Academic Box Logo

くるりの25周年記念ライブはどんな感じだったの?25周年記念ライブ「くるりの25回転」とは!!!

くるりの25周年記念ライブはどんな感じだったの?25周年記念ライブ「くるりの25回転」とは!!!
📘 この記事で分かる事!

💡 くるりの25周年記念ライブ「くるりの25回転」は東京ガーデンシアターにて開催された。

💡 ライブでは、初期の楽曲から最新曲まで、バンドの歴史を彩る楽曲が演奏された。

💡 ライブツアー「くるりライブツアー2021」のファイナル公演がZepp Hanedaにて開催された。

それでは、くるりの25周年記念ライブについて詳しく見ていきましょう。

くるりの25周年記念ライブ「くるりの25回転」

くるりの25年の歴史を感じられるライブだったんですね。

🔖 関連記事の要約!くるりが25年の歴史を総ざらい、豊潤なアンサンブルを奏でた「くるりの25回転」(ライブレポート / フォトギャラリー / 写真19枚)
くるりが25年の歴史を総ざらい、豊潤なアンサンブルを奏でた「くるりの25回転」(ライブレポート / フォトギャラリー / 写真19枚)

✅ くるりの結成25周年記念ライブ「くるりの25回転」東京公演は、バンドの歴史をたどり、初期の楽曲から代表曲、そして新旧織り交ぜた楽曲を演奏し、観客をノスタルジックな世界からエネルギッシュな世界へと誘った。

✅ ライブは、時系列に沿って楽曲が演奏され、過去の楽曲も現在のくるりのサウンドにアップデートされており、単なる再現ではなく、バンドの進化を表現していた。

✅ 岸田はMCで、楽曲に込めた思いやエピソードを語り、特に「everybody feels the same」は佐藤の誕生日に書き上げた曲で、歌詞に羽生結弦選手への想いが込められていることを明かした。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/news/465515

初期の楽曲から最新曲まで、くるりの音楽の進化を感じることができたのではないでしょうか。

1996年に結成されたくるりは、2021年2月11日に東京ガーデンシアターにて結成25周年記念ライブ「くるりの25回転」を開催しました。ライブでは、初期の楽曲から最新曲まで、バンドの歴史を彩る楽曲を演奏し、観客は懐かしいナンバーに耳を傾け、思い出と重ね合わせながらライブを楽しんだそうです。演奏された楽曲は、過去の曲から時系列に演奏され、初期の代表曲から最新曲まで、くるりの変遷を表現しました。演奏中には、岸田が自身の歌詞とフィギュアスケート選手・羽生結弦の姿を重ねていたことを明かすなど、個人的なエピソードも交えながら、観客との一体感を生み出したそうです。ライブは、初期の穏やかな楽曲から、後半の力強い楽曲へと展開し、観客は、くるりの音楽の進化と深みを感じながら、25年の歴史に浸り、感動的な時間を過ごしたとのことです。最後は、ソウル、ジャズ、ヒップホップなどを融合させた「琥珀色の街、上海蟹の朝」で締めくくり、観客は熱狂的な拍手でライブを称えたそうです。

めっちゃ懐かしい曲も歌ってて、青春時代を思い出したわー!

うん、懐かしい曲も聴けたし、新しい曲も良かったけん、最高だったね!

あら、くるりは若い頃から変わってないわね。昔みたいに若々しくて、元気がもらえたわ!

くるりライブツアー2021 ファイナル公演

ライブツアーのファイナル公演ということで、盛り上がりも最高だったでしょうね。

🔖 関連記事の要約!くるり「ばらの花」から「野球」はたまた新曲まで、新旧楽曲で魅せたツアーファイナル(音楽ナタリー)
くるり「ばらの花」から「野球」はたまた新曲まで、新旧楽曲で魅せたツアーファイナル(音楽ナタリー)

✅ くるりは新旧楽曲を織り交ぜたライブツアー「くるりライブツアー2021」の最終公演を東京・Zepp Haneda(Tokyo)にて開催し、新曲を含む全19曲を披露した。

✅ ライブでは代表曲に加え、新アルバム「天才の愛」からの楽曲も演奏され、岸田はアルバムの制作秘話や楽曲への想いを語り、ファンとの距離を縮めた。

✅ 本公演は6月19日から26日まで配信されることが決定しており、視聴チケットはイープラスにて販売中。さらに、各種配信サービスにて本公演のセットリストと同様のプレイリストも配信されている。

さらに読む ⇒LINE NEWSLINE NEWS出典/画像元: https://news.line.me/detail/oa-natalie-music/bf09a6f7e5c6

新曲も披露されたということで、くるりの今後の活動も楽しみですね。

くるりは、松本大樹(G)、石若駿(Dr)、野崎泰弘(Key)を迎え、6月2日から全国4都市で計5公演を行ったライブツアー「くるりライブツアー2021」のファイナル公演を6月10日にZepp Hanedaにて開催しました。約2時間にわたるライブでは、新曲を含む全19曲が披露されました。代表曲「ばらの花」「ハイウェイ」「三日月」などの定番曲に加え、温かみのある新曲や夏の風景をノスタルジックに歌った新曲も演奏され、観客を魅了したそうです。MCでは、岸田が新作アルバム「天才の愛」について触れ、同アルバム収録曲の「野球」や「潮風のアリア」を披露しました。さらに、2000年代初期の人気曲「春風」「リバー」も演奏し、観客を熱狂させたそうです。アンコールでは、岸田は「一番楽しいツアーでございました」とファンへの感謝を述べ、「pray」「奇跡」を熱演し、ツアーの幕を閉じたそうです。本公演の模様は6月19日から26日まで配信されることが決定しており、視聴チケットはイープラスにて販売中です。また、各種配信サービスにて本公演のセットリストと同様のプレイリストも配信されています。

新曲も聴けてよかったー!かっこよかった!

新曲も聴けたし、昔の曲も聴けたし、大満足やったわ!

あら、くるりは若い子にも人気があるのね。私も若い頃を思い出して、若返ったわ!

くるり人気曲ランキング

くるりの人気曲ランキング、気になるわ!

🔖 関連記事の要約!くるり、『レコードの日2022』に合わせ「ワールズエンド・スーパーノヴァ」12インチ発売

公開日:2022/09/05

くるり、『レコードの日2022』に合わせ「ワールズエンド・スーパーノヴァ」12インチ発売

✅ くるりが12月3日(土)に開催される「レコードの日 2022」に合わせて、2002年発表のシングル「ワールズエンド・スーパーノヴァ」を12インチ・レコードでリリースすることを発表しました。

✅ 今回のリリースは、2009年に10インチEPとしてリリースされたものの、現在では希少アイテムとなっている「ワールズエンド・スーパーノヴァ」を、当時の金箔入りジャケットも再現し、アナログ・カッティングの名匠・小鐵徹によるカッティングで新たにリリースするものです。

✅ また、くるりは9月16日(金)に新曲「八月は僕の名前」をリリース予定で、同曲はPrime Videoにて9月16日(金)より独占配信となるAmazon Original連続ドラマ「モアザンワーズ/More Than Words」の主題歌に起用されています。

さらに読む ⇒Spincoaster (スピンコースター)Spincoaster (スピンコースター)出典/画像元: https://spincoaster.com/news/quruli-waorlds-end-supernova

くるりの楽曲はどれも魅力的ですが、ファンの方々が選ぶ人気曲ランキングは興味深いですね。

くるりの人気曲をYouTube再生回数とiTunes売上をもとにランキング形式で発表しました。10位はメジャーデビューシングル「東京」です。デビュー曲ながら高い完成度を誇り、ゆったりとしたメロディでありながらも高揚感を感じさせる名曲です。9位は「赤い電車」です。イントロからテンションが上がる一曲で、遠くへ旅に出たくなるような気分にさせてくれます。8位は「魔法のじゅうたん」です。チオビタ・ドリンクのCMソングとしてもお馴染みで、くるりの代表曲の一つと言えるでしょう。7位は「Rememberme」です。切ないメロディが印象的な一曲で、聞いていると涙が止まらなくなる人もいるかもしれません。6位は「ロックンロール・ハネムーン」です。疾走感あふれるロックナンバーで、くるりのパワフルな一面を感じることができます。5位は「ハイウェイ」です。爽快なメロディが魅力的で、ドライブにぴったりの一曲です。4位は「奇跡」です。アッパーチューンで聴いていると元気が出てきます。3位は「ばらの花」です。切ない歌詞とメロディが印象的で、くるりのバラード曲の中でも特に人気が高いです。2位は「ジュビリー」です。アップテンポな曲調で、ライブでも盛り上がり必至です。1位は「ワールズエンド・スーパーノヴァ」です。映画「銀魂」の主題歌としても話題になった一曲で、くるりの代表曲の一つとして挙げられることが多いです。

「ワールズエンド・スーパーノヴァ」めっちゃ好き!映画の主題歌やったから、めっちゃ覚えてる!

「ばらの花」は、切ない歌詞が心に響くよね。

あら、くるりの曲は懐かしいわね。若い頃、よく聴いていたのよ。

くるりの魅力

くるりは、メンバーチェンジが多いバンドとして有名ですね。

🔖 関連記事の要約!日本の至宝】くるり 驚異的な音楽的冒険を続けるバンドの経歴やオススメ曲は…? カルチャCal

公開日:2021/06/07

日本の至宝】くるり 驚異的な音楽的冒険を続けるバンドの経歴やオススメ曲は…? カルチャCal

✅ くるりは、1996年から活動するベテランバンドであり、近年ますます存在感を高めています。2019年には、相鉄線都心直通を記念したムービーのテーマソングに楽曲が起用され、2020年には新曲「大阪万博」が配信リリースされ話題となりました。また、2021年には結成25周年を迎え、精力的に活動を続けています。

✅ くるりの特徴として、頻繁なメンバーチェンジが挙げられます。バンドというよりプロジェクトに近い存在とも言われており、活動初期から現在の2人体制に至るまで、様々なメンバーが入れ替わってきました。しかし、バンドの核となるのは、ギター&ボーカルの岸田繁とベースの佐藤征史の2人です。

✅ 岸田繁は、くるりのフロントマンであり、作詞作曲も担当しています。幼少期からクラシック音楽やロック、J-POPなど幅広い音楽に触れて育ち、中学3年生でギターを始めました。高校時代には、佐藤征史と出会い、バンド「くるり」を結成しました。

さらに読む ⇒【初めてのチケット購入で10%ポイント付与】 チケット売買ならチケジャム | コンサート・ライブ・試合チケットをリセール|チケジャム【初めてのチケット購入で10%ポイント付与】 チケット売買ならチケジャム | コンサート・ライブ・試合チケットをリセール|チケジャム出典/画像元: https://ticketjam.jp/magazine/music/japan-rock/21634

くるりの音楽は、幅広い世代に愛されているのが分かりますね。

くるりは、デビューから20年以上経ってもなお、多くのファンを魅了し続けているバンドです。多様な音楽性を持つくるりですが、どの曲も聞く人の心を掴む魅力的な楽曲ばかりです。ぜひ、ランキングを参考に、くるりの世界に触れてみてください。

くるりは、メンバー変わっても、音楽は最高!

くるりの音楽は、聞くと元気になるよね!

あら、くるりは若い頃からずっと人気があるのね。時代を超えて愛される音楽って素晴らしいわね。

ユーザーからの声

ユーザーからの声も気になりますね。

🔖 関連記事の要約!くるり、高校の教科書にも掲載された「ばらの花」MVが公開 岸田繁・佐内正史が監督
くるり、高校の教科書にも掲載された「ばらの花」MVが公開 岸田繁・佐内正史が監督

✅ くるりの代表曲「ばらの花」のミュージックビデオが、オフィシャルYouTubeチャンネルでフル公開された。

✅ ミュージックビデオは福島県いわき市の海岸で撮影され、岸田繁・佐内正史が監督を務めている。

✅ これまでショート尺のものが公開されていたが、この度、1月24日のリリース日に合わせてフルサイズが公開された。

さらに読む ⇒SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/313769

ユーザーの方々の声からも、くるりの楽曲の魅力が伝わってきますね。

このランキングは、くるりの全シングル・アルバム曲の中からユーザーが投票によって決まる人気曲ランキングです。投票は、各曲に1〜100の点数をつけることで行い、高い点数を与えた曲が上位にランクインします。ランキングは男女別・年代別など様々な切り口で閲覧することも可能です。ユーザーからは、くるりの代表曲『ばらの花』を進化させた『朝顔』や、力強いリズムで歩みを後押ししてくれる『散歩』、ギターのイントロが印象的な『東京』、隙間なく演奏が詰まった『ジンジャーエール』、励ましの歌詞が心に響く『ファンファーレ』、朝日を眺めながら聴きたい『虹』など、様々な楽曲の魅力が語られています。くるりの音楽は、聴く人の心に寄り添い、勇気を与え、心を躍らせる力を持っていることが、ランキング結果からも伝わってきます。

くるりの曲は、ホンマに心に響くわー!

くるりの音楽は、人生の教科書みたいやね!

あら、くるりの音楽は、時代を超えて愛される音楽なのね。私もまた、くるりの音楽を聴いてみようかしら。

くるりの25周年記念ライブは、バンドの歴史を感じられる貴重なライブだったようですね。

🚩 結論!

💡 くるりは、25周年を迎え、精力的に活動を続けている。

💡 くるりは、メンバーチェンジが多いバンドであり、活動初期から現在まで様々なメンバーが入れ替わってきた。

💡 くるりの音楽は、幅広い世代に愛され、聴く人の心を掴む魅力的な楽曲ばかりである。