースされた。

✅ コルピクラーニは、伝統的なフィンランドのフォーク音楽にヘヴィメタルを取り入れたサウンドで知られており、過去作品では内省的な作風を見せたが、今作では従来の力強い作風に戻っている。

✅ 今作は、ヘヴィなギターリフにアコーディオンとヴァイオリンが飛び回るキャッチーなフォークメロディというおなじみの要素に加え、ジューダス・プリーストを彷彿とさせるパートやパンク、レゲエなど、新たな挑戦も見られる。

さらに読む ⇒ディスクユニオン|レコード・CD・DVD・音楽ソフトの通販・買取ディスクユニオン|レコード・CD・DVD・音楽ソフトの通販・買取出典/画像元: https://diskunion.net/metal/ct/detail/HMHR210204-202

コルピクラーニは、従来の力強い作風をベースに、新たな挑戦も取り入れているんですね。非常に興味深い進化だと思います。

コルピクラーニのニューアルバム『コルピの暗黒事件簿』は、前作『北欧コルピひとり旅』のポップな作風から一転、ヘヴィで複雑な楽曲が特徴となっています。ベーシストのヤルッコは、この変化は自然な流れであり、意図的なものではないと語ります。アルバムにはレゲエ、パンク、ジューダス・プリースト風の楽曲など、多様な音楽性が詰め込まれており、バンドはこれまで以上に幅広い音楽的スコープに挑戦しています。新ドラマーのサムリは、テクニック的に優れたドラマーであり、楽曲に新しい要素をもたらしています。また、彼は前作のセッションドラマーとしても参加しており、バンドへのスムーズな加入を実現しました。元ドラマーのMatsonは、楽曲の複雑化に伴い、自身の能力では対応できないと判断し、脱退を決意しました。ヤルッコは、20年以上バンドを共にしてきたMatsonの脱退を非常に残念に思っています。コルピクラーニはこれからも、様々な音楽性を融合させながら、進化を続けていくのかもしれません。

え、まじ!?前と全然違うやん!

うん、確かに前よりヘヴィになった気がするね。でも、コルピクラーニらしい力強さは健在やけんね。

あら、最近の若い者は、昔みたいに力強い音楽が好きじゃないのかしら?

フィンランドのメタルシーン:気候、歴史、社会の影響

では、フィンランドのメタルシーンについて詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!当事者・KORPIKLAANIに訊く、北欧はなぜメタルバンドが多い?
当事者・KORPIKLAANIに訊く、北欧はなぜメタルバンドが多い?

✅ フィンランドを含む北欧諸国におけるメタルバンドの多さに関する理由として、ヨンネ・ヤルヴェラとツォーマス・ロウナカリは、長い冬による暗くて陰鬱な気候や、独りで過ごす時間が長いことから生まれる音楽への集中力、さらに、隣家との距離が遠く練習に集中しやすい環境などが挙げられます。

✅ 彼らは、フィンランドでは女性の社会進出が進んでおり、女性の排除という発想がないため、他の北欧諸国と比べてメランコリックなサウンドになった可能性も示唆しています。

✅ また、フィンランドでは国の支援制度が限られているため、他の北欧諸国と比べて貧しく、それが音楽に影響を与えている可能性も語られています。

さらに読む ⇒FikaFika出典/画像元: https://fika.cinra.net/article/201710-korpiklaani

フィンランドのメタルシーンは、独特の環境や社会状況から生まれたものなんですね。興味深い分析ですね。

2017年10月のインタビュー記事から、フィンランドのフォークメタルバンドKORPIKLAANIのリーダー、ヨンネ・ヤルヴェラとツォーマス・ロウナカリのインタビュー内容を要約しました。記事では、北欧においてメタルバンドが多く輩出される理由について、暗い気候や長い冬が影響しているという見解が示されています。また、フィンランドでは、長時間一人で過ごす人が多く、良質なミュージシャンを育む環境にあるとも指摘されています。さらに、スカンジナビアのメタルにおけるフィンランドの特徴として、メランコリックなサウンドが挙げられています。これは、フィンランドの経済状況や、他の北欧諸国に比べて貧しい歴史が影響している可能性が示唆されています。インタビューでは、フィンランドの社会において女性が非常に活動的な役割を担ってきたことや、男女平等意識が根強く、女性を排除する発想がないことも強調されています。最後に、音楽に対する政府の支援については、スウェーデンと比べてフィンランドでは制度的な支援が乏しく、音楽活動は個人の努力に頼るところが大きいという現状が語られています。

へぇー、知らんかったわ。フィンランドのメタルって、暗い気候が関係してるんや。

なるほどね。フィンランドのメタルは、やっぱり独特の雰囲気があるよね。

あら、フィンランドって、昔は貧しい国だったのかしら?

コルピクラーニの邦題:ユーモアと日本語の面白さ

では、コルピクラーニの邦題について見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!失笑必至!変な邦題にバカウケ、フィンランドの森よりコルピクラーニ

公開日:2018/09/20

失笑必至!変な邦題にバカウケ、フィンランドの森よりコルピクラーニ

✅ フィンランドのメタルバンド「コルピクラーニ」の楽曲の邦題が、日本語として意味不明で面白いという話題。

✅ 「酒場で格闘ドンジャラホイ」「冬の夜空で漢祭」「森の中でハッスルハッスル」など、歌詞の内容と関係ない奇抜な邦題が多数存在する。

✅ 邦題の付け方が面白く、楽曲の世界観をより一層面白くしている。特に「酒場で格闘ドンジャラホイ」や「森の中でハッスルハッスル」など、シュールな邦題が注目を集めている。

さらに読む ⇒洋楽バンド の記事一覧洋楽バンド の記事一覧出典/画像元: https://worldband.studiorag.com/korpiklaani

コルピクラーニの邦題は、日本語として面白く、楽曲の世界観をより一層面白くしていますね。

フィンランドのフォークメタルバンド、コルピクラーニの邦題は、メタリックなサウンドと歌詞内容を反映しつつ、ユーモラスで独特な日本語に翻訳されています。例えば、1stアルバム『翔び出せ!コルピクラーニ』の収録曲には、『酒場で格闘ドンジャラホイ』や『森は泣いている』、『ビールこそが神の水』など、日本語としても意味不明な、シュールな邦題が並びます。2ndアルバム『荒野のコルピクラーニ』では、『サウナでひとっ風呂』や『森の中でハッスルハッスル』など、フィンランドの自然と生活を思わせる邦題が特徴的です。3rdアルバム『世にもコルピな物語』では、邦題が一般公募されたこともあり、『痛快!飲んだくれオヤジ』や『呑めや、歌えや、夏休み』など、より親しみやすい邦題が採用されています。コルピクラーニの邦題は、音楽の楽しさだけでなく、日本語の面白さを再認識させてくれる、まさに゛バカウケ゛な存在です。

まじ!?意味不明やけど、めっちゃ笑えるやん!

うん、確かに面白いよね。コルピクラーニの音楽に合ってる気がするばい。

あら、昔はこんな変な邦題はなかったわ。最近の若い者は、変なものが好きなのね。

森メタル:自然を奏でるフォークメタルバンドたち

最後に、フォークメタルバンドの代表格であるコルピクラーニのライブ情報についてお伝えします。

🔖 関連記事の要約!コルピクラーニ、北欧フォークメタルの宴は目前
コルピクラーニ、北欧フォークメタルの宴は目前

✅ フィンランドのフォークメタルバンド、コルピクラーニが5月26日に大阪クラブクアトロ、5月28日に東京リキッドルームでライブを開催する。

✅ 最新アルバム「コルピの神様」は、古代の雰囲気や民族音楽のフィーリングを前面に出した作品で、歌詞は全てフィンランド語となっている。

✅ アルバムには、パーティーソングや酒飲みアンセムなど、コルピクラーニらしい楽しい曲が収録されており、南アメリカのファンへの贈り物となる「Tequila」も含まれている。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000070123

コルピクラーニのライブは、きっと熱気に満ち溢れているでしょうね。

この記事は、コルピクラーニを「森メタル」と呼ぶことから始まる、フォークメタルバンドの紹介記事です。コルピクラーニはフィンランドのフォークメタルバンドで、世界的に有名です。彼らの音楽は、北欧らしいヘビーメタルの中に伝統的な民族楽器が組み込まれ、森の中で酒盛りしているような楽しげな雰囲気が特徴です。記事では、コルピクラーニ以外にも、ドイツのダルタニャン、ロシアのグライ、フィンランドのチュリサスなど、森メタル的な要素を持つバンドを紹介しています。ダルタニャンは中世のフォークをメタルサウンドで現代に甦らせたバンドで、バグパイプやバイオリン、力強いボーカルが融合した音楽が特徴です。グライはスラヴ文化に根ざした音楽を奏でるバンドで、伝統的なロシア楽器を用いた音色は、森の中で奏でられる不思議な旋律のようです。チュリサスはフィンランドのフォークメタルバンドで、独特のサウンドと歌詞で知られています。これらのバンドはそれぞれ異なる特徴を持っていますが、共通して、森や自然を感じさせる音楽を奏でています。

え、まじ!?コルピクラーニのライブ行きたい!

うん、コルピクラーニのライブは最高に盛り上がること間違いなしやけんね。

あら、コルピクラーニって、まだ活動しているのかしら?

コルピクラーニは、フィンランドのフォークメタルバンドとして、世界中で活躍しています。彼らの音楽は、伝統的なフィンランドのフォーク音楽をベースに、ヘヴィメタルの要素も取り入れた独特なサウンドが魅力です。

🚩 結論!

💡 コルピクラーニは、フィンランドのフォークメタルバンドです。

💡 彼らの音楽は、伝統的なフィンランドのフォーク音楽とヘヴィメタルを融合させた独特なサウンドが特徴です。

💡 コルピクラーニは、世界中で多くのファンを獲得しています。