Academic Box Logo

ロザンナ・ザンボンの人生は波乱万丈?イタリアから日本へ、そして開頭手術とは!?

ロザンナ・ザンボンの人生は波乱万丈?イタリアから日本へ、そして開頭手術とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ロザンナ・ザンボンはイタリア生まれの歌手で、日本でも活躍されています。

💡 彼女は夫の出门英さんとデュオ「ヒデとロザンナ」を結成し、多くのヒット曲を世に送り出しました。

💡 また、ロザンナさんは料理研究家としても活躍されています。

それでは、ロザンナ・ザンボンの壮絶な人生について、詳しく見ていきましょう。

ロザンナ・ザンボンの来日と結婚

ロザンナさんの来日は、まさに運命的な出会いだったんですね。

🔖 関連記事の要約!ヒデとロザンナ
ヒデとロザンナ

✅ ヒデとロザンナは、日本の歌手デュオで、後に結婚しました。

✅ ヒデは日本で生まれ、ロザンナはイタリア生まれです。

✅ デュオは1968年から1990年まで活動し、歌謡曲やボサノヴァを歌っていました。

さらに読む ⇒WikiwandWikiwand出典/画像元: https://www.wikiwand.com/ja/%E3%83%92%E3%83%87%E3%81%A8%E3%83%AD%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%8A

イタリアから日本へ、言葉も文化も違う環境で、それでも夫とのデュオを結成し、日本で活躍されたのは本当に素晴らしいことです。

ロザンナ・ザンボンは、イタリア共和国ベネト州スキオ生まれの歌手、タレントです。音楽学院卒業後、グループ歌手として来日し、ヒデと出会って「ヒデとロザンナ」を結成しました。1968年に夫となる出門英さんと「ヒデとロザンナ」を結成し、「愛の奇跡」などのヒット曲を世に送り出しました。ロザンナは、イタリアでアマチュアバンドで歌っていた時に、叔父2人から東京オリンピックの際に東京に呼ばれたバンドに女の子を加える案として誘われたことが来日のきっかけだった。最初は半年くらいの滞在を予定していたが、結局は日本に残ることになった。来日当初は日本語が全く分からず、夫のヒデさん以外との会話は難しかった。しかし、ヒデさんはロザンナに合わせて簡単な単語で話してくれたため、コミュニケーションを取ることができたという。また、ロザンナは、来日当初は木造アパートに住んでおり、イタリアとは異なる生活環境に戸惑ったことを明かした。特に、木のお風呂に衝撃を受け、どのように使うのか理解できなかったというエピソードを語った。ロザンナはヒデさんと出会ってから6年半、彼を追い続け、最終的に結婚に漕ぎつけた。結婚した時は、長い間努力してきた成果を実感し、喜びを感じたという。

えー、まじ!?イタリアから日本に来るって、めっちゃ勇気いるやん!

おー、ロザンナさん、イケメンのヒデさんと出会って良かったじゃん!

あら、若い頃は、ロザンナさんも美人さんだったのね。

ロザンナ・ザンボンの多岐にわたる活動

ロザンナさん、多岐にわたる活動、本当にすごいですね!

🔖 関連記事の要約!ロザンナのプロフィール
ロザンナのプロフィール

✅ ロザンナさんは、イタリア生まれで2歳半で小児麻痺にかかりましたが奇跡的に回復し、その後も病弱な子供時代を過ごしました。17歳で来日し、ナイトクラブで歌っていた際に、デュエットパートナーを探していた歌手・出門ヒデさんと出会い、68年にデュエット「ヒデとロザンナ」を結成しました。

✅ 「ヒデとロザンナ」はデビュー曲「愛の奇跡」が大ヒットし、その後も数々のヒット曲を出し、70年には「愛は傷つきやすく」でオリコン1位を獲得、NHK紅白歌合戦にも出場するなど、人気歌手となりました。しかし、プライベートではマスコミとのトラブルにより、一時芸能界追放状態となり、仕事が激減してしまいます。

✅ その後、活動を再開し、90年にヒデさんが亡くなった後もソロ歌手として活躍、91年にはドラマ化された自身の半生を描いた作品「ヒデとロザンナ物語」の主題歌でソロデビューを果たしました。20年には狩人の高道さんとデュオ「タカ&ロザンナ」を結成、現在も芸能活動のほか、イタリア家庭料理研究家としても活躍しています。

さらに読む ⇒ワダマメドットコムワダマメドットコム出典/画像元: https://www.wadamame.com/entry/rosanna

小児麻痺を克服されたこと、芸能界追放状態を乗り越えられたことなど、大変な経験を乗り越えてこられたんですね。

ロザンナは、料理、人形作り、絵を描くこと、歌うこと、踊ることが趣味で、イタリア家庭料理に関する著書を多数出版しています。主な活動としては、テレビ朝日系「モーニングショー」のレギュラーメンバー、ソロシンガーとして「LoveAlways」でデビュー、NHK総合「第36回思い出のメロディー」出場、日本テレビ「スーパーテレビ〜13年目の愛の奇跡―ヒデとロザンナ物語」放送、東京新聞「ロザンナのの人生相談」連載などがあります。また、料理ビデオ「ロザンナのとっても簡単イタリアン」を発売し、映画「アンを探して」に初出演、電子調理器「マンマロザンナ」を発売するなど、多岐にわたる活動をしています。さらに、2022年5月にはBS朝日「人生歌がある」で五木ひろしと「愛は傷つきやすく」を熱唱し、現在も精力的に活動しています。

ええっ、ロザンナさんって、料理もできるん!?知らんかったー!

ロザンナさん、めちゃくちゃ多才やな!尊敬するわ!

あら、ロザンナさんは、今でも元気そうでよかったわ。

ロザンナ・ザンボンの開頭手術

開頭手術って、本当に大変だったと思います。

🔖 関連記事の要約!ロザンナ、3年前の開頭手術を振り返る「開けましたよ。がまぐちみたいに」未破裂脳動脈瘤で(日刊スポーツ)
ロザンナ、3年前の開頭手術を振り返る「開けましたよ。がまぐちみたいに」未破裂脳動脈瘤で(日刊スポーツ)

✅ ロザンナは、かつてくも膜下出血で亡くなった母親のこともあり、自身も脳動脈瘤の検査を受けたところ、3つの脳動脈瘤が見つかり、開頭手術を受けた。

✅ 手術は当初、カテーテルで行う予定だったが、場所的に開頭手術が必要と診断され、セカンドオピニオンを求めて、日本最高峰の病院を紹介された。

✅ ロザンナは開頭手術後、70代とは思えないほどの回復力を見せ、1か月で2回の手術を終えた。

さらに読む ⇒goo ニュースgoo ニュース出典/画像元: https://news.goo.ne.jp/article/nikkangeinou/entertainment/f-et-tp0-240527-202405270001085.html

ロザンナさんの回復力、本当に素晴らしいですね!

歌手ロザンナ(73)は、テレビ朝日「徹子の部屋」に出演し、3年前に受けた開頭手術について初告白しました。きっかけは、友人の歌手のくも膜下出血による倒れで、自身も脳ドックを受けた結果、未破裂脳動脈瘤が3つ見つかったことでした。医師から開頭手術を勧められ、セカンドオピニオンを求めた結果、日本で最高の病院の医師に手術を依頼しました。手術は2回行われ、1回目は9時間かかり、2回目の手術は1カ月後のことでした。ロザンナは手術の不安を隠しながらも、ピースサインをするなど明るく振る舞っていたことを明かし、娘の万梨音は母の回復力に驚いたことを語りました。

まじ!?開頭手術って、めっちゃ怖い…ロザンナさん、強すぎ!

おー、ロザンナさん、手術も乗り越えて、元気そうでよかった!

あら、ロザンナさん、手術したって、全然分からんわね。

夫・出門英さんの死とロザンナへの支え

夫を亡くされた悲しみは、想像を絶するものだったと思います。

🔖 関連記事の要約!ロザンナ ヒデさん他界で泣いてばかりいた時「生まれ変わった」8歳長女のからの言葉とは「目からうろこ」(2024年5月27日)
ロザンナ ヒデさん他界で泣いてばかりいた時「生まれ変わった」8歳長女のからの言葉とは「目からうろこ」(2024年5月27日)

✅ ロザンナは「徹子の部屋」に出演し、亡くなった夫との思い出や、夫の死後、娘の言葉で立ち直れたことを語った。

✅ 娘の万梨音は、当時8歳だった自身がロザンナを心配し、亡くなった父親について言葉をかけていたことを明かした。

✅ ロザンナの夫の言葉「悲しいのはママだけじゃないからね!」が、ロザンナを奮い立たせ、仕事に復帰するきっかけになったことが語られた。

さらに読む ⇒BIGLOBEニュースBIGLOBEニュース出典/画像元: https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0527/spn_240527_9976340821.html

娘さんの言葉が、ロザンナさんの支えになったんですね。

ロザンナは、1968年に夫となる出門英さんと「ヒデとロザンナ」を結成し、「愛の奇跡」などのヒットを生み出した。番組では、出門英さんが亡くなって34年という話題に。ロザンナは、英さんの明るさと遊び上手さを懐かしむとともに、英さんが亡くなった時の悲しみを乗り越えられたのは、当時8歳だった長女の万梨音の言葉「悲しいのはママだけじゃないのよ」のおかげだと明かした。万梨音は、英さんが亡くなった後、いつも明るい母が元気をなくしていたことに不安を感じていたことを語り、当時のロザンナの気持ちを察することができたと話した。ロザンナは、万梨音の言葉がきっかけで仕事に励むことができ、現在も音楽活動を続けていることを感謝した。

えー、ロザンナさん、めっちゃ悲しい思いをしたんやな…

ロザンナさん、つらい経験があったんやけど、娘さんの言葉で立ち直れたんは、本当に素晴らしいことやね!

あら、ロザンナさんは、素敵な娘さんをお持ちなのね。

大家族の賑やかさ

ロザンナさんの家族は、本当に賑やかで温かいですね。

🔖 関連記事の要約!ロザンナ 開頭手術を受けていた 3年前出演した「徹子の部屋」は病室で視聴(東スポWEB)
ロザンナ 開頭手術を受けていた 3年前出演した「徹子の部屋」は病室で視聴(東スポWEB)

✅ ロザンナは「徹子の部屋」に出演し、3年前に未破裂脳動脈瘤の手術を受けたことを明かした。

✅ 手術は1か月に2回行われ、ロザンナは9時間の手術に恐怖を感じながらも、回復し再び「徹子の部屋」に出演できたことを喜んだ。

✅ 娘の万梨音は、ロザンナの回復力に驚き、手術の経過について語った。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/articles/165a89676498602a1466d93813d51a8dcf3f9eb5

ロザンナさんの家族の絆の深さが伝わってきます。

ロザンナは、1968年に夫となる出門英さんと「ヒデとロザンナ」を結成し、長女の万梨音と共に「徹子の部屋」に出演しました。番組では、故人となった出門英さんの話題になり、ロザンナは彼の明るさと遊び上手な性格を懐かしそうに語りました。また、家族構成について、3人の子供と、孫が7人、ひ孫が1人いることを明かし、大家族の賑やかさを伺わせました。特に、長女の万梨音は、孫が小学校1年生から23歳まで幅広い年齢層であることを説明し、ロザンナは、22歳の孫の結婚と、ひ孫誕生への期待を述べました。長女の万梨音は、幼少期よりテレビやCM、雑誌などに出演し、現在は高校生と中学生の母親です。

ロザンナさん、めっちゃ大家族やん!羨ましいわー!

ロザンナさん、孫もいっぱいおって、幸せそうで良かった!

あら、ロザンナさんは、孫もいっぱいおって、賑やかそうね。

ロザンナ・ザンボンさんの壮絶な人生について、ご紹介しました。

🚩 結論!

💡 ロザンナ・ザンボンさんは、イタリアから日本へ渡り、歌手として活躍されてきました。

💡 彼女は、夫の出门英さんとデュオ「ヒデとロザンナ」を結成し、多くのヒット曲を世に送り出しました。

💡 プライベートでは、開頭手術や夫の死など、多くの困難を乗り越えてこられました。