Academic Box Logo

ロザンナ・ザンボンの人生はドラマティック?イタリアから日本へ、そして愛と別れ、そして今!!

ロザンナ・ザンボンの人生はドラマティック?イタリアから日本へ、そして愛と別れ、そして今!!
📘 この記事で分かる事!

💡 ロザンナ・ザンボンさんは、イタリア生まれの歌手、タレント。

💡 夫であるヒデとの出会い、結婚、そして別れ、その後の人生について語ります。

💡 開頭手術の告白、家族の支え、そして現在に至るまで、様々な出来事を経験してきました。

それでは、ロザンナ・ザンボンさんの波乱万丈な人生について、詳しく見ていきましょう。

ロザンナ・ザンボンのプロフィールと活動

ロザンナ・ザンボンさんは、イタリアで音楽学院を卒業後、歌手として日本に渡ったんですね。

🔖 関連記事の要約!最新】ロザンナさんの現在!息子や娘さんとの関係は?経歴や自宅・孫の存在まで徹底解説

公開日:2024/05/26

最新】ロザンナさんの現在!息子や娘さんとの関係は?経歴や自宅・孫の存在まで徹底解説

✅ ロザンナさんは、1967年に日本に渡り、1968年に「ヒデとロザンナ」を結成し、日本で歌手として活躍しました。

✅ 夫の出門英さんと結婚し、2人の息子と1人の娘をもうけましたが、1990年に夫が亡くなり、その後はソロ歌手やタレントとして活動を続けました。

✅ 2017年に日本国籍を取得し、現在は孫たちと過ごす時間を大切にしながら、自宅で充実した日々を送っています。

さらに読む ⇒遊人の部屋 | 雑学・芸能・怖い話・おすすめ色々遊人の部屋 | 雑学・芸能・怖い話・おすすめ色々出典/画像元: https://zatsugaku111.com/?p=2165

たくさんの趣味をお持ちで、本当に素敵な方ですね。

ロザンナ・ザンボンは、イタリア共和国ベネト州スキオ生まれの歌手、タレントです。音楽学院卒業後、グループ歌手として来日し、ヒデと出会って「ヒデとロザンナ」を結成しました。ロザンナは、料理、人形作り、絵を描くこと、歌うこと、踊ることが趣味で、イタリア家庭料理に関する著書を多数出版しています。主な活動としては、テレビ朝日系「モーニングショー」のレギュラーメンバー、ソロシンガーとして「LoveAlways」でデビュー、NHK総合「第36回思い出のメロディー」出場、日本テレビ「スーパーテレビ〜13年目の愛の奇跡―ヒデとロザンナ物語」放送、東京新聞「ロザンナのの人生相談」連載などがあります。さらに、料理ビデオ「ロザンナのとっても簡単イタリアン」を発売し、映画「アンを探して」に初出演、電子調理器「マンマロザンナ」を発売するなど、多岐にわたる活動をしています。2022年5月にはBS朝日「人生歌がある」で五木ひろしと「愛は傷つきやすく」を熱唱し、現在も精力的に活動しています。

え、まじ!?ロザンナさん、めっちゃ多才やん!

ロザンナさん、見た目も若いし、めっちゃ綺麗やけん、惚れちゃうわ〜。

あら、ロザンナさんって、若い頃から多才だったのね。素敵だわ。

来日とヒデとの出会い、結婚までの道のり

日本語が全く分からなかったロザンナさんが、どのように日本で生活を始めたのか、興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!ヒデとロザンナ」ロザンナ ヒデさんとの結婚は「6年半おっかけまくったんですよ、私」「勝ち取ったぞ」(2024年5月27日)
ヒデとロザンナ」ロザンナ ヒデさんとの結婚は「6年半おっかけまくったんですよ、私」「勝ち取ったぞ」(2024年5月27日)

✅ ロザンナは、来日当初の生活やヒデとの結婚について語った。

✅ ロザンナは、日本語が全く分からなかったにもかかわらず、ヒデのシンプルな言葉遣いのおかげでコミュニケーションが取れていたと明かした。

✅ ロザンナは、ヒデと出会ってから6年半追いかけ続け、最終的に結婚にこぎ着けたと語った。

さらに読む ⇒BIGLOBEニュースBIGLOBEニュース出典/画像元: https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0527/spn_240527_9145266679.html

6年半もヒデさんを追い続けたロザンナさんの愛情深い姿が伝わってきます。

ロザンナは、イタリアでアマチュアバンドで歌っていた時に、叔父2人から東京オリンピックの際に東京に呼ばれたバンドに女の子を加える案として誘われたことが来日のきっかけでした。最初は半年くらいの滞在を予定していたが、結局は日本に残ることになりました。来日当初は日本語が全く分からず、夫のヒデさん以外との会話は難しかったですが、ヒデさんはロザンナに合わせて簡単な単語で話してくれたため、コミュニケーションを取ることができました。また、来日当初は木造アパートに住んでおり、イタリアとは異なる生活環境に戸惑ったことを明かしました。特に、木のお風呂に衝撃を受け、どのように使うのか理解できなかったというエピソードを語りました。ロザンナはヒデさんと出会ってから6年半、彼を追い続け、最終的に結婚に漕ぎつけました。結婚した時は、長い間努力してきた成果を実感し、喜びを感じたそうです。

えー、まじ!?6年半も!?ロザンナさん、しつこいなぁ。笑

ヒデさん、ロザンナさんに気に入られたら、そりゃあ嬉しいよね。

あら、遠い国から来たロザンナさん、苦労したのね。でも、ヒデさんと出会えてよかったわ。

開頭手術の告白と家族の支え

開頭手術を受けたというのは、大変な経験だったと思います。

🔖 関連記事の要約!ロザンナ 3年前に未破裂脳動脈瘤で1カ月に2度の開頭手術を受けたと初告白 「3つの予定が5つ」(スポニチアネックス)
ロザンナ 3年前に未破裂脳動脈瘤で1カ月に2度の開頭手術を受けたと初告白 「3つの予定が5つ」(スポニチアネックス)

✅ ロザンナは3年前、開頭手術を2回受けたことをテレビ朝日「徹子の部屋」で初告白しました。きっかけは、友人の歌手が舞台でくも膜下出血で倒れたことから、自身も脳ドックを受けた際に未破裂脳動脈瘤が見つかったためです。

✅ ロザンナは、当初医師から「開けた方がいい」と勧められたものの、セカンドオピニオンを求め、日本で最高の病院で手術を受けることを決断しました。手術は予定していた3個の未破裂脳動脈瘤が5個に増えていることが判明し、計2回、9時間ずつ行われました。

✅ ロザンナは手術後、70代とは思えないほどの回復を見せ、娘の万梨音は手術直前のロザンナの緊張を和らげるために、付き添いとして寄り添っていました。ロザンナは手術室の扉の向こうに何が待っているのかと不安だったと振り返りながら、笑顔を見せました。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/articles/0dfb115aa55c8d1f57941f786dae880be81368d6

ロザンナさんの回復力は素晴らしいですね。娘さんの支えがあったからこそだと思います。

ロザンナは、テレビ朝日「徹子の部屋」に出演し、3年前に受けた開頭手術について初告白しました。きっかけは、友人の歌手のくも膜下出血による倒れで、自身も脳ドックを受けた結果、未破裂脳動脈瘤が3つ見つかったことでした。医師から開頭手術を勧められ、セカンドオピニオンを求めた結果、日本で最高の病院の医師に手術を依頼しました。手術は2回行われ、1回目は9時間かかり、2回目の手術は1カ月後のことでした。ロザンナは手術の不安を隠しながらも、ピースサインをするなど明るく振る舞っていたことを明かし、娘の万梨音は母の回復力に驚いたことを語りました。

え、開頭手術!?まじ怖すぎ!ロザンナさん、強すぎ!

ロザンナさん、元気そうでよかった。手術は怖いけど、乗り越えられてよかったね。

あら、開頭手術って大変だったのね。でも、70代とは思えないほど元気そうでよかったわ。

夫との別れと娘の言葉

夫を亡くされた後も日本に残ることを決意されたロザンナさんの強い意志を感じますね。

🔖 関連記事の要約!ロザンナ 夫・ヒデ急逝から25年、今も日本に居続けるワケ
ロザンナ 夫・ヒデ急逝から25年、今も日本に居続けるワケ

✅ ロザンナさんは17歳で日本に渡り、ヒデさんと共に「ヒデとロザンナ」として歌手デビューしました。15年の結婚生活を経てヒデさんが亡くなった後も日本に残ることを決意し、現在も日本に住んでいます。

✅ ロザンナさんは、日本での生活について「ヒデとの出会い、子供たちの存在、そして日本の文化に触れることなど、すべてが運命だった」と語っています。特に、ヒデさんとの結婚は、ロザンナさんの母親から教わったミートソースでヒデさんの胃袋をつかんだことがきっかけだったそうです。

✅ ロザンナさんは、日本での生活について「子供たち、孫たちと過ごす日々は幸せ」と語っています。一方で、孫たちへのしつけに苦労している様子も伺えます。また、日伊国交150周年の節目を迎え、日本国籍を取得したいと考えていることを明かしました。

さらに読む ⇒女性自身[光文社女性週刊誌女性自身[光文社女性週刊誌出典/画像元: https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1612323/

娘さんの万梨音さんの言葉は、ロザンナさんを支える大きな力になったのでしょう。

ロザンナは、1968年に夫となる出門英さんと「ヒデとロザンナ」を結成し、「愛の奇跡」などのヒットを生み出しました。番組では、出門英さんが亡くなって34年という話題に。ロザンナは、英さんの明るさと遊び上手さを懐かしむとともに、英さんが亡くなった時の悲しみを乗り越えられたのは、当時8歳だった長女の万梨音の言葉「悲しいのはママだけじゃないのよ」のおかげだと明かしました。万梨音は、英さんが亡くなった後、いつも明るい母が元気をなくしていたことに不安を感じていたことを語り、当時のロザンナの気持ちを察することができたと話しました。ロザンナは、万梨音の言葉がきっかけで仕事に励むことができ、現在も音楽活動を続けていることを感謝しました。

えー、まじ!?ヒデさん、亡くなっちゃってたん!?ショックやわ。

ロザンナさん、強いな。私も何かあったら頑張ろうかな。

あら、ヒデさんを亡くされたのね。でも、娘さんの言葉で立ち直れてよかったわ。

大家族の賑わい

ロザンナさんの家族の支えは、本当に温かいですね。

🔖 関連記事の要約!ロザンナ ヒデさん他界後の仕事と子育ての両立回顧 朝の番組出演「お弁当だけ用意して…」子供も協力(スポニチ)

公開日:2024/05/29

ロザンナ ヒデさん他界後の仕事と子育ての両立回顧 朝の番組出演「お弁当だけ用意して…」子供も協力(スポニチ)

✅ ロザンナは、夫の死去後、娘の万梨音の言葉で立ち直り、仕事復帰を決意。

✅ 「モーニングショー」出演時は、夫から教わったタブーに触れることへの不安を抱えながらも、子供たちの協力で乗り越えた。

✅ 特に末っ子の万梨音は、兄たちの朝のお見送りや弁当作りなど、幼いながらも家族を支えていた。

さらに読む ⇒ニュースサイトニュースサイト出典/画像元: https://mainichi.jp/articles/20240527/spp/sp0/006/313000c

大家族で賑わうロザンナさんの家庭は、本当に幸せそうです。

ロザンナは、1968年に夫となる出門英さんと「ヒデとロザンナ」を結成し、長女の万梨音と共に「徹子の部屋」に出演しました。番組では、故人となった出門英さんの話題になり、ロザンナは彼の明るさと遊び上手な性格を懐かしそうに語りました。また、家族構成について、3人の子供と、孫が7人、ひ孫が1人いることを明かし、大家族の賑やかさを伺わせました。特に、長女の万梨音は、孫が小学校1年生から23歳まで幅広い年齢層であることを説明し、ロザンナは、22歳の孫の結婚と、ひ孫誕生への期待を述べました。

えー、まじ!?孫7人、ひ孫1人!?ロザンナさん、大家族やんな!

ロザンナさん、孫もいっぱいいて、幸せそうじゃん!

あら、ロザンナさん、孫もひ孫もいるのね。賑やかでよかったわ。

ロザンナ・ザンボンさんは、様々な困難を乗り越え、現在も精力的に活動されています。

🚩 結論!

💡 ロザンナ・ザンボンさんは、イタリアから日本へ渡り、歌手として活躍。

💡 夫との出会い、別れ、そして家族との絆など、波乱万丈な人生を送ってきた。

💡 現在も家族に囲まれ、充実した日々を送っている。