Academic Box Logo

真島昌利の音楽人生!ソロ活動の秘密に迫る?ソロ作品の魅力とは!?

真島昌利の音楽人生!ソロ活動の秘密に迫る?ソロ作品の魅力とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 真島昌利は、元THE BLUE HEARTSのギタリストであり、ソロ活動やザ・クロマニヨンズで活躍するミュージシャンです。

💡 真島昌利は、卓越したギターテクニックとソングライティングセンスで、日本のロックシーンに多大な影響を与えています。

💡 真島昌利のソロ活動は、フォーク、ロック、ポップなど、幅広い音楽性で知られています。

それでは、真島昌利さんの音楽人生について、詳しく見ていきましょう。

真島昌利の音楽への道

真島昌利さんの音楽への情熱は、幼少期から現在まで一貫して感じられますね。

🔖 関連記事の要約!ましまろが迎えた「あたらしい季節」 – 音楽・ロックンロールのWEBマガジン「Rock is(ロックイズ)」
ましまろが迎えた「あたらしい季節」 – 音楽・ロックンロールのWEBマガジン「Rock is(ロックイズ)」

✅ ましまろの2016年10月7日渋谷クアトロでのライブは、セカンドアルバム「ましまろに」同様、真島昌利のボーカルから始まり、真城めぐみの歌声と真島昌利のコーラスが融合した独特のアンサンブルが聴衆を魅了した。

✅ 昨年よりもバンドとして成熟し、真島昌利の歌うパートが増えたことで、3人の個性がより際立ち、バンドとしての化学反応を生み出していた。特に真島昌利の歌は、真城めぐみの歌を引き立て、逆に真城めぐみの歌も真島昌利の歌を引き立てる、相乗効果を生み出していた。

✅ ライブは、楽曲のクオリティはもちろんのこと、3人の個性と才能が開花したステージングで、オーディエンスを熱狂の渦に巻き込み、今後のましまろの活動に期待が高まる内容だった。特に、アンコールで演奏された「ハートビート」は、予定外の演奏で、バンドの勢いと今後の可能性を感じさせるものであった。

さらに読む ⇒新人・若手ロックバンドを中心としたロックンロールWEBマガジン「Rock is」(ロックイズ)- ロックンロールに憧れて新人・若手ロックバンドを中心としたロックンロールWEBマガジン「Rock is」(ロックイズ)- ロックンロールに憧れて出典/画像元: https://rock-is.tv/features/201610/2993

ましまろのライブは、まさに音楽の力を感じられる素晴らしい時間でしたね。

真島昌利は1962年2月20日生まれの日本のロックギタリスト・ソングライターです。東京都日野市出身で、幼少期は池袋や花小金井で過ごしました。高校は都立久留米西高校を卒業し、偏差値71の国学院久我山高校への進学を蹴っています。音楽との出会いは中学1年生のとき、友人の家でビートルズの『ツイストアンドシャウト』を聴いたことです。衝撃を受けた真島はすぐにギターを始め、中学2年の終わり頃に友人たちとバンドを結成しました。

マジ!?え、高校辞めてまで音楽やってたん?

そりゃ、ビートルズ聴いたらそうなるわな。わかるわかる。

あら、若い頃はみんなそうよ。私も若い頃はね、ピアノの練習に明け暮れてたんですよ。

バンド活動と音楽への影響

バンド活動を通して、真島昌利さんの音楽観が大きく変化したことがわかりますね。

🔖 関連記事の要約!真島昌利(ザ・クロマニヨンズ)、初の著書『ROCK&ROLL RECORDER』が2月10日に発売!

公開日:2022/02/07

真島昌利(ザ・クロマニヨンズ)、初の著書『ROCK&ROLL RECORDER』が2月10日に発売!

✅ 真島昌利の初の著書「ROCK&ROLL RECORDER」は、ビートルズ、チャック・ベリー、パンクなど、真島自身の音楽遍歴と影響を受けたレコードを紹介するエッセイ集。

✅ 本書は、真島所有の200枚以上のレコードに加え、愛用のギター写真も収録。

✅ 7インチレコードと同じ18×18cmの判型で、真島のロックンロールへの愛情が感じられる一冊となっている。

さらに読む ⇒日本唯一のブルース/ソウル/ゴスペル専門誌公式サイト | ブルース&ソウル・レコーズ日本唯一のブルース/ソウル/ゴスペル専門誌公式サイト | ブルース&ソウル・レコーズ出典/画像元: https://bsrmag.com/info/rockrollrecorder/

真島昌利さんの音楽遍歴をまとめたエッセイ集は、ファン必見ですね。

高校卒業後の1980年には『THEBREAKERS』を結成し、本格的なバンド活動をスタートさせました。1985年に『THEBREAKERS』が解散した後、真島は甲本ヒロトと出会い、ブルーハーツを結成しました。ブルーハーツは1995年に解散し、その後はザ・ハイロウズ、ザ・クロマニヨンズとバンドを結成し、現在も精力的に活動しています。真島は、その卓越したギターテクニックとソングライティングセンスで、日本のロックシーンに多大な影響を与え続けています。

え、ブルーハーツ解散してたん?知らんかったわ〜。

THEBREAKERSって、福岡にもあったような気がするんだけど、違うかな?

あら、若い頃はみんなそうよ。私も若い頃はね、バンドで歌ってたんですよ。

ソロ活動の魅力

真島昌利さんのソロシングルは、どれも魅力的ですね。

🔖 関連記事の要約!真島昌利/マーシーのソロシングルのカップリングは名曲しかないので全曲レビュー】 – M☆MUSIC
真島昌利/マーシーのソロシングルのカップリングは名曲しかないので全曲レビュー】 – M☆MUSIC

✅ 真島昌利のソロシングルは全6枚で、カップリング曲を含む楽曲の魅力を紹介している。

✅ カップリング曲はオリジナルアルバム未収録で、現在入手困難なものが多く、特に「空席(version2)」は高値で取引されている。

✅ カップリング曲のおすすめとして、「ドクターペッパーの夢」「真夜中過ぎの中央線」「バラ色の人生」の3曲が挙げられており、特に初期の楽曲はアコースティックなアレンジが特徴的である。

さらに読む ⇒M☆MUSIC – ★ロックンロールが鳴り響く!! ★ つまらない世界を照らす 馬鹿げた光M☆MUSIC – ★ロックンロールが鳴り響く!! ★ つまらない世界を照らす 馬鹿げた光出典/画像元: https://hinemosu-notari.net/solo-single-c-w/

カップリング曲は、まさに隠れた名曲ですね。

マーシーのソロ活動は、1989年から1994年にかけてリリースされた6枚のシングルがすべて。タイトル曲はもちろん、カップリング曲も魅力的で、ソロの魅力を存分に味わえる。しかし、カップリング曲はシングルズベストやオリジナルアルバムには収録されていないため、手軽に聴くには入手が難しい。特に注目すべきは、初期のカップリング曲である「ドクターペッパーの夢」「真夜中過ぎの中央線」「バラ色の人生」の3曲。アコースティックギター主体のシンプルなアレンジで、マーシーの歌声が際立つ。歌詞も独特の世界観で、聴き手を魅了する。マーシーのソロ音楽は、ブルーハーツとは全く異なる。パンクを求める方には不向きで、むしろロマンチックな歌詞と優しい歌声が魅力。文学的な歌詞にも注目したい。

カップリング曲って、なんかレア感あるよね。

マーシーのソロは、ブルーハーツとはまた違う味があっていいね。

あら、若い頃はみんなそうよ。私も若い頃はね、ギター弾いて歌ってたんですよ。

ソロ作品の魅力

真島昌利さんのソロ作品は、それぞれのアルバムで異なる魅力がありますね。

🔖 関連記事の要約!2024年最新】Yahoo!オークション
2024年最新】Yahoo!オークション

✅ このページでは、配送先地域までの送料を表示できます。

✅ ログインすると、Yahoo! JAPAN IDに登録中の地域が表示されます。

✅ この画面で地域を変更しても保存されません。

さらに読む ⇒Yahoo!オークション - 日本最大級のネットオークション・フリマアプリYahoo!オークション - 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ出典/画像元: https://auctions.yahoo.co.jp/search/search/%E7%9C%9F%E5%B3%B6%E6%98%8C%E5%88%A9%20raw%20life/0/

ソロアルバムは、真島昌利さんの音楽性の幅広さを感じられます。

真島昌利さんのソロワークスを特集。フォーキーなサウンドが特徴的なデビューアルバム「夏のぬけがら」は、夏休みの成長をテーマにした楽曲で高い評価を得ている。セカンドアルバム「HAPPYSONGS」はポップな要素が加わり、スプリングスティーンやコステロのような煌びやかなサウンドに仕上がっている。3作目の「RAWLIFE-Revisited-」は、佐久間正英プロデュースによるロックアルバムで、力強くヒリヒリとしたサウンドが魅力。シングル「アンダルシアに憧れて」は、ザ・ブルーハーツ以前のバンド「ザ・ブレーカーズ」時代の楽曲で、近藤真彦もカバーした。ライブアルバム「LIVE Another Summer」は、新宿日清パワーステーションでのライブを収録。ソロモン・バークのカバー曲も収録されている。

ライブアルバムとか、めっちゃ気になる!

ソロモン・バークって誰?気になる〜。

あら、若い頃はみんなそうよ。私も若い頃はね、レコード集めてたんですよ。

プライベートと著書について

真島昌利さんのプライベートは謎が多いですが、音楽への情熱は伝わってきますね。

🔖 関連記事の要約!真島昌利の初の著書『ROCK&ROLL RECORDER』 2022年2月に発売!
真島昌利の初の著書『ROCK&ROLL RECORDER』 2022年2月に発売!

✅ 真島昌利の初の著書「ROCK&ROLL RECORDER」は、彼が幼少期からザ・ブルーハーツ結成までを自身の言葉で振り返る、アナログ・レコードを軸にした貴重な内容となっている。

✅ 本書には、ビートルズ、ローリング・ストーンズなど200枚以上のレコード紹介に加え、真島の私物ギター写真や、7インチ・レコードと同じ18×18cmの判型など、こだわりと遊び心が詰まっている。

✅ ザ・ハイロウズやザ・クロマニヨンズのアートディレクター菅谷晋一がデザインを担当し、西槇太一やDream Ayaが撮影に参加するなど、豪華な制作陣が真島の音楽的ルーツを色鮮やかに表現している。

さらに読む ⇒ギター・マガジンWEB|Guitar magazineギター・マガジンWEB|Guitar magazine出典/画像元: https://guitarmagazine.jp/news/2021-1214-mashima-rock-roll-recorder/

真島昌利さんの音楽への情熱が詰まった一冊ですね。

真島昌利さんは、元THE BLUE HEARTSのギタリストで、現在はザ・クロマニヨンズのメンバーとしても活動しています。プライベートを公表しないスタンスですが、結婚していることは確実で、一般の方との結婚が濃厚とされています。奥さんの名前は「久美子」さんという噂がありますが、確証はありません。娘さんは「真島もも子」さんで、モデルとして活動しています。真島昌利さんはハーフではないと本人が否定しており、現在「ましまろ」というバンドで活動しています。ザ・クロマニヨンズの真島昌利が、初の著書『ROCK&ROLLRECORDER』を2022年2月10日に発売。本書は、ビートルズとの出会いからザ・ブルーハーツ結成前までの軌跡を、真島の言葉で綴ったエッセイであり、ディスクガイドでもある。幼少期からパンク・ロックへの衝撃、そしてブルーハーツ結成に至るまでの道のりを、真島自身の言葉と写真で振り返る。レコード愛溢れる内容で、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、セックス・ピストルズなど、真島が愛してやまないアーティストや楽曲を紹介。さらに、真島が所有する200枚以上のレコードや、愛用のギターなども掲載。7インチ・レコードと同じ18×18cmの判型で、144ページという充実した内容となっている。

え、結婚してたん?知らんかった〜。

娘さん、モデルやってんのか。すげぇ〜。

あら、若い頃はみんなそうよ。私も若い頃はね、本を読むのが好きでね。

真島昌利さんの音楽人生は、まさに伝説ですね。

🚩 結論!

💡 真島昌利は、ロック界のレジェンドであり、その才能は多くのミュージシャンに影響を与えています。

💡 真島昌利のソロ活動は、その音楽的な幅広さと魅力的な楽曲で、多くのファンを魅了しています。

💡 真島昌利の音楽は、これからも多くの人々に愛され続けるでしょう。