Academic Box Logo

Reolの音楽活動は今、どんな状況?~最新アルバム『金字塔』リリース&中国ツアー決定!~新たなフェーズへ突入!とは!

Reolの音楽活動は今、どんな状況?~最新アルバム『金字塔』リリース&中国ツアー決定!~新たなフェーズへ突入!とは!
📘 この記事で分かる事!

💡 Reolさんが1月22日にニューアルバム『金字塔』をリリース

💡 アルバムにはライブ映像やミュージックビデオが収録

💡 4月には中国5都市を回るツアーが開催

それでは、Reolさんの音楽活動について詳しく見ていきましょう。

Reolの歩み

Reolさんの音楽活動は、常に進化を続けているように感じますね。

🔖 関連記事の要約!Reol、「劣等上等」ライブ映像公開&本人チャット参加のMVプレミア公開決定
Reol、「劣等上等」ライブ映像公開&本人チャット参加のMVプレミア公開決定

✅ Reolが1月22日にリリースするニューアルバム「金字塔」の初回限定盤に付属する特典映像より「劣等上等」のライブ映像を公開。アルバムにはライブ映像6曲、ミュージックビデオ3曲、メイキング映像が収録されている。

✅ さらに、App Store CM曲「HYPE MODE」のミュージックビデオが1月22日00:00にプレミア公開されることが決定し、4月には中国5都市を回るツアー「ハーメルンの大号令」が開催されることが発表された。

✅ 「金字塔」はストリーミングサービスやiTunes Storeなど主要ダウンロードサービスにて1月22日から配信開始。LINE MUSIC、「金字塔」Apple Music & Spotifyキャンペーンも実施される。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000177554

ライブ映像も楽しみです!

Reolは、2012年からニコニコ動画で歌ってみた動画を投稿し、2015年にソロアーティストとしてメジャーデビューを果たしました。2016年には、サウンドクリエイターのギガ、映像クリエイターのお菊と共にユニット「REOL」を結成しましたが、2017年10月に解散しました。2018年1月よりソロアーティストとして再始動し、現在ではマルチクリエイターとして活躍しています。Reolの代表曲は、「エンドサイサキ」「劣等上等」「煩悩遊戯」「ゆーれいずみー」「第六感」「1LDKQ?」「ウテナ」「HYPEMODE」「最後に」「誕生日」などです。これらの曲は、パワフルなサウンドと癖になる歌声で、Reolのオリジナルの魅力を発信しています。

まじ!?めっちゃ気になるわ!

Reolさんって、歌上手いよね!

あのね、Reolさんってね、未来が見えるのよ。

音楽への情熱

Reolさんの音楽活動は、まさに情熱の塊ですね!

🔖 関連記事の要約!Reol(れをる) とは
Reol(れをる) とは

✅ Reolは2012年頃から音楽活動を開始し、2015年にソロアーティストとしてメジャーデビューを果たしました。

✅ 2016年にはGiga、お菊と音楽ユニット「REOL」を結成し、2017年に解散。その後、2018年に「Reol」名義でソロ活動を再開しました。

✅ 近年はYouTubeチャンネル登録者数100万人突破、楽曲のストリーミング再生回数1億回突破、日本武道館ワンマンライブ開催を発表するなど、精力的に活動しています。

さらに読む ⇒KAI-YOU.net | POP is Here .KAI-YOU.net | POP is Here .出典/画像元: https://kai-you.net/word/Reol

幼少期から音楽に触れてきた経験が、今のReolさんの音楽に繋がっているんですね。

Reolは、幼少期からピアノや吹奏楽に親しみ、クラシック音楽を愛してきました。中学時代には金賞を目指して吹奏楽部に所属し、高校ではバンド活動を経験しました。その後、ネット上で歌い手゛れをる゛として活動を始め、ユニットREOLを結成した際には、歌姫としてユニットを牽引しました。ソロ活動では、より自分の音楽を追求したいという強い思いから、作詞作曲を自ら手がけるようになりました。Reolは、ソロ活動において、より自分の音楽を肯定し、クリエイティヴ面でひとり立ちすることを目指しています。

Reolさん、めっちゃ努力家やんな!

音楽への情熱が伝わってくるね!

音楽はね、魂を揺さぶる力があるのよ。

レーベル移籍と新章

レーベル移籍は、Reolさんにとって大きな転換期だったんですね。

🔖 関連記事の要約!Reol「COLORED DISC」インタビュー
Reol「COLORED DISC」インタビュー

✅ Reolは、レーベル移籍と新たなチーム体制によって、自身の音楽活動の゛楽しさ゛を取り戻し、より多角的な視点を取り入れた作品作りを目指すようになった。

✅ 活動初期から確立してきたReol像を壊し、アップデートしていく段階に入っていることを表明し、信頼できるチームと共に、より尖り、ソリッドな音楽を追求していく意欲を示している。

✅ タイアップへの考え方も変化し、Reolというブランドを確立することで、多様な作品を展開していく未来への展望を語っている。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/pp/reol07

新天地での活動、今後の展開が楽しみです!

Reolは、今年春にレーベル移籍を発表し、新天地で自身初のCDシングル「COLOREDDISC」をリリースしました。今作にはアグレッシブな先行配信曲「SCORPION」、音楽的探究心を感じさせる「secrettrip」、ツアー「激情アラート」のインタールードとして生まれた「感情が群れを成すパレイド」の3曲が収録されています。インタビューでは、コロナ禍で活動を続ける意味を問い直した結果、レーベル移籍を決断し、新体制で制作活動を進めていることが明らかになりました。Reolは、初期の頃は自分の美学に基づいた作品作りにこだわっていたが、キャリアを重ねるにつれて、より多角的な視点を取り入れ、自分自身をアップデートする必要性を感じているという。信頼できるチームと出会い、より開かれた制作体制になったことで、Reolは尖り続けながらソリッドな作品を生み出し続けていくという決意を表明しています。

わぁ、新しいチームと組んで、Reolさん、ますます輝いてるやん!

レーベル移籍って、新しい音楽の扉が開く感じだよね!

移籍って、生まれ変わりのようなものよ。

最新ミニアルバム『虚構集』

最新ミニアルバム『虚構集』は、Reolさんの新たな一面を垣間見れる作品になりそうですね。

🔖 関連記事の要約!Reol、新ミニアルバム『虚構集』より「エンド」MV公開
Reol、新ミニアルバム『虚構集』より「エンド」MV公開

✅ Reolが、3月14日にリリースするミニアルバム「虚構集」より、「エンド」のMVを公開しました。

✅ MVは、゛不甲斐無い自分との惜別゛をテーマに、Reol自身の葬式を軸に描かれており、ソロアーティストとして新たな道を歩むReolの決意が込められています。

✅ ミニアルバム「虚構集」は、ソロアーティストReolとして初めての作品で、これまでユニット゛REOL゛として活動してきた彼女が、一人の人間として作りたい音楽を探求し、考え抜いて生み出した作品です。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2018/03/post-167416.html

「エンド」のMV、とても印象的でした。

Reolは、3月14日(水)にリリースされる最新ミニ・アルバム『虚構集』で、よりエゴイスティックに自己と向き合った作品を世に送り出します。ネットネイティヴ世代が抱える゛リアルとバーチャル゛、゛フィクションとノンフィクション゛の狭間で生まれた葛藤をテーマにした5曲のポップミュージックは、聴く人の心を揺さぶる力を持つ。リード曲「エンド」と「あ可よろし」では、サウンド・プロデューサーにミト(クラムボン)を迎え、CONNECTONEという気鋭のスタッフワークを得て制作されました。

Reolさんのソロ活動、めっちゃ楽しみやねん!

ソロ活動でも、Reolさんの個性は光ってるね!

虚構って、真実の裏側にあるものよ。

新たな表現と未来への展望

Reolさんは、常に進化を続け、新しい表現に挑戦していますね。

🔖 関連記事の要約!Reolの変化。゛誰かのために作る゛音楽、゛ルーツ゛にインスパイアされた音楽。新たなフェーズに立つ今を聞く – THE FIRST TIMES
Reolの変化。゛誰かのために作る゛音楽、゛ルーツ゛にインスパイアされた音楽。新たなフェーズに立つ今を聞く – THE FIRST TIMES

✅ Reolはレーベル移籍後、新チームと「激情アラート」ツアーを行い、新曲「赤裸裸」をリリースし、新たなフェーズに突入した。

✅ Reolは以前は自分のために音楽を作り続けてきたが、最近は誰かのために音楽を作りたいという気持ちを持つようになり、それは新チームとの出会いがきっかけだった。

✅ Reolは「赤裸裸」を通して、リスナーを引っ張り上げたいという気持ちや、音楽を通して社会的に意味のあることをしたいという意志を表明した。

さらに読む ⇒THE FIRST TIMESTHE FIRST TIMES出典/画像元: https://www.thefirsttimes.jp/interview/0000171728/

Reolさんの音楽は、聴く人の心を強く揺さぶりますね。

2022年春にライブハウスツアー「ReolOnemanLive2022激情アラート」を開催し、新チームとの共同作業で新たなフェーズへの突入を感じたReolは、5月には配信シングル「赤裸裸」をリリースしました。レーベル移籍後初となる楽曲で、自身の決意表明ともいえるストレートなロックチューンを世に送り出したこの曲は、Reolの音楽性の進化を感じさせます。近年は、自分のために音楽を作るのではなく、誰かのために音楽を作りたいという気持ちが強まっているというReol。これは、新しいチームとの出会いによって生まれた変化であり、社会的に意味のある音楽を届けたいという意識が芽生えたことで、リスナーの背中を押したり、引っ張り上げたりしたいという思いへと繋がっています。Reolは、自身の音楽を通して、聴き手の感情を鼓舞し、共に歩むことを目指しています。その想いは、7月配信の「煽げや尊し」や、デビュー曲のリミックス「Notitle–SeasideRemix」といった楽曲にも表れています。

Reolさん、ホンマにカッコええわ!

Reolさんの音楽は、聴くたびに心が熱くなる!

音楽はね、未来を創る力があるのよ。

Reolさんの音楽活動は、これからも目が離せませんね。

🚩 結論!

💡 Reolさんは、ソロアーティストとして新たな章をスタート

💡 レーベル移籍によって新たなチーム体制で活動

💡 自身の音楽を常に進化させ、新たな表現に挑戦している