Academic Box Logo

森山良子の名曲「涙そうそう」はどんな曲?その誕生秘話と愛される理由を探る「涙そうそう」誕生秘話とは!?

森山良子の名曲「涙そうそう」はどんな曲?その誕生秘話と愛される理由を探る「涙そうそう」誕生秘話とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 「涙そうそう」は、夏川りみさんの代表曲である

💡 BEGINの楽曲提供によって生まれた曲である

💡 森山良子さんの作詞によって完成した曲である

それでは、最初の章に移りましょう。

「涙そうそう」誕生秘話

「涙そうそう」は、夏川りみさんの代表曲として、多くの人に愛されていますね。

🔖 関連記事の要約!亡き兄への想いを預かり歌にのせて~名曲「涙そうそう」に込められたもの~【OKINAWA SONG BOOK~沖縄歌集~『涙そうそう・夏川りみ 編』 】

公開日:2023/02/16

亡き兄への想いを預かり歌にのせて~名曲「涙そうそう」に込められたもの~【OKINAWA SONG BOOK~沖縄歌集~『涙そうそう・夏川りみ 編』 】

✅ 「涙そうそう」は、夏川りみさんの代表曲であり、沖縄サミット2000年の際にBEGINの演奏を聴いた夏川りみさんが、この曲に心を奪われたことから生まれた。

✅ 夏川りみさんは、BEGINに「涙そうそう」を歌いたいと強く願ったが、BEGINは新曲「あなたの風」を彼女のために制作していた。しかし、夏川りみさんの強い思いを受け、レコーディングが実現した。

✅ 「涙そうそう」の歌詞は、森山良子さんがBEGINから楽曲とタイトル「涙そうそう」を受け、亡くなった兄への想いを込めて作詞した。夏川りみさんは、この歌の背景を知った上で、曲に込めた想いを深く理解し、歌い継いでいる。

さらに読む ⇒OTV 沖縄テレビ放送OTV 沖縄テレビ放送出典/画像元: https://www.otv.co.jp/okitive/article/26996/

夏川りみさんとBEGIN、そして森山良子さんのそれぞれの思いが詰まった曲なんですね。

森山良子は、東京都出身のフォークシンガーであり、沖縄とは縁がありませんでした。しかし、ライブで共演した沖縄の3人組アコースティックバンドBEGINから、沖縄の曲を依頼されました。BEGINから送られてきたデモテープには、「涙そうそう」というタイトルと沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味が書かれていました。森山良子は、このタイトルと歌詞に込められた亡くなった兄への想いを聞いて、若くして亡くなった兄への想いを封印していた感情を歌詞に込めて、たった一晩で「涙そうそう」を書き上げたと言われています。

へぇー、知らんかったわ!なんか感動する話やなぁ。

そうやね、なんかいい話やね。

あら、若い人がこんな古い話知っとるんや!

「涙そうそう」が愛される理由

「涙そうそう」は、多くの人々に愛される曲ですが、その理由は何でしょうか?

🔖 関連記事の要約!森山良子が抱え続けた23歳の兄の死 なんでの思い、涙そうそう:朝日新聞デジタル

公開日:2022/03/30

森山良子が抱え続けた23歳の兄の死 なんでの思い、涙そうそう:朝日新聞デジタル

✅ 森山良子はデビュー当初、フォークシンガーとして活動していましたが、フォークブームの中で「フォークの女王」と呼ばれることに抵抗を感じていた。

✅ フォークブームが下火になった後、歌謡曲調の楽曲を提供され、自身の音楽性を狭められていると感じたこともあった一方で、ヒットを生み出すためのスタッフ陣の情熱に圧倒された。

✅ デビュー55周年を迎え、初のオールタイムCD―BOX「MY STORY」を発売した。記事では、亡き兄を思い作った「涙そうそう」、沖縄戦を歌えなかった過去、ウクライナ情勢への思い、74歳にしてようやく目指す音域にたどり着いたというエピソードが紹介されている。

さらに読む ⇒朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト出典/画像元: https://www.asahi.com/articles/ASQ3Y5CJCQ3XUCVL03G.html

森山良子さんの音楽人生は、様々な経験と楽曲に彩られていますね。

「涙そうそう」は、亡くなった兄への想いを歌った曲ですが、別れの歌、卒業ソングとしても親しまれています。その普遍的なテーマは、多くの人々の共感を呼び、世代を超えて愛される名曲となっています。歌詞には、亡くなった兄への想いが、切なくも温かく表現されています。兄の笑顔や思い出が、森山良子の心に深く刻まれている様子が伝わってきます。特に、一番星に兄を重ねて、語りかけるシーンは印象的です。兄への愛情と、もう会えない悲しみ、そしてそれでも前向きに生きていく強い意志が感じられます。

なんか切ない歌やなぁ、でも、なんか元気ももらえる。

うん、わかるわかる。普遍的なテーマってやつかな?

あら、若いもんは、こんな切ない歌もわかるんやね。

森山良子の音楽人生

森山良子さんの音楽人生は、55周年を迎え、新たな章を迎えていますね。

🔖 関連記事の要約!森山良子『MY STORY』
森山良子『MY STORY』

✅ 森山良子デビュー55周年を記念したCD-BOX「MY STORY」が、ソニー・ミュージックダイレクトから通販限定発売。

✅ 900曲以上の中から厳選された159曲を収録し、シングル全62曲を網羅。幻のドラマ主題歌や未発表アルバムからの楽曲など、初商品化・初CD化音源も多数収録。

✅ 別冊ブックには全曲歌詞、詳細なディスコグラフィー、4万字の解説を掲載。森山良子本人も、解説に書かれた内容に驚いたとコメント。現在、コンサートツアー「~My Story~」を開催中で、2022年4月27日には東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールでの公演が予定されている。

さらに読む ⇒大人のための音楽/エンタメ総合ウェブサイト otonano PORTAL大人のための音楽/エンタメ総合ウェブサイト otonano PORTAL出典/画像元: https://www.110107.com/s/oto/page/ryoko_moriyama

森山良子さん自身の言葉から、音楽に対する情熱と深い思いを感じます。

森山良子さんは、デビュー当初はフォークブームの波に乗り「フォークシンガー」として活動していましたが、ジャンル分けに対する抵抗感や、フォーク以外の音楽を追求する難しさを感じていました。その後、歌謡曲調の曲を提供されたり、プロのスタッフ陣の熱意に触れたりと、様々な経験を経てきました。デビュー55周年を迎え、初のオールタイムCD-BOX「MYSTORY」を発売。人生にとって重要な楽曲として「涙そうそう」を挙げ、亡き兄への思いや、沖縄戦を歌えなかった過去、ウクライナ情勢への思い、74歳にしてようやく目指す音域に達したというエピソードを語っています。

えー、森山良子って、こんなにもたくさんの曲作ってるんや!

すごいな、55周年って。やっぱ、レベチやな。

あら、若いもんは、昔の歌も聴くんやね。

兄の死と「涙そうそう」

森山良子さんの兄の死は、彼女の音楽に大きな影響を与えたようです。

🔖 関連記事の要約!森山良子の兄の急死理由と死因!兄との関係も総まとめ
森山良子の兄の急死理由と死因!兄との関係も総まとめ

✅ 森山良子の兄は、若い頃に急死しました。

✅ 具体的な死因は記事では明記されていませんが、森山良子が「急性心不全」という言葉を使用していることから、兄の死因は心不全の可能性が高いと考えられます。

✅ 森山良子は、亡くなった兄を偲んで「涙そうそう」という曲を制作しました。

さらに読む ⇒Artyアーティ|音楽・アーティストまとめサイトArtyアーティ|音楽・アーティストまとめサイト出典/画像元: https://arty-matome.com/I0001223

音楽を通して、兄への想いを表現しているんですね。

森山良子の兄は、若い頃に急死しました。死因は明らかになっていませんが、森山良子自身は「急性心不全」と語っています。兄が亡くなった後、森山良子は兄の事を思って「涙そうそう」という曲を制作しました。

めっちゃ悲しい話やん…

なんか、グッとくる話やね。

あら、若いもんは、こんな悲しい話もわかるんやね。

本日は、森山良子さんの名曲「涙そうそう」についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 「涙そうそう」は、夏川りみさんの代表曲であり、BEGINの楽曲提供によって生まれた曲である。

💡 作詞は森山良子さんが担当し、亡くなった兄への想いを込めた作品である。

💡 「涙そうそう」は、別れの歌、卒業ソングとしても親しまれ、世代を超えて愛される名曲となっている。