Academic Box Logo

SUGIZOの音楽活動、LUNASEAとTHE LAST ROCKSTARS、ソロ活動、そして内面まで!彼の音楽を深く理解するヒントはここに?再録音とは!!?

SUGIZOの音楽活動、LUNASEAとTHE LAST ROCKSTARS、ソロ活動、そして内面まで!彼の音楽を深く理解するヒントはここに?再録音とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 SUGIZOの音楽活動の軌跡をたどる

💡 LUNASEAのアルバム再録の裏側を語る

💡 SUGIZOの心の変化と音楽の関係を探る

それでは、第一章から詳しく見ていきましょう。

SUGIZOの音楽活動とLUNASEAの再録音

LUNA SEAの再録音、楽しみですね!

🔖 関連記事の要約!LUNA SEA resurrects legacy with re
LUNA SEA resurrects legacy with re

✅ ヴィジュアル系バンドの先駆者であるLUNA SEAが、1994年の「MOTHER」と1996年の「STYLE」の2枚のアルバムを再リリースすることを発表しました。

✅ 両アルバムは、計21曲すべてが現代風にアレンジされ、U2やザ・キラーズなどの作品で知られるマルチ・グラミー賞受賞プロデューサーのSteve Lillywhiteによって一から再録音されました。

✅ オリジナルリリースから30年近く経った今、これらのアルバムは、LUNA SEAの音楽的進化と名声を再び世界に示すでしょう。

さらに読む ⇒JROCK NEWSJROCK NEWS出典/画像元: https://jrocknews.com/2023/10/luna-sea-resurrects-legacy-with-re-recordings-of-albums-mother-style.html

30年近く経っても色褪せないLUNA SEAの音楽、本当に素晴らしいです!

SUGIZOは1992年のLUNASEAデビューから、ソロ活動、X JAPAN加入、THE LAST ROCKSTARS結成まで、精力的な音楽活動を続けてきました。彼は作曲家でありカリスマ的なパフォーマーとして、他の追随を許さない独自のサウンドを生み出しています。この記事では、LUNASEAのアルバム『MOTHER』と『STYLE』の再発を記念して開催される『DUAL ARENA TOUR 2023』を控えたSUGIZOにインタビューを行い、LUNASEAとTHE LAST ROCKSTARSについて彼の考えを詳しく語ってもらいました。SUGIZOはLUNASEA、X JAPAN、THE LAST ROCKSTARSのリードギタリストとして活躍しており、今回のインタビューでは、単に再演ではなく楽曲を「再構築」したという『MOTHER』と『STYLE』の再録音について説明しました。彼は当時のサウンドを反映しながらも、現代の演奏技術を取り入れた新しいアレンジを加えており、ライブで頻繁に演奏されてきたROSIER、DESIRE、TRUE BLUE、INSILENCEなどの代表曲も再録音しました。SUGIZOは今回のツアーでこれらの楽曲をアップグレードされたバージョンで演奏することを楽しみにしています。オリジナルのセットリストやビジュアルを完全に再現しようとはしていませんが、当時の雰囲気を尊重し、可能な限りオリジナルのセットリストを維持しており、約25年間演奏されていない楽曲も披露する予定で、初期からのファンにとって貴重な経験になると述べています。再録音についてSUGIZOは、20代前半の頃の演奏を振り返り、上手い部分と恥ずかしい部分があると語りました。彼は当時の自分自身に対して、良い演奏をしたと褒めながらも、同時に恥ずかしい部分もあると感じています。

え、まじ!?SUGIZOって昔からこんなにかっこよかったん!?

うん、SUGIZOってやっぱりレベチよな!

あら、昔の曲は若いって言うけど、今のSUGIZOさんも素敵じゃない?

SUGIZOのソロ活動と内面

SUGIZOさんのソロ活動、25周年なんですね!

🔖 関連記事の要約!SUGIZO
SUGIZO

✅ SUGIZOのソロ活動25周年を記念して、全シングルを収録したベストアルバム「THE COMPLETE SINGLE COLLECTION」がリリースされました。

✅ ファーストシングル「LUCIFER」から最新シングル「昨日見た夢~平和の誓い~2020」までの全30曲が収録され、初期の7曲は新たなミックスで収録されています。

✅ 初回限定盤はSHM-CD 3枚組と楽曲解説、インタビューなどを収録したブックレットが付いた特殊LPジャケット仕様となっています。

さらに読む ⇒ TOWER  RECORDS ONLINE TOWER RECORDS ONLINE出典/画像元: https://tower.jp/article/feature_item/2022/10/07/0718

SUGIZOさんの心の内側を垣間見れる貴重なインタビューですね。

SUGIZOのソロ活動25周年記念ベストアルバム『THE COMPLETESINGLECOLLECTION』は、3枚組で3時間を超えるボリュームを誇り、彼のソロ活動の多面性を示すまさに「狂気の沙汰」と言える作品です。インタビューの中で彼は、自身の20代中盤を振り返り、当時のソロ活動はLUNASEAでの表現欲求の爆発と、内側に溜まったネガティブな感情の吐露だったと語りました。1997年のソロ活動開始当時、LUNASEAではメンバー間の音楽性の違いから衝突が生じ、SUGIZO自身も自分の音楽性を十分に発揮できていませんでした。そのストレスからソロ活動で表現欲求を爆発させたというSUGIZOは、当時20代中盤だったことから、社会に対する不満や怒りを抱え、自己嫌悪に陥っていたと述べています。そのネガティブな感情を吐き出すための手段として、ソロ活動を選んだ彼は、「LUCIFER」「APRAYER」など初期の楽曲について、自身のエネルギーやネガティブな感情を誰かに代わりに歌ってもらうことを想像できず、自分で歌わなければいけなかったと説明しています。そのため、シンガーとしての未熟さを気にせず、本能的に表現したと言います。LUNASEAという母体の存在は、SUGIZOにロックバンドの形に縛られる必要がない自由を与え、さまざまな音楽性を爆発させることを可能にしました。

うわ、SUGIZOって闇を抱えてたんや!意外!

そんな過去があったんやね。でも、SUGIZOはやっぱり天才やけん!

あら、若い頃はそういう時期もあるわよね。でも、音楽に救われたって言うのは素晴らしいわね。

SUGIZOの音楽と心の変化

SUGIZOさんのソロ活動20周年、おめでとうございます!

🔖 関連記事の要約!SUGIZO ロングインタビュー 第1回(全4回)
SUGIZO ロングインタビュー 第1回(全4回)

✅ SUGIZOはソロ活動20周年を記念して、豪華ゲストボーカルを迎えたアルバム「ONENESS M」をリリースし、アルバムに合わせたソロツアー「SUGIZO TOUR 2017 Unity for Universal Truth」を開催した。

✅ 今回のツアーは、新アルバム「ONENESS M」の楽曲ではなく、過去のアルバム「音」や20年前のソロ楽曲を中心としたもので、ソロ活動20周年を総括する内容となっている。

✅ アルバム「音」は、SUGIZO自身の負の感情を吐き出し精算するために作られたもので、ライブではそのエネルギーが爆発したパフォーマンスとなっている。

さらに読む ⇒club Zy.club Zy.出典/画像元: https://www.club-zy.com/contents/168386

音楽を通して心の変化を表現できるって、本当に素敵ですね。

2017年大晦日に放送された国民的音楽番組で、LUNASEAとX JAPANという一つの時代を築き上げたビッグネームのロックバンドのギタリストを兼任するSUGIZOは、誰もが羨むロックスターでした。しかしそんなSUGIZOでさえ、その裏には人生のドン底や絶望感、孤独感にさいなまれていた時期があったのです。かつて絶望の涯にいたSUGIZOが、最新ソロアルバム『ONENESSM』で光の涯を描けるようになるまで…。そのプロセスをこの作品から辿っていくと、ソロアルバム『ONENESSM』に続いてLUNASEAのニューアルバム『LUV』が発売されたいま、SUGIZOに聞きたいことがたくさんあります。まず、ソロの『ONENESSM』は「光の涯feat.MORRIE」という柔らかな光と天使たちに包み込まれていくような至福感に満ちたエンディングが用意されていて、もう一方のLUNASEAの『LUV』は、SUGIZOさん原曲の「BLACKANDBLUE」で、天使たちとともに勇敢に光降る場所へと進んでいくようなエンディングが用意されていました。このどちらも、その根底にはポジティヴな光が感じられます。それが、いまのSUGIZOさんのテンション感ということでしょうか?SUGIZOは、意図はしていなかったものの、前回のソロ作品『音』で闇を吐き出したからかもしれないと答えました。彼は、前回のソロ作品は゛自分の中にたまったネガティヴを吐き出そう゛というコンセプトだったため、存分解放して発狂したように音楽と向き合い、その結果生まれた作品が、自分を多少なりとも浄化してくれたのではないかと考えているそうです。そのため、今回の作品は、光に向かったものを作ろうとか、未来に対するポジティヴなものをとか、そういう意識はなく、いまの自分が自然にできることを、本当に自然に綴っているだけだと語りました。

え、SUGIZOってどん底経験してたん!?意外!

SUGIZOって、やっぱり深いよね。音楽を通していろんな事を表現してるんだね。

あら、若い頃はいろいろあったのね。でも、今は穏やかでよかったわね。

並行進行する3つのプロジェクト

SUGIZOさん、本当に多忙ですね!

🔖 関連記事の要約!JAPAN12月号プチ出し。LUNA SEAはRYUICHI×SUGIZOだ! (2013/11/04) ROCKIN゛ON JAPAN 編集部日記
JAPAN12月号プチ出し。LUNA SEAはRYUICHI×SUGIZOだ! (2013/11/04) ROCKIN゛ON JAPAN 編集部日記

✅ LUNA SEAのRYUICHIとSUGIZOが、11月13日発売のニューシングル「乱」について語った記事が、JAPAN12月号に掲載されている。

✅ 記事では、「乱」のショートバージョンPVが紹介され、LUNA SEAの圧倒的な存在感と新曲への期待感を高める言葉が書かれている。

✅ 記事の最後に、LUNA SEAに対する畏敬の念と、新曲への期待が表明されている。

さらに読む ⇒rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイト出典/画像元: https://rockinon.com/blog/japan/91618

3つのプロジェクトを同時進行って、想像を絶するハードワークですね!

SUGIZOは、ソロもLUNASEAも、今回の作品はそういうモードでの創作だったと説明しました。そして、たまたま『ONENESSM』とLUNASEAのアルバムが、ずっと同時進行だったと明かしました。昨年の夏にお会いした際も、並行してレコーディングされていたそうで、実際に同じ日に同じスタジオで、ここまではソロ、ここからはLUNASEAの作業というように、日によっては作業を行っていたそうです。そのため、ギターサウンドやシステム、スタッフもかなり近いものになっているそうです。さらに、そこにX JAPANの作業も加わってくるため、夏は3つのプロジェクトを同時進行するというありえない状況だったそうです。SUGIZOのハードワーカーっぷりは有名ですが、RYUICHIも凄かったそうで、『LUV』のレコーディングをしながら、『ONENESSM』の「永遠feat.RYUICHI」も一緒に録音していたそうです。しかも、彼はその間もソロのツアーをこなしていたそうです。LUNASEAのメンバーは、去年の夏はみんなそういう状況だったそうです。

え、マジ!?夏は3つのプロジェクト同時進行って、SUGIZOって超人やんな!?

SUGIZOって、やっぱりすごいよな!尊敬するわ!

あら、若い頃は体力があるもんね。でも、無理はしないでよね。

『ONENESSM』誕生秘話

SUGIZOさんのソロアルバム、豪華なコラボレーションですね!

🔖 関連記事の要約!インタビュー】SUGIZOが生み出した奇跡の道筋『ONENESS M』
インタビュー】SUGIZOが生み出した奇跡の道筋『ONENESS M』

✅ SUGIZOのソロアルバム「ONENESS M」は、ソロ活動20周年を記念して制作されたもので、10人のシンガーとのコラボレーションによる楽曲が収録されている。

✅ SUGIZOは、今回のアルバム制作において、リスペクトするシンガーたちに自分の楽曲を歌ってほしいという思いを叶えた。コラボレーション相手は、全員がSUGIZOの友人であり、ビジネス的な関係ではなく、人間関係から生まれた自然なコラボレーションとなっている。

✅ アルバムには、SUGIZOがこれまで制作してきた楽曲や、LUNA SEA、X JAPANなどの楽曲を再アレンジしたものが含まれており、各シンガーの個性とSUGIZOの音楽が融合した、多彩な楽曲を楽しむことができる。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000149315

たくさんのシンガーとのコラボレーション、SUGIZOさんの人脈の広さに驚きました!

RYUICHIをはじめ、10人のシンガーをフィーチャリングしたヴォーカルアルバム『ONENESSM』について、なぜシンガーに歌ってもらおうと思ったのかという質問に対し、SUGIZOは、むしろ逆だと答えました。彼は、何年も前からヴォーカリストを招いてフィーチャリング作品を作りたいなという漠然とした思いを持っていたそうです。SUGIZOの周りには、RYUICHIやToshl(X JAPAN)、TERU(GLAY)、京ちゃん(DIRENGREY)、MORRIEさん(DEADEND/CreatureCreature)、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、KDub(Shine)など、超絶シンガーがすでにたくさんいたため、彼らを作品化したら面白いのではないかと考えていたそうです。しかし、彼のソロ音楽の主軸はインストゥルメンタル作品であり、より実験的なもの、よりアンダーグラウンドなもの、よりアート方向で、よりプリミティヴな電子音響作品を作ってきたつもりであり、これからもそうでいたいと考えているため、今回リリースした作品を唐突にリリースしたとしても、自分のなかでは脈略が合わないとのことでした。そこで、ソロ活動20周年という節目を機に、20周年の企画アルバムにできたらと考え、この作品はこういう節目だからこそできたお祭り的な企画作品だと位置付けています。

え、SUGIZOってこんなにも有名な人と繋がってたん!?

SUGIZOはやっぱりすごい!こんなにも豪華なコラボレーションができるとは!

あら、若い頃にいろんな人と出会って、繋がりができたのね。

SUGIZOさんの音楽活動は、本当に多面的で、奥が深いですね。

🚩 結論!

💡 SUGIZOは、LUNASEA、X JAPAN、THE LAST ROCKSTARSという3つのバンドで活躍するギタリストであり、ソロ活動も精力的に行っている

💡 彼の音楽は、常に進化し続けており、新しい作品を生み出し続けている

💡 SUGIZOの音楽は、彼の心の変化や葛藤を反映している